表紙:大麻包装市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
市場調査レポート
商品コード
1190199

大麻包装市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Cannabis Packaging Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 121 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.94円
大麻包装市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 121 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の大麻包装市場は、今後5年間で24.3%のCAGRを示すと予想されています。

大麻包装市場は、医療用および娯楽用大麻製品の需要の高まりにより、今後数年間で顕著な成長を示すと予想されます。様々な国で大麻の合法化が進んでいることが、今後の市場を牽引する可能性が高いでしょう。

主なハイライト

  • 娯楽用大麻の用途は、近年かつてないほどの成長を見せており、今後市場を牽引することが予想されます。Marijuana Business Dailyは、米国で販売されている大麻の中で最も好まれる形態は花であると報告しています。フラワーは瓶やフレキシブル包装袋に詰められています。
  • 米国での大麻消費の急速な合法化とカナダの既存の自由な環境は、大麻の包装のための補助的な需要を促進すると予想されます。米国では50州のうち36州で適切な処方箋があれば患者が医療用大麻を使用できるようになっています。北米地域における大麻市場の成長は、この地域が調査された市場の急速な発展を示すことが期待されることを示しています。
  • 大麻包装業界の顕著な動向は、若い人口の間でレクリエーション用大麻の消費の上昇に活用することです。大麻プレーヤーの間で高いブランド飽和のために、パッケージは、ブランドイメージを強化するために、小規模および新興プレーヤーの間で増加した役割を果たします。
  • 大麻包装市場の成長は、多くの大麻包装事業者が児童耐性(CR)包装規制を遵守するために直面している課題のために抑制されています。規則によると、大麻製品の包装は、子供が自分で開けることができないような強度を持たなければなりません。
  • COVID-19の発生時に全国的にロックダウンが発表されたことで、大麻製品の需要が高まりました。複数の小売店では、品薄を恐れて大麻製品を買いだめするという一般的な考えが中心になり、消費者からの大混乱のトラフィックが記録されました。関連統計によると、昨年3月の大麻製品の小売売上高が高い伸びを示しており、大麻包装製品の付随的な需要を生み出しています。
  • 持続可能性、規制、ブランドへの注目は、大麻の包装に大きな影響を与え、加工と包装を手作業に頼っていた従来の手法から、自動機械を含むより高度な手法への移行を促進させました。大麻包装業界では、業界関係者がパッケージングプロセスの自動化のメリットを認識するようになり、自動化の導入が徐々に浸透しています。これは、大麻の法的状況の標準化により、より一般的になることが想定されます。

大麻包装の市場動向

プラスチック包装が大きな市場シェアを占めています

  • プラスチック包装は、チンキ剤、花、オイル、パッチ、錠剤など、さまざまな大麻の消費形態に好んで使用されてきました。プラスチックは、大麻メーカーが様々な課題を克服するのに役立ち、厳しい大麻包装規制環境や製品の保存など、様々な理由から大麻包装に最もよく使われる材料となっています。主に、大麻は腐敗しやすい製品であり、プラスチック包装は腐敗しやすい製品の保存期間を大幅に延ばします。
  • 大麻入りエキスやチンキ剤は、容器、スポイト、キャップの形でプラスチックを利用しています。容器に関しては、プラスチックの軽さが、大麻包装に最適な素材となっています。包装に使われる容器は非常に小さく、15~30mlのサイズで販売されているため、メーカーはラベルに規制情報を追加することができません。メーカーは通常、容器に必要な情報を記載したパンフレットを同梱したカートンベースの二次包装を行っています。同様に、スポイトやクロージャーもプラスチックで製造されています。
  • 高密度ポリエチレン(HDPE)、低密度ポリエチレン(LDPE)、ポリプロピレン(PP)、ポリエチレンテレフタレート(PET)製のボトルやクロージャーは、大麻産業において広く受け入れられるパッケージオプションになってきています。
  • また、持続可能な材料で子供用のロック機構を作ることは非常に困難です。すべての合法的な大麻市場では、一次産品が包装に接触しているか、または出口袋のような二次的な層であるかにかかわらず、何らかの形で児童耐性の包装が必要とされています。
  • プラスチック包装のいくつかの利点と持続可能性への懸念のために、プレーヤーは大麻用の新しいプラスチック包装を導入しています。例えば、今年、Hippo Packagingは、持続可能性の取り組みに対応して、堆肥化可能な容器やフレキシブルバッグ、ヘンプ包装、海洋再生プラスチックを含む大麻包装を発表しました。
  • さらに、フレキシブルパウチは、大麻を包装するための厳しい規制を満たすことができます。中国のサプライヤーは、低価格での提供と大手プレイヤーの不在により、フレキシブルパッケージング市場を獲得しています。

北米が重要な市場シェアを占める

  • 北米は、世界の大麻産業に大きく貢献している地域の一つです。この地域の成長は、米国やカナダなどの国々で大麻が広く普及し、栽培されていることに起因しています。
  • 最近の規制状況の変化により、慢性疼痛、うつ病、PTSD、社会不安、がん、多発性硬化症、てんかんといった、ライフスタイルの変化に関連した症状に対処するために、薬用大麻を使用する人が増えています。さらに、これらの厳しい法律により、供給者は適切な安全管理方法を遵守し、消費者に高品質の製品を提供する必要があるため、この地域の市場成長を促進しています。
  • 北米市場における大麻の合法化と規制の高まりは、包装業界にとって新たな需要に対応するための革新的な数々の機会を生み出しています。その中でも、特に喫煙品よりも手軽に飲める飲料品に関しては、子どもを保護する必要性が高まっています。その結果、米国では、子供用包装や開封防止包装に対する需要が高まっています。これを受けて、昨年、米国のPakTech社は、100%リサイクル高密度ポリエチレン(rHDPE)のチャイルドレジスタント大麻飲料用キャップを発表しました。
  • さらに昨年、カリフォルニア州の環境健康有害性評価局(OEHHA)は、「大麻の煙」とTHCを生殖毒物としてプロポジション65に記載することを承認し、1年後には同州の大麻販売業者は製品にプロポジション65の警告ラベルを付ける必要があります。
  • 国立衛生研究所によると、19歳から30歳の若年層が報告した過去1年間の大麻および幻覚剤の使用は、過去5年間と比較して2021年に大幅に増加したそうです。さらに、米国では2020年11月の選挙で医療用または成人用の大麻を合法化する措置が新たに可決されたのは、ニュージャージー州、アリゾナ州、サウスダコタ州、モンタナ州の5州です。さらに、ミシシッピ州が医療用合法化を可決しました。これらの州がすべて大麻の運用を開始すれば、まとめて大麻の需要が増え、パッケージングが大きく成長する可能性があります。

大麻包装市場の競合分析

世界の大麻包装市場は、少数のトップ企業が市場の重要なシェアを独占している高度に統合された市場です。市場の支配的なプレーヤーには、KushCo Holdings Inc.、JL Clarks Inc.、Kaya Packaging、Impak Corporation、Funksac LLC.、Dixie Elixirs &Edibles、およびPollen Gear LLC.などが含まれます。

2022年9月、子供用耐熱容器と袋のメーカーであるカンナビス包装会社RXDcoは、環境に優しく、持続可能で、再生可能な包装コレクションを発表しました。Atid、PearlLoc、EcoProです。これらは紙ベースの生分解性、リサイクル性、耐児性パッケージングソリューションで、環境的に持続可能なパッケージングに対する大麻業界の動向要件を考慮して作成されたものです。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 産業バリューチェーン分析
  • COVID-19が市場に与える影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 医療用および娯楽用の大麻製品に対する需要の高まり
    • 北米各国における大麻の合法化
  • 市場の抑制要因
    • 大麻の包装に関する厳しい規制

第6章 大麻の用途(定性分析)

  • 医療用
  • レクリエーション

第7章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • 硬質包装
    • 軟包装
  • 包装材料別
    • ガラス
    • 金属
    • プラスチック
    • 段ボール箱
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • ラテンアメリカ
    • 世界のその他の地域

第8章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • KushCo Holdings Inc.
    • JL Clarks Inc.
    • Kaya Packaging
    • Cannaline Cannabis Packaging Solutions
    • Dymapak
    • Diamond Packaging
    • Greenlane Holdings Inc.
    • N2 Packaging Systems LLC
    • Green Rush Packaging
    • Elevate Packaging Inc.
    • Berry Global Inc.

第9章 投資分析

第10章 市場の将来

目次
Product Code: 67116

The Global Cannabis Packaging Market is expected to witness a CAGR of 24.3% over the next five years. The cannabis packaging market is anticipated to witness notable growth in the next few years, owing to the rising demand for medical and recreational cannabis products. The increasing legalization of cannabis in various countries will likely drive the future market.

Key Highlights

  • The recreational cannabis application is expected to drive the market in the future, as it has shown unprecedented growth in recent years. The Marijuana Business Daily reported flowers as the most preferred form of cannabis sold in United States. The flower is packed in jars or flexible packaging bags.
  • The rapid legalization of the consumption of cannabis in United States and the existing free environment in Canada is anticipated to drive the ancillary demand for the packaging of cannabis. 36 out of 50 states in United States allow patients to use medical cannabis with a proper prescription. The growth of the cannabis market in the North American region indicates that the area is expected to witness the rapid development of the studied market.
  • A notable trend in the cannabis packaging industry is to tap into the rising consumption of recreational cannabis amongst the younger population. Due to high brand saturation amongst cannabis players, packaging plays an increased role amongst smaller and emerging players to strengthen the brand image.
  • The cannabis packaging market growth is restrained due to challenges that many cannabis packaging businesses face in order to comply with child-resistant (CR) packaging regulations. According to the rules, cannabis product packaging must be strong enough that a child cannot open it on their own.
  • The announcement of a nationwide lockdown during the COVID-19 outbreak sparked increased demand for cannabis products. Multiple retail stores registered havoc traffic from consumers as the general idea of stocking up on cannabis products in fear of scarcity took the center stage. Relevant statistics suggest the high retail sales growth of cannabis products in March last year, creating an ancillary demand for cannabis packaging products.
  • The focus on sustainability, regulations, and branding has heavily impacted the packaging of cannabis and has facilitated the shift from traditional methods, which relied on manual labor for processing and packaging, to more sophisticated methodologies involving automated machines. The incorporation of automation is slowly gaining traction in the cannabis packaging industry as the industry players become aware of the benefits of automating packaging processes. This is envisaged to become more popular with the standardization of the legal landscape of cannabis.

Cannabis Packaging Market Trends

Plastic Packaging Holds a Significant Market Share

  • Plastic packaging has been preferred for different cannabis consumption forms, such as tinctures, flowers, oils, patches, and pills. Plastic can help cannabis manufacturers overcome various challenges and are the most commonly used material for cannabis packaging for a variety of reasons, including the strict cannabis packaging regulatory environment and product preservation. Primarily, cannabis is a perishable product, and plastic packaging significantly increases the shelf-life of perishable products.
  • Cannabis-infused extracts and tinctures utilize plastic in the form of containers, droppers, and caps. When it comes to containers, the low weight of plastic has made it a material of choice for packing Cannabis. The containers used for packaging are very small and sold in 15 to 30-ml sizes, so the manufacturers cannot add regulatory information on the labels. The manufacturers usually have a carton-based secondary packaging in which the container is packaged with the pamphlet containing the required information. Similarly, droppers and closures are also manufactured using plastics.
  • Bottles and closures made of high-density polyethylene (HDPE), low-density polyethylene (LDPE), polypropylene (PP), and polyethylene terephthalate (PET) have become widely accepted packaging options within the cannabis industry.
  • Further, creating child-resistant locking mechanisms out of sustainable materials is extremely difficult. Every legal cannabis market requires some form of child-resistant packaging, whether the primary product is in contact with the packaging or the secondary layer, such as an exit bag.
  • Owing to several benefits of plastic packaging and sustainability concerns, players are introducing new plastic packaging for cannabis. For instance, this year, Hippo Packaging came with cannabis packaging, which includes compostable containers and flexible bags, hemp packaging, and ocean-reclaimed plastic in response to sustainability initiatives.
  • Furthermore, the flexible pouches can meet the stringent regulations for packaging cannabis. The Chinese suppliers have captured the flexible packaging market due to their low-cost offerings and the absence of major players.

North America Holds Significant Market Share

  • North America is one of the major contributors to the worldwide cannabis industry. Growth in this region is attributed to the widespread adoption and farming of cannabis in countries such as United States and Canada.
  • The recent shift in the regulatory landscape has resulted in more people using medicinal cannabis to address conditions like chronic pain, depression, PTSD, social anxiety, cancer, multiple sclerosis, and epilepsy, all of which are linked to changing lifestyles. Furthermore, due to these strict laws, suppliers must adhere to proper safety control methods and provide consumers with high-quality products, thus promoting market growth in this region.
  • The growing legalization and regulation of cannabis in the North American market have created numerous opportunities for the packaging industry to innovate in response to new demands. Among them is the need for child protection, especially with regard to beverage products, which are more easily consumed than smoking products. As a result, the demand for child-resistant or tamper-evident packaging has increased in United States. In response, last year, US-based PakTech introduced a child-resistant cannabis beverage cap of 100% recycled high-density polyethylene (rHDPE).
  • Moreover, last year, California's office of environmental health hazard assessment (OEHHA) approved listing "cannabis smoke" and THC as reproductive toxins under Proposition 65, and, in one year, the cannabis vendors in the state will need to label their products with a Prop 65 warning label.
  • According to the National Institutes of Health, Marijuana and hallucinogen use in the past year reported by young adults 19 to 30 years increased significantly in 2021 compared to the last five years. Moreover, the five new states in United States that have passed measures to legalize medical or adult-use cannabis in the November 2020 elections include New Jersey, Arizona, South Dakota, and Montana. In addition, Mississippi passed medical legalization. When all these states begin operations for cannabis, they could collectively add more demand for cannabis, and the packaging will grow significantly.

Cannabis Packaging Market Competitive Analysis

The global cannabis packaging market is a highly consolidated market with few top players dominating the market's significant share. Some of the dominant players in the market are KushCo Holdings Inc., JL Clarks Inc., Kaya Packaging, Impak Corporation, Funksac LLC., Dixie Elixirs & Edibles, and Pollen Gear LLC., among others.

In September 2022, Cannabis packaging company RXDco, a maker of child-resistant containers and bags, introduced eco-friendly, sustainable, and renewable packaging collections: Atid, PearlLoc, and EcoPro. These are paper-based biodegradable, recyclable, child-resistant packaging solutions created with the trending requirements in the cannabis industry for environmentally sustainable packaging.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Rising Demand for Medical and Recreational Cannabis Products
    • 5.1.2 Legalization of Cannabis in Various North American Countries
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Stringent Regulation Related to Cannabis Packaging

6 CANNABIS APPLICATIONS (QUALITATIVE ANALYSIS)

  • 6.1 Medical
  • 6.2 Recreational

7 MARKET SEGMENTATION

  • 7.1 By Type
    • 7.1.1 Rigid Packaging
    • 7.1.2 Flexible Packaging
  • 7.2 By Packaging Materials
    • 7.2.1 Glass
    • 7.2.2 Metal
    • 7.2.3 Plastics
    • 7.2.4 Cardboard Containers
  • 7.3 By Geography
    • 7.3.1 North America
    • 7.3.2 Europe
    • 7.3.3 Latin America
    • 7.3.4 Rest of the World

8 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 8.1 Company Profiles
    • 8.1.1 KushCo Holdings Inc.
    • 8.1.2 JL Clarks Inc.
    • 8.1.3 Kaya Packaging
    • 8.1.4 Cannaline Cannabis Packaging Solutions
    • 8.1.5 Dymapak
    • 8.1.6 Diamond Packaging
    • 8.1.7 Greenlane Holdings Inc.
    • 8.1.8 N2 Packaging Systems LLC
    • 8.1.9 Green Rush Packaging
    • 8.1.10 Elevate Packaging Inc.
    • 8.1.11 Berry Global Inc.

9 INVESTMENT ANALYSIS

10 FUTURE OF THE MARKET