市場調査レポート
商品コード
1197148

高活性API/HPAPI市場-成長、動向、予測(2023年-2028年)

High Potency Apis /HPAPI Market- Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
高活性API/HPAPI市場-成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

高活性API/HPAPI市場は、予測期間(2022-2027年)にCAGR8.5%で成長すると予測されています。

COVID-19のパンデミックの間、高活性API/HPAPI市場は悪影響を受けました。COVID-19の大流行は、主にAPI市場のサプライチェーンに影響を及ぼしました。東南アジア(特に中国とインド)はAPIの生産拠点であるため、この地域でCOVID-19が増加すると、市場は深刻な打撃を受けました。2020年4月に発表された「COVID-19 Fuels Debate over API Production Locations」と題するドイツ貿易投資(GTAI)の記事によると、世界の高活性APIを含むAPIの約60%はインドまたは中国で製造されています。インドだけで世界のジェネリック医薬品製造市場の18%を占め、そのほとんどが他国へ輸出されています。中国は主要な製造拠点であり、インドのジェネリック医薬品産業向けの高薬理活性原薬を含む原薬の70%を生産しています。このような状況から、この2カ国は世界のジェネリック医薬品市場における最大のプレーヤーとなっています。しかし、パンデミックの影響を最も受けたのはこれらの国でした。ウイルスが世界的に蔓延する中、インドは国内の医薬品不足を避けるため、同国の医薬品輸出の約10%を占める26品目の医薬品と各種高活性原薬を一時的に輸出抑制しました。このことがさらに市場の逆境に拍車をかけました。しかし、COVID-19ワクチンの製造には様々なAPIが使用されています。全体として、市場は短期的には妨げられると考えられていました。しかし、業界が最新の進歩とプロトコルでサプライチェーンを強化すれば、市場は大きく成長する可能性があります。

市場の成長を促す特定の要因としては、医薬品(腫瘍および抗体薬物複合体)の需要増加、精密医療と高活性原薬への注目の高まり、高活性原薬製造の技術的進歩が挙げられます。国際がん研究機関(IARC)は、GLOBOCAN 2020を更新し、世界のがん負荷に関する新たな推定値を発表し、2020年のがん負荷は1,930万症例、がん死亡は1,000万人に増加することを示しました。この新しい研究では、5年以内に5,000万人以上ががんと診断されることが示唆されています。また、さまざまな薬物療法における高活性APIの使用も、市場の成長に拍車をかけています。例えば、米国医薬品評価研究センター(CDER)は、2020年に様々ながん、特に肺がん、甲状腺がん、乳がんのための新しい治療法を承認しました。これらの治療法には、治療用の小型および大型のAPI分子が含まれています。高力価のAPIは、これらの薬剤の主要な構成要素です。がんの症例数の増加に伴い、この病気の解決策を提供するために、市場も同時に成長するでしょう。同様に、2020年7月に発表されたパーキンソン財団の記事によると、毎年約6万人のアメリカ人がパーキンソン病と診断されています。ここ数年、精密医療に注目が集まっています。より高い有効性を持つ個別化医療へのニーズが高まっています。こうしたジェネリック医薬品は、薬理遺伝学と呼ばれています。2020年、米国食品医薬品局は200の薬理遺伝学的医薬品に関連する情報をリストアップしました。英国では、国民健康保険制度が2025年までにゲノム医薬品を日常診療に組み込むことを目標としています。したがって、精密医療に関する研究の増加と医薬品開発のための高活性APIの利用により、調査市場は予測期間中に健全な成長率を示すと推定されます。

高活性API/HPAPIの市場動向

ジェネリック高活性医薬品原料分野が大幅な成長を記録すると予想される

高活性API/HPAPI市場は、革新的な高活性医薬品成分とジェネリック高活性医薬品成分に大きく分類されます。成長の主な要因は、さまざまな薬剤の特許切れとがん治療需要の増加、さらに将来に向けて膨大な数のがん治療薬のパイプラインが存在することです。2021年6月にAmerican Journal of Managed Careが発表したレポートによると、2023年までに約20種類のがん治療用生物製剤の特許が切れるため、がん治療におけるバイオシミラーの生産が増え、コスト削減が期待されます。これらの理由により、予測期間中、市場は高い成長率を示す可能性があります。

また、原薬生産に焦点を当てた政府の取り組みが、研究対象市場の成長に拍車をかけています。2021年6月、インドの財務大臣は、医薬品有効成分、医薬品中間体、主要出発材料など13の主要分野における医薬品生産連動インセンティブ(PLI)スキームのために、5年間で197,000カロールインドルピーの追加支出を活用すると発表しました。医薬品原薬分野に割り当てられている多額の奨励金は、予測期間中の市場成長を大きく後押しするものと思われます。

また、いくつかの主要な市場プレーヤーが、予測期間中の市場の成長に拍車をかけています。例えば、2021年4月、ファイザーは、治療法の開発に専念する非公開会社であるAmplyx Pharmaceuticals Inc.を買収しました。同社は、フォスマノゲピクス(真菌阻害剤)など、製造に高力価の原薬を必要とする複数の医薬品を製造しています。このような買収は、予測期間中の市場の成長を後押しするものと思われます。

北米が市場の主要なシェアを占める見込み

予測期間中、北米が市場で大きなシェアを占めると予想されます。

米国は、がんや神経疾患などの障害が蔓延し、世界で最も影響を受けている国です。これらの疾患の有病率は増加しているため、同地域ではHPAPIの生産が増加しています。HPAPIは、がんやその他の主要な障害に関連する多くの治療、創薬、またはその他の調査研究において広く使用されています。したがって、北米地域では、他の国々と比較して患者数が増加しているため、同製品の需要が大幅に増加することになります。

北米は、この地域における老人人口の増加、感染症の流行と発生率の増加により、高活性API/HPAPI市場で主要なシェアを占めると予想されます。また、米国では、がんなどの慢性疾患の発生率も高くなっています。米国がん協会誌の2020年レポートによると、2020年には新たに180万人のがん患者が診断され、606,520人ががんで死亡すると推定されています。パーキンソン財団による2020年のデータによると、米国では約100万人がパーキンソン病と共存しており、筋ジストロフィー、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症と診断された人の合計数よりも多くなっています。この数は、2030年までに120万人に増加すると予想されています。

GLOBOCAN 2020によると、カナダでは2020年に約225,800人の新規がん患者、83,300人のがん死亡が記録されました。カナダでは、全死亡者の約30%ががんによるものです。しかし、カナダでは国民皆保険制度が採用されています。この要因によって、同地域では均一な需要が生まれます。このような要因から、市場は予測期間中にプラス成長を記録する可能性があります。

さらに、研究開発活動の活発化と良好な医療インフラの存在が、この地域全体の市場の成長を後押ししています。

高活性API/HPAPI市場の競合他社分析

高活性API/HPAPI市場は断片的で競争が激しく、複数の主要なプレーヤーで構成されています。市場シェアの観点からは、Thermo Fisher Scientific Inc.、Merck KGaA、Pfizer、Novartis International AG、Teva Pharmaceutical Industriesなど、少数の主要プレイヤーが現在市場を独占しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 医薬品(オンコロジー、抗体薬物複合体)の需要増加
    • 精密医療と高薬理活性原薬への注目の高まり
    • 高活性API製造の技術的進歩
  • 市場抑制要因
    • 莫大な設備投資
    • 変化し続ける業界標準とガイドライン
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース、単位:100万米ドル)

  • ポッドダクトタイプ別
    • 革新的な高活性医薬品成分
    • 高活性ジェネリック医薬品原料
  • 用途別
    • オンコロジー
    • ホルモンバランス
    • 緑内障
    • その他の用途
  • 合成別
    • 合成高活性医薬品原料
    • バイオ高活性医薬品原料
  • メーカー別
    • Captive HPAPIメーカー
    • マーチャントHPAPIメーカー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東地域
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • AbbVie Inc.
    • Merck & Co. Inc.
    • Corden Pharma International
    • Pfizer Inc.
    • Sanofi(EUROAPI)
    • SK Biotek
    • Sun Pharmaceutical Industries Ltd
    • Teva Pharmaceutical Industries Ltd
    • Thermo Fisher Scientific Inc.
    • Viatris Inc.

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 72232

The high-potency APIs/HPAPI market is projected to register a CAGR of 8.5% during the forecast period (2022-2027).

During the COVID-19 pandemic, the high-potency APIs/HPAPI market was adversely affected. The COVID-19 outbreak primarily affected the supply chain of the API market. Since Southeast Asia (specifically China and India) is the hub for the production of API, the market was severely hampered as COVID-19 increased in the region. According to the Germany Trade & Invest (GTAI) article titled "COVID-19 Fuels Debate over API Production Locations" published in April 2020, around 60% of APIs, including high-potency APIs of the world, are manufactured in India or China. India alone accounts for 18% of the global generic drug manufacturing market, most of which is exported to other countries. China is a major manufacturing location and produces 70% of the APIs, including high-potency APIs, for India's generics industry. This situation makes these two countries the biggest players in the global market for generic medicines. However, these countries were the most affected by the pandemic. As the virus spread globally, India temporarily placed an export curb on 26 drugs and various high-potent APIs, which accounted for around 10% of the country's pharmaceutical exports, to avoid domestic shortages. This factor further fueled the adversity in the market. However, various APIs are used in the production of COVID-19 vaccines. Overall, the market was considered to be hindered in the short term. However, the market may grow significantly once the industry reinforces its supply chain with modern advancements and protocols.

Certain factors driving the market's growth include increasing demand for drugs (oncology and antibody-drug conjugates), increasing focus on precision medicine and high potency APIs, and technological advancements in high-potency API manufacturing. The International Agency for Research on Cancer (IARC) updated GLOBOCAN 2020 with new estimates about the global cancer burden, indicating that the cancer burden rose to 19.3 million cases and 10 million cancer deaths in 2020. This new study suggests that more than 50 million people will be diagnosed with cancer within five years. The use of high potency APIs in various drug therapies are also adding to the market growth. For instance, the United States Center for Drug Evaluation and Research (CDER) approved new therapies in 2020 for various cancers, particularly lung, thyroid, and breast cancers. These therapies included small and large API molecules for treatments. High-potency APIs are the primary constituents of these drugs. With the growing number of cancer cases, the market will simultaneously grow to provide solutions for the disease. Similarly, according to Parkinson's Foundation's article published in July 2020, around 60,000 Americans are diagnosed with Parkinson's disease each year. There has been a focus on precision medicine in the past few years. The need for personalized medicine with higher efficacy is increasing. These generic drugs are known as pharmacogenetics. In 2020, the US Food and Drug Administration listed information relating to 200 pharmacogenetic drugs. In the United Kingdom, the National Health Scheme aims to integrate genomic medicines into its routine care by 2025. Therefore, owing to the increase in the research on the precision medicine and the utilization of high potency APIs for drug development, the studied market is estimated to witness a healthy growth rate during the forecast period.

High Potency APIs /HPAPI Market Trends

Generic High-potency Active Pharmaceutical Ingredients Segment is Expected to Record Significant Growth

The high-potency APIs/HPAPI market is broadly segmented into innovative high-potency active pharmaceutical ingredients and generic high-potency active pharmaceutical ingredients. The primary factor for the growth is the patent expiration of various drugs and increasing demand for cancer treatment, along with the huge number of cancer treatment drugs in the pipeline for the future. According to the report published by the American Journal of Managed Care in June 2021, by 2023, patents of around 20 oncology biologics will expire, which may lead to the production of more biosimilars in cancer care and reduce costs. Due to these reasons, the market may see a high growth rate during the forecast period.

Also, the government initiatives focusing on active pharmaceutical ingredient production are adding to the growth of the studied market. In June 2021, the Indian Finance Minister announced an additional outlay of INR 197,000 crore for utilization over five years for the pharmaceutical Production Linked Incentive (PLI) Scheme in 13 key sectors such as active pharmaceutical ingredients, drug intermediaries, and key starting materials. The large incentives being allocated to the active pharmaceutical ingredient segment would greatly boost the market growth over the forecast period.​

Several key market players are also adding to the growth of the market over the forecast period. For instance, in April 2021, Pfizer acquired Amplyx Pharmaceuticals Inc., a privately-held company dedicated to developing therapies. The company makes several drugs, such as Fosmanogepix (a fungal inhibitor), which require high-potency APIs to manufacture. Such acquisitions are expected to boost the growth of the market over the forecast period.

North America is Expected to Hold a Major Share in the Market

North America is expected to hold a significant share in the market during the forecast period

The United States was the most affected country in the world, with the prevalence of disorders such as cancer and neurological disorders. These disorders are increasing in prevalence, thus increasing the production of HPAPIs in the region. HPAPIs are widely used in many therapeutic, drug discovery, or other research studies related to oncology and other major disorders. Thus, the demand for the same will be significantly higher in the North American region as the patient population is increasing compared to other countries.

North America is expected to hold a major share in the high-potency APIs/HPAPI market due to the rising geriatric population and increasing prevalence and incidence of infectious diseases in this region. The incidence of chronic diseases, like cancer, is also high in the United States. As per the 2020 report by the American Cancer Society journal, there were an estimated 1.8 million new cancer cases diagnosed and 606,520 cancer deaths in 2020. According to the 2020 data by Parkinson's Foundation, around 1 million people in the United States are living with Parkinson's disease, more than the combined number of people diagnosed with muscular dystrophy, multiple sclerosis, and Amyotrophic Lateral Sclerosis. This number is expected to increase to 1.2 million by 2030.

According to GLOBOCAN 2020, in Canada, around 225,800 new cancer cases and 83,300 cancer deaths were recorded in the year 2020. Around 30% of all deaths in Canada are caused by cancer. However, Canada has a universal healthcare system for its citizens. This factor creates an even demand in the region. Due to this factor, the market may register positive growth during the forecast period.

Moreover, the increasing R&D activities and the presence of favorable healthcare infrastructure are fueling the growth of the overall regional market. ​

High Potency APIs /HPAPI Market Competitor Analysis

The high-potency APIs/HPAPI market is fragmented, competitive, and consists of several major players. In terms of market share, a few major players are currently dominating the market, including Thermo Fisher Scientific Inc., Merck KGaA, Pfizer, Novartis International AG, and Teva Pharmaceutical Industries.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Demand for Drugs (Oncology and Antibody-drug Conjugates)
    • 4.2.2 Increasing Focus on Precision Medicine and High-potency APIs
    • 4.2.3 Technological Advancements in High-potency API Manufacturing
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Huge Capital Investment
    • 4.3.2 Ever Changing Industry Standards and Guidelines
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - in USD Millions)

  • 5.1 By Poduct Type
    • 5.1.1 Innovative High-potency Active Pharmaceutical Ingredients
    • 5.1.2 Generic High-potency Active Pharmaceutical Ingredients
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Oncology
    • 5.2.2 Hormonal Imbalance
    • 5.2.3 Glaucoma
    • 5.2.4 Other Applications
  • 5.3 By Synthesis
    • 5.3.1 Synthetic High-potency Active Pharmaceutical Ingredients
    • 5.3.2 Biotech High-potency Active Pharmaceutical Ingredients
  • 5.4 By Manufacturer
    • 5.4.1 Captive HPAPI Manufacturers
    • 5.4.2 Merchant HPAPI Manufacturers
  • 5.5 By Geography
    • 5.5.1 North America
      • 5.5.1.1 United States
      • 5.5.1.2 Canada
      • 5.5.1.3 Mexico
    • 5.5.2 Europe
      • 5.5.2.1 Germany
      • 5.5.2.2 United Kingdom
      • 5.5.2.3 France
      • 5.5.2.4 Italy
      • 5.5.2.5 Spain
      • 5.5.2.6 Rest of Europe
    • 5.5.3 Asia-Pacific
      • 5.5.3.1 China
      • 5.5.3.2 Japan
      • 5.5.3.3 India
      • 5.5.3.4 Australia
      • 5.5.3.5 South Korea
      • 5.5.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.5.4 Middle-East
      • 5.5.4.1 GCC
      • 5.5.4.2 South Africa
      • 5.5.4.3 Rest of Middle-East
    • 5.5.5 South America
      • 5.5.5.1 Brazil
      • 5.5.5.2 Argentina
      • 5.5.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 AbbVie Inc.
    • 6.1.2 Merck & Co. Inc.
    • 6.1.3 Corden Pharma International
    • 6.1.4 Pfizer Inc.
    • 6.1.5 Sanofi (EUROAPI)
    • 6.1.6 SK Biotek
    • 6.1.7 Sun Pharmaceutical Industries Ltd
    • 6.1.8 Teva Pharmaceutical Industries Ltd
    • 6.1.9 Thermo Fisher Scientific Inc.
    • 6.1.10 Viatris Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS