デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1197702

ネオプレン市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Neoprene Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.87円
ネオプレン市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ネオプレン市場は、予測期間(2022年~2027年)にCAGR3.5%強を記録すると予測されています。

市場は、2020年のCOVID-19によってマイナスの影響を受けました。自動車産業の衰退に加え、パンデミック封鎖による建設や自動車活動の一時的な停止が、ネオプレン市場の需要にマイナスの影響を及ぼしていたのです。しかし、この状況下で医療用手袋などのネオプレン製品の需要が大幅に増加し、2021年には他の産業も回復したため、市場のネオプレン需要は増加しました。

主なハイライト

  • 短期的には、電気・電子産業における電線・ケーブルなどへの応用によるネオプレン需要の増加が、市場の成長を牽引すると予想されます。
  • ネオプレンの用途において、熱可塑性エラストマーやポリウレタンエラストマーなどの代替品が入手可能であることが、市場の成長を阻害しています。
  • ネオプレン製手袋の人気が高まっていることは、ネオプレン市場にとってチャンスとして作用すると思われます。
  • アジア太平洋は、インド、中国などの国の最大の消費で、世界中の市場を独占しました。

ネオプレン市場の動向

建築・建設分野での需要の増加

  • ネオプレン市場は、建築・建設用途で広範囲に使用されています。建築・建設分野は、ネオプレンの消費において最も急成長している最終使用産業の一つとなっています。ネオプレンは、様々な構造的な密閉と防水の用途に実証された性能を提供します。建築・建設分野では、ネオプレンは主に窓用ガスケット、ケーブル被覆、屋根用防水膜に使用されており、優れた耐久性、防水性、弾力性を発揮します。
  • 屋根の雨漏り防止、風や衝撃からの窓の保護、高層ビルの床のシール、橋の支柱やケーブルのシースなどに広く使われています。ネオプレンの高い柔軟性により、耐候性、耐水性、耐薬品性、耐火性に優れたカスタムパーツが求められる構造工学プロジェクトで頻繁に使用されるようになりました。
  • ネオプレンは、グリース、ワックス、オイルに耐性があり、希酸、塩基、塩溶液に高い耐性を持ちます。また、-20℃から95℃までの幅広い温度範囲で高い性能を維持し、さらに極端な温度にも対応できることも大きな特長です。これらの利点により、ネオプレンが建築・建設用途において最も魅力的なソリューションの1つとなっています。
  • 世界の建設市場は、2020年から2030年の間に4.5兆米ドル成長し、15.2兆米ドルに達すると予想されています。さらに、中国、インド、米国、インドネシアなどの新興国が建設業界の世界成長の58.3%を占めています。
  • 米国国勢調査局によると、米国の建設総額は2021年1月に約1兆5497億9300万米ドル、2022年1月に約1兆6772億4600万米ドルに達し、成長率は約8.2%となっており、ネオプレンへの需要が高まっています。
  • したがって、前述の要因により、今後数年間はネオプレンの需要が増加することが予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占すると予想される

  • 中国やインドなどの国々で建設、自動車、電気産業からの需要が増加していることから、アジア太平洋地域が市場を独占すると予想されています。
  • 2030年までの10年間で、1億4,000万人以上の中国人が都市化することで、中国におけるあらゆるタイプの建築物の成長が促進されます。また、政府は中小都市のインフラ整備に力を入れることを計画しています。そのため、建設業界は継続的に年率5%程度の成長を遂げると予測されています。
  • インド政府が掲げる「2022年までにすべての人に住宅を」も市場を牽引しています。さらに、連邦内閣は、国内の主要都市で停滞している約1,600件の住宅プロジェクトを復活させるため、35億8,000万米ドルの代替投資ファンド(AIF)の設立を承認しています。
  • また、中国は年間販売台数、製造台数ともに世界最大の自動車市場であり続け、国内生産台数は2025年までに3500万台に達すると予想されており、ネオプレンの需要を牽引しています。
  • OICAによると、インドの自動車生産台数は2021年に合計4,399,112台に達し、同時期の2020年に比べて30%増加しました。さらに、一貫した経済発展と所得の上昇に伴い、自動車業界では、二輪車から四輪車への車両嗜好の変化が続いており、同国における乗用車の需要拡大に寄与しています。
  • エレクトロニクス産業は、ネオプレンの主要な消費者の一つです。スマートフォン、OLED TV、タブレットなどの電子製品は、中国の家電分野で最も高い成長を見せています。中間層の可処分所得の増加と安価な労働力の確保により、近い将来、電子製品の国内生産が急拡大し、ネオプレン市場を牽引すると予測されます。
  • したがって、上記の要因は今後数年間、市場に大きな影響を与えることが予想されます。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 電気・電子産業からの需要増
    • その他の促進要因
  • 抑制要因
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い
  • 原材料分析
  • 技術スナップショット
  • 製造プロセス

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • ノーマル・リニアグレード
    • プレクロスリンク材
    • 硫黄添加グレード
    • 低結晶化グレード
  • 用途
    • ラテックス
    • エラストマー
    • 粘着剤
  • エンドユーザー産業
    • 建築・土木
    • 自動車関連
    • 電気・電子
    • 医療
    • その他のエンドユーザー産業(船舶、包装など)
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東地域
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東地域

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、協業、契約
  • 市場シェア(%)**/ランキング分析
  • リーディングプレイヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • ARLANXEO
    • CHANG HORING RUBBER CO., LTD
    • China National Bluestar(Group)Co. Ltd
    • Chongqing Chemical & Pharmaceutical Changshou Chemical Group Co. Ltd
    • Denka Corpration
    • SHOWA DENKO K.K.
    • Tosoh Corporation
    • ZENITH RUBBER

第7章 市場機会と今後の動向

  • ネオプレン手袋の普及拡大
  • その他のビジネスチャンス
目次
Product Code: 53876

The neoprene market is projected to register a CAGR of over 3.5% during the forecast period (2022-2027).

The market was negatively impacted by COVID-19 in 2020. The declining automotive industry, along with a temporary halt on construction and automotive activities due to the pandemic lockdown, had negatively impacted the demand of the neoprene market. However, the demand for neoprene products such as medical gloves has significantly increased during this situation, and in 2021 other industries also recovered, thus increasing the neoprene demand in the market.

Key Highlights

  • Over the short term, increasing demand for neoprene from the electrical and electronics industry for application in wire and cables and others is expected to drive the market's growth.
  • The availability of substitutes like thermoplastic and polyurethane elastomers in neoprene applications is hindering the market's growth.
  • The augmenting popularity of neoprene gloves will likely act as an opportunity for the neoprene market.
  • Asia-Pacific dominated the market across the world with the largest consumption in a country such as India, China, etc.

Neoprene Market Trends

Increasing Demand from Building and Construction

  • The neoprene market is extensive and widely used in building and construction applications. The building and construction segment represents one of the fastest-growing end-use industries in terms of the consumption of neoprene. Neoprene provides demonstrated performance for various structural sealing and waterproofing applications. In building and construction, neoprene is majorly used in window gaskets, cable coverings, and roof waterproofing membranes and exhibits excellent durability, waterproofing, and resilience properties.
  • Neoprene is widely used to prevent roof leaks, protect custom windows from winds and shocks, seal floors of multi-story buildings, and sheathe bridge-bearing pads and cables. The high flexibility of neoprene has made it a frequent choice for structural engineering projects, where custom parts are required with excellent weather-, water-, chemical- and fire-resistant properties.
  • Neoprene is resistant to grease, wax, and oil and highly resistant to dilute acids, bases, and salt solutions. Another chief advantage of neoprene is that it maintains high performance at a range of temperatures, ranging from -20°C (-4ºF) to 95°C (203ºF), and can even be compounded for more extreme temperatures. These advantages make neoprene one of the most attractive solutions in building and construction applications.
  • The global construction market is expected to grow by USD 4.5 trillion between 2020 and 2030 to reach USD 15.2 trillion. Furthermore, emerging countries such as China, India, the US, and Indonesia account for 58.3% of global growth in the construction industry.
  • According to U.S. Census Bureau, the total value of construction in the United States was about USD 1,549,793 million in Jan 2021 and reached about USD 1,677,246 million in Jan 2022, with a growth rate of about 8.2%, thus increasing the demand for neoprene.
  • Therefore, the aforementioned factors are expected to drive the demand for neoprene in the coming years.

Asia-Pacific is Expected to Dominate the Market

  • Asia-Pacific is expected to dominate the market due to increasing demand from construction, automotive and electrical industries in countries such as China and India.
  • The urbanization of over 140 million Chinese citizens in the decade to 2030 will support growth in all types of construction in China. Also, the government has planned to focus on improving the infrastructure in small and medium-sized cities. Therefore, the construction industry is forecasted to continuously grow by around 5 % annually.
  • The Indian government's 'Housing for All by 2022' is also driving the market. Additionally, the Union Cabinet has approved the setting up of a USD 3.58 billion alternative investment fund (AIF) to revive around 1,600 stalled housing projects across the top cities in the country.
  • Also, China continues to be the world's largest automotive market by both annual sales and manufacturing output, with domestic production expected to reach 35 million vehicles by 2025, thus driving the demand for neoprene.
  • According to OICA, vehicle production in India reached a total of 4,399,112 units in 2021, an increase of 30% over 2020 for the same period. Moreover, with the consistent economic development and rising incomes, the automotive industry has been witnessing a continued shift in vehicle preferences, from two- to four-wheelers, which helps to augment the demand for passenger cars in the country.
  • The electronics industry is one of the key consumers of neoprene. Electronic products, such as smartphones, OLED TVs, and tablets, have the highest growth in the consumer electronics segment in China. With the increase in the disposable income of the middle-class population and the availability of cheap labor, the domestic production of electronic products is projected to grow rapidly in the near future, thereby driving the neoprene market.
  • Therefore, the factors above are expected to impact the market in the coming years significantly.

Neoprene Market Competitor Analysis

The neoprene market is partially fragmented. Some of the major players include (not in any particular order) Denka Corporation, ARLANXEO, Chongqing Chemical & Pharmaceutical Changshou Chemical Group Co., Ltd, SHOWA DENKO K.K., and ZENITH RUBBER, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Demand from the Electrical and Electronics Industry
    • 4.1.2 Other Drivers
  • 4.2 Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition
  • 4.5 Raw Material Analysis
  • 4.6 Technological Snapshot
  • 4.7 Manufacturing Process

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Normal Linear Grades
    • 5.1.2 Pre-cross Linked Grades
    • 5.1.3 Sulfur-modified Grades
    • 5.1.4 Slow Crystallizing Grades
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Latex
    • 5.2.2 Elastomers
    • 5.2.3 Adhesives
  • 5.3 End-user Industry
    • 5.3.1 Building & Construction
    • 5.3.2 Automotive
    • 5.3.3 Electrical & Electronics
    • 5.3.4 Medical
    • 5.3.5 Other End-user Industries ( Marine and Packaging etc)
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 Asia-Pacific
      • 5.4.1.1 China
      • 5.4.1.2 India
      • 5.4.1.3 Japan
      • 5.4.1.4 South Korea
      • 5.4.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.2 North America
      • 5.4.2.1 United States
      • 5.4.2.2 Canada
      • 5.4.2.3 Mexico
    • 5.4.3 Europe
      • 5.4.3.1 Germany
      • 5.4.3.2 United Kingdom
      • 5.4.3.3 Italy
      • 5.4.3.4 France
      • 5.4.3.5 Rest of Europe
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Middle-East
      • 5.4.5.1 Saudi Arabia
      • 5.4.5.2 South Africa
      • 5.4.5.3 Rest of Middle-East

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 ARLANXEO
    • 6.4.2 CHANG HORING RUBBER CO., LTD
    • 6.4.3 China National Bluestar (Group) Co. Ltd
    • 6.4.4 Chongqing Chemical & Pharmaceutical Changshou Chemical Group Co. Ltd
    • 6.4.5 Denka Corpration
    • 6.4.6 SHOWA DENKO K.K.
    • 6.4.7 Tosoh Corporation
    • 6.4.8 ZENITH RUBBER

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Augmenting Popularity of Neoprene Gloves
  • 7.2 Other Opportunities