表紙:自動車用クーラント液(冷却水)市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
市場調査レポート
商品コード
1189923

自動車用クーラント液(冷却水)市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Automotive Coolant Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 90 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.46円
自動車用クーラント液(冷却水)市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 90 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

自動車用クーラント液(冷却水)市場は、2021年に46億4,230万米ドルとなり、2027年には64億428万米ドルに達し、予測期間2022-2027年に5%を超えるCAGRで推移すると予測されています。

COVID-19のパンデミックは、世界経済の展望に大きな影響を与えました。潜在的な事業閉鎖や景気後退に対する懸念が、自動車用クーラント液(冷却水)市場に打撃を与えました。さらに、封鎖命令により道路を走る車の数が制限されたため、新車登録台数は減少しています。

しかし、世界の自動車産業の発展に伴い、自動車用クーラント液(冷却水)の市場規模は拡大しています。近年、乗用車の需要が増加していることも、市場拡大の要因となっています。さらに、不凍液の安全な廃棄とリサイクルに関する厳しい規制要件により、再利用可能な冷却水タイプのエンドユーザーによる受け入れが促進されています。

自動車や自動車メーカーの需要の高まりと、費用対効果が高く、環境に優しく、毒性の低い高寿命製品の開発のための研究開発への継続的な投資は、予測期間中の自動車冷却水市場を押し上げると思われます。さらに、先進国ではエチレングリコール、プロピレングリコール、グリセリンなど、さまざまな材料が容易かつ豊富に入手できるため、新規参入者がこうした製品を開発しやすく、自動車用クーラント液(冷却水)市場の推進力にもなっています。

アジア太平洋地域は、インド、中国、日本を含む主要国で生産される自動車の台数が多いため、自動車冷却水市場の世界シェアで上位を占めています。同地域では製造コストや人件費が低いため、予測期間中の市場成長を促進すると期待されています。

主な市場動向

乗用車セグメントが市場を独占する見込み

中国、インド、ブラジルなど人口の多い国々で実用車の需要が増加していることから、予測期間終了までに乗用車セグメントが大きなシェアを占めると思われます。

自動車メーカーは、顧客にカスタマイズされた冷却剤および潤滑剤ソリューションを提供するために新しいブランドや製品を導入しており、自動車用クーラント液(冷却水)市場のシェアを拡大しています。いくつかの世界OEMは、既存企業との合弁事業を通じて、あるいはFDI規範が施行された後に直接投資して、生産部門の設立や国内での販売・ディーラー網の強化に取り組んでいます。例えば、以下の通りです。

*2021年12月、ExxonMobilは、業界をリードするポートフォリオへの規律ある資本投資を維持しながら、今後6年間で温室効果ガス排出削減プロジェクトに対する支出を150億米ドルに増やすことを含む企業計画を最終決定したと発表しました。

*2021年5月、シェブロン・コーポレーションとノーブル・ミッドストリーム・パートナーズLPは、先に発表した買収を完了し、ノーブル・ミッドストリームはシェブロンの間接的な完全子会社となったことを発表しました。

また、Eクラス、クロスオーバー、SUV、ハッチバックの高い需要が乗用車セグメントを牽引し、ひいては自動車用クーラント液(冷却水)市場を押し上げると思われます。自家用車への嗜好の高まりと消費者の購買力が、同市場の乗用車セグメントを牽引しています。

アジア太平洋地域で最も速い成長率を記録するのはインドと予想

アジア太平洋地域は、インド、中国、日本を含む主要国で生産される自動車の台数が多く、地域全体で製造コストや人件費が低いことから、自動車用クーラント液(冷却水)の世界市場において主要なシェアを占めています。インドは、予測期間中、自動車需要の増加により顕著な成長を遂げることが予想されます。また、同地域では安価な労働力と原材料が入手可能であることに加え、現地メーカーの数が増加していることも、予測期間中にアジア太平洋地域の市場を推進する要因となっているようです。

インドは現在、世界第6位の乗用車メーカーであり、世界第2位の商用車開発国です。急速な工業化によりインフラが整備され、同地域の市場発展にも寄与しています。中小企業の増加により、小型乗用車と大型トラックの需要が高まっています。

IOCL、HPCL、BPCLなどのインド系PSU石油会社やRILなどの民間企業は、原油生産能力を継続的に増強しています。エチレングリコールは原油の製品別であるため、原油の生産・精製能力の増強は、インドにおけるエチレングリコールの供給力を高め、同時にインド国内での冷却剤の生産量を増加させる可能性があります。

冷却剤の国内生産が増加すれば、冷却剤メーカーが国内の冷却剤需要の増加に対応する上で大きな助けとなるでしょう。このことは、今後数年間、同地域の自動車用クーラント液(冷却水)市場を活性化させると予測されます。

競合情勢

自動車用クーラント液(冷却水)市場は、世界各地のトップメーカーで占められています。企業は、顧客基盤を増やし、収益を上げるために、地理的な拡大に注力しています。例えば、以下の通りです。

*2021年4月、Valvolineはテキサス州の16のサービスセンターを買収し、直営のQuick-Lube Networkを拡大しました。

自動車用クーラント液(冷却水)市場シェアの有力企業には、Chevron、Shell、Exxon Mobil、Valvoline Inc.、BP PLC(Castrol)などがあります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 車種別
    • 乗用車
    • 商用車
  • 化学物質別
    • エチレングリコール
    • プロピレングリコール
  • 地域別情報
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域
      • 南米
      • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • BP PLC(Castrol)
    • Chevron Corp.
    • ExxonMobil Corp.
    • Valvoline Inc.
    • Total SA
    • Royal Dutch Shell PLC
    • Indian Oil Corp. Ltd
    • JXTG Holdings Inc.
    • Prestone Products Corp.
    • Amsoil Inc.
    • Voltronic GmbH
    • American Mfg Co.(Rudson)

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 53505

The automotive coolant market was valued at USD 4642.3 million in 2021, and it is expected to reach USD 6404.28 million by 2027, registering a CAGR of above 5% during the forecast period 2022-2027.

The COVID-19 pandemic had a substantial impact on the global economic landscape. Concerns about potential business closures and recession hit the automotive coolant market. Moreover, registrations of new vehicles have been on a decline as lockdown orders have restricted the number of vehicles running on roads.

The market's expansion is being fueled by the automotive sector growing throughout the world. In recent years, there has been an increase in demand for passenger vehicles, which has aided market expansion. Furthermore, end user acceptance of reusable coolant types has been boosted by strict regulatory requirements for the safe disposal of antifreeze material and its recycling.

The rise in demand for vehicles and automakers and continuous investments in R&D for the development of cost-effective, environment-friendly, and less toxic products with a high life are likely to boost the automotive coolant market during the forecast period. Moreover, the easy and abundant availability of various materials, including ethylene glycol, propylene glycol, and glycerin, in developed countries helps new entrants develop such products and also drives the automotive coolant market.

Asia-Pacific held a leading share of the global automotive coolant market due to the higher volume of vehicles produced in major countries, including India, China, and Japan. Lower manufacturing and labor costs across the region are expected to drive market growth during the forecast period.

Key Market Trends

Passenger Car Segment Likely to Dominate the Market

The passenger car segment is likely to hold a significant share of the market by the end of the forecast period owing to a rise in the demand for utility vehicles in highly populated countries such as China, India, and Brazil.

Automobile manufacturers are introducing newer brands and products to offer customized coolant and lubricant solutions for customers, expanding the automotive coolant market's share. Several global OEMs are investing in the country through either joint ventures with established players or after FDI norms have been invested directly in setting up their production unit or enhancing their sales and dealership networks across the country. For instance,

* In December 2021, ExxonMobil announced that it had finalized corporate plans, which include increasing its spending to USD 15 billion on greenhouse gas emission-reduction projects over the next six years while maintaining disciplined capital investments in its industry-leading portfolio.

* In May 2021, Chevron Corporation and Noble Midstream Partners LP announced that they had completed the previously announced acquisition, which resulted in Noble Midstream becoming an indirect, wholly-owned subsidiary of Chevron.

Moreover, high demand for e-class, crossovers, SUVs, and hatchbacks is driving the passenger vehicle segment, which, in turn, is likely to boost the automotive coolant market. The rise in preferences for private transport and purchasing power of consumers is driving the passenger vehicle segment of the market.

India Expected to Witness the Fastest Growth Rate in Asia-Pacific

Asia-Pacific held a leading share of the global automotive coolant market due to the higher volume of vehicles produced in major countries, including India, China, and Japan, and lower manufacturing and labor costs across the region. India is expected to witness prominent growth due to the rising demand for vehicles during the forecast period. Moreover, the availability of inexpensive labor and raw material in the region, coupled with the increasing number of local manufacturers, is likely to propel the market in Asia-Pacific during the forecast period.

India is presently the sixth-biggest passenger vehicle manufacturer globally and the second-leading commercial vehicle developer. Rapid industrialization has given way to improvements in the infrastructure, which is likely to benefit the regional market's progress. The swelling number of small and medium enterprises has elevated the demand for light passenger vehicles and heavy-duty trucks.

Indian PSU oil players, like IOCL, HPCL, BPCL, etc., and private players like RIL are continuously increasing their crude oil production capacity. As ethylene glycol is a crude oil by-product, the increasing production and refining capacity of crude oil may increase the availability of ethylene glycol in India, simultaneously boosting the domestic production of coolants in the country.

The increasing domestic production of coolants may significantly help coolant manufacturers cater to the rising demand for coolants in the country. This is projected to fuel the automotive coolant market in the region over the next few years.

Competitive Landscape

The automotive coolant market is consolidated with top manufacturers across the global market. The companies are focusing on geographic expansion for increasing their customer base and enhancing revenue generation. For instance,

* In April 2021, Valvoline expanded its company-owned Quick-Lube Network with the acquisition of 16 service centers in Texas.

Some prominent players in the automotive coolant market share include Chevron, Shell, Exxon Mobil, Valvoline Inc., and BP PLC (Castrol).

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Vehicle Type
    • 5.1.1 Passenger Car
    • 5.1.2 Commercial Vehicle
  • 5.2 By Chemical Type
    • 5.2.1 Ethylene Glycol
    • 5.2.2 Propylene Glycol
  • 5.3 By Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 US
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Spain
      • 5.3.2.5 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 India
      • 5.3.3.2 China
      • 5.3.3.3 Japan
      • 5.3.3.4 South Korea
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Rest of the World
      • 5.3.4.1 South America
      • 5.3.4.2 Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles *
    • 6.2.1 BP PLC ( Castrol)
    • 6.2.2 Chevron Corp.
    • 6.2.3 ExxonMobil Corp.
    • 6.2.4 Valvoline Inc.
    • 6.2.5 Total SA
    • 6.2.6 Royal Dutch Shell PLC
    • 6.2.7 Indian Oil Corp. Ltd
    • 6.2.8 JXTG Holdings Inc.
    • 6.2.9 Prestone Products Corp.
    • 6.2.10 Amsoil Inc.
    • 6.2.11 Voltronic GmbH
    • 6.2.12 American Mfg Co. (Rudson)

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS **