表紙:バイオソリッド市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
市場調査レポート
商品コード
1190096

バイオソリッド市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Biosolids Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 145 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
バイオソリッド市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 145 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

バイオソリッドの市場は、予測期間中に3.5%以上のCAGRで推移すると予測されています。

COVID-19のパンデミックは、2020年にバイオソリッド市場にマイナスの影響を与えました。しかし、農地におけるバイオソリッドの需要の高まりは、パンデミック以降、業界全体の成長を促進しています。

主なハイライト

  • 市場を牽引する主な要因として、危険な化学肥料を代替する必要性と、世界各国における厳しい排ガス規制が挙げられます。
  • 一方、一般に公開されているバイオソリッドに関する矛盾した情報が、市場の成長を鈍化させる可能性が高いです。
  • 中国とインドを中心とするアジア太平洋地域では、汚泥処理への注目が高まっており、まもなく業界成長のための新たな道が開かれると思われます。

バイオソリッド市場は、環境に優しい技術に対する政府・公的支援により、北米が優位を占めています。

主な市場動向

農地への利用が市場を独占

  • バイオソリッドは、農地、森林、放牧地、または埋め立てが必要な荒れた土地で使用することができます。
  • アジア太平洋と北米の一貫した人口増加により、農業用収量のニーズが高まり、この分野でのバイオソリッドの消費にプラスの影響を与えることが予想されます。
  • 2021年、農場の総数は200万強でした。米国の平均的な農場規模は約445エーカーで、全国で合計約8億9500万エーカーの農地があります。
  • 農産物の世界貿易において、米国は主要な参加国です。2021年、米国は農産物の輸出で合計1720億米ドルを記録しました。輸出先のトップ3は、中国、カナダ、メキシコです。
  • 科学者や農家は、作物の生産性を高め、不釣り合いな人口増加から生じる食糧需要を満たすための新技術を模索しています。また、米国をはじめとする国々では、過去10年間に利用可能な農地面積が減少しています。
  • バイオソリッドは、肥料や土壌改良剤として、人間の農作物生産に効果的に利用することができます。バイオソリッドは通常、従来の農機具で土壌に混ぜ込まれます。また、畜産用の肥料としても利用されています。
  • 大企業や大規模農家は、畜産業や食肉製品においてますます存在感を増しています。そのため、バイオソリッドを畜産用の肥料として使用する動きが活発化しています。このため、農地へのバイオソリッドの利用が増加しています。
  • また、バイオソリッドは肥料コストの削減にも役立ち、作物の成長に必要な多くの微量栄養素を供給します。世界人口の増加により、農業へのニーズが高まることが予想され、この分野でのバイオソリッドの使用に影響を与える可能性があります。

したがって、予測期間中は、農地への利用が市場を独占すると予想されます。

北米が市場を独占

  • 北米は、米国やカナダといった国々で環境に優しい技術に対する政府・公的支援が行われていることから、市場を独占しています。
  • 米国では、政府と国民が環境に優しい技術の使用を望んでいるという事実が、バイオソリッド市場の大きな原動力となっています。
  • 米国EPAは、高品質の下水処理汚泥を、汚染物質を大量に含む生汚泥と区別するために、「バイオソリッド」という名称を採用しました。
  • 下水から発生するバイオソリッドは、再び利用することができないので処分する方法(埋立地に入れるなど)と、上手に利用する方法(バイオガスやエネルギー回収を伴う埋立など)があります。
  • バイオソリッドは廃水処理過程で発生するもので、米国EPAの40 CFR Part 503の規制を満たすために広範囲に利用されています。
  • 現在、国内で発生するバイオソリッドの大半は、汚染物質の含有量が少ないEQまたはPCバイオソリッドであると予想されます。国内で発生するバイオソリッドの約半分は、土壌改良に有益に利用されています。
  • 米国では、バイオソリッドはリサイクルされるか、生産性の高い土壌を改善・維持し、植物の成長を促進するために肥料として施用されています。下水汚泥を処理することで、バイオソリッドは埋立地などの処分場で場所をとることなく、貴重な肥料として利用されています。バイオソリッドの約半分は陸上でリサイクルされています。
  • 米国では人口の増加に伴い、食料の需要が急速に伸びています。2021年、米国の世帯の食費は総収入の12.4%を占め、2020年の11.9%から増加します。
  • 農業部門の台頭は、バイオソリッドの消費をさらに押し上げるでしょう。農業、林業、漁業、狩猟は、2022年第3四半期に米国の国内総生産(GDP)に2,001億米ドル貢献しています。
  • そのため、上記の要因から、予測期間中は北米が最大の市場シェアを占めると思われます。

競合情勢

世界のバイオソリッド市場は、主要なシェアが少数の主要企業に帰属しているため、部分的に統合されています。市場の主要企業には、Cambi Group AS、Cleanaway、Englobe、REMONDIS SE &Co.KG、FCC Groupなどです(順不同)。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 北米における危険な化学肥料の置き換え
    • 厳しい政府排出ガス規制
  • 阻害要因
    • バイオソリッドに関する正しい知識と意識の欠如
    • COVID-19のパンデミックの影響
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場セグメンテーション(市場規模(数量ベース)

  • 種類
    • クラスA
    • クラスA EQ(特別品質)
    • クラスB
  • 形状
    • ケーク
    • 液状
    • ペレット
  • 用途
    • 農地への適用
      • 人為的作物生産のための肥料/土壌改良剤
      • 畜産用肥料-牧草地用
    • 非農耕地用途
      • 森林作物(土地再生と林業)
      • 土地の埋め立て(道路、都市部の湿地帯)
      • 鉱山跡地の再生
      • 造園、レクリエーション施設、家庭での利用
    • エネルギー回収エネルギー生産
      • 発電・焼却・ガス化
      • 石油・セメント生産
      • 商業利用
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • フランス
      • 英国
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • アラブ首長国連邦
      • その他中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、提携、契約
  • 市場シェア分析
  • 主要なプレーヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • ABCDE
    • Agrivert Ltd
    • Aguas Andinas S.A
    • Alan S.r.l.
    • Azienda Agricola Allevi srl
    • BCR Environmental
    • Burch Hydro
    • Cambi Group AS
    • Casella Waste Systems, Inc.
    • Cleanaway
    • CRE CENTRO RICERCHE ECOLOGICHE
    • DC Water
    • Eco-trass
    • Englobe
    • FCC Group
    • Lystek International
    • Merrell Bros., Inc.
    • Parker Ag Services, LLC
    • Recyc Systems, Inc.
    • REMONDIS SE & Co. KG
    • SAUR Group
    • SYLVIS
    • Synagro Technologies
    • Terrapure Environmental
    • Walker Industries

第7章 市場機会と今後の動向

  • アジア太平洋地域における汚泥処理への注目度上昇
目次
Product Code: 53916

The market for biosolids is projected to register a CAGR of over 3.5% during the forecast period.

The COVID-19 pandemic affected the biosolids market negatively in 2020. However, the growing demand for biosolids on agricultural land has fueled overall industry growth since the pandemic.

Key Highlights

  • One of the main things driving the market that was looked at is the need to replace dangerous chemical fertilizers and strict emission laws in many countries around the world.
  • On the other hand, contradictory information about biosolids that is available to the public is likely to slow the growth of the market.
  • The rising focus on sludge treatment in the Asia-Pacific, mainly in China and India, is likely to offer new avenues for industry growth shortly.

North America dominated the biosolids market due to government and public support for environmentally friendly technologies.

Key Market Trends

Agricultural Land Application to Dominate the Market

  • Biosolids can be used on agricultural land, in forests, on rangelands, or on disturbed land in need of reclamation.
  • In terms of consumption, agriculture land applications consume the most biosolids.Consistent population growth across Asia-Pacific and North America is expected to augment the need for agricultural yields, which may positively affect the consumption of biosolids in the sector.
  • In 2021, the total number of farms stood at just over two million. On average, farm sizes in United States are around 445 acres, and in total, there are about 895 million acres of farmland across the country.
  • In the global trade of agricultural goods, United States is a major participant. In 2021, United States recorded a total of USD 172 billion in exports of agricultural goods. China, Canada, and Mexico were the top three destinations.
  • Scientists and farmers are looking for new technologies to increase the productivity of crops and meet the food demand arising from disproportionate population growth. Additionally, there has been a decrease in the total available cropland area in countries like United States over the last decade.
  • Biosolids can be effectively used as fertilizer and soil conditioners for human crop production. These are usually incorporated into the soil with conventional farm equipment. They are also used as fertilizer for animal crop production.
  • Big enterprises and big farmers are increasingly making their presence felt in cattle farming and meat products. They are augmenting the demand for animal crop production, which is providing impetus to the application of biosolids as fertilizers for animal crop production. This has led to an increase in demand for biosolids in agricultural land applications.
  • They also help in the reduction of fertilizer costs and provide many micronutrients for crop growth. The increasing world population is expected to give rise to a growing need for agriculture, which may impact the use of biosolids in the sector.

Hence, agricultural land application is expected to dominate the market during the forecast period.

North America to Dominate the Market

  • North America dominated the market owing to the government and public support for environmentally friendly technologies in countries like United States and Canada.
  • In United States, the biosolids market is mostly driven by the fact that both the government and the public want to use technologies that are good for the environment.
  • The US EPA adopted the name "biosolids" to differentiate high-quality treated sewage sludge from raw sewage sludge, which contains large amounts of pollutants.
  • There are both ways to get rid of biosolids from wastewater that can't be used again (like putting them in a landfill) and ways to use them in a good way (like landfilling with biogas and energy recovery).
  • Biosolids are generated during wastewater treatment processes and are extensively used to satisfy the US EPA's 40 CFR Part 503 regulations.
  • The majority of the biosolids that are currently generated in the country are expected to be EQ or PC biosolids, containing low levels of pollutants. About half of the biosolids produced in the country are being beneficially used to improve soils.
  • In United States, biosolids are either recycled or applied as fertilizer to improve and maintain productive soils and stimulate plant growth. By treating sewage sludge, the biosolids are used as valuable fertilizer instead of taking up space in a landfill or other disposal facility. Approximately half of all biosolids are recycled to land.
  • The demand for food is growing rapidly with the rising population in United States. In 2021, United States households' spending on food accounted for 12.4 percent of their total income, an increase from 11.9 percent in 2020.
  • The rising agriculture sector will further boost the consumption of biosolids. Agriculture, forestry, fishing, and hunting contributed USD 200.10 billion to United States' gross domestic product (GDP) in the third quarter of 2022.
  • So, because of the above factors, it is likely that North America will have the largest market share during the forecast period.

Competitive Landscape

The global biosolids market is partially consolidated as the major share of the market is attributed to a few key companies. Some of the key players in the market include Cambi Group AS, Cleanaway, Englobe, REMONDIS SE & Co. KG, and FCC Group, among others (not in any particular order).

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Replacing Hazardous Chemical Fertilizers in North America
    • 4.1.2 Stringent Government Emission Laws
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Lack of Proper Knowledge and Awareness on Biosolids
    • 4.2.2 Impact of COVID-19 Pandemic
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume)

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Class A
    • 5.1.2 Class A EQ (Exceptional Quality)
    • 5.1.3 Class B
  • 5.2 Form
    • 5.2.1 Cakes
    • 5.2.2 Liquid
    • 5.2.3 Pellet
  • 5.3 Application
    • 5.3.1 Agriculture land Application
      • 5.3.1.1 Fertilizer/Soil Conditioner for Human Crop Production
      • 5.3.1.2 Fertilizer for Animal Crop Production - Pastures
    • 5.3.2 Non-agricultural Land Application
      • 5.3.2.1 Forest Crops (Land Restoration and Forestry)
      • 5.3.2.2 Land Reclamation (Roads and Urban Wetlands)
      • 5.3.2.3 Reclaiming Mining Sites
      • 5.3.2.4 Landscaping, Recreational Fields, and Domestic Use
    • 5.3.3 Energy Recovery Energy Production
      • 5.3.3.1 Heat Generation, Incineration, and Gasification
      • 5.3.3.2 Oil and Cement Production
      • 5.3.3.3 Commercial Uses
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 Asia-Pacific
      • 5.4.1.1 China
      • 5.4.1.2 India
      • 5.4.1.3 Japan
      • 5.4.1.4 South Korea
      • 5.4.1.5 Australia
      • 5.4.1.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.2 North America
      • 5.4.2.1 United States
      • 5.4.2.2 Canada
      • 5.4.2.3 Mexico
    • 5.4.3 Europe
      • 5.4.3.1 Germany
      • 5.4.3.2 France
      • 5.4.3.3 United Kingdom
      • 5.4.3.4 Italy
      • 5.4.3.5 Spain
      • 5.4.3.6 Rest of the Europe
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Middle-East and Africa
      • 5.4.5.1 Saudi Arabia
      • 5.4.5.2 South Africa
      • 5.4.5.3 United Arab Emirates
      • 5.4.5.4 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 ABCDE
    • 6.4.2 Agrivert Ltd
    • 6.4.3 Aguas Andinas S.A
    • 6.4.4 Alan S.r.l.
    • 6.4.5 Azienda Agricola Allevi srl
    • 6.4.6 BCR Environmental
    • 6.4.7 Burch Hydro
    • 6.4.8 Cambi Group AS
    • 6.4.9 Casella Waste Systems, Inc.
    • 6.4.10 Cleanaway
    • 6.4.11 CRE CENTRO RICERCHE ECOLOGICHE
    • 6.4.12 DC Water
    • 6.4.13 Eco-trass
    • 6.4.14 Englobe
    • 6.4.15 FCC Group
    • 6.4.16 Lystek International
    • 6.4.17 Merrell Bros., Inc.
    • 6.4.18 Parker Ag Services, LLC
    • 6.4.19 Recyc Systems, Inc.
    • 6.4.20 REMONDIS SE & Co. KG
    • 6.4.21 SAUR Group
    • 6.4.22 SYLVIS
    • 6.4.23 Synagro Technologies
    • 6.4.24 Terrapure Environmental
    • 6.4.25 Walker Industries

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Increasing Focus on Sludge Treatment in Asia-Pacific