デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1197802

CROにおけるオンコロジーIn-Vivo市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Oncology Based In-Vivo CRO Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=159.16円
CROにおけるオンコロジーIn-Vivo市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

CROにおけるオンコロジーIn-Vivo市場は、予測期間中に7.3%のCAGRで推移すると予想されています。

COVID-19のパンデミックは、世界のヘルスケアシステムに影響を与え、またCROにおけるオンコロジーIn-Vivo市場にも大きな影響を及ぼしています。しかし、ワクチン製造のための助成金承認などの取り組みが、市場の成長を高めると予想されます。例えば、2022年9月、シカゴの胃腸研究財団(GIRF)は、Elicio Therapeuticsに2つの治療用がんワクチンの研究資金として280万米ドルの助成金を付与しました。ELI-007はBRAF遺伝子変異をターゲットに開発されており、一方、ELI-008は大腸がん、メラノーマ、非小細胞肺がん(NSCLC)などの固形がんにおけるp53ホットスポット変異をターゲットに設計されています。このように、COVID-19の大流行は、CROにおけるオンコロジーIn-Vivo市場に影響を及ぼしています。しかし、主要な市場関係者による取り組みが、予測期間中の市場成長を高めると予想されます。

市場成長の要因としては、患者支援プログラム(PAP)の増加、がん啓発のための政府の取り組みの増加、世界のがんの有病率の上昇、主要プレイヤーの重要な研究開発イニシアティブ、個別化医療に対する需要の増加などが挙げられます。Globocan 2021のファクトシートによると、世界中で新たに19,292,789人のがん患者が診断され、がんによる死亡は世界で約9,958,133人に上ったと推定されています。国際がん研究機関(IARC)の推計によると、2040年までに、がんの世界の負担は、世界で新たに2750万人のがん患者が発生し、1630万人が死亡すると予測されています。このような高い疾病負担は、効果的な医薬品開発/治療のための研究開発活動のアウトソーシングに対する需要を高めることになります。したがって、がん患者の増加により、患者を効果的に治療するための高度ながん治療に対するニーズが高まると予想されます。樹状細胞(DC)ワクチンは、DC(患者の自己樹状細胞)と腫瘍関連抗原をin vitroで培養することにより実現できます。臨床試験におけるDCワクチンの毒性が低いことから、より広い臨床現場での適用を楽観的に予測し、その適応性を高めることが可能です。例えば、2021年12月、モフィットがんセンターの研究者は、膀胱、乳房、肺腺がん、前立腺、胃など多くの異なる種類のがんの成長と拡散に関与するタンパク質であるHER3を標的とする樹状細胞ワクチンの開発に取り組んでいます。

同様に、2021年11月、バイオアナリティカルシステムズ社は、新たな受託研究サービスブランド「Inotiv」を立ち上げました。Inotivは、同社のSeventh Wave Laboratories &Smithers Avanza Toxicology Servicesの統合を表し、in vivo毒物学、薬理学、バイオアナリシス、薬物代謝、薬物動態のソリューションに取り組んで開始されました。したがって、上記の要因を考慮すると、腫瘍学ベースのin-vivo CRO市場は、予測期間中に驚異的な成長を示すことが期待されます。

しかし、代替品の入手可能性やCROの品質問題が市場の成長を妨げています。

CROにおけるオンコロジーIn-Vivoの市場動向

CROにおけるオンコロジーIn-Vivo市場では、固形腫瘍のセグメントが最大の市場シェアを占める見込み

固形がんは、液体や嚢胞を含まない異常な細胞の塊です。このセグメントの成長の主な要因は、卵巣がん、膵臓がん、前立腺がんにおける新製品の承認や、がんに対する意識向上のための政府の取り組みの増加などです。さらに、その他の重要な促進要因は、がんの発生率の増加です。例えば、がんは世界中の社会に大きな影響を及ぼしています。がん患者の増加は、市場成長の重要な要因の1つです。2021年に最も多かったがんは、乳がん、肺・気管支がん、前立腺がん、結腸・直腸がん、膀胱がん、皮膚のメラノーマ、非ホジキンリンパ腫、甲状腺がん、腎臓・腎盂がん、白血病、内膜がん、すい臓がんでした。World Cancer Reportによると、がんの発生率は50%増加し、2021年までに1500万人の新規患者が発生する可能性があります。がんの開拓は、疾病の高い負担が医薬品開発活動のアウトソーシングの需要を高め、予測期間中の市場成長をさらに押し上げると予想されるため、治療法の需要が増加すると考えられています。また、健康的なライフスタイルや政府・医療従事者による公衆衛生活動により、この傾向を防ぎ、世界の全がんの3分の1も予防できるという明確な証拠も示しています。がんの統計と数値の主要機関である米国がん協会は、2021年に米国で、がんによる1,685,210人の推定新規がん患者と595,690人の死亡者数を報告しています。したがって、患者数の増加が予測期間中の市場を牽引することが予想されます。

同様に、様々な調査研究により、固形腫瘍に対する治療法の使用に関する知見が得られています。例えば、2022年5月に国立医学図書館に掲載された調査報告書には、最近確立された方法論により、研究の生物学的限界を回避し、固形腫瘍に対するCAR-T療法の有効性と安全性を高めることが可能であることが示されたと記されています。同様に、2022年5月にJournal of Parental and Enteral Nutritionに掲載された調査研究によると、食道がん、尿路上皮がん、胆管がん、前立腺がん、肉腫、甲状腺がんの固形がんはすべてサルコペニアの有病率が50%を超えていたそうです。頭頸部扁平上皮がん、膵臓がん、肺がん、腎細胞がん、卵巣がんでは、35%から50%の症例でサルコペニアが認められました。骨格筋量の低下は、大腸がん、胃がん、肝細胞がん、乳がんの約35%にみられました。サルコペニアは治癒の場でも緩和の場でも、それぞれ39.6%、49.2%と共通していました。サルコペニアの増加により治療が必要となるため、医薬品開発のアウトソーシングの需要が高まり、予測期間中の市場成長率が高まると予想されます。

このように、上記の要因により、予測期間中の市場成長が期待されます。

北米が市場を独占し、予測期間中も同様と予測

北米は、米国におけるがん治療の普及とがんの負担増により、予測期間を通じて、CROにおけるオンコロジーIn-Vivo市場全体を支配すると予想されます。Globocan 2021レポートによると、2021年に米国で新たに診断されたがん患者は2,281,658人、死亡者は612,390人近くに上ると推定されています。2021年、米国で最も多いがんは、乳がん(253,465人)、肺がん(227,875人)、前立腺がん(209,512人)、結腸がん(101,809人)でした。がん患者の増加により、さまざまながん治療法の採用が進み、同地域の研究市場の成長を高めると予測されます。

さらに、北米における主要プレイヤーの高い集中度、FDA承認の増加戦略的提携、研究開発活動への高い投資額は、同地域の市場を押し上げると予想されます。例えば、2021年11月、Merck &Co.Inc.は、受容体チロシンキナーゼ様オーファン受容体1(ROR1)を標的としたファーストインクラスのがん治療薬の開発に取り組む臨床段階の非公開バイオ医薬品企業であるVelosbio Inc.の買収に関する正式契約を締結しました。同様に、ジョンソン・エンド・ジョンソンは、2021年3月に、転移性非小細胞肺がん(NSCLC)患者の治療薬としてJNJ-61186372(JNJ-6372)の米国FDAブレークスルーセラピー指定を受けています。

したがって、前述の要因を考慮すると、がんベースのin-vivo CRO市場は、北米において予測期間中に大きく成長することが期待されます。

CROにおけるオンコロジーIn-Vivo市場の競合他社分析

CROにおけるオンコロジーIn-Vivo市場は中程度の競争力を持ち、複数の大手企業で構成されています。市場シェアの観点からは、少数の主要プレイヤーが現在市場を独占しています。また、一部の有力企業は、世界市場での地位を固めるために、他社との買収や合弁を精力的に行っています。現在市場を独占している企業には、Crown Bioscience Inc.、Charles River Laboratories Inc.、ICON PLC、Taconic Biosciences Inc.、Covance Inc.、Eurofins Scientific、EVOTEC、The Jackson Laboratory、Wuxi AppTec.およびMI Bioresearch Inc.があります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 世界のがん罹患率の上昇
    • 市場プレイヤーのイニシアティブの高まり
  • 市場抑制要因
    • 代替品の入手可能性、CROの品質問題
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース市場規模- 百万米ドル)

  • 適応症別
    • 血液がん
    • 固形がん
    • その他の適応症
  • モデル別
    • 遺伝子組換え
    • 異種移植片
    • 患者由来異種移植片(PDX)
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ地域
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東地域
    • 南米地域
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Champions Oncology Inc.
    • Charles River Laboratory Inc.
    • Crown Bioscience Inc.
    • Eurofins Scientific
    • EVOTEC
    • ICON Plc
    • Labcorp Drug Development(Laboratory Corporation of America Holdings)
    • Living Tumor Laboratory
    • Taconic Biosciences Inc.
    • The Jackson Laboratory
    • Wuxi AppTec.
    • XenTech

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 67561

The Oncology Based In-Vivo CRO Market is anticipated to register a CAGR of 7.3% during the forecast period.

The COVID-19 pandemic has affected the healthcare systems globally and also has had a significant impact on the Oncology Based In-Vivo CRO Market. However, initiatives such as grant approval for vaccine production are expected to increase the market growth. For instance, in September 2022, the Gastro-Intestinal Research Foundation (GIRF) in Chicago granted Elicio Therapeutics a USD 2.8 million grant to fund research for two therapeutic cancer vaccines. ELI-007 is being developed to target BRAF gene mutations, whereas ELI-008 is being designed to target p53 hotspot mutations in solid tumors such as colorectal cancer, melanoma, and non-small cell lung cancer (NSCLC). Thus, the COVID-19 pandemic has impacted the oncology-based In-Vivo CRO market. However, the initiatives by key market players are expected to increase market growth during the forecast period.

The factors driving the market growth include increasing patient assistance programs (PAPs), increasing government initiatives for cancer awareness, the rising prevalence of cancer worldwide, vital R&D initiatives from key players, and the increasing demand for personalized medicine. According to the Globocan 2021 fact sheet, an estimated 19,292,789 new cancer cases were diagnosed worldwide, with nearly 9,958,133 deaths from cancer globally. According to estimates from the International Agency for Research on Cancer (IARC), by 2040, the global burden of cancers is expected to grow to 27.5 million new cancer cases and 16.3 million deaths worldwide. The high disease burden fuels the demand for outsourcing R&D activities for effective drug development/treatment. Thus, the increasing incidence of cancer cases is expected to drive the need for advanced cancer therapies to treat patients effectively. The dendritic cell (DC) vaccine can be achieved by the in vitro culture of DC (patient's autologous dendritic cell) and tumor-associated antigen. The low toxicity of DC vaccines in clinical trials makes it possible to use optimistic predictions of their applicability in broader clinical practice, thereby increasing their adaptability. For instance, in December 2021, researchers at Moffitt Cancer Center are working to develop a dendritic cell vaccine targeting HER3, a protein involved in the growth and spread of many different cancer types, including bladder, breast, lung adenocarcinoma, prostate, and stomach.

Similarly, in November 2021, Bioanalytical Systems, Inc. launched its new contract research service brand, Inotiv. Inotiv started representing the union of the company's Seventh Wave Laboratories & Smithers Avanza Toxicology Services, working in vivo toxicology, pharmacology, bioanalysis, drug metabolism, and pharmacokinetic solutions. Thus, given the factors above, the oncology based in-vivo CRO market is expected to witness tremendous growth over the forecast period.

However, the availability of alternatives and quality issues with CRO hamper the market's growth.

Oncology based In-Vivo CRO Market Trends

Solid Tumor Segment is Expected to Hold the Largest Market Share in the Oncology Based In-Vivo CRO Market

A solid tumor is an abnormal clump of cells containing no liquid or cyst. The major factors responsible for this segment's growth include new product approvals in ovarian, pancreatic, and prostate cancers and increasing government initiatives for cancer awareness. In addition, the other crucial driving factor is the increasing incidence of cancer. For instance, cancer has a significant impact on societies across the world. Increasing cancer cases is one of the key factors in market growth. The most common cancers in 2021 were breast cancer, lung and bronchus cancer, prostate cancer, colon and rectum cancer, bladder cancer, melanoma of the skin, non-Hodgkin lymphoma, thyroid cancer, kidney and renal pelvis cancer, leukemia, endometrial cancer, pancreatic cancer. Cancer rates could increase by 50% to 15 million new cases by 2021, according to the World Cancer Report. Growing cancer is expected to increase the demand for therapies as the high burden of disease is fueling the demand for outsourcing drug development activities which is further expected to boost market growth during the forecast period. It also provides clear evidence that healthy lifestyles and public health action by governments and health practitioners could prevent this trend and prevent as many as one-third of all cancers worldwide. The American Cancer Society, the leading body in cancer stats and figures, reports 1,685,210 estimated new cancer cases and 595,690 deaths, due to cancer in 2021, in the United States. Hence, the increasing number of patients is expected to drive the market during the forecast period.

Similarly, various research studies provide insight into the use of therapies on solid tumors. For instance, a research report published in the National Library of Medicine in May 2022 stated that recently established methodologies had shown that it would be possible to get around the study's biological limitations and boost CAR-T therapy's efficacy and safety for solid tumors. Similarly, a research study published in the Journal of Parental and Enteral Nutrition in May 2022 shows solid tumors with esophageal cancer, urothelial cancer, cholangiocarcinoma, prostate cancer, sarcomas, and thyroid cancer all had a prevalence of sarcopenia greater than 50%. Sarcopenia was present in between 35% and 50% of cases of head and neck squamous cell carcinoma, pancreatic cancer, lung cancer, renal cell cancer, and ovarian cancer. Low skeletal muscle mass was prevalent in about 35% of colorectal cancer, gastric cancer, hepatocellular cancer, and breast cancer. Sarcopenia was commonplace in both the curative and palliative settings, at 39.6% and 49.2%, respectively. Increasing sarcopenia requires treatment which is expected to increase the demand for the outsourcing of drug development and increase the market growth during the forecast period.

Thus, the abovementioned factors are expected to increase market growth during the forecast period.

North America Dominates the Market and Expected to do Same in the Forecast Period

North America is expected to dominate the overall oncology-based In-Vivo CRO market, throughout the forecast period owing to the increased adoption of cancer therapy and the growing burden of cancers in the United States. According to the Globocan 2021 report, an estimated 2,281,658 new cancer cases were diagnosed in the United States in 2021, with nearly 612,390 deaths. In 2021, The most common cancers were breast (253,465), lung (227,875), prostate (209,512), and colon (101,809) in the United States. Increasing cancer cases are expected to increase the adoption of various cancer therapies which is expected to increase the growth of studied market in the region.

Additionally, the high concentration of key players in North America, increasing FDA approvals strategic alliances, and high investment in research and development activities are expected to boost the market in the region. For instance, in November 2021, Merck & Co. Inc entered into a definitive agreement to acquire Velosbio Inc., which is a privately held clinical-stage biopharmaceutical company committed to developing first-in-class cancer therapies targeting receptor tyrosine kinase-like orphan receptor 1 (ROR1). Similarly, in March 2021, Johnson and Johnson received the US FDA Breakthrough Therapy Designation for JNJ-61186372 (JNJ-6372) for the treatment of patients with metastatic non-small cell lung cancer (NSCLC).

Thus, given the aforementioned factors, the cancer based in-vivo CRO market is expected to grow significantly over the forecast period in North America.

Oncology based In-Vivo CRO Market Competitor Analysis

The oncology-based In-Vivo CRO market is moderately competitive and consists of several major players. In terms of market share, few of the major players have been currently dominating the market. And some prominent players have been vigorously making acquisitions and joint ventures with other companies to consolidate their market positions worldwide. Some companies currently dominating the market are Crown Bioscience Inc., Charles River Laboratories Inc., ICON PLC, Taconic Biosciences Inc., Covance Inc., Eurofins Scientific, EVOTEC, The Jackson Laboratory, Wuxi AppTec. and MI Bioresearch Inc.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rising incidence of Cancer Globally
    • 4.2.2 Increasing Initiatives by Market Players
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Availability of Alternatives and Quality issues with CRO
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Indication
    • 5.1.1 Blood Cancer
    • 5.1.2 Solid Tumors
    • 5.1.3 Other Indications
  • 5.2 By Model
    • 5.2.1 Syngeneic
    • 5.2.2 Xenograft
    • 5.2.3 Patient Derived Xenograft (PDX)
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle East & Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle East & Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Champions Oncology Inc.
    • 6.1.2 Charles River Laboratory Inc.
    • 6.1.3 Crown Bioscience Inc.
    • 6.1.4 Eurofins Scientific
    • 6.1.5 EVOTEC
    • 6.1.6 ICON Plc
    • 6.1.7 Labcorp Drug Development (Laboratory Corporation of America Holdings)
    • 6.1.8 Living Tumor Laboratory
    • 6.1.9 Taconic Biosciences Inc.
    • 6.1.10 The Jackson Laboratory
    • 6.1.11 Wuxi AppTec.
    • 6.1.12 XenTech

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS