デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1197297

殺虫剤市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Insecticides Market - Growth, Trends and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 141 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.09円
殺虫剤市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 141 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

主なハイライト

  • 殺虫剤市場は、予測期間中にCAGR5.3%を記録すると予測されています。
  • 世界の人口の継続的な増加、食糧需要の増加を満たすための農業生産の増加、農業技術およびテクノロジーの向上が、予測期間中の市場成長の要因となっています。
  • 世界中のさまざまな作物で害虫の数が増加しており、殺虫剤耐性の害虫の数も驚異的に増加しています。殺虫剤は、さまざまな害虫を駆除するために使用することができます。しかし、時間の経過とともに害虫が耐性を獲得するため、その効果は失われていきます。その結果、殺虫剤に対する感受性が著しく低下し、殺虫剤の現場でのパフォーマンスが低下します。殺虫剤に依存した害虫の防除は、しばしば殺虫剤耐性の発達につながります。このため、殺虫剤メーカーは研究開発活動により多くの投資を行う必要に迫られています。
  • 専門的な害虫管理製品への需要は、経済成長、都市化、新しい害虫や病気の出現などの要因によって促進されています。消費者は、環境への影響を最小限に抑え、的を絞った効果的なソリューションを求めるようになっています。殺虫剤に関する厳しい規制と、分子開拓に伴う高いコストが、今後数年間は市場の障害となる可能性があります。しかし、市場の収益性を考慮すれば、企業は一定期間、殺虫剤の開発に投資する可能性があります。

殺虫剤市場の動向

農地減少に伴う農業生産性向上の必要性

FAOによると、2009年から2050年にかけて世界人口が3分の1以上の23億人増加すると予想されていることから、世界の食糧需要は2050年までに50%から90%に増加すると見込まれています。

世界の人口増加に伴い、世界の食糧生産は2050年までに約70%増加し、食糧需要の増加に対応する必要があると考えられます。これは、特定の食料品目の生産量を大幅に増加させなければならないことを意味しています。例えば、穀物の生産量は、2021年の約27億メートルトンから、2050年までに約30億メートルトンに達する必要があります。食糧安全保障に対する需要の高まりは、殺虫剤市場に好影響を与えています。これは、殺虫剤の適切な使用が実践されている農場の高い生産性に起因しています。

気候変動から害虫の発生、投資不足まで、多くの要因が食料品の生産を制限しています。世界の主要国では耕作可能な土地の割合が減少しており、人口の増加による需要増に対応するため、農業生産性の向上が必要となっています。例えば、世界銀行のデータによると、英国では耕地面積の割合が減少し続けており、2017年には25.1%、2020年には24.7%に減少すると言われています。そのため、農家は害虫による被害を軽減し、生産性を向上させることに注力しています。したがって、作物保護剤の市場は世界中で成長すると予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占

アジア太平洋地域は、多種多様な作物の生産を支える様々な気候条件を有しています。抵抗性害虫の増加、食糧需要の増加、農業生産性の向上に対するニーズが、アジア太平洋地域の殺虫剤市場を牽引する主な要因となっています。アジア太平洋地域の殺虫剤市場では、中国が最大のシェアを占めています。しかし、同国では、化学殺虫剤の使用増加による環境悪化が深刻な土壌汚染を引き起こしているため、農作物への従来型殺虫剤の使用は近年減少しています。

農家は、害虫による被害を抑えるために殺虫剤を使用することで、生産性の向上による増産が期待されています。殺虫剤の適切な散布が行われないと、不利な気候条件とともに収量が30.0%減少すると言われています。化学殺虫剤が人体の健康に与える影響に関する認識が高まるにつれ、この地域では農家が環境に優しい天然由来のバイオ殺虫剤を使用する方向に徐々にシフトしていることが確認されています。

また、この地域は高度に進化した技術的進歩を特徴としており、生物学的防虫製品の研究開発への投資の増加と相まって、高品質な食品に対する国内需要の増加に対応することができます。このような要因が、同地域の市場成長の要因であると考えられます。

殺虫剤市場の競合他社分析

殺虫剤市場は統合されており、主要企業が市場シェアの大半を占めています。Syngenta AG、Bayer Crop Science、FMC Corporation、ADAMA Agricultural Solutions Ltd、BASF SEが調査対象となった市場の主要プレイヤーです。プレイヤーは、M&A、拡張、パートナーシップ、製品発表などの様々な戦略を採用することで、世界中でビジネスを拡大しているため、将来的には調査した市場をより強固なものにするための努力を行う可能性があります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 原産地
    • 合成殺虫剤
    • バイオ殺虫剤
  • 用途
    • 穀物および穀類
    • 豆類・油糧種子
    • 商業作物
    • 果樹・野菜
    • 芝生および観葉植物
  • 害虫の種類
    • 吸汁性害虫用殺虫剤
    • 咀嚼性害虫用殺虫剤
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • スペイン
      • イタリア
      • ロシア
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東およびアフリカ
      • 南アフリカ
      • アフリカの残りの地域

第6章 競合情勢

  • 最も採用されている戦略
  • 市場シェア分析
  • 企業プロファイル
    • Adama Agricultural Solutions Ltd
    • American Vanguard Corporation
    • BASF SE
    • Bayer CropScience AG
    • Corteva Agriscience
    • FMC Corporation
    • Isagro SpA
    • NuFarm Limited
    • Syngenta AG
    • Adama Agricultural Solutions Ltd
    • Sumitomo Chemical Co. Ltd
    • UPL Limited

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 47401

Key Highlights

  • The insecticides market is projected to register a CAGR of 5.3% during the forecast period.
  • The continuous rise in the population across the globe, increasing agricultural production to satisfy the rising food demand, and improvements in farming techniques and technologies are the factors that drive the market growth over the forecast period.
  • The number of pests in different crops across the world is rising, and there is also a tremendous increase in the number of insecticide-resistant pests. Insecticides can be used to control a variety of pests. However, over time, they lose their effectiveness as pests develop resistance. This results in a significant decrease in sensitivity to a pesticide, which reduces the field performance of pesticides. Reliance on insecticide-based pest management of insect pests often leads to the development of insecticide resistance. This pushes the insecticide manufacturers to invest more in their R&D activities.
  • The demand for professional pest management products is being driven by factors such as economic growth, urbanization, and the emergence of new pests and diseases. Consumers are increasingly looking for targeted and effective solutions with minimal environmental impact. Strict Regulations with respect to insecticides and high costs associated with molecule development may act as a barrier to the market in the coming years. However, given the profitability of the market, companies may still invest in insecticide development in the given period.

Insecticides Market Trends

Need for Increased Agricultural Productivity Amid Declining Farm Land

According to the FAO, global food demand is expected to increase from 50% to 90% by 2050, owing to the expected increase in the global population by over a third, or 2.3 billion people, between 2009 and 2050. Due to the increasing population globally, global food production needs are likely to increase by about 70% by 2050 to meet the growing food demand. This implies that there must be a significant increase in the production of certain food commodities. For instance, the production of cereals must reach around 3 billion metric ton by 2050, an increase from nearly 2.7 billion metric ton in 2021. The increased demand for food security has impacted the insecticide market affirmatively. This can be attributed to the high productivity of farms where appropriate usage of insecticides is practiced.

Many factors, from climate change to the outbreak of pests and lack of investment, have also restricted the production of food products. The percentage of arable land area is falling in major countries across the world, which indicates the need to enhance agricultural productivity to meet the population's rising demand. For instance, according to the World Bank data, the percentage of arable land kept on decreasing in the United Kingdom which is 25.1% in 2017 that decreased to 24.7% in 2020. Thus, farmers are focusing on increasing productivity by reducing the damage caused by pests. Hence, the market for crop protection chemicals is expected to grow around the world.

Asia-Pacific Dominates the Market

Asia Pacific region has varied climatic conditions which support the production of a wide variety of crops. The rise in the number of resistant pests, increasing food demand, and the need for increased agricultural productivity are the major factors driving the insecticide market in the Asia-Pacific region. China captures the largest share of the Asia-Pacific insecticides market. However, the use of conventional insecticides on agricultural crops in the country has declined in recent years, as the increased use of chemical insecticides, leading to environmental degradation, is causing severe soil pollution.

Farmers are anticipated to increase production by improving productivity through the use of pesticides to control the damage caused by pests. The lack of appropriate application of insecticides, along with adverse climatic conditions, will reduce the yield by 30.0%. With the rising awareness regarding the impact of chemical insecticides on the health of humans, the gradual shift toward the usage of eco-friendly, natural, and bioinsecticides by farmers has been observed in the region.

The region is also characterized by highly evolved technological advancements, which, in conjunction with increasing investments in R&D of biological insect control products, would serve the increasing domestic demand for quality food. The aforementioned factors can be attributed to the growth of the market in the region.

Insecticides Market Competitor Analysis

The insecticides market is consolidated, with key players holding the majority of the market share. Syngenta AG, Bayer Crop Science, FMC Corporation, ADAMA Agricultural Solutions Ltd, and BASF SE are the major players in the market studied. Players are likely to make efforts to make the market studied more consolidated in the future, as they have been expanding their business across the world by adopting various strategies, such as mergers and acquisitions, expansions, partnerships, and product launches.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat from Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Origin
    • 5.1.1 Synthetic Insecticides
    • 5.1.2 Bio-insecticides
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Grains and Cereals
    • 5.2.2 Pulses and Oilseeds
    • 5.2.3 Commercial Crops
    • 5.2.4 Fruits and Vegetables
    • 5.2.5 Turf and Ornmental
  • 5.3 Insect Pest Type
    • 5.3.1 Sucking Pest Insecticides
    • 5.3.2 Biting and Chewing Pest Insecticides
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
      • 5.4.1.4 Rest of North America
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Spain
      • 5.4.2.5 Italy
      • 5.4.2.6 Russia
      • 5.4.2.7 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Middle East & Africa
      • 5.4.5.1 South Africa
      • 5.4.5.2 Rest of Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Most Adopted Strategies
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Adama Agricultural Solutions Ltd
    • 6.3.2 American Vanguard Corporation
    • 6.3.3 BASF SE
    • 6.3.4 Bayer CropScience AG
    • 6.3.5 Corteva Agriscience
    • 6.3.6 FMC Corporation
    • 6.3.7 Isagro SpA
    • 6.3.8 NuFarm Limited
    • 6.3.9 Syngenta AG
    • 6.3.10 Adama Agricultural Solutions Ltd
    • 6.3.11 Sumitomo Chemical Co. Ltd
    • 6.3.12 UPL Limited

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS