デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1190497

暗号通貨市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Cryptocurrency Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.16円
暗号通貨市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

暗号通貨は、現金の代替となるだけでなく、既存のシステムをサポートするために設計された新時代の金融イノベーションです。

この市場は、予測期間中にCAGR 60%のCAGRで推移することが期待されています。

政府や中央銀行に対して責任を負うことなくピアツーピアの取引を行うために設計された暗号通貨は、その存在理由だけでなく、金融業界における潜在的なリスクと機会についても調査された最新の金融イノベーションです。暗号通貨は、様々な設計目標を持った数千の通貨が存在します。これらの設計目標は、現金に代わるデジタル通貨を提供すること(ビットコイン、モネロ、ビットコインキャッシュ)、低コストでの決済システムをサポートすること(リップル、Particl、Utility Settlement Coin)、トークンを作成してピアツーピア取引をサポートすること(RMG、Maecenas)、ピアツーピア取引で商品やサービスへの安全なアクセスを容易にすること(Golem、Filecoin)、基盤となるプラットフォームやプロトコルをサポートすること(Ether、NEO)などが挙げられます。毎週新しい暗号通貨が誕生しているため、これらの設計目標ですべてを網羅することはできません。ブロックチェーンは、ほとんどの暗号通貨の基盤技術です。

暗号通貨市場は、多数の暗号通貨の時価総額に基づいてセグメント化されています。暗号通貨は、通貨・金融システムの主要な分野と重複しています。その急速な成長、複雑さ、高いボラティリティ、違法行為を助長する可能性を考慮すると、世界中の規制当局や政策立案者は、既存のシステムに組み込むこと、組み込む場合は既存のシステムをそれに合わせて修正することに頭を悩ませています。

主な市場動向

暗号通貨の時価総額のボラティリティについての概要

毎週新しい暗号通貨が誕生し、この市場が進化しているため、暗号通貨市場の規模を知ることは困難です。暗号通貨取引用の市場取引所の範囲が広く、プライバシー保護機能により世界中に広がっていることに加え、急速な成長、極端な価格変動、市場の非流動性が暗号通貨市場の複雑さを高めています。長年にわたる暗号通貨の時価総額を見ると、市場の価格変動がいかに大きいかがわかります。

例えば、2022年1月中の推定暗号通貨時価総額は、4000億米ドルから8000億米ドルの間で変動し、2022年の年初には5660億米ドルでしたが、2022年末には最終的に1280億米ドルに落ち着きました。取引量では、ビットコインだけが1日平均20万件と最も多くなっています。

ブロックチェーン技術の採用が急ピッチで進む

ブロックチェーン技術の企業への導入は、複数の使用事例において静かに転換期を迎えています。初期のパイロットプロジェクトから価値を見出した企業は、現在、これらのプロジェクトの本番稼動に向けて動き出しています。具体的には、規制やガバナンスの分野ではこの技術についてまだ不確実性がありますが、金融サービス、アイデンティティ、貿易、その他の市場でのブロックチェーンの採用が進んでいます。

世界のブロックチェーン支出は、銀行業界が主導し、ディスクリート製造業とプロセス製造業がそれに続き、合わせて支出全体の約50%のシェアを占めると予想されます。銀行業界では、国境を越えた支払い&決済と貿易金融&ポストトレード決済という2大使用事例が支出を牽引することになります。

ブロックチェーン・ソリューションへの支出は、米国が最も高く、西欧と中国がそれに続くと予想されます。インフォグラフィックに示されたすべての地域は、今後数年間で驚異的な成長を遂げると予想されます。

競合情勢

本レポートでは、コイン製品開発者、マイニングサービス、暗号通貨取引所、ウォレット企業などのさまざまなセグメントと、エコシステムを形成した最近のM&Aに関するメモを掲載しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 市場の範囲
  • 市場の定義

第2章 調査手法

  • 調査の成果
  • 調査前提条件
  • 分析手法
  • 調査フェーズ

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の洞察と力学

  • 市場の概要
    • 暗号通貨の構造と技術的側面に関する概要
    • 暗号通貨市場の価格変動率
    • 主要な暗号通貨の時価総額
    • 世界各地に暗号通貨採掘地域が広がっている根拠
  • 暗号通貨に関する政策立案者の主な懸念事項
    • 暗号通貨市場が経済効率と成長に与える影響
    • 暗号通貨導入による金融安定性への影響
    • 暗号通貨導入による金融政策への影響
    • 暗号通貨導入による財政政策への影響
    • 暗号通貨市場に対する課税の可能性
    • 暗号通貨が金融エコシステムに導入されることの短所
    • 暗号通貨導入の短所に対抗するために政策立案者が利用可能なツール
  • 暗号通貨市場の投資見通しに関する概要
  • 暗号通貨市場における最新の動向
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 設計目標の観点からの暗号通貨市場の定性的分析- デジタルキャッシュ・コイン、決済インフラ・コイン、セキュリティ・トークン、ユーティリティ・トークン、一般プラットフォーム・トークン、その他

第5章 市場のセグメンテーションと分析

  • 地域別
    • 南北アメリカ(米国、カナダ、ラテンアメリカ、カリブ海諸国)
    • 欧州
    • 英国
    • アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ地域
  • 時価総額別
    • ビットコイン
    • イーサリアム
    • リップル
    • ビットコインキャッシュ
    • カルダノ
    • その他

第6章 競合情勢

  • M&A(合併・買収)
  • セグメントと企業プロファイル
    • Coin Product Developers
    • Mining Services
    • Cloud for Bitcoin
    • Cryptocurrency Exchanges
    • Wallet Companies
    • Payment and Trading Solution Providers
    • Others*

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 68890

Cryptocurrency is the new age financial innovation designed not only to become an alternative to cash but also to support the existing systems. The market has achieved XX USD billion market capitalization and is expected to register a CAGR of 60% over the forecast period.

Cryptocurrencies which are designed to use for peer-to-peer transactions without being liable to any government or a central bank are the latest financial innovations explored not only for the reasons of their being but also for potential risks and opportunities in the financial industry. There are thousands of cryptocurrencies with various design goals. These design goals are to provide a digital currency alternative to cash (Bitcoin, Monero, and Bitcoin cash), to support a payment system at low cost (Ripple, Particl, and Utility Settlement Coin), to support peer-to-peer trading activity by creating tokens (RMG and Maecenas), to facilitate secure access to a good or service in peer-to-peer trading (Golem, Filecoin) and to support underlying platform or protocol ( Ether and NEO). These design goals mentioned won't be exhaustive as new cryptocurrencies are being created every week. Blockchain is the underlying technology for most cryptocurrencies.

The cryptocurrency market is segmented based on the market capitalization of a large number of cryptocurrencies. Cryptocurrencies overlap with key areas of the monetary and financial system. Given their rapid growth, complexity, high volatility, and potentiality for facilitating illicit activities, regulators and policymakers across the world are bothered about their inclusion into the existing system and revising the existing systems to fit them, if included.

Key Market Trends

A brief on the Volatility in the Market Capitalization of Cryptocurrencies

With the evolving nature of this market with new cryptocurrencies created every week, it is difficult to know how big the cryptocurrency market is. A wide scope of market exchanges for cryptocurrency trading, spread across the globe because of their privacy protection features as well as rapid growth, extreme price volatility, and market illiquidity add to the complexity of the cryptocurrency market. The market capitalization of cryptocurrencies over the years shows how high the price volatility of the market is.

The estimated cryptocurrency market capitalization, for example, during January 2022, varied between 400 billion USD and 800 billion USD which was 566 billion USD at the beginning of the year 2022 and finally settled at 128 billion USD by the end of the year 2022. In terms of transaction volumes, bitcoin alone had the highest number of 200,000 average daily transactions.

Adoption of Blockchain Technology Increasing on a Robust Pace

Enterprise adoption of blockchain technology has quietly reached a tipping point across multiple use cases. Companies that have recognized value from their initial pilot projects are now moving towards turning these projects into production. Specifically, there is still uncertainty about this technology in the areas of regulations and governance, but the adoption of blockchain for financial services, identity, trade, and other markets is increasing.

Global blockchain spending will be led by the banking industry followed by discrete manufacturing and process manufacturing with a combined market share of about 50% of overall spending. In the banking industry, the spending will be driven by two of the largest use cases - cross-border payments & settlements and trade finance & post-trade settlements.

Spending on blockchain solutions will be the highest in United States followed by Western Europe and China. All the regions shown in the infographics are expected to see phenomenal growth in the coming years.

Competitive Landscape

The report includes different segments like coin product developers, mining services, cryptocurrency exchanges, wallet companies, etc along with a note on recent mergers and acquisitions that shaped the ecosystem.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Scope of the Market
  • 1.2 Market Definition

2 RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1 Study Deliverables
  • 2.2 Study Assumptions
  • 2.3 Analysis Methodology
  • 2.4 Research Phases

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS AND DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
    • 4.1.1 A Brief on the Structure and Technological Aspects of Cryptocurrencies
    • 4.1.2 Price Volatility of the cryptocurrency market
    • 4.1.3 Market Capitalization of Major Cryptocurrencies
    • 4.1.4 Rationale for widespread Crypto Mining Areas Across the Globe
  • 4.2 Major Concerns for Policymakers About Cryptocurrencies
    • 4.2.1 Effects of Cryptocurrency Market on Eonomic Efficiency and Growth
    • 4.2.2 Impact on Financial Stability due to Cryptocurrenncy Adoption
    • 4.2.3 Effects on Monetary Policy due to Cryptocurrency Adoption
    • 4.2.4 Effects on Fiscal Policy due to Cryptocurrency Adoption
    • 4.2.5 Probable ways of Taxation of Cryptocurrency Market
    • 4.2.6 Cons of Cryptocurrency Adoption into Financial Ecosystem
    • 4.2.7 Tools at the Disposal of Policymakers to Counter the Cons of Cryptocurrency Adoption
  • 4.3 A Brief on Investment Outlook in Cryptocurrency Market
  • 4.4 Latest Developments in the Cryptocurrency Market
  • 4.5 Market Drivers
  • 4.6 Market Restraints
  • 4.7 Qualitative Analysis of Cryptocurrency market from design goals perspective - Digital Cash coins, payment infrastructure coins, security tokens, utility tokens, general platform tokens, others

5 MARKET SEGMENTATION AND ANALYSIS

  • 5.1 Geography
    • 5.1.1 Americas (US, Canada, Latin America and Caribbean)
    • 5.1.2 Europe
    • 5.1.3 United Kingdom
    • 5.1.4 Asia-Pacific
    • 5.1.5 Middle East & Africa
  • 5.2 By Market Capitalization
    • 5.2.1 Bitcoin
    • 5.2.2 Ethereum
    • 5.2.3 Ripple
    • 5.2.4 Bitcoin Cash
    • 5.2.5 Cardano
    • 5.2.6 Others

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Overview (Market Concentration and Major Players)
  • 6.2 Mergers & Acquisitions
  • 6.3 Segments and Company Profiles
    • 6.3.1 Coin Product Developers
    • 6.3.2 Mining Services
    • 6.3.3 Cloud for Bitcoin
    • 6.3.4 Cryptocurrency Exchanges
    • 6.3.5 Wallet Companies
    • 6.3.6 Payment and Trading Solution Providers
    • 6.3.7 Others*

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS