デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1197298

インサイトエンジン市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Insight Engines Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
インサイトエンジン市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

インサイトエンジンの市場規模は、2021年に9億2601万米ドルとなり、2022年から2027年までのCAGRは25.57%を記録する見通しで、2027年には35億7893万米ドルに達すると予測されています。

インサイトエンジンは、元の資料へのリンクを提供する通常の検索エンジンとは異なり、問題となっている事実や実体に関する文脈的な情報を提供することができます。インサイトエンジンの主な使用事例としては、内部検索、外部検索、データ解析の抽出などが挙げられます。

主なハイライト

  • 企業は、あらゆるタイプのデータおよび分析ソリューションを適用しても、ビジネス目標を達成することはできません。企業は、情報からより多くのビジネス価値を得るためのより良い方法を常に求めています。インサイトエンジンは、様々なデータソースに接続することで、この問題に対処し、ビジネスに不可欠なインサイトを提供します。アクセンチュアによると、利用可能なデータ量は急速に増加しており、44ゼタバイトにのぼります。このうち80%は非構造化データ(テキスト文書、音声、動画、電子メール、ソーシャル投稿など)であり、20%は何らかの構造化システムで保持されています。この巨大なリソースから洞察を得て、ユーザーや組織が必要とするものを特定するためには、文書から事実を抽出し、その事実をどこかに保存して簡単にアクセスできるようにする機能が必要です。GoogleやBingのような検索エンジン大手は、数年前から使用している検索エンジンに適した「ナレッジグラフ」にそのような事実を格納することによって、これを実現しているのです。
  • 多くの企業にとって、データから有用な知見を抽出するために投資することは、コストがかかるかもしれないです。そのためには、独自のインフラとリソースを保有する必要があります。これが、多くの企業がコグニティブ・サーチを適切なソリューションと考える主な理由の1つです。情報技術・サービス企業のKDNuggetsによると、企業はIT投資の約15%をコグニティブサーチ、アナリティクス、その他のクラウドベースの製品に向けると予想されています。この投資は、2021年までに35%に拡大すると予測されています。
  • 小売、BFSI、メディア、通信など、さまざまなエンドユーザー産業が、今後数年間でインサイトプログラムを利用すると予想されています。例えば、BFSI分野では、企業は常に利用者のために銀行業務をより良く、より速く、より簡単にする方法を見つけようとしています。この業界では、高度な分析能力を活用して、プロセスや顧客に関する洞察を導き出すことを計画しています。これにより、過去のパフォーマンスを把握し、より良いビジネス上の意思決定を行うことができます。
  • さらに、COVID-19をきっかけに、インサイトエンジンはエンタープライズサーチに最適な知識発見オプションの1つとして脚光を浴びるようになりました。市場では、企業向けアプリケーションによって生成されるデータの大幅な増加が目撃されています。また、ビジネス上の意思決定を行うための有意義なインサイトを開発するために費やされる時間も大幅に増加しました。COVID-19のパンデミック時にインサイトエンジンを普及させるため、市場の主要ベンダーは、業界固有の検索要件やパンデミック後の検索要件に対応する高度な機能を備えた革新的な製品を発売しました。
  • 例えば、2020年7月、マイクロソフトは、開発者が非構造化医療データを処理し、洞察を抽出できるヘルスケア向けテキスト分析のプレビュー機能を発表しました。この機能は、Azure Cognitive ServicesのText Analyticsに含まれるものです。データからインサイトを抽出するために、時間をかけて手動で開発したカスタムモデルを使用せずに、幅広いデータタイプとタスクを処理します。マイクロソフトによると、この最新の提供により、ユーザーは非構造化テキストに記載されている単語やフレーズを、ヘルスケアおよび生物医学領域のセマンティックタイプに関連付けることができるエンティティとして検出することができます。これらの単語には、診断名、薬品名、症状、検査、治療法、投与量、投与経路などが含まれます。

インサイトエンジン市場動向

BFSI部門が大きなシェアを占める見込み

  • 銀行は、刻々と変化する消費者動向やビジネスへの期待に対応するため、独自の課題に取り組んでいます。検索テクノロジーは、この新しい金融の世界を理解するための最前線にあります。利用するデータソースの種類は、従来の組み合わせを超えて進化しています。金融機関の社員は、クラウドやSaaSサービスの背後にあるデータ、その他のサイロに保存されたデータにアクセスする必要があります。インサイトエンジンは、様々なフォーマットの何十億もの文書に対応し、すべてのデータにリアルタイムでアクセスできるよう拡張します。保険会社は、サイバーリスクや破壊的イノベーションのような流れを変えるような事態を緩和しようとする一方で、規制状況にますます直面するようになっています。検索は、これらの組織が軽快さを保ち、成長を維持するのに役立ちます。
  • インサイトエンジンは、MLとAIを活用して、異種のデータリポジトリから関連する結果を取得します。年次報告書、リスク分析、ソーシャルメディア、業界ブログ、その他多くのデータポイントへのアクセスを可能にすることで、銀行員は顧客に関する完全なビューを得ることができます。また、情報に基づいた投資の意思決定、オポチュニティ・ソーシング、ディール・オリジネーションも可能になります。銀行は、顧客プロファイル、クレーム、顧客の支払い履歴などに関するいくつかのトランザクションデータやデジタルインタラクションポイントを持っています。インサイトエンジンは、これらの膨大なデータを活用し、信頼性の高い信用情報にアクセスすることができます。銀行は、これらのレポートを積極的に活用し、不正な支払いやその他の活動を発見しながら、詐欺を予期することができます。
  • また、銀行やその他の金融機関は、ソーシャルメディアをチェックし、自然言語処理を用いて自社のサービスや戦略に関する議論を分析することで、顧客の感情を発見し、解析するためにインサイトエンジンを活用しています。金融サービスのアナリストは、重要かつ分離されたデータにアクセスできることで、より正確なレポートを作成し、顧客や社内の意思決定者に対してより良いアドバイスを提供することができます。データを使って銀行業務をパーソナライズすることで、顧客エンゲージメントを向上させ、収益を増加させることができます。アクセンチュアによると、ある世界の大手銀行は、顧客に配信したパーソナライズされたインサイトを利用して、わずか18ヶ月で貯蓄残高を6000万ユーロ増加させたといいます。
  • 例えば、検索回数3800万回、ユニークユーザー数29万3000人の米国第3位の銀行は、ルシッドワークス・フュージョンで構築した検索アプリを導入し、今ではクエリの0.14%しか結果が出ず、社員は検索をイントラネットの最も価値のある機能として評価しています。世界トップ5の投資銀行がLucidworks Fusionで構築したアプリは、1ドキュメントあたり60-70フィールドの2億5000万行、1ドキュメントあたり1000フィールドの5000万行、20億行のコレクション全体を検索しました。世界最大級の銀行であるクレディ・アグリコルは、新しいデジタルワークプレイスを実現するプロジェクトを立ち上げ、6万人以上の社内ユーザーが目の前の顧客の状況を正確に把握し、それを活用して顧客に最も適したオファーを見つけることができるようになりました。

高い市場成長が期待されるアジア太平洋地域

  • 日本、中国、インド、オーストラリア、韓国などの国々に牽引され、アジア太平洋地域は市場で最も速い成長を遂げると予想されています。中国は、アジア太平洋地域の主要国のひとつで、技術的な導入が進んでいます。同国には、最速のインターネット帯域があり、アリババなどの大企業の存在感も強いです。
  • UNCTAD.orgによると、小売売上に占める中国のオンラインシェアは、2019年8月から2020年8月にかけて19.4%から24.6%に上昇しました。タイでは、2020年3月のわずか1週間でショッピングアプリのダウンロード数が60%急増しました。2020年のeコマース取り込みの動向は回復期にも持続するとみられ、インサイトエンジン市場が小売業界プレイヤーの需要喚起に寄与することが期待されます。
  • 三者(iQiyi、Tencent、Youku)の支配は、中国の厳しい規制環境により、FAANG(Facebook、Amazon、Apple、Netflix、Google)などの海外プレイヤーの中国での事業展開が阻まれているため、さらに確実なものとなっています。これらの国際的なプレーヤーは、特に大規模なレコメンデーションにインサイトエンジンを使用し、広告を通じて他の事業を推進しています。このため、この地域には国内プレーヤーに十分な機会が残されており、その結果、米国と比較して緩やかな成長にとどまっているのです。
  • さらに、インドなどの国の新興市場は、多くの新しいローカルプレーヤーが所定の市場に参入しようとしているため、予測期間中に調査した市場に大きな機会を提供することが期待されます。例えば、2021年9月、消費者と市場のインテリジェンス、分析、およびコンサルティングサービスを提供するGfKは、gfknewronを発表しました。これは、AIを搭載した統合ソフトウェアプラットフォームです。gfknewronを使用することで、企業は市場、消費者、ブランドのデータに単一の真実のソースからアクセスすることができます。AIがサポートする予測と実践的なガイダンスにより、持続可能なビジネス成長をサポートします。gfknewronは、GfKが標準的な市場調査会社から、AIを活用したデータ分析およびコンサルティング会社へと変貌を遂げるための重要なステップとなります。

インサイトエンジン市場の競合他社分析

インサイトエンジン市場は、IBM Corporation、Mindbreeze GmbH、LucidWorks Inc.、Sinequa SASなどのプレイヤーが大きな存在感を示しているため、適度に断片化されている状態です。また、同市場のベンダーは、コンピュータビジョンや音声テキスト化機能などの機械学習機能を利用することで、コンテンツインデックス機能の範囲をネイティブまたはパートナーシップを介してリッチメディアにまで広げています。

  • 2021年10月-AIを活用したマーチャンダイジングチーム向けのカスタマイズ技術のサプライヤーであるQubitは、AIを活用した検索、レコメンデーション、パーソナライゼーションを通じてより良いデジタル体験を目指す関連プラットフォームであるCoveoに買収されました。この買収により、Coveoの英国および欧州市場への地理的開拓が加速されそうです。
  • 2021年6月-IntraFind Software AGは、同社のエンタープライズサーチソリューション「iFinder」がMicrosoft Azure Marketplaceで利用可能になったことを発表しました。この開発を受けて、Azureを利用する企業は、企業全体の情報検索を行うIntraFindソリューションにアクセスすることができるようになっています。
  • 2021年6月-Googleの有名な動画サービスYouTubeの一部が、広告会社自身のデータセンターのインフラから同社のクラウドサービスに移行されることになっています。この動きは、グーグルが、活況を呈するクラウドコンピューティング分野でのパートを増やし、検索エンジンや他のサイトでの広告への依存度を下げることを目指し、注意を内向きに向けつつあることを示しています。
  • 2021年3月-ServiceNowが「The Now Platform」の新バージョンを発表。Now Platform Quebecリリースは、新しいCreator WorkflowsとApp Engine Studioを搭載し、デジタル変革のペースを加速させ、企業全体で高速なローコードアプリ開発を可能にし、日常のビジネス課題を簡単にワークフロー化することができます。Now Platformの最新版には、新しいローコードアプリ開発ツールとネイティブAI機能の向上が含まれており、企業は迅速なイノベーション、優れた体験の提供、生産性の向上を実現することができます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • 産業バリューチェーン分析
  • 産業の魅力-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
    • 代替品の脅威
  • COVID-19の業界への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • データ量の増大と構造化データへの要求
    • 検索と自然言語処理による分析クエリの生成の増加
  • 市場抑制要因
    • データ品質とデータソースの検証に関する懸念

第6章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント別
    • ソフトウェア
    • サービス
  • デプロイメントタイプ別
    • オンプレミス
    • クラウド
  • 企業規模別
    • 中堅・中小企業
    • 大企業
  • エンドユーザー産業別
    • BFSI
    • 小売
    • IT・通信
  • 地域別情報
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • IBM Corporation
    • Mindbreeze GmbH
    • Coveo Solutions Inc.
    • Sinequa SAS
    • LucidWorks Inc.
    • ServiceNow Inc.(Attivio Cognitive Search Platform)
    • Micro Focus International PLC
    • Google LLC
    • Microsoft Corporation
    • Funnelback Pty Ltd
    • IntraFind Inc.
    • Dassault Systems SA
    • EPAM Systems Inc.(Infongen)
    • Expert System SpA
    • IHS Markit Ltd
    • Insight Engines Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場の将来性

目次
Product Code: 71664

The insight engines market was valued at USD 926.01 million in 2021, and it is expected to reach USD 3,578.93 million by 2027, registering a CAGR of 25.57% from 2022 through 2027. Insight engines can provide contextual information about the fact or entity in question, unlike the usual search engines that offer links to the original source materials. The key use cases of insight engines include internal search, external search, and extraction of data analytics.

Key Highlights

  • Even though companies apply all types of data and analytics solutions, they cannot satisfy their business goals. Companies continuously seek better ways to gain more business value from the information. Thus, insight engines address this problem by connecting to varied data sources to deliver business-critical insights. According to Accenture, the amount of data available is growing rapidly, amounting to 44 zettabytes. 80% of this data is unstructured (text documents, audio, video, emails, social posts, etc.), and 20% is held in structured systems of some kind. To gain insights from this massive resource and pinpoint what a user or organization requires, the ability to extract facts from documents and store those facts somewhere for simple access is necessary. Search engine giants, like Google and Bing, do this by storing such facts during a 'knowledge graph,' which suits the search engines they have been using for several years.
  • For many organizations, investing in extracting useful insights from data may be costly. For this, they need to possess their own infrastructure and resources. This is one of the main reasons that many companies consider cognitive search an appropriate solution. According to KDNuggets, an information technology, and services company, organizations are expected to direct approximately 15% of their IT investments toward cognitive search, analytics, and other cloud-based offerings. This investment was predicted to extend to 35% by 2021.
  • Various end-user industries, such as retail, BFSI, media, and telecommunications, are anticipated to use the insight program in the coming years. For instance, in the BFSI sector, companies are constantly trying to find ways to make banking better, faster, and easier for patrons. This industry plans to use the ability of advanced analytics to derive insights into processes and customers. This will help it know past performances, resulting in better business decisions.
  • Furthermore, in the wake of COVID-19, insight engines picked up pace as one of the best knowledge discovery options for enterprise search. The market witnessed a significant rise in data generated by enterprise apps. The time spent on developing meaningful insights to make business decisions also increased significantly. To promote its insight engine during the COVID-19 pandemic, major market vendors launched innovative product offerings with advanced features to cater to industry-specific and post-pandemic search requirements.
  • For instance, in July 2020, Microsoft launched a preview feature of text analytics for healthcare, which enables developers to process and extract insights from unstructured medical data. This feature is a part of Text Analytics in Azure Cognitive Services. It processes a broad range of data types and tasks without time-intensive and manually developed custom models to extract insights from data. According to Microsoft, with this latest offering, users can detect words and phrases mentioned in the unstructured text as entities that can be related to semantic types in the healthcare and biomedical domain. These words include diagnosis, medication name, symptoms, examinations, treatments, dosage, and route of administration.

Insight Engines Market Trends

The BFSI Segment Expected to Hold a Significant Share

  • Banks deal with a unique set of challenges as they navigate an ever-changing consumer landscape and business expectations. Search technology is at the forefront of making sense of this new world of finance. The variety of data sources for usage has evolved beyond the traditional mix. Enterprise workers at financial institutions need access to data stored in the cloud, behind SaaS services, and other silos. Insight engines scale to billions of documents in various formats and connect to all of the data for real-time access. Insurers increasingly face a regulatory landscape while trying to mitigate game-changing trends like cyber risk and disruptive innovation. Search can help these organizations stay nimble and maintain growth.
  • Insight engines leverage ML and AI to retrieve relevant results from disparate data repositories. It gives bankers a complete view of their clients by giving them access to annual reports, risk analytics, social media, industry blogs, and many other data points. It also enables informed investment decision-making, opportunity sourcing, and deal origination. Banks have several transactional data and digital interaction points around customer profiles, claims, customer payment history, etc. Insight engines could exploit these massive data repositories to access authentic and reliable credit reports. Banks can proactively leverage these reports to anticipate fraud while uncovering payment irregularities and other unusual activities.
  • Banks and other financial organizations are also utilizing insight engines to find and parse client sentiment by checking social media and analyzing discussions about their services and strategies with the usage of Natural Language Processing. Financial services analysts can compose increasingly accurate reports and give better advice to customers and internal decision makers with the capacity to get to essential and separated data. Using data to personalize banking improves customer engagement and increases revenue. According to Accenture, a major global bank used personalized insights delivered to customers to increase savings balances by EUR 60 million in just 18 months.
  • For instance, the third-largest bank in the United States, with 38 million searches and 293 thousand unique users, deployed search apps built with Lucidworks Fusion, and now only 0.14% of queries have zero results, and employees rate its search as the most valuable feature of its intranet. A top five global investment bank built an app with Lucidworks Fusion that searched across 250 million rows, each with 60-70 fields per document and 50 million rows with 1000 fields per document, an entire two billion row collection. Credit Agricole, one of the largest banks in the world, has launched a project to deliver a new digital workplace, where more than 60,000 internal users can know the exact situation of the customer in front of them, which could be utilized to find the most relevant offerings for the customer.

The Asia-Pacific Region Expected to Witness a High Market Growth

  • Led by countries, such as Japan, China, India, Australia, and South Korea, the Asia-Pacific region is expected to witness the fastest growth in the market. China is one of the major countries in Asia-Pacific with growing technological adoption. The country is home to one of the fastest internet bands and a strong presence of large enterprises, such as Alibaba.
  • According to UNCTAD.org, China's online share of retail sales rose from 19.4% to 24.6% between August 2019 and August 2020. Thailand saw a 60% jump in the downloads of shopping apps in just one week during March 2020. The trend toward e-commerce uptake in 2020 is likely to be sustained during recovery, which is expected to contribute to the insight engine market to generate demand from retail industry players.
  • The tripartite (iQiyi, Tencent, and Youku) domination is further secured by the strict regulatory environment in China, which prevents international players, such as the FAANG (Facebook, Amazon, Apple, Netflix, Google), from operating in the country. These international players use an insight engine, especially for recommendations at a large scale, and drive other businesses through advertising. This leaves the region with ample opportunities for domestic players, thus leading to moderate growth as compared to the United States.
  • Furthermore, emerging markets in countries such as India are expected to provide great opportunities for the market studied during the forecast period as a number of new local players are trying to enter the given market. For instance, in September 2021, GfK, the provider of consumer and market intelligence, analytics, and consulting services, launched gfknewron. It is an integrated, AI-powered software platform. Using gfknewron, companies can access market, consumer, and brand data from a single source of truth. The AI-supported predictions and practical guidance will support sustainable business growth. Gfknewron is an important step in GfK's transformation from a standard market researcher toward an AI-powered data analytics and consulting company.

Insight Engines Market Competitor Analysis

The insight engines market is moderately fragmented due to the significant presence of players such as IBM Corporation, Mindbreeze GmbH, LucidWorks Inc., and Sinequa SAS. Vendors in the market are also extending the reach of their content indexing capabilities to rich media either natively or via partnership by using machine learning capabilities such as computer vision, speech-to-text functions, etc.

  • October 2021 - Qubit, a supplier of AI-powered customization technology for merchandising teams, was purchased by Coveo, a relevant platform that strives to better digital experiences through AI-powered search, recommendations, and personalization. Coveo's geographic development into the UK and European markets is likely to be accelerated due to the transaction.
  • June 2021 - IntraFind Software AG announced that its iFinder Enterprise Search solution is available on the Microsoft Azure Marketplace. Following the development, companies using Azure were able to access the IntraFind solution for enterprise-wide information search.
  • June 2021 - Parts of Google's famous YouTube video service are being moved to the company's cloud service from the advertising company's own data center infrastructure. The move shows that Google is turning its attention inward as it aims to increase its part in the booming cloud-computing sector and become less reliant on adverts on its search engine and other sites.
  • March 2021 - ServiceNow introduced the new version of 'The Now Platform.' Now Platform Quebec release features new Creator Workflows and App Engine Studio to accelerate the pace of digital transformation, enabling fast low-code app development across the enterprise to easily workflow everyday business challenges. The latest edition of the Now Platform includes new low-code app development tools and improved native AI capabilities, enabling companies to innovate rapidly, offer excellent experiences, and increase productivity.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.3.5 Threat of Substitutes
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Volumes of Data and the Requirement of Structured Data
    • 5.1.2 Rising Generation of Analytical Queries Via Search and Natural Language Processing
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Concerns Regarding the Data Quality and Data Sources Validation

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Component
    • 6.1.1 Software
    • 6.1.2 Services
  • 6.2 By Deployment Type
    • 6.2.1 On-premise
    • 6.2.2 Cloud
  • 6.3 By Size of the Enterprise
    • 6.3.1 Small- and Medium-Sized Enterprises
    • 6.3.2 Large Enterprises
  • 6.4 By End-User Industry
    • 6.4.1 BFSI
    • 6.4.2 Retail
    • 6.4.3 IT and Telecom
  • 6.5 By Geography
    • 6.5.1 North America
    • 6.5.2 Europe
    • 6.5.3 Asia-Pacific
    • 6.5.4 Latin America
    • 6.5.5 Middle-East

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 IBM Corporation
    • 7.1.2 Mindbreeze GmbH
    • 7.1.3 Coveo Solutions Inc.
    • 7.1.4 Sinequa SAS
    • 7.1.5 LucidWorks Inc.
    • 7.1.6 ServiceNow Inc. (Attivio Cognitive Search Platform)
    • 7.1.7 Micro Focus International PLC
    • 7.1.8 Google LLC
    • 7.1.9 Microsoft Corporation
    • 7.1.10 Funnelback Pty Ltd
    • 7.1.11 IntraFind Inc.
    • 7.1.12 Dassault Systems SA
    • 7.1.13 EPAM Systems Inc. (Infongen)
    • 7.1.14 Expert System SpA
    • 7.1.15 IHS Markit Ltd
    • 7.1.16 Insight Engines Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET