デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1189749

航空機用タイヤ市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Aircraft Tires Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.46円
航空機用タイヤ市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

航空機用タイヤ市場は、予測期間中に5%を超えるCAGRで推移すると予測されています。

COVID-19のパンデミックは、航空機用タイヤ市場に大きな影響を及ぼしました。パンデミックの発生により、旅行業界では様々な規制が行われ、世界的に様々な国が封鎖されたため、パンデミック期間中の航空旅行需要の減少に繋がりました。航空機用タイヤは、パンデミックにより主要部品が供給不足となり、各メーカーの生産能力が低下しました。COVID-19の減少に伴い、世界各国が国境を開放し、渡航制限を解除したため、航空旅客輸送の需要増に対応するための新型・高性能航空機の需要が増加しました。さらに、鎖国が解かれたことにより、航空機用タイヤメーカーが必要な部品やコンポーネントを受け取るようになり、生産能力の増強につながりました。このような市場開拓により、予測期間中に市場は成長を遂げるでしょう。

旅客輸送量は徐々に回復しており、2023年にはCOVID以前の水準に達すると予想されます。航空需要がCOVID前の水準に戻るにつれ、航空会社は路線網を拡大し、新規航空会社は新たな国内路線を導入しています。こうした計画は、市場の成長を加速させると予想されます。同様に、世界的に軍隊による新世代の航空機の調達が増加していることも、新しい高度な航空機用タイヤの需要増加につながっています。

航空機用タイヤの市場動向

エンドユーザー別では、商用航空機向けが予測期間中に大幅な成長を遂げると予想される

エンドユーザー別では、商用航空市場が予測期間中に大きな成長を遂げると予想されます。航空旅客輸送量の増加に伴い、各国で商用航空機の納入が増加していることが、予測期間中の市場成長の主な理由です。Airbus社によると、2022年9月までの同社は、前年同期の133機の航空機受注に対し、647機の航空機を受注しています。また、Airbus社は、2022年9月の生産残が7,294機に達したとしています。647機の受注のうち、2021年9月の424機に対し、2022年9月末までに437機を納入しています。さらに、Boeingの商業受注残高は4354機となっています。2022年9月時点で、Boeingは737 MAX 26機を含む328機を納入したと発表しています。一方、航空会社の航空機近代化計画により、航空機の注文数は急増しています。商用航空機の飛行活動が活発になることで、タイヤの摩耗や損傷が多くなり、その結果、アフターマーケットタイヤの需要が発生しています。世界のさまざまな航空会社が航空機用タイヤメーカーと提携し、定期的なタイヤ交換需要をサポートしており、これが予測期間中の商用航空機用タイヤの成長につながっています。

アジア太平洋地域は予測期間中に大きな成長を遂げる見込みです。

アジア太平洋地域は、予測期間中に大きな成長を遂げることが予想されます。過去数年間、中国、インド、日本などの主要国では、旅客輸送量が急速に増加し、その結果、この地域で運航する航空会社から新しい航空機の大量受注が発生しました。COVID-19のパンデミックの減少により、航空旅行の需要が増加したのです。2022年11月現在、インドでは1日の航空旅客輸送量と出発回数の増加が見られました。27年11月、インドで記録された1日の旅客輸送量は409,831人、出発回数は2739回を占めました。アジア太平洋地域における旅客輸送量の増加により、インドの航空会社はこうした需要の高まりに対応するため、高度な機能を備えた新型航空機を導入しています。また、 Dunlop や Bridgestoneなどの航空タイヤメーカーが、より耐久性が高く、航空機の離発着に耐えうる先進的な航空機用タイヤの製造に取り組んでいます。このような新興国市場の開拓により、市場は予測期間中に成長を遂げることが予想されます。

航空機用タイヤ市場の競合分析

航空機用タイヤ市場は、OEMおよびアフターマーケットセグメントで少数のプレーヤーが大半のシェアを占める統合市場です。航空機用タイヤ市場の主要プレイヤーは、高いブランド価値と航空機OEMとの長期契約により、Bridgestone Corporation、Goodyear Tire, and Rubber Company、Specialty Tires of America Inc.、Dunlop Aircraft Tyres Limited、Michelinなどです。

例えば、Goodyear Tireは商用航空機の他に、米国国防総省(DoD)にもタイヤを供給しており、毎年約9万本の航空機と地上車両用タイヤを供給しています。このタイヤはDoD Global Tire Program(GTP)の下で納入されており、年間平均契約額は4,800万米ドルにのぼります。航空機用タイヤメーカーは、軽量化(燃費の低下)と耐熱・耐圧性をさらに向上させる新組成のゴムに投資しています。また、電動VTOLエアタクシー用の新しいタイヤの開発は、タイヤメーカーにとって新たな市場機会を開くと予想されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • ラジアル
    • バイアス
  • サプライヤー
    • OEM
    • アフターマーケット
  • エンドユーザー
    • 民間航空
    • 軍用機
    • 一般航空
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • メキシコ
      • ブラジル
    • 中東・アフリカ地域
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • ベンダーのマーケットシェア
  • Company Profile*
    • Bridgestone Corporation
    • Manufacture Francaise des Pneumatiques Michelin
    • Goodyear Tire & Rubber Company
    • Specialty Tires of America Inc.
    • Dunlop Aircraft Tyres Limited
    • Wilkerson Company Inc.
    • Petlas Tire Industry and Trade
    • Sentury Tire Co. Ltd
    • Michelin

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 50735

The aircraft tires market is projected to register a CAGR of over 5% during the forecast period.

The COVID-19 pandemic had a major effect on the Aircraft Tires Market. The onset of the pandemic led to various restrictions on the travel industry and with various countries globally going into lockdown, this led to a decline in the demand for air travel during the pandemic time. The pandemic led to a decline in the production capacities of various aircraft tire manufacturers owing to a shortage in the supply of essential parts and components. The decline in the COVID-19 pandemic led to various countries worldwide opening up their borders and removing restrictions on travel which led to an increase in the demand for new and advanced aircraft to meet the growing demand of air passenger traffic. Moreover, the lifting of the lockdown led to various aircraft tire manufacturers receiving the essential parts and components thereby leading to an increase in production capacities. Thus, such developments will lead to the market witnessing growth during the forecast period.

Passenger traffic is recovering gradually and is expected to reach pre-COVID levels by 2023. With the demand for air travel returning to pre-COVID levels, airlines are expanding their route networks, and new airlines are introducing new domestic routes. Such plans are expected to accelerate the growth of the market. Likewise, the growing procurement of newer generation aircraft by the armed forces globally has also led to increasing demand for new and advanced aircraft tires.

Aircraft Tires Market Trends

By End User, The Commercial Aviation Segment Is Expected To Witness Significant Growth During The Forecast Period

By end user, the commercial aviation market is expected to witness significant growth during the forecast period. The increasing number of commercial aircraft deliveries in various countries owing to the growing air passenger traffic is the main reason for the growth of the market during the forecast period. According to Airbus, the company till September 2022, received a total order of 647 aircraft in as compared to 133 aircraft orders received during the same period last year. In addition, Airbus claims that its production backlog reached 7,294 aircraft in September 2022. Out of the 647 aircraft orders, the company delivered 437 aircraft by end of September 2022 as compared to 424 aircraft in September 2021. Moreover, the commercial order backlog of Boeing stood to 4354 aircraft. As so September 2022, Boeing announced that they have delivered 328 aircraft including 26 737 MAX aircraft. On the other hand, the fleet modernization plans of airlines have led to a surge in the number of aircraft orders. With the higher flight activity of commercial aircraft, the wear and tear of tires are higher, thereby generating demand for aftermarket tires. Various global airlines are partnering with aircraft tire manufacturers to support the regular tire replacement demand and this will lead to a growth in aircraft tires for commercial aviation during the forecast period.

The Asia-Pacific Region Is Expected To Witness Significant Growth During The Forecast Period

The Asia-Pacific region is expected to witness significant growth during the forecast period. Over the past few years, major countries like China, India, and Japan have witnessed a rapid increase in passenger traffic, resulting in large orders for new aircraft from airlines operating in the region. The decline in the COVID-19 pandemic led to an increase in the demand for air travel. As of November 2022, India witnessed an increase in the number of daily air passenger traffic and departures. For November 27th, the daily passenger traffic recorded in India accounted to 409,831 passengers and 2739 departures. The increasing passenger traffic in the Asia-Pacific region has also led to various airline companies in India acquiring new aircraft with advanced features in order to cater to such rising demands. In addition, various aviation tire manufacturers such as Dunlop and Bridgestone amongst others are now engaged in manufacturing advanced aircraft tires which will be more durable and can withstand longer airplane takeoff and departures before needing to be replaced. Thus, such developments will lead to the market witnessing growth during the forecast period.

Aircraft Tires Market Competitive Analysis

The aircraft tires market is a consolidated market with few players accounting for the majority share in OEM and aftermarket segments. The prominent players in the aircraft tires market include Bridgestone Corporation, Goodyear Tire, and Rubber Company, Specialty Tires of America Inc., Dunlop Aircraft Tyres Limited, and Michelin amongst others. owing to their high brand value and long-term agreements with the aircraft OEMs.

For instance, besides commercial aircraft sales, Goodyear is a major tire supplier to United States Department of Defense (DoD), which provides approximately 90,000 aircraft and ground vehicle tires every year. The tires are delivered under DoD Global Tire Program (GTP) with an average annual contract worth USD 48 million. The aircraft tire manufacturers are investing in rubber with new compositions that make them lighter (decrease fuel consumption) and further enhance heat and pressure-bearing properties. Also, the development of new tires for electric VTOL air taxis is anticipated to open new market opportunities for tire manufacturers.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 Introduction

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 Research Methodology

3 Executive Summary

4 Market Dynamics

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 Market Segmentation

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Radial
    • 5.1.2 Bias
  • 5.2 Supplier
    • 5.2.1 OEM
    • 5.2.2 Aftermarket
  • 5.3 End User
    • 5.3.1 Commercial Aviation
    • 5.3.2 Military Aviation
    • 5.3.3 General Aviation
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 India
      • 5.4.3.3 Japan
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Latin America
      • 5.4.4.1 Mexico
      • 5.4.4.2 Brazil
    • 5.4.5 Middle East and Africa
      • 5.4.5.1 United Arab Emirates
      • 5.4.5.2 Saudi Arabia
      • 5.4.5.3 South Africa
      • 5.4.5.4 Rest of Middle East and Africa

6 Competitive Landscape

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profile*
    • 6.2.1 Bridgestone Corporation
    • 6.2.2 Manufacture Francaise des Pneumatiques Michelin
    • 6.2.3 Goodyear Tire & Rubber Company
    • 6.2.4 Specialty Tires of America Inc.
    • 6.2.5 Dunlop Aircraft Tyres Limited
    • 6.2.6 Wilkerson Company Inc.
    • 6.2.7 Petlas Tire Industry and Trade
    • 6.2.8 Sentury Tire Co. Ltd
    • 6.2.9 Michelin

7 Market Opportunities and Future Trends