表紙:ベリリウム市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
市場調査レポート
商品コード
1190046

ベリリウム市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Beryllium Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 150 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
ベリリウム市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 150 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ベリリウム市場は2021年に約390メートルトンとなり、予測期間2022-2027年には2%以上のCAGRで推移すると予測されています。

ベリリウム含有合金は、信頼性、小型化、エネルギー管理の改善、および耐用年数の延長に基づく設計ソリューションを提供する製品において、重要な場所にのみ使用されています。

COVID-19の大流行により、鉱山活動が中断され、航空機メーカーも国際線運休に伴う需要減退により生産に大きな支障をきたしました。

*短期的には、ベリリウムの優れた特性による医療機器での使用の増加や、航空宇宙および軍事用途での幅広い使用などの主な要因は、市場を牽引する可能性が高いです。

*代替品の入手可能性は、予測期間中に調査された市場の障害となる可能性があります。

*原子力発電における酸化ベリリウムの将来の需要は、将来的に機会として作用する可能性があります。

*北米は、米国やカナダなどの国からの最大の消費で、世界市場を独占しています。

主な市場動向

市場成長を牽引する自動車用セグメンテーション

*自動車用電子部品業界では、ベリリウムはバッテリーや高温用途のコネクター材料として使用されています。また、ナイトビジョン、速度制御、センサー、カメラ用途の光学フィルターに豊富に使用されています。

*さらに、高性能合金であるCuBeの形でパワートレインに使用されています。ベリリウムは、金属基複合材料として、シャシー、サスペンション、ブレーキ部品に使用されています。

*自動車用エアバッグの人命救助技術は、ベリリウム合金の瞬時の働きに依存しています。アンチロック・ブレーキは、衝突を防ぐために数秒という短い時間で電気信号を伝達するためにベリリウム合金が使用されています。

*自動車用電子部品のベリリウムの代替材料として、CuZn黄銅、CuSn青銅、CuNiSi合金など、多くの合金がテストされています。強度・成形性、導電性、耐応力緩和性、耐振動性、耐食性などの組み合わせが不十分であることが、この代替の妨げになっています。

*自動車産業はCOVID-19の大流行で落ち込んだ後、急速に回復しています。国際自動車工業会(OICA)によると、2021年1~9月の自動車生産台数は、前年同期の5215万台から10%増の5726万台となりました。

*上記の要因により、市場は予測期間中に低成長を遂げると予想されます。

北米地域セグメントを支配するのは米国

*米国は、世界最大のベリリウム生産国の一つであり、採掘可能な資源が国内に存在します。

*全世界で確認されているベリリウム資源は10万トン以上と推定され、そのうちの約60%が米国に存在します。米国地質調査所(USGS)によると、2021年の米国における鉱山生産量は170トンとなっています。

*ユタ州スポールマウンテンおよびゴールドヒル地区、ネバダ州マッカロービュート地区、サウスダコタ州ブラックヒルズ地区、テキサス州シエラブランカ地区、アラスカ州スワード半島がその大半を占め、埋蔵量および鉱山生産量の合計は、2021年に170トンとなります。

*2021年、防衛省兵站庁戦略物資は、防衛航空機に使用されるため、47トンの金属ベリリウムを国家防衛備蓄として保持する目標を設定しました。

*米国政府は、2022年の国防予算において、バイデン政権の当初予算要求から約2%増の7682億米ドルを国防計画に計上しました。このことは、同分野におけるベリリウムの使用量が増加することを示唆しています。

*このように、これらすべての要因が、予測期間中のベリリウムの需要を増加させると思われます。

競合情勢

ベリリウム市場は、トップ3企業が世界市場の約90%のシェアを占めるなど、高度に統合された市場となっています。このシナリオは、さらに高度に独占的な市場であることを示唆しています。主要企業には、 Materion Corporation, atomic company Kazatomprom (Ulba Metallurgical Plant JSC ), NGK Metals Corporation 、およびIBC Advanced Alloysなどが含まれます。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 航空宇宙および軍事用途におけるベリリウム合金の広範な利用
    • 優れた特性による医療機器での使用増加
  • 抑制要因
    • 潜在的な代替品との競合
    • その他の制約事項
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場セグメンテーション(市場規模(数量ベース)

  • 製品タイプ
    • 合金
    • 金属
    • セラミックス
    • その他の製品タイプ
  • エンドユーザー産業
    • 産業用部品
    • 自動車
    • ヘルスケア
    • 航空宇宙・防衛
    • 石油・ガス
    • 電子・通信分野
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • 生産分析
      • 米国
      • 中国
      • モザンビーク
      • ブラジル
      • その他の国
    • 消費分析
      • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
      • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • 北米の残りの地域
      • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • ロシア
      • その他の欧州地域
      • 世界のその他の地域
      • 南米
      • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、コラボレーション、契約
  • 市場ランキング分析
  • 主要プレイヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • American Beryllia Inc.
    • American Elements
    • Belmont Metals
    • Hunan Shuikoushan Nonferrous Metals Group Co. Ltd(SKS)
    • IBC Advanced Alloys
    • Materion Corporation
    • NGK Metals Corporation
    • Texas Mineral Resources Corp.
    • National Atomic Company Kazatomprom
    • Tropag Oscar H. Ritter Nachf GmbH
    • Xiamen Beryllium Copper Technical Co. Ltd(BCTC)

第7章 市場機会と将来動向

  • 原子力発電における酸化ベリリウムの将来需要
  • ベリリウムミラーの新たな応用分野
目次
Product Code: 47920

The beryllium market was valued at about 390 metric ton in 2021, and the market is projected to register a CAGR of more than 2% during the forecast period 2022-2027.

Beryllium-containing alloys are only used in critical locations in products where they provide a design solution based upon reliability, miniaturization, improved energy management, and for extending the service life.

Due to the COVID-19 pandemic, mining activities were disrupted, and airplane manufacturers also experienced severe disruptions in production, owing to the slowing demand in line with suspended international flights.

* In the short term, major factors such as increasing usage in medical equipment, owing to beryllium's superior properties, and its extensive usage in aerospace and military applications are likely to drive the market.

* Availability of alternative substitutes can act as a barrier to the market studied over the forecast period.

* Future demand for beryllium oxide in nuclear power generation is likely to act as an opportunity in the future.

* North America dominated the global market with the largest consumption from countries such as the US and Canada.

Key Market Trends

Automotive Segment to Drive the Market Growth

* In the automotive electronics industry, beryllium is used as the connector material for battery and high-temperature applications. In addition, it is abundantly used in optical filters for night vision, speed control, sensors, and camera applications. ​

* Furthermore, the metal is used in the form of CuBe, a high-performance alloy, for the powertrain. Beryllium in the form of metal matrix composites is employed for chassis, suspension, and braking component applications.​

* The lifesaving technology behind automotive airbags relies on beryllium alloys to work in a fraction of a second. Anti-lock brakes trust beryllium alloys to transmit electrical signals through terminal connections when seconds make a critical difference in preventing a collision. ​

* Many substitute materials are tested for the replacement of beryllium in automotive electronics, which include alloys like CuZn brasses, CuSn bronzes, and CuNiSi alloys. The insufficient combination of strength/formability, electrical conductivity, stress relaxation resistance, failure to resist vibration, and corrosion resistance are hindering this replacement. ​

* The automotive industry is recovering rapidly after a decline due to the COVID-19 pandemic. According to the International Organization of Motor Vehicle Manufacturers (OICA), automotive production witnessed a 10% increase to 57.26 million units in the first nine months of 2021 compared to 52.15 million units in the same period last year.

* Owing to the abovementioned factors, the market is expected to witness slow growth during the forecast period.

The US to Dominate North American Regional Segment

* The US is among the largest producers of beryllium globally, with the availability of minable resources in the country.

* The globally identified beryllium resources are estimated to be more than 100,000 ton, and about 60% of these are in the US. According to the US Geological Survey (USGS), mine production in the US stood at 170 ton in 2021.

* The Spor Mountain and the Gold Hill area in Utah, the McCullough Butte area in Nevada, the Black Hills area in South Dakota, the Sierra Blanca area in Texas, and the Seward Peninsula in Alaska, account for most of the total reserve and mine production.

* In 2021, the Defense Logistics Agency Strategic Materials set a goal of retaining 47 ton of beryllium metal in the National Defense Stockpile because of its applications in defense aircraft.

* In the 2022 defense budget, the US government allotted USD 768.2 billion for national defense programs, about a 2% increase from the Biden administration's original budget request. This suggests a growing usage of beryllium in the sector.

* Thus, all these factors are likely to increase the demand for beryllium in the forecast period.

Competitive Landscape

The beryllium market is highly consolidated in nature, with the top three players accounting for around 90% of the share in the global market. This scenario additionally suggests a highly monopolistic market. The major companies include Materion Corporation, atomic company Kazatomprom​ (Ulba Metallurgical Plant JSC​), NGK Metals Corporation​​, and IBC Advanced Alloys, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Extensive Usage of Beryllium Alloys in Aerospace and Military Applications
    • 4.1.2 Increasing Usage in Medical Equipment Owing to its Superior Properties
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Competition from Potential Alternatives
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume)

  • 5.1 Product Type
    • 5.1.1 Alloys
    • 5.1.2 Metals
    • 5.1.3 Ceramics
    • 5.1.4 Other Product Types
  • 5.2 End-user Industry
    • 5.2.1 Industrial Components
    • 5.2.2 Automotive
    • 5.2.3 Healthcare
    • 5.2.4 Aerospace and Defense
    • 5.2.5 Oil and Gas
    • 5.2.6 Electronics and Telecommunication
    • 5.2.7 Other End-user Industries
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Production Analysis
      • 5.3.1.1 US
      • 5.3.1.2 China
      • 5.3.1.3 Mozambique
      • 5.3.1.4 Brazil
      • 5.3.1.5 Other Countries
    • 5.3.2 Consumption Analysis
      • 5.3.2.1 Asia-Pacific
      • 5.3.2.1.1 China
      • 5.3.2.1.2 India
      • 5.3.2.1.3 Japan
      • 5.3.2.1.4 South Korea
      • 5.3.2.1.5 Rest of Asia-Pacific
      • 5.3.2.2 North America
      • 5.3.2.2.1 US
      • 5.3.2.2.2 Canada
      • 5.3.2.2.3 Rest of North America
      • 5.3.2.3 Europe
      • 5.3.2.3.1 Germany
      • 5.3.2.3.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3.3 Italy
      • 5.3.2.3.4 France
      • 5.3.2.3.5 Russia
      • 5.3.2.3.6 Rest of Europe
      • 5.3.2.4 Rest of the World
      • 5.3.2.4.1 South America
      • 5.3.2.4.2 Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 American Beryllia Inc.
    • 6.4.2 American Elements
    • 6.4.3 Belmont Metals
    • 6.4.4 Hunan Shuikoushan Nonferrous Metals Group Co. Ltd (SKS)
    • 6.4.5 IBC Advanced Alloys
    • 6.4.6 Materion Corporation
    • 6.4.7 NGK Metals Corporation
    • 6.4.8 Texas Mineral Resources Corp.
    • 6.4.9 National Atomic Company Kazatomprom
    • 6.4.10 Tropag Oscar H. Ritter Nachf GmbH
    • 6.4.11 Xiamen Beryllium Copper Technical Co. Ltd (BCTC)

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Future Demand for Beryllium Oxide in Nuclear Power Generation
  • 7.2 Emerging Applications of Beryllium Mirrors