表紙:電池用電解液市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
市場調査レポート
商品コード
1190033

電池用電解液市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Battery Electrolyte Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.09円
電池用電解液市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

電池用電解液の世界市場規模は、本年末で約93億8000万米ドルと推定され、予測期間では約11.6%のCAGRで推移すると予測されています。

市場は、2020年のCOVID-19によってマイナスの影響を受けました。現在、市場は現在、パンデミック前のレベルに達しています。

主なハイライト

  • 長期的には、電気自動車の需要の高まりと、電解質技術の開発が市場の主要な促進要因となっています。
  • 一方、電池の効率的なリサイクル技術の欠如や、電池が人体に及ぼす悪影響に対する懸念の高まりは、市場の障害となっています。
  • 太陽光発電モジュールと関連システムのコストが低下し、二酸化炭素排出を排除し、再生可能エネルギーを推進するための世界の取り組みが支援され、技術革新とともに電池用電解液市場のプレーヤーに十分な機会を提供しています。
  • アジア太平洋地域は、中国、インド、日本などの国々からの需要が大半を占め、最大かつ最も成長の早い市場になると予想されています。

主な市場動向

リチウムイオン電池が市場を独占すると予想される

  • リチウムイオン電池は、多くの充電サイクルに耐え、高い容量対重量比と高いエネルギー密度を持つため、当初は民生用電子機器分野への応用を目的に開発されました。
  • 世界の都市化と個人消費の増加は、技術的に高度なデバイスの需要を促進し、ひいてはリチウムイオン電池の需要増につながると予想されます。
  • リチウムイオン電池は、他の種類の電池よりも人気を集めていますが、その主な理由は、容量対重量比が優れているためです。その他の要因としては、性能の向上、エネルギー密度の増加、価格の低下などが挙げられます。
  • リチウムイオン電池の価格は、通常、他の電池よりも高いです。しかし、市場の主要企業は、スケールメリットを得るための投資や、性能と価格を改善するための研究開発活動を行っています。
  • さらに、電気自動車やエネルギー貯蔵システム(ESS)を介した新しいエキサイティングな市場の出現は、商業用と住宅用の両方のリチウムイオン電池の需要を押し上げています。ESSは、風力、太陽光、水力などの自然エネルギーと組み合わせることで、送電網の安定性を大幅に向上させる技術的・商業的な実現が可能です。2021年末時点で、世界では約1130万台のバッテリー式電気自動車(BEV)が使用されています。また、世界では400万台以上のバッテリー電気自動車が新たに加わり、2016年以降着実に増加しています。
  • さらに、近年では、技術の進歩とコストの低下により、データセンター業界からのリチウムイオン電池の需要が拡大しています。特にアジアの新興諸国におけるデータセンター建設への投資の増加は、予測期間中、リチウムイオン電池の需要をさらに支えるものと予想されます。
  • LIBの製造拠点は、主にアジア太平洋、北米、欧州にあります。また、2022年2月、パナソニック株式会社は、同社のエネルギーカンパニーが西日本の和歌山工場に生産設備を設置し、電気自動車(EV)用の大型4680(幅46ミリ、高さ80ミリ)円筒形リチウムイオン電池を新たに製造すると発表しました。
  • 以上のことから、予測期間中、リチウムイオン電池は、予測期間中、電池用電解液市場を支配すると予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占する見込み

  • アジア太平洋地域は、自動車、太陽光発電、電子機器、データセンターなど、さまざまな分野で電池の使用が増加していることから、市場を独占しています。アジア太平洋地域の中でも、電子機器販売の大半を占める中国が主要国として期待されています。さらに、同国は太陽光発電プロジェクト(屋上および地上設置型含む)および自動車販売でも市場をリードしています。
  • 電気自動車や太陽光発電プロジェクトにおけるバッテリー蓄電システムの採用が進んでいることから、予測期間中にリチウムイオン電池の使用量が増加することが予想されます。したがって、このような状況は、同地域の電池用電解液市場を牽引する可能性があります。
  • インドでは近年、太陽光発電と風力発電の設置が大きく伸びています。2010年から2021年の間に、同国の風力発電容量は2.5倍以上、同期間の太陽光発電容量は400倍以上に増加しています。
  • しかし、同国の送電網の品質は依然として低く、送電網会社が再生可能エネルギー発電を取り込むことは困難です。こうした問題があるにもかかわらず、同国ではピーク時の需要を代替電源(発電機、ESS、バッテリーなど)などの代替手段に頼ることがほとんどでした。
  • さらに、中国ではEVの普及が進み、政府の政策も好意的であることから、リチウムイオン電池の使用量が増加すると予想され、予測期間中の市場成長にプラスの影響を与えることが期待されます。通信サービスの普及が進んでいることは、中国における電池用電解質市場の成長の機会となります。
  • さらに、2022年8月には、中国メーカーのBslbatt Batteryが、住宅用リチウムイオン電池のアップグレード版を発表しています。このデバイスは、蓄電容量が5.12~12.8kWhで、最大6,000回の充電サイクルに対応した安定稼働を実現するものです。
  • 以上のことから、予測期間中はアジア太平洋地域が圧倒的な強さを見せ、最も高い成長率を示すと予想されます。

競合情勢

電池用電解質市場は適度に細分化されています。市場の主要プレイヤー(順不同)には、株式会社三菱ケミカルホールディングス、宇部興産株式会社、Shenzhen Capchem Technology、3M Co.、Targray Industries Inc.などの企業が含まれます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査範囲
  • 調査の前提条件

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 調査手法

第4章 市場の概要

  • イントロダクション
  • 2027年までの市場規模・需要予測(単位:10億米ドル)
  • 最近の動向と展開
  • 政府の規制と政策
  • 市場力学
    • 促進要因
    • 抑制要因
  • サプライチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 電池の種類と電解液の種類
    • 鉛蓄電池
      • 液状電解質
      • ゲル電解質
    • リチウムイオン
      • 固体電解質
      • ゲル電解質
      • 液状電解質
    • フロー電池
      • バナジウム
      • 臭化亜鉛
    • その他電池・電解液の種類
  • エンドユーザー
    • 電気自動車
    • エネルギー貯蔵
    • 民生用電子機器
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • 南米
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、コラボレーション、合意書
  • 主要なプレーヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • 3M Co.
    • NEI Corporation
    • Guangzhou Tinci Materials Technology Co. Ltd
    • Mitsubishi Chemical Holdings Corporation
    • Mitsui Chemicals Inc.
    • NOHMs Technologies Inc.
    • Shenzhen Capchem Technology Co. Ltd
    • Targray Industries Inc.
    • UBE Industries Ltd

第7章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 63512

The Global Battery Electrolyte Market size was estimated at about USD 9.38 billion by the end of this year and is projected to register a CAGR of about 11.6% over the forecast period.

The market was negatively impacted by the COVID-19 in 2020. Presently the market has now reached pre-pandemic levels.

Key Highlights

  • Over the long term, the major driving factors of the market are its rising demand from electric vehicles and ongoing developments in electrolyte technology.
  • On the flip side, lack of efficient recycling technologies for batteries and rising concerns over the harmful effects of batteries on human health pose a barrier for the market.
  • With the decreasing cost of solar photovoltaic (PV) modules and associated systems, supportive global initiatives to eliminate the carbon emission and promote renewables along with technological innovations provide ample opportunities for the battery electrolyte market players.
  • Asia-Pacific is expected to be the largest and fastest-growing market, with majority of the demand coming from countries like China, India, and Japan, etc.

Key Market Trends

Lithium-ion Battery Expected to Dominate the Market

  • The lithium-ion batteries were initially developed to serve the consumer electronics sector as these batteries last for a large number of charging cycles and have a high capacity-to-weight ratio and high energy density, which make them ideal for consumer electronics applications.
  • The rise in urbanization and consumer spending across the world is expected to drive the demand for technically advanced devices, in turn, leading to an increase in demand for lithium-ion batteries.
  • Li-ion batteries are gaining more popularity than other battery types, majorly due to their favorable capacity-to-weight ratio. Other factors contributing to its adoption include better performance, higher energy density, and decreasing price.
  • The price of lithium-ion batteries is usually higher than other batteries. However, leading players in the market have been investing to gain economies of scale and R&D activities to improve their performance and prices.
  • Furthermore, the emergence of new and exciting markets via electric vehicle and energy storage systems (ESS) has been boosting the demand for Li-ion batteries for both commercial and residential applications. ESS, coupled with renewables, such as wind, solar, or hydro, are technically and commercially viable for significantly increasing grid stability. At the end of 2021, nearly 11.3 million battery electric vehicles (BEVs) were in use globally. Also, more than four million new battery electric vehicles were added to the worldwide fleet, steadily growing since 2016.
  • Additionally, in recent years, the demand for Li-ion batteries from the data center industry has grown due to technological advancements and declining costs. Increasing investments in data center construction, particularly in the developing countries in Asia, are expected to further support the lithium-ion battery's demand during the forecast period.
  • LIB manufacturing facilities are majorly located in Asia-Pacific, North America, and Europe. Also, in February 2022, Panasonic Corporation announced that its Energy Company will establish a production facility at its Wakayama Factory in western Japan to manufacture new, large 4680 (46 millimeters wide and 80 millimeters tall) cylindrical lithium-ion batteries for electric vehicles (EVs).
  • Therefore, owing to the above points, lithium-ion battery is expected to dominate the battery electrolyte market during the forecast period.

Asia-Pacific is Expected to Dominate the Market

  • The Asia-Pacific region is dominating the market with the increase in the use of batteries in different sectors such as automobiles, solar PV, electronic appliances, and data centers. Among all countries in the Asia-Pacific region, China is expected to be the leading country, with the majority of electronic appliance sales. Moreover, the country is a market leader in solar PV projects (including rooftop and ground-mounted) and automobile sales.
  • With the increasing adoption of electric vehicles and battery energy storage systems in solar PV projects, the usage of lithium-ion batteries is expected to increase during the forecast period. Thus, such a situation may drive the battery electrolyte market in the region.
  • India has seen significant growth in the installation of solar and wind power in recent years. During 2010 to 2021, the country's wind power generation capacity increased by over 2.5 times, while the solar power generation capacity during the same period increased by over 400 times.
  • The country's grid infrastructure quality remains poor, making it difficult for grid companies to assimilate renewable power generation. Despite these problems, the country has mostly been dependent on alternative methods such as alternative power generation sources (generators, ESS, batteries, etc.) to meet the peak demand.
  • Further, with the increasing adoption of EVs and the favorable government policies in China, the use of lithium-ion batteries is expected to increase, which is expected to have a positive impact on the market growth during the forecast period. The increasing penetration of telecommunication services provides an opportunity for the growth of the battery electrolyte market in China.
  • Moreover, in August 2022, Chinese manufacturer Bslbatt Battery has unveiled an upgraded version of its residential lithium-ion battery. The device has a storage capacity ranging from 5.12 to 12.8 kWh and it is able to provide steady operation for up to 6,000 charge cycles.
  • Therefore, owing to the above points, Asia-Pacific is expected to dominate and be the fastest-growing region during the forecast period.

Competitive Landscape

The battery electrolyte market is moderately fragmented in nature. Some of the major players in the market (in no particular order) include Mitsubishi Chemical Holdings Corporation, Ube Industries Ltd, Shenzhen Capchem Technology Co. Ltd, 3M Co., and Targray Industries Inc., among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Scope of the Study
  • 1.2 Study Assumptions

2 EXECUTIVE SUMMARY

3 RESEARCH METHODOLOGY

4 MARKET OVERVIEW

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Market Size and Demand Forecast in USD billion, till 2027
  • 4.3 Recent Trends and Developments
  • 4.4 Government Policies and Regulations
  • 4.5 Market Dynamics
    • 4.5.1 Drivers
    • 4.5.2 Restraints
  • 4.6 Supply Chain Analysis
  • 4.7 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.7.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.7.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.7.3 Threat of New Entrants
    • 4.7.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.7.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Battery Type and Electrolyte Type
    • 5.1.1 Lead Acid
      • 5.1.1.1 Liquid Electrolyte
      • 5.1.1.2 Gel Electrolyte
    • 5.1.2 Lithium-ion
      • 5.1.2.1 Solid Electrolyte
      • 5.1.2.2 Gel Electrolyte
      • 5.1.2.3 Liquid Electrolyte
    • 5.1.3 Flow Battery
      • 5.1.3.1 Vanadium
      • 5.1.3.2 Zinc Bromide
    • 5.1.4 Other Battery Types and Electrolyte Types
  • 5.2 End User
    • 5.2.1 Electric Vehicle
    • 5.2.2 Energy Storage
    • 5.2.3 Consumer Electronics
    • 5.2.4 Other End Users
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
    • 5.3.2 Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
    • 5.3.4 South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 3M Co.
    • 6.3.2 NEI Corporation
    • 6.3.3 Guangzhou Tinci Materials Technology Co. Ltd
    • 6.3.4 Mitsubishi Chemical Holdings Corporation
    • 6.3.5 Mitsui Chemicals Inc.
    • 6.3.6 NOHMs Technologies Inc.
    • 6.3.7 Shenzhen Capchem Technology Co. Ltd
    • 6.3.8 Targray Industries Inc.
    • 6.3.9 UBE Industries Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS