デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1188824

シリコーン接着剤とシーラントの世界市場-2028年までの市場規模、シェア、予測

Global Silicone Adhesives & Sealants Market - Size, Share, & Forecasts up to 2028

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 335 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.54円
シリコーン接着剤とシーラントの世界市場-2028年までの市場規模、シェア、予測
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 335 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

シリコーン接着剤とシーラントの世界市場のCAGRは6.41%と予測されます。

主なハイライト

  • エンドユーザー業界別最大セグメント-建築・建設:建築・建設は、ジョイントシールや断熱などシリコーンシーラントの用途が広いため、エンドユーザー業界として圧倒的な存在感を示しています。
  • 技術別最大セグメント-シーラント:シーラントは、紫外線安定性、耐熱性、作業性、さまざまな建築物の表面への接着性を向上させるため、シーラント技術におけるシリコーンの使用が増加していることから、市場の最大の技術タイプとなっています。
  • 地域別最大セグメント-アジア太平洋:インド、中国、韓国、日本を中心とするアジア太平洋地域は、建設、医療、自動車、航空宇宙などさまざまなエンドユーザー産業でシーラントが使用されていることから、シリコーン接着剤およびシーラントの主要な消費地となっています。
  • 地域別急成長セグメント-欧州:建設、自動車、医療機器産業でのシリコーン接着剤およびシーラントの採用が増加しているため、予測期間中に欧州が最も急成長する地域と予測されます。

シリコーン接着剤・シーラント市場の動向

エンドユーザー業界別では、建築・建設が最大のセグメントです。

  • シリコーン接着剤は、耐低温性、良好な電気特性や耐候性、化学的安定性など、独自の特性で知られています。
  • シリコーン接着剤およびシーラントはさまざまな産業で使用されていますが、建築用途で使用されていることから、建築・建設が最終用途の主要な消費者となっています。これらの接着剤とシーラントは、紫外線安定性、-65℃から300℃の範囲内の極端な温度耐性、および3つの方法で最大24時間の低硬化時間の面で、建設メーカーに非常に有利です。シリコーンシーラントは主に接着シール剤として使用され、窓やドア、建物の外壁、キッチン&バスルームなどの用途に使用することができます。
  • また、シリコーン接着剤は、包装業界にも広く使用されています。これらの接着剤は、包装業界の特定の要件である自然の中で非常に柔軟です。主に、金属、プラスチック、紙を基材とする食品包装に使用されています。水系シリコーン接着剤は、最も消費量の多い接着剤技術であり、2021年の市場全体の70%を占めています。この技術は、この業界で使用されている他の技術よりも安価です。
  • 建築・建設業界からの構造用接着剤と包装業界向けの柔軟な接着剤の需要の高まりは、今後数年間、シリコーン接着剤およびシーラントの需要を牽引すると予想されます。建設業界は、2030年までCAGR3.5%を記録すると予想されています。電子業界のシリコーンシーラントの使用量は、予測期間2022-2028年にCAGR 2.57%を記録すると予想されます。

地域別ではアジア太平洋が最多である。

  • 2021年の世界の接着剤・シーラント需要に占めるシリコーン接着剤・シーラントのシェアは9.25%。これらは、建設、包装、自動車、航空宇宙、ヘルスケア、および他の多くの産業で使用されています。これらの接着剤およびシーラントは、建築構造により柔軟性を与え、風や地震によって生じる応力や動きを材料が吸収することを可能にします。また、建築物のシリコーン接着剤およびシーラントは、湿気や熱・冷気が継ぎ目や隙間から侵入するのを防ぐことで、エネルギーを節約することもできます。世界のシリコーン接着剤およびシーラント市場は、予測期間2022-2028年に数量ベースで約4.39%のCAGRで推移すると予想されます。
  • アジア太平洋地域は、世界におけるシリコーン接着剤およびシーラントの主要な消費地です。この地域における建設活動の高まりが、シリコーン接着剤およびシーラントに対する需要を生み出しています。同地域の新規床面積は、2021年の179億平方フィートから2028年には246億平方フィートに達すると予測されています。
  • シリコーン系接着剤およびシーラントは、主に世界中の建設および包装産業で消費されています。2021年には、71万5,000トン近くのシリコーン接着剤およびシーラントが建設産業で消費されました。シリコーンシーラントは、紫外線安定性、-65℃から300℃以内の極端な温度耐性、3つの方法で最大24時間の短時間硬化という点でメーカーにとって非常に有利なため、建設用途でより多く使用されています。シリコーン接着剤およびシーラントは、主に接着剤およびシーラントとして使用され、窓やドア、建物の外壁、キッチンや浴室などの用途に使用することができます。

シリコーン接着剤およびシーラント市場の競合分析

世界のシリコーン接着剤&シーラント市場は断片的であり、上位5社で32.68%を占めています。この市場の主要なプレーヤーは、Chengdu Guibao Science and Technology、Dow、Henkel AG &Co.KGaA、Sika AG、Soudal Holding N.V.です(アルファベット順に並べ替え)。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 エグゼクティブサマリー&キーファインディング

第2章 レポートの提供

第3章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲
  • 調査手法

第4章 主要な業界動向

  • エンドユーザー動向
  • 規制の枠組み
  • バリューチェーンと流通チャネル分析

第5章 市場のセグメンテーション

  • エンドユーザー産業
    • 航空宇宙
    • 自動車
    • 建築・建設
    • ヘルスケア
    • パッケージング
    • 木工・建具
    • その他のエンドユーザー産業
  • 技術情報
    • ホットメルト
    • 反応性
    • シーラント
    • 溶剤系
    • UV硬化型接着剤
    • 水系
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • オーストラリア
      • 中国
      • インド
      • インドネシア
      • 日本
      • マレーシア
      • シンガポール
      • 韓国
      • タイ
      • その他アジア太平洋地域
    • 欧州
      • フランス
      • ドイツ
      • イタリア
      • ロシア
      • スペイン
      • 英国
      • その他の欧州地域
    • 中東・アフリカ地域
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東地域
    • 北米
      • カナダ
      • メキシコ
      • 米国
      • 北米の残りの地域
    • 南米地域
      • アルゼンチン
      • ブラジル
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • Key Strategic Moves
  • 市場シェア分析
  • Company Landscape
  • 企業プロファイル
    • 3M
    • Arkema Group
    • Chengdu Guibao Science and Technology Co., Ltd.
    • Dow
    • Guangzhou Jointas Chemical Co.,Ltd.
    • H.B. Fuller Company
    • Henkel AG & Co. KGaA
    • Illinois Tool Works Inc.
    • MAPEI S.p.A.
    • Momentive
    • RPM International Inc.
    • Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.
    • Sika AG
    • Soudal Holding N.V.
    • Wacker Chemie AG

第7章 CEOへの主な戦略的質問

第8章 付録

  • 接着剤とシーラントの世界産業概要
    • 概要
    • ポーターのファイブフォースフレームワーク
    • 世界バリューチェーン分析
    • 促進要因、抑制要因、および機会
  • 情報源と参考資料
  • 表と図のリスト
  • プライマリーインサイト
  • データパック
  • 用語集
目次
Product Code: 92484

The Global Silicone Adhesives & Sealants Market is projected to register a CAGR of 6.41%

Key Highlights

  • Largest Segment by End User Industry - Building and Construction : Building and construction is the dominant end-user industry because of the wide range of silicone sealant applications, including joint sealing and heat insulation.
  • Largest Segment by Technology - Sealants : Sealant is the largest technology type in the market owing to the rising use of silicone in sealant technology to improve UV stability, increased temperature resistance, high workability, and adhesion to a variety of construction surfaces.
  • Largest Segment by Region - Asia-Pacific : Asia-Pacific, driven mainly by India, China, South Korea, and Japan, is a major silicone adhesive and sealant consumer owing to the dominant usage of sealants from various end-user industries, including construction, medical, automotive, and aerospace.
  • Fastest-growing Segment by Region - Europe : Due to the rising adoption of silicone adhesives and sealants in its construction, automotive, and medical devices industries, Europe is projected to be the fastest-growing region during the forecast period.

Silicone Adhesives & Sealants Market Trends

Building and Construction is the largest segment by End User Industry.

  • Silicone adhesives are known for their unique properties, such as low-temperature resistance, good electrical properties and weather resistance, and chemical stability.
  • Silicone adhesives and sealants are used in various industries, but building and construction is the primary end-user consumer of these adhesives as they are used in several construction applications. These adhesives and sealants are highly advantageous for construction manufacturers in terms of UV stability, extreme temperature resistance, within the range of -65°C to 300°C, and a low curing time of up to 24 hours with three methods. Silicone sealants are mainly used as a bonding sealing agent, which can be used in windows and doors, building facades, kitchens & bathrooms, and other applications.
  • Silicone adhesives are also widely used in the packaging industry. These adhesives are highly flexible in nature, which is a particular requirement of the packaging industry. They are primarily used in food packaging with metal, plastic, and paper substrates. Water-borne silicone adhesives are the highest consumed adhesive technology and accounted for 70% of the total market in 2021. This technology is cheaper than other technologies used in this industry.
  • The rising demand for structural adhesives from the building and construction industry and flexible adhesives for the packaging industry is expected to drive the demand for silicone adhesives and sealants over the coming years. The construction industry is expected to record a CAGR of 3.5% up to 2030. The electronic industry's usage of silicone sealants is expected to register a CAGR of 2.57% during the forecast period 2022-2028.

Asia-Pacific is the largest segment by Region.

  • Silicone adhesives and sealants accounted for a 9.25% share of the global adhesives and sealants demand in 2021. They are used in construction, packaging, automotive, aerospace, healthcare, and many other industries. These adhesives and sealants also provide building structures more flexibility, allowing materials to absorb stress and movement produced by wind or earthquakes. Silicone adhesives and sealants in buildings can also save energy by preventing damp and heat or cold air from entering through seams and gaps. The global silicone adhesives and sealants market is expected to record a CAGR of about 4.39% in terms of volume during the forecast period 2022-2028.
  • Asia-Pacific is the leading consumer of silicone adhesives and sealants globally. The rising construction activities in the region are generating demand for silicone adhesives and sealants. The new floor area in the region is expected to reach 24.6 billion square feet by 2028 from 17.9 billion square feet in 2021.
  • Silicone-based adhesives and sealants are majorly consumed in the construction and packaging industries across the globe. Nearly 715 thousand tons of silicone adhesives and sealants were consumed in the construction industry in 2021. Silicone sealants are used more in construction applications as they are highly advantageous for manufacturers in terms of UV stability, extreme temperature resistance ranging within -65°C and 300°C, and a short curing time of up to 24 hours with three methods. Silicone adhesives and sealants are mainly used as bonding and sealing agents, which can be used in windows and doors, building facades, kitchens and bathrooms, and other applications.

Silicone Adhesives & Sealants Market Competitive Analysis

The Global Silicone Adhesives & Sealants Market is fragmented, with the top five companies occupying 32.68%. The major players in this market are Chengdu Guibao Science and Technology Co., Ltd., Dow, Henkel AG & Co. KGaA, Sika AG and Soudal Holding N.V. (sorted alphabetically).

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 EXECUTIVE SUMMARY & KEY FINDINGS

2 REPORT OFFERS

3 INTRODUCTION

  • 3.1 Study Assumptions & Market Definition
  • 3.2 Scope of the Study​
  • 3.3 Research Methodology

4 KEY INDUSTRY TRENDS

  • 4.1 End User Trends
  • 4.2 Regulatory Framework
  • 4.3 Value Chain & Distribution Channel Analysis

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 End User Industry
    • 5.1.1 Aerospace
    • 5.1.2 Automotive
    • 5.1.3 Building And Construction
    • 5.1.4 Healthcare
    • 5.1.5 Packaging
    • 5.1.6 Woodworking And Joinery
    • 5.1.7 Other End-user Industries
  • 5.2 Technology
    • 5.2.1 Hot Melt
    • 5.2.2 Reactive
    • 5.2.3 Sealants
    • 5.2.4 Solvent-borne
    • 5.2.5 UV Cured Adhesives
    • 5.2.6 Water-borne
  • 5.3 Region
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 Australia
      • 5.3.1.2 China
      • 5.3.1.3 India
      • 5.3.1.4 Indonesia
      • 5.3.1.5 Japan
      • 5.3.1.6 Malaysia
      • 5.3.1.7 Singapore
      • 5.3.1.8 South Korea
      • 5.3.1.9 Thailand
      • 5.3.1.10 Rest Of Asia-Pacific
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 France
      • 5.3.2.2 Germany
      • 5.3.2.3 Italy
      • 5.3.2.4 Russia
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 United Kingdom
      • 5.3.2.7 Rest Of Europe
    • 5.3.3 Middle East & Africa
      • 5.3.3.1 Saudi Arabia
      • 5.3.3.2 South Africa
      • 5.3.3.3 Rest Of Middle East & Africa
    • 5.3.4 North America
      • 5.3.4.1 Canada
      • 5.3.4.2 Mexico
      • 5.3.4.3 United States
      • 5.3.4.4 Rest Of North America
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Argentina
      • 5.3.5.2 Brazil
      • 5.3.5.3 Rest Of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Key Strategic Moves
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Company Landscape
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 3M
    • 6.4.2 Arkema Group
    • 6.4.3 Chengdu Guibao Science and Technology Co., Ltd.
    • 6.4.4 Dow
    • 6.4.5 Guangzhou Jointas Chemical Co.,Ltd.
    • 6.4.6 H.B. Fuller Company
    • 6.4.7 Henkel AG & Co. KGaA
    • 6.4.8 Illinois Tool Works Inc.
    • 6.4.9 MAPEI S.p.A.
    • 6.4.10 Momentive
    • 6.4.11 RPM International Inc.
    • 6.4.12 Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.
    • 6.4.13 Sika AG
    • 6.4.14 Soudal Holding N.V.
    • 6.4.15 Wacker Chemie AG

7 KEY STRATEGIC QUESTIONS FOR ADHESIVES AND SEALANTS CEOS

8 APPENDIX

  • 8.1 Global Adhesives and Sealants Industry Overview
    • 8.1.1 Overview
    • 8.1.2 Porter's Five Forces Framework
    • 8.1.3 Global Value Chain Analysis
    • 8.1.4 Drivers, Restraints, and Opportunities
  • 8.2 Sources & References
  • 8.3 List of Tables & Figures
  • 8.4 Primary Insights
  • 8.5 Data Pack
  • 8.6 Glossary of Terms