表紙:自動車用インタークーラー市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
市場調査レポート
商品コード
1189952

自動車用インタークーラー市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Automotive Intercooler Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.09円
自動車用インタークーラー市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

自動車用インタークーラー市場は、2021年に162億9000万米ドルと評価され、2027年には220億5000万米ドルに達し、予測期間2022~2027年に約5%のCAGRで推移すると予測されています。

パンデミックCOVID-19の発生時には、世界のいくつかの主要経済圏が閉鎖に追い込まれ、経済活動が停止したため、サプライチェーンに混乱が生じ、市場は大きな打撃を受けました。この間、乗用車の需要も大幅に減少しました。しかし、徐々に経済が開放され、中国やインドなどの市場では、公共交通機関から自家用車への消費者志向の変化により、乗用車の需要が大幅に回復しました。

長期的には、世界中で電気自動車の需要が急速に伸びており、自動車用インタークーラーの成長にとって課題となることが予想されます。各国は、環境に優しい交通手段を重視することで、燃料需要の増加を満たすように努めています。また、EVはガソリン/ディーゼル車への依存度を下げ、ターボチャージャー/スーパーチャージャーの必要性を低下させます。そこで、インタークーラーの需要に影響を与えます。

インタークーラーは圧縮空気の冷却に重要な役割を果たしているため、研究市場の成長は、世界の自動車用ターボチャージャー市場の成長によって直接影響を受けます。さらに、環境問題への関心の高まりは、エンジン効率の向上に役立つと期待される熱電発電機を自動車に搭載する需要を後押ししています。このため、自動車用インタークーラー市場は世界中で拡大すると予想されています。様々な政府が自動車の排ガスに関する厳しい規制を制定しており、これが全世界の自動車用インタークーラー市場を推進する可能性があります。

欧州とアジア太平洋地域は、この地域における自動車販売の増加により、自動車用インタークーラーの世界市場で大きなシェアを占めると予測されています。中国、インド、日本には主要な自動車部品製造業が存在し、アジア太平洋地域の自動車用インタークーラー市場を促進すると予想されます。

自動車用インタークーラーの市場動向

ターボチャージャーの採用拡大が市場成長の原動力に

インタークーラー市場の成長は、自動車用ターボチャージャーの市場と直接関係しています。欧州(Euro6d)、インド(BS-VI)、中国(China VIb)における新しい排ガス規制の導入により、自動車業界は新しく優れた排ガス後処理および燃焼システムの開発への圧力を高めています。

  • 2021年12月、BMTSテクノロジーは、ガソリンFNTを搭載したターボチャージャー技術が、欧州のプレミアムOEMの最新エンジンを後押しすると発表しました。この強力な中型ガソリンエンジンは、1000℃を超える排気ガス温度でも作動するターボチャージャーにより、より厳しいユーロ7の排出ガス基準を満たすために開発されたものです。今回の指名により、BMTSは顧客ポートフォリオだけでなく、ガソリンFNTの製品レンジも拡大しました。

さらに、E-Turboは、小型モーターで発電し、ハイブリッドバッテリーを充電することで、使用済みまたはその他の方法で無駄になった排気エネルギーを電気的に回収することができます。同社によると、E-Turboは2021年以降にプレミアムカーやハイパフォーマンスカーに搭載され、2025年に向けて他のセグメントにも搭載される可能性があるとのことです。Eターボは、車載用として電気を供給することができるため、自動車メーカーにとってハイブリッドパワートレイン設計の選択肢を広げることができます。

また、ターボチャージャーの技術向上により、ターボチャージャー搭載車の需要が増加し、インタークーラーの需要も増加することが予想されます。

アジア太平洋地域が市場で重要な役割を果たすと予測される

アジア太平洋地域は、この地域における自動車販売の増加と、空気を圧縮してエンジンに戻し、自動車のパワーを強化する2段過給などの技術的進歩の結果として、自動車用インタークーラーで大きなシェアを占めると思われます。これが、同市場におけるインタークーラーの需要を高める要因の1つとなっています。

さらに、乗用車の生産台数の増加や燃費基準に関する政府の厳しい規制も、インタークーラーの販売を急拡大させています。また、主要な自動車メーカーの存在感の高まりや、新型車の投入、地域シェアを最大化するための顧客への高度なソリューションの提供など、積極的な戦略も市場を後押ししています。このような動きは、予測期間中、自動車のインタークーラー部品メーカーを後押しすると予想されます。例えば、次のようなものです。

  • 2022年10月、PT Toyota-Astra Motor(TAM)は、新型SUV「ランドクルーザー」の発売とともに、コード1GD-FTVの新しいディーゼルエンジンを選択できるようになった、これまでより優れた車として新型「フォーチュナー」を発売しました。この2,755ccの1GD FTV、直列4気筒4バルブ、DOHC、VNTインタークーラーエンジンは、最高出力203.9PS/3,000-4,000 rpm、最大トルク50.9kgm/1,600-2,800 rpmを発生させることができます。
  • 2020年9月、Anhui Zhongding Sealing Partsは、子会社のAnhui Tristone FlowtechがChongqing Lixiang Automotive (Lixiang Automotive)のX01プロジェクトの自動車熱管理システムアセンブリーとインタークーラーパイプアセンブリのサプライヤーとなったことを発表しました。このプロジェクトは全ライフサイクルにおいて6億6400万人民元となります。

多くの企業は、現代車、クラシックカー、レーシングカーのインタークーラーを顧客の要望に応じて直接交換し、交換部品の保証を提供するカスタムインタークーラーを提供しています。この要因により、アジア太平洋地域の多くの国で、自動車用インタークーラーのアフターマーケットも増加しています。

自動車用インタークーラー市場の競合分析

自動車用インタークーラー市場は、主要なプレーヤーが市場の大半のシェアを占めているため、統合されています。市場で動作する著名な選手のいくつかは、 Bell Intercoolers、Mishimoto、BMR、Garrett Motion Inc、およびTreadstone Performance Engineering Inc などです。

  • 2021年、すでにキャッチを持っているMishimotoは、レンジャーの2.3tを狙うことができ、インタークーラーパイピングのアップグレードをリリースしています。このインタークーラーは、純正チューンでのセットアップで+11whp、+22wtqを謳っているそうです。また、ノーマルチューンの場合、空気量の増加に合わせてプルタイミングを行っているとの情報もあります。
  • 2020年9月、Anhui Zhongdingは、子会社のAnhui Tristone FlowtechがChongqing Lixiang AutomotiveのX01プロジェクトの自動車熱管理システムアセンブリとインタークーラーパイプアセンブリのサプライヤーになったことを発表しましたプロジェクトのライフサイクル全体で664百万人民元に相当する予定です。

また、一部の大手自動車メーカーも、市場における他のプレイヤーとの競合を優位に進めるため、新製品を市場に投入しています。

  • 2022年4月、ToyotaはGR Yarisに搭載されている1.6リッター直列3気筒インタークーラーターボエンジンを搭載し、最高出力224kW(304PS)の新型GR Corollaを米国で世界初公開します。
  • 2021年2月、フChongqing Lixiang Automotiveは、ミッドエンジンのフォードGTについて、エンジン出力を13psアップの660psとし、冷却性を向上させるなどのアップグレードを2020年に発表しました。2020年型GTの3.5リッターEcoBoostツインターボV6エンジンは、より広いトルクバンドとエンジンキャリブレーションの見直しに加え、ギャラリー冷却ピストンや高エネルギーイグニッションコイルなどの機械的なアップグレードが施されています。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(市場規模:10億米ドル)

  • タイプ別
    • 空冷インタークーラー
    • 水冷インタークーラー
  • 車種別
    • 乗用車
    • 商用車
  • エンジンタイプ別
    • スーパーチャージドエンジン
    • ターボチャージャーエンジン
  • 地域別情報
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米地域
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ地域
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • その他中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Bell Intercoolers
    • Valeo Group
    • MAHLE GmbH
    • Garrett Motion Inc.(Honeywell)
    • MANN+HUMMEL Group
    • Nissens Automotive A/S.
    • KALE Oto Radyator A.S
    • NRF Global
    • Mishimoto Automotive
    • Modine Manufacturing Company
    • Pro Alloy Motorsport Ltd
    • PWR Performance Products Pty Ltd
    • Treadstone Performance Engineering Inc.

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 51450

The Automotive Intercooler Market was valued at USD 16.29 billion in 2021, and it is expected to reach USD 22.05 billion by 2027, registering a CAGR of about 5% during the forecast period 2022 - 2027.

During the outbreak of the pandemic COVID-19, the market was hit adversely because of the disruptions caused in the supply chain as several major economies of the world were forced into lockdown, and economic activities were halted during this period. The demand for passenger vehicles also fell drastically during this period. Yet, with the gradual opening up of economies, the demand returned to the market, and markets like China and India witnessed huge demand for passenger cars as the consumer preference changed from public transport to personal vehicles.

Over the long term, The demand for EVs is growing fast across the world, and it is expected to pose a challenge to the growth of automotive intercoolers. Countries are striving to suffice the rising fuel demand by focusing on eco-friendly transportation. EVs reduce the dependence of consumers on gasoline/diesel-based automobiles, and thereby, the need for turbochargers/superchargers decreases. There, it affects the demand for intercoolers.

The growth of the market studied is directly impacted by the growth of the global automotive turbocharger market, as intercooler plays a vital role in cooling compressed air. Further, Increase in environmental concerns is fueling the demand for the thermoelectric generator in the vehicle, which is expected to help enhance engine efficiency. This, in turn, is projected to boost the automotive intercooler market across the globe. Various governments have enacted stringent regulations about vehicle emissions, which is likely to propel the automotive intercooler market across the globe.

Europe and Asia-Pacific are projected to hold a significant share of the global automotive intercooler market due to an increase in the sale of vehicles across the region. The presence of major automotive parts manufacturing industries across China, India, and Japan is anticipated to propel the automotive intercooler market across the Asia Pacific.

Automotive Intercooler Market Trends

Increasing Adoption of Turbochargers is likely to Drive the Market Growth

The growth of the intercooler market is directly related to the automotive turbocharger market. The introduction of new emission legislations in Europe (Euro6d), India (BS-VI), and China (China VIb) has increased pressure on the automotive industry to develop new and better exhaust gas after-treatment and combustion systems.

  • In December 2021, BMTS Technology announced that its turbocharger technology with gasoline FNT would boost modern engines of a European premium OEM. This powerful mid-size gasoline engine is developed to meet the stricter Euro 7 emissions standards with a turbocharger operating even at exhaust gas temperatures above 1000°C. With this nomination, BMTS expands not only its customer portfolio but also its gasoline FNT product range.

Moreover, E-Turbo can electrically recuperate spent or otherwise wasted exhaust energy by using a small motor to generate electricity and recharge the hybrid battery. According to the company, the first application of E-Turbo is likely to emerge in premium, high-performance vehicles from 2021 onward, and future applications may begin to appear in other segments leading up to 2025. This ability to be an onboard provider of electricity opens options for automakers in designing hybrid powertrains.

In the light of the improvement in the technology of turbochargers, the demand for turbocharged vehicles is expected to increase, which may lead to an increase in demand for intercoolers, during the forecast period.

Asia-Pacific Region Expected to Play Key Role in the Market

Asia-Pacific is likely to hold a significant share in the automotive intercooler in the wake of growing automotive sales in the region, coupled with technological advancements, such as two-stage supercharging, which compress air and transfer it back to the engine and enhance power in the vehicle. This is one of the factors increasing the demand for intercoolers in the market.

Further, an increase in the production of passenger cars and stringent government regulations for fuel economy standards is also surging the sales of intercoolers. The market is also supported by the growing presence of key automotive players and their active strategies, like launching new models and offering advanced solutions to their customers to maximize their market share in the region. Such developments are anticipated to encourage intercooler component manufacturers in the vehicles over the forecast period. For instance,

  • In October 2022, PT Toyota-Astra Motor (TAM), along with the launch of the all-new Land Cruiser SUV, introduced the new Fortuner as an ever-better car that is now equipped with a choice of a new diesel engine coded 1GD-FTV. This 2,755-cc 1GD FTV, In-Line 4 Cylinders, 4 Valves, DOHC, VNT Intercooler engine, delivers maximum power of 203.9 PS from 3,000 - 4,000 rpm and 50.9 kgm of torque from 1,600 - 2,800 rpm.
  • In September 2020, Anhui Zhongding Sealing Parts announced that its subsidiary Anhui Tristone Flowtech Co., Ltd. became a supplier of automotive thermal management system assemblies and intercooler pipe assemblies for the X01 project of Chongqing Lixiang Automotive Co., Ltd. (Lixiang Automotive). The project will be valued at CNY 664 million for its whole life cycle.

Many companies provide direct replacement of intercoolers and custom intercoolers for modern, classic, or racing cars as per the customer's requirement and offer a warranty for replacement parts. This factor is increasing the aftermarket as well for automotive intercoolers in many countries across the Asia-Pacific region.

Automotive Intercooler Market Competitive Analysis

The automotive intercooler market is consolidated owing to the presence of key players occupying the majority share in the market. Some of the prominent players operating in the market are Bell Intercoolers, Mishimoto, BMR, Garrett Motion Inc., and Treadstone Performance Engineering Inc Etc. For instance,

  • In 2021, Mishimoto, who already has a catch, can go for the 2.3t in the Ranger and has released their intercooler piping upgrade. The intercooler is said to have claimed +11 whp and +22 wtq with their setup on the stock tune. There are some notes that they are seeing the stock tune pull timing to try and adjust for the increase in air volume.
  • In September 2020, Anhui Zhongding Sealing Parts Co., Ltd. announced that its subsidiary Anhui Tristone Flowtech Co., Ltd. became a supplier of automotive thermal management system assemblies and intercooler pipe assemblies for the X01 project of Chongqing Lixiang Automotive Co., Ltd. The project will be valued at CNY 664 million for its whole life cycle.

Some of the major automotive OEMs are also launching new products in the market to gain a competitive edge over other players in the market.

  • In April 2022, Toyota holds the world premiere of the all-new GR Corolla in the USA with the 1.6-liter in-line three-cylinder intercooler turbo engine found in the GR Yaris, resulting in a maximum output of 224 kW (304 PS).
  • In February 2021, Ford Performance announced upgrades to the mid-engine Ford GT for 2020, including engine power increased by 13 hp to 660 hp and improved cooling. The 2020 GT's 3.5-liter EcoBoost twin-turbo V6 engine features a broader torque band and revised engine calibration, plus mechanical upgrades that include gallery-cooled pistons and higher-energy ignition coils.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value - USD billion)

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Air to Air Intercooler Market
    • 5.1.2 Air to Water Intercooler Market
  • 5.2 By Vehicle Type
    • 5.2.1 Passenger Cars
    • 5.2.2 Commercial Vehicles
  • 5.3 By Engine Type
    • 5.3.1 Supercharged Engine
    • 5.3.2 Turbocharged Engine
  • 5.4 By Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Rest of North America
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Spain
      • 5.4.2.5 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 India
      • 5.4.3.2 China
      • 5.4.3.3 Japan
      • 5.4.3.4 South Korea
      • 5.4.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Middle-East and Africa
      • 5.4.5.1 United Arab Emirates
      • 5.4.5.2 Saudi Arabia
      • 5.4.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share**
  • 6.2 Company Profiles*
    • 6.2.1 Bell Intercoolers
    • 6.2.2 Valeo Group
    • 6.2.3 MAHLE GmbH
    • 6.2.4 Garrett Motion Inc. (Honeywell)
    • 6.2.5 MANN+HUMMEL Group
    • 6.2.6 Nissens Automotive A/S.
    • 6.2.7 KALE Oto Radyator A.S
    • 6.2.8 NRF Global
    • 6.2.9 Mishimoto Automotive
    • 6.2.10 Modine Manufacturing Company
    • 6.2.11 Pro Alloy Motorsport Ltd
    • 6.2.12 PWR Performance Products Pty Ltd
    • 6.2.13 Treadstone Performance Engineering Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS