デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1189861

ロボット工学における人工知能市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Artificial Intelligence In Robotics Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 121 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
ロボット工学における人工知能市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 121 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ロボット工学における人工知能市場は、予測期間(2021年~2026年)にCAGR28.78%を記録すると予測されています。

人工知能(AI)とロボット工学は、タスクやプロセスを自動化するための強力な組み合わせであることが証明されています。ロボット工学における人工知能は、プロセスに柔軟性を与え、さまざまな用途で学習機能を備えたロボットを可能にします。ロボット工学における人工知能は、生産性の向上、作業の安全性、人々の貴重な時間の節約を実現する新たな機会を企業に提供します。

主なハイライト

  • ロボット工学と人工知能の統合は、人間の潜在能力を拡張・増幅し、生産性を向上させ、単純な推論から人間のような認知能力へと移行しつつあります。人工知能の次のステージは、人間と機械をシームレスに繋ぐ拡張知能の時代です。
  • ロボットは、繰り返しの作業を極めて正確に、より高速に実行するように設計されています。ロボット工学における人工知能は、ロボットがプロセスを学習し、人間の介入なしに完全な自律性でタスクを実行することを支援します。これらの利点は、市場の成長を増大させると予想されます。
  • また、ほぼすべてのエンドユーザー分野でロボットの採用率が高まっていることや、世界各国の政府による最新技術の開発支援も、間違いなく市場の成長を拡大する重要な要因となっています。しかし、新興国市場の開拓には消極的であるため、市場の成長は鈍化すると予想されます。また、ロボット工学における人工知能の統合を採用するための熟練労働者の不足が、市場成長の妨げとなっています。

主な市場動向

産業用ロボットは大幅な成長が見込まれる

  • 人工知能や機械学習のような主要な技術的破壊は、産業用ロボット産業にも及んでいます。産業用ロボットは、生産性の向上と精度の最大化のために、自動化された反復的で単調な危険な作業を行うために、製造業で主に使用されています。
  • AIと産業用ロボットの統合は、製造業各社の取り組みにより、予測期間中に速いペースで成長することが予想されます。例えば、2019年、産業用ロボット大手のFanucは、TechCrunchのイベント「Robotics+AI Sessions」でAIベースの新ツールを発表しました。同社はロボットのトレーニングを容易にし、より幅広い産業でオートメーションを利用できるようにしたいと考えています。新しいAIツールは、簡単な注釈とセンサー技術で、ビンの中から正しい物を選ぶ方法をロボットに教え、訓練プロセスを数時間短縮します。
  • AIと産業用ロボット工学の融合は、その早期導入者にいくつかのメリットをもたらしています。最大のメリットの1つは、予知保全による稼働時間と生産性の向上です。産業用ロボット技術と統合されたAIにより、ロボットは自身の精度と性能を監視し、メンテナンスが必要な時期を知らせて、高価なダウンタイムを回避することができます。
  • さらに、AIを搭載した産業用ロボットの力を借りれば、故障の検出と解決が容易になります。故障を検出するようにプログラムされ、損傷を克服するための解決策が与えられます。
  • また、産業用ロボットは、生産のスピード、精度、安全性を向上させます。ロボットはまた、組織が近代的な製造技術に変換し、堅牢な製造業を構築することを可能にします。AI技術は、ロボットに見る力、識別する力、見たものと対話する力を与えることができます。

北米は大幅な成長が見込まれる

  • 北米地域は、ロボット工学の採用という点で著名なイノベーターでありパイオニアであり、最大の市場の1つです。市場の成長を促進する要因は、倉庫の自動化、ライトアウトオートメーションのような自動マテリアルハンドリングと動向の採用の上昇、および多数の産業にわたってこれらのロボットの採用が増加していることが含まれています。
  • ロボットは今後、テクノロジーの助けを借りて、接続されたすべてのセンサーを通して近くの環境をリアルタイムで認識し、周囲から自然に学び、自然言語処理を使用し、故障を予測することで自身のハードウェアを維持し、他のロボットが修理することができるようになるであろう。このような市場の動向は、予測期間中のロボットの需要を促進するものと思われます。
  • この地域では、自動車、飲食品、製薬の各分野が産業用ロボットの最大の需要先となっています。産業用ロボットは、飲食品の製造施設に広く導入されています。さらに、食品の安全性に関する規制が厳しく、生産プロセスにおける人間の介入が少ないことが好まれるため、予測期間中、食品・飲料産業での需要が高まると予想されます。
  • この地域におけるロボットの成長の主な要因は、現在、米国のすべての製造業が、国内および国際市場において米国の産業を強化するために、生産プロセスの自動化を進める傾向にあるためです。

競合情勢

ロボット工学における人工知能の競合情勢は、市場が成長し、ロボットベンダーに十分な機会を提供しているため、細分化に向かっています。ベンダーは、先行者利益を得て、さまざまな技術によってもたらされるチャンスをつかもうとしています。また、ベンダーは、製品イノベーションと世界展開による拡大を、最大の市場シェアを獲得するための道と見なしています。

  • 2020年2月-Intuition Roboticsというイスラエルに拠点を置くスタートアップ企業が、Sparx Group、OurCrowd、Toyota AI Ventures、Samsung Nextなどから3600万米ドルのシリーズB資金を調達すると発表したこともあります。
  • 2019年3月-Neuralaは、Brain Builder:カスタムビジョンAIソリューションの作成を効率化するエンドツーエンドのSaaSプラットフォームの発売を発表しました。データタギング、トレーニング、デプロイメント、分析のためのオールインワンツールを組織に提供することで、Brain BuilderはカスタムビジョンAIの作成をより効率的にし、AI初心者と専門家の両方にアクセス可能にします。

その他の特典です。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 最新技術開発のための政府支援
    • すべてのエンドユーザー分野でロボットの導入率が上昇
  • 市場抑制要因
    • 新技術の採用に対する消極的な姿勢
    • 熟練労働者の不足
  • 産業バリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手・消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 技術紹介
    • 自然言語処理
    • コンピュータビジョン
    • ナビゲーション
    • 機械学習

第5章 市場セグメンテーション

  • ロボットタイプ別
    • 産業用ロボット
    • サービスロボット
  • エンドユーザー産業別
    • 自動車
    • 小売・eコマース
    • ヘルスケア
    • 飲食品業界
    • その他のエンドユーザー産業向け
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Hanson Robotics Ltd.
    • NVIDIA Corporation
    • IBM Corporation
    • Brain Corporation
    • Vicarious Inc.
    • Neurala, Inc.
    • Veo Robotics, Inc.
    • Microsoft Corporation
    • Kindred, Inc.
    • Preferred Networks, Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 66979

Artificial Intelligence in the Robotics market is expected to register a CAGR of 28.78% during the forecast period (2021 - 2026). Artificial intelligence (AI) and robotics prove to be a powerful combination for automating tasks and processes. AI in robotics gives flexibility in processes and enables robots with learning capabilities in various applications. Artificial intelligence in robots offers companies new opportunities to increase productivity, make work safer, and save people valuable time.

Key Highlights

  • Integration of robotics and AI augment and amplify human potentials, increase productivity, and are moving from simple reasoning towards human-like cognitive abilities. The next stage of Artificial Intelligence is the era of augmented intelligence, seamlessly linking humans and machines together.
  • Robots are designed to perform repetitive tasks with utmost precision and increased speed. AI in robotics helps the robots to learn the processes and perform the tasks with complete autonomy, without any human intervention. These benefits are expected to augment the market growth.
  • Also, higher adoption rates of robots in almost all the end-user verticals, coupled with support from governments worldwide to develop modern technologies, are undoubtedly significant factors augmenting the market growth. However, a reluctance to adopt technological developments is expected to slow down the market growth. Also, a lack of a skilled workforce to adopt the integration of AI in robotics is hindering market growth.

Key Market Trends

Industrial Robots Expected to Grow Significantly

  • Major technological disruptions, like artificial intelligence and machine learning, are making their way to the industrial robotics industry. Industrial robots are used majorly in the manufacturing industry to perform automated, repetitive, monotonous, and hazardous tasks to enhance productivity and maximize accuracy.
  • The integration of AI with industrial robots is expected to grow at a fast pace in the forecast period, owing to the initiatives taken by the manufacturing companies. For instance, in 2019, Industrial robotics giant Fanuc announced a new AI-based tool at TechCrunch's Robotics + AI Sessions event. The company wants to make robots easier to train, making automation more accessible to a wider range of industries. The new AI tool teaches robots how to pick the right objects out of a bin with simple annotations and sensor technology, reducing the training process by hours.
  • The merging of AI and industrial robotics is providing several benefits to its early adopters. One of the greatest benefits is increased uptime and productivity from predictive maintenance. With AI integrated with industrial robotics technology, robots can monitor their own accuracy and performance, signaling when maintenance is required to avoid expensive downtime.
  • Further, with the help of AI-based Industrial Robots, detection and solving a fault becomes easier. They are programmed to detect the faults and fed with solutions to overcome the damage.
  • Also, industrial robots improve the speed, accuracy, and safety of production. Robots also enable organizations to transform into modern manufacturing techniques and build a robust manufacturing industry. AI technology can give robots the power to see, identify, and interact with what they see.

North America is Expected to Grow Significantly

  • The North American region is one of the prominent innovators and pioneers in terms of the adoption of robotics, is one of the largest markets. The factors driving the growth of the market include the increase in warehouse automation, rising adoption of automated material handling and trends, like lights-out automation, and increasing adoption of these robots across numerous industries.
  • Robots in the coming future with the help of technology, will be able to perceive their nearby environments through every connected sensor in real-time, learn naturally from surroundings and use natural-language processing, and maintain their own hardware by predicting failures and will be fixed by other robots. These trends in the market is expected to drive the demand of robots during the forecast period.
  • The automotive, food and beverage, and pharmaceutical sectors are the largest sources of demand for the industrial robots in the region. Industrial robots are extensively being deployed in food and beverage manufacturing establishments. Furthermore, the stringent food safety regulations and preference for low human intervention in the production process are expected to increase the demand for the food and beverage industry, over the forecast period.
  • The major driver for the growth of robots in the region is because all the manufacturing industries in the US are currently under the ongoing trend to automate their production process in order to strengthen the US industries in both domestic and international markets.

Competitive Landscape

The competitive landscape of artificial intelligence in robotics is moving towards fragmentation as the market is growing and is providing ample opportunities to robot vendors. The vendors are ready to make the first-mover advantage and grab the opportunities laid by the different technologies. Also, the vendors view expansion in terms of product innovation and global expansion as a path towards gaining maximum market share.

  • February 2020 - An Israel-based start-up called Intuition Robotics has also announced to raise series B funding of USD 36 million from Sparx Group, OurCrowd, Toyota AI Ventures, and Samsung Next, among others.
  • March 2019 - Neurala announced the launch of Brain Builder: an end-to-end SaaS platform to streamline the creation of custom vision AI solutions. By giving organizations an all-in-one tool for data tagging, training, deployment, and analysis, Brain Builder makes custom vision AI creation more efficient and accessible for AI beginners and experts alike.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Government Support to Develop Modern Technologies
    • 4.2.2 Higher Adoption Rates of Robots in all End-user Verticals
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Reluctance to Adopt New Technologies
    • 4.3.2 Lack of Skilled Workforce
  • 4.4 Industry Value Chain Analysis
  • 4.5 Industry Attractiveness - Porter's Five Force Analysis
    • 4.5.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.5.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.5.3 Threat of New Entrants
    • 4.5.4 Threat of Substitute Products
    • 4.5.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.6 Technology Snapshot
    • 4.6.1 Natural Language Processing
    • 4.6.2 Computer Vision
    • 4.6.3 Navigation
    • 4.6.4 Machine Learning

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Robot Type
    • 5.1.1 Industrial Robots
    • 5.1.2 Service Robots
  • 5.2 By End-user Industry
    • 5.2.1 Automotive
    • 5.2.2 Retail & E-commerce
    • 5.2.3 Healthcare
    • 5.2.4 Food & Beverage
    • 5.2.5 Other End-user Industries
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
    • 5.3.2 Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
    • 5.3.4 Rest of the World

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Hanson Robotics Ltd.
    • 6.1.2 NVIDIA Corporation
    • 6.1.3 IBM Corporation
    • 6.1.4 Brain Corporation
    • 6.1.5 Vicarious Inc.
    • 6.1.6 Neurala, Inc.
    • 6.1.7 Veo Robotics, Inc.
    • 6.1.8 Microsoft Corporation
    • 6.1.9 Kindred, Inc.
    • 6.1.10 Preferred Networks, Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS