デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1146346

瞳孔計市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)

Pupillometer Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.49円
瞳孔計市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年10月31日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

瞳孔計市場は、予測期間(2022-2027年)にCAGR5.1%を記録すると予測されています。

COVID-19のパンデミックは、多くの国々ですでに過剰な負担となっている公衆衛生システムに劇的な影響を与えました。さらに、ヘルスケア産業の中心はパンデミックの危機管理に移行しました。このため、技術的に訓練され、励まされた医療従事者を雇用し、維持し、保護するという課題に直面することになりました。さらに、世界のロックダウンはヘルスケアスタッフの不足を招きました。さらに、世界中の医療機器のサプライチェーンも阻害されました。さらに、瞳孔計市場はCOVID-19パンデミックの際にも有害な影響に直面しました。パンデミックの間、眼科のサービスが急激に低下しました。したがって、これは瞳孔計の需要の減少につながります。

さらに、コロナウイルスは目の結膜から体内に侵入する可能性があります。したがって、眼科医は感染するリスクが高いかもしれません。これは、眼科医が検査中に患者の近くにいるため、飛沫感染しやすいからです。そこで、世界保健機関(WHO)は、感染を減らすために目との接触を避ける予防策を委託しています。そのため、世界中の多くの眼科医が一時的に診療を中止し、注意喚起を行いました。ある国では、眼科診療に特別なガイドラインが設けられ、診療が停止されました。例えば、インド政府保健家族福祉省は、2020年12月にCOVID-19シナリオにおける安全な眼科診療に関するガイドラインを発表しました。このガイドラインは、眼科医療従事者の間でCOVID-19の蔓延を最小限に抑えることを目的としていました。したがって、封じ込め区域の眼科医療施設は閉鎖されたままでした。したがって、これらの要因は、2020年に瞳孔計の需要が減少し、それによってCOVID-19パンデミックの間に調査市場に影響を与えました。しかし、2021年以降、市場は減少から徐々に回復しています。これは、医療機器のサプライチェーンサービスが再開されたためです。

調査市場の成長につながる主な要因は、技術の進歩と相まって、手動瞳孔検査よりも瞳孔計に関連する認知度の上昇などです。市場の成長に貢献する他の要因は、瞳孔計の使用を必要とする疾患の有病率の急増が含まれています。

長年にわたり、手動瞳孔検査は、患者の瞳孔情報を得るための主要な方法であり続けました。この従来の手法では、ペンライトや懐中電灯を使って手動で瞳孔の反応性を評価し、瞳孔ゲージで瞳孔の大きさを推定していました。しかし、手作業による瞳孔の評価は、不正確で一貫性のないものになる可能性があります。さらに、検査者間のばらつきが生じる可能性もあります。そのため、手動での評価よりも瞳孔計の方が好まれます。これは、これらの光学機器が技術的に優れているためです。例えば、新しい瞳孔計には、赤外線カメラ、LED光源、バーコードスキャナ、Bluetooth対応データ転送、その他の高度な機能が搭載されています。さらに、バーコードスキャナなどの機能により、外部スキャナが不要になりました。また、バーコードスキャナなどの機能により、外部スキャナが不要となり、患者IDを手入力する際の転記ミスを回避することができます。さらに、市販されている新しい非侵襲的なハンドヘルド光学スキャナーは、瞳孔の大きさ、対称性、反応性を信頼性が高く客観的に測定することが可能です。例えば、NeurOptics社が提供するNPi-300瞳孔計システムは、瞳孔反応性を数値で定量化でき、Neurological Pupil Index(NPi)により瞳孔反応の厳密な解釈と分類を行うことができます。また、瞳孔光反射が正常範囲にあるか、異常範囲にあるかという情報も提供します。さらに、光反射が非定型、測定不能、非反応の範囲にあるかどうかも確認することができます。このような利点から、医師の間で好んで使用されています。

視神経、脳腫瘍、網膜、脳血管障害、弱視などで起こる非対称性を示す指標です。特に、病気や障害が非対称に現れている場合に発生します。したがって、脳腫瘍などの疾患の有病率の急増は、脳腫瘍に苦しむ患者のAPDを検出するために使用される瞳孔計の需要の上昇につながります。例えば、米国臨床腫瘍学会(ASCO)の推計によると、2022年に米国で脳と脊髄の原発性がん腫瘍と診断される成人は25,050人と推定されます。

また、神経学的瞳孔指数(NPi)検査は、特に脳卒中、動脈瘤、心停止などの疾患を持つ患者において不可欠です。したがって、心停止の有病率の上昇はまた、それによって研究市場の成長を促進する瞳孔計の需要の急増につながります。例えば、アメリカ心臓協会は、2022年に「心臓と脳卒中の統計」レポートをリリースし、更新しました。この報告書によると、米国では毎年356,000件以上の院外心停止(OHCA)が発生しています。

したがって、前述の要因のために、調査された市場は、分析期間にわたって成長で成長すると予想されています。しかし、瞳孔計の高コストと専門の臨床医の不足は、新興国での普及に影響を与えます。これは、順番に瞳孔計市場の成長に影響を与えます。

主な市場動向

ビデオ式瞳孔計は予測期間中に高成長が見込まれる

ビデオ瞳孔計は、デジタル瞳孔計と比較して、より高度です。例えば、これらのデバイスは、瞳孔の活動全体をキャプチャすることができます。さらに、Konan Medical USA Inc.が提供するThe EyeKinetix pupillometerなどのビデオ瞳孔計は、赤外線条件下で高解像度ビデオカメラを利用し、単眼視覚刺激に対する両側瞳孔反応を記録します。さらに、EyeKinetixは、直接瞳孔光反射と同意瞳孔光反射の両方を同時に記録することができます。また、近年、ビデオ瞳孔計が認可されたことも、需要急増の要因の一つとなっています。例えば、NeurOptics Inc.は、2021年7月に米国でNPi-300 Pupillometerを発売しました。さらに、NPi-300 Pupillometerは、LED光源、高精度赤外線カメラ、豊富なマイクロプロセッサー機能などの高度な機能を備えています。そのため、これらの機能が市場の需要の急増につながり、市場の成長を促進しています。

さらに、NPi-300などのビデオ瞳孔計は、デジタル瞳孔計と比較して、自動的かつ迅速です。そのため、他の検査方法では起こりうる人為的なミスを排除することができます。したがって、これは、それによって市場の成長を促進するビデオ瞳孔計の需要の急増につながります。そのため、これらのデバイスは臨床医の間で好まれる選択肢となっています。

北米が瞳孔計市場を独占すると予想される

北米は、この地域で瞳孔計を提供する多数の主要プレイヤーの存在により、市場を独占することが期待されます。例えば、北米で活動している主要なプレーヤーには、Essilor Group(Essilor Instruments), US Ophthalmic., NeurOptics Inc, Konan Medical USA Inc, and Reichert Inc.などがあります。

また、外傷性脳損傷(TBI)患者の神経学的な悪化を検出するためには、正確な神経学的評価と瞳孔の評価が重要です。したがって、この地域における外傷性脳損傷の症例の急増は、市場の成長を促進するもう一つの要因となっています。さらに、瞳孔計は、黄斑変性症、糖尿病性網膜症、眼内腫瘍などの網膜疾患患者の瞳孔反応を確認するために使用されます。また、黄斑変性症などの網膜疾患は、老年層でより発症しやすくなっています。さらに、BrightFocus Foundationによると、加齢黄斑変性症が進行するリスクは、50~59歳で2%です。75歳以上では30%近くにもなります。例えば、2021年に発表された「America's Health Rankings Senior Report」によると、米国の人口の約16.5%が65歳以上の高齢者です。また、予測推計によると、2050年には米国における65歳以上の高齢者の総数が8,570万人にまで増加すると予想されています。同様に、カナダにおける老年人口の増加も、北米市場の成長を後押しする要因となっています。例えば、カナダ政府の機関であるカナダ統計局によると、2021年7月、カナダには65歳以上の高齢者が7,081,792人存在します。さらに、人口動態予測によると、2025年には高齢者が人口の5分の1以上を占め、2059年には4分の1に達する可能性があるとされています。このように、米国とカナダでは網膜疾患に苦しむ老年人口が増加しており、瞳孔計の需要増加を牽引し、北米市場の成長を促進しています。

したがって、前述の要因によって、研究市場の成長は北米地域で予想されます。

競合情勢

瞳孔計市場は、世界およびリージョナルに活動する複数の企業の存在により、競争が激しくなっています。市場で営業している主要企業は、NeurOptics Inc.、Essilor Group(Essilor Instruments)、Visionix、US Ophthalmic.、NIDEK SA、HAAG-STREIT GROUP、Reichert Inc、Konan Medical USA Inc、Good-Lite Company、およびGrobet USA(Vigor Optical)です。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 技術的進歩に伴う瞳孔計の認知度向上
    • 瞳孔計の使用を必要とする疾患の有病率の急増
  • 市場抑制要因
    • 瞳孔計の高コストと専門医の不足
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース市場規模:100万米ドル)

  • モダリティ別
    • ハンドヘルド型瞳孔計
    • テーブルトップ型瞳孔計
  • タイプ別
    • デジタルピロメータ
    • ビデオ瞳孔計
  • アプリケーション別
    • 眼科
    • 神経分野
    • その他の用途
  • エンドユーザー別
    • 病院
    • 眼科クリニック
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • NeurOptics Inc.
    • Essilor Instruments USA
    • Visionix
    • US Ophthalmic.
    • NIDEK SA
    • HAAG-STREIT GROUP
    • Reichert Inc.
    • Konan Medical USA Inc.
    • Good-Lite Company
    • Grobet USA.(Vigor Optical)

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 91923

The pupillometer market is expected to register a CAGR of 5.1% over the forecast period (2022-2027).

The COVID-19 pandemic drastically affected the already overburdened public health systems in many countries. Additionally, the core focus of the healthcare industry shifted to pandemic crisis management. This led to challenges faced in hiring, retaining, and protecting technically trained, and encouraged health professionals. Moreover, the worldwide lockdowns led to a shortage of healthcare staff. Furthermore, the supply chain of medical devices around the world was also obstructed. In addition, the pupillometer market also faced detrimental impacts during the COVID-19 pandemic. There was a sharp decline in ophthalmology services during the pandemic. Hence, this leads to a decrease in demand for pupillometers.

Furthermore, coronavirus can enter the body through the eye's conjunctiva. Hence, ophthalmologists might be at high risk of getting infected. This is because of the proximity to patients during the examination, predisposing ophthalmologists to droplet transmission. Thus, the world health organization (WHO) commissioned precautionary measures to avoid contact with the eyes to reduce transmission. Therefore, as a cautionary measure, many ophthalmologists across the world suspended their practices temporarily. In certain countries, special guidelines were laid for ophthalmology practices, and services were suspended. For instance, the Government of India Ministry of Health and Family Welfare issued guidelines on safe ophthalmology practices in the COVID-19 scenario in December 2020. These guidelines were aimed at minimizing the spread of COVID-19 among the ophthalmic healthcare staff. Hence, the Eye care facilities in containment zones remained closed. Thus, these factors led to a decline in the demand for pupillometers in the year 2020 thereby affecting the studied market during the COVID-19 pandemic. However, the market is gradually recovering from the decline since the year 2021. This is because the medical device supply chain services resumed.

The major factor leading to the growth of the studied market includes the rise in awareness associated with pupillometers over manual pupillary examination coupled with technological advancements. Other factors that contribute to the growth of the market include, the surge in the prevalence of disorders requiring the use of pupillometer.

Over the years, manual pupil assessment remained a major way of obtaining pupillary information about a patient. This conventional technique involved the usage of a penlight or flashlight to manually evaluate pupil reactivity and a pupil gauge to estimate pupil size. However, manual pupillary assessment can lead to inaccuracies and inconsistencies. Furthermore, it can result in inter-examiner variability. Hence, pupillometers are preferred over manual assessment. This is because these optical devices are technically advanced. For instance, the new pupillometers have infrared cameras, an LED light source, a barcode scanner, Bluetooth-enabled data transfer, and other advanced features. In addition, features such as the barcode scanner eliminate the need for an external scanner. Hence, this avoids any transcription errors during manual entries of a patient ID. Furthermore, the novel noninvasive, handheld optical scanners available on the market can provide reliable and objective measurements of pupillary size, symmetry, and reactivity. For instance, the NPi-300 pupillometer system offered by NeurOptics, Inc. can quantify pupil reactivity on a numeric scale, and the Neurological Pupil index (NPi) allows rigorous interpretation and classification of the pupil response. The device also delivers information on whether the pupillary light reflex falls within the normal range or abnormal range. Furthermore, the device can also check if the light reflex is in, the atypical, immeasurable, or non-reactive range. Hence, these advantages make them a preferable choice among physicians.

Afferent pupillary defect (APD) is a measure of asymmetry which may occur with the optic nerve, brain tumors, retinal, or cerebral vascular disease, and amblyopia. It occurs specifically when the disease or disorder is presenting asymmetrically. Hence, the surge in prevalence of diseases such as brain tumors leads to a rise in demand for pupillometers which are used to detect APD in patients suffering from a brain tumor. For instance, according to an estimate by the American Society of Clinical Oncology (ASCO), 25,050 adults are estimated to be diagnosed with primary cancerous tumors of the brain and spinal cord in the United States in the year 2022.

In addition, neurological pupil index (NPi) testing is essential in a patient with diseases such as stroke, aneurysm, and cardiac arrest among others. Thus, the rise in prevalence of cardiac arrest also leads to a surge in demand for pupillometers thereby driving the growth of the market studied. For instance, The American Heart Association released and updated a report "Heart and Stroke Statistics" in 2022. According to the report, each year in the United States there are more than 356,000 out-of-hospital cardiac arrests (OHCA).

Therefore, owing to the aforementioned factors the studied market is anticipated to witness growth over the analysis period. However, the high cost of pupillometers and lack of specialized clinicians impacts the penetration in emerging countries. This in turn affects the growth of the pupillometer market.

Key Market Trends

Video Pupillometer is Expected to Witness High Growth Over the Forecast Period

Video pupillometers are more advanced compared to digital pupillometers. For instance, these devices can capture the entire pupillary activity. Moreover, video pupillometers such as The EyeKinetix pupillometer offered by Konan Medical USA Inc. utilize high-definition video cameras under infrared conditions to record the bilateral pupil responses to monocular visual stimuli. Furthermore, EyeKinetix simultaneously records both direct and consensual pupillary light reflexes. In addition, the recent approval of video pupillometers is another factor that leads to a surge in their demand. For instance, NeurOptics Inc. launched NPi-300 Pupillometer in the United States in July 2021. Furthermore, NPi-300 Pupillometer has advanced features such as, it includes a LED light source, a high-precision infra-red camera, and extensive microprocessor capability. Hence, these features lead to a surge in demand in the market thereby driving the growth of the market.

Furthermore, video pupillometer such as NPi-300 is automatic and quick in comparison to digital pupillometers. Hence, automatic pupillometers remove any human errors that could occur with other testing methods. Thus, this leads to a surge in demand for video pupillometers thereby driving the growth of the market. Hence, these advantages offered by them make these devices a preferred choice among clinicians.

North America is Expected to Dominate the Pupillometer Market

North America is expected to dominate the market due to the presence of a large number of key players offering pupillometers in the region. For instance, some of the key players operating in North America include Essilor Group (Essilor Instruments), US Ophthalmic., NeurOptics Inc., Konan Medical USA Inc., and Reichert Inc.

In addition, accurate neurological and pupillary assessment are critical for the detection of neurological deterioration in patients with traumatic brain injury (TBI). Hence, the surge in cases of traumatic brain injury in the region is another factor that drives the growth of the market. Furthermore, pupillometers are employed to check pupil response in patients with retinal diseases such as macular degeneration, diabetic retinopathy, intraocular tumors, and others. In addition, retinal diseases such as macular degeneration are more predisposed in the geriatric population. Moreover, according to BrightFocus Foundation, the risk of getting advanced age-related macular degeneration is 2% in people ages 50- 59. This risk is nearly 30% for those over the age of 75. For instance, according to America's Health Rankings Senior Report published in 2021, about 16.5% of the United States population is of age 65 years or above. In addition, according to the projected estimates, the total number of people aged 65 years or above is expected to rise to 85.7 million in the United States by the year 2050. Similarly, the rise in the geriatric population in Canada is also a factor that drives the growth of the market in North America. For instance, according to Statistics Canada, an agency of the Government of Canada, in July 2021, there were 7,081,792 seniors aged 65 and older in Canada. Furthermore, as per the demographic projections, senior citizens are expected to account for over one-fifth of the population by 2025 and could reach one-quarter by 2059. Thus, the rise in the geriatric population that suffers from retinal diseases in the United States and Canada drives the rise in demand for pupillometers thereby driving the growth of the market in North America.

Therefore, owing to the aforesaid factors the growth of the studied market is anticipated in the North America Region.

Competitive Landscape

The pupillometer market is competitive due to the presence of several companies operating globally as well as regionally. The key companies operating in the market are NeurOptics Inc., Essilor Group (Essilor Instruments), Visionix, US Ophthalmic., NIDEK SA, HAAG-STREIT GROUP, Reichert Inc., Konan Medical USA Inc., Good-Lite Company, and Grobet USA (Vigor Optical).

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rise in Awareness Associated with Pupillometers Coupled with Technological Advancements
    • 4.2.2 Surge in Prevalence of Disorders Requiring the Use of Pupillometer
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of Pupillometers and Lack of Specialized Clinicians
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Modality
    • 5.1.1 Handheld Pupillometer
    • 5.1.2 Table Top Pupillometer
  • 5.2 By Type
    • 5.2.1 Digital Pupillometer
    • 5.2.2 Video Pupillometer
  • 5.3 By Application
    • 5.3.1 Ophthalmology
    • 5.3.2 Neurology
    • 5.3.3 Other Applications
  • 5.4 By End User
    • 5.4.1 Hospitals
    • 5.4.2 Eye Clinics
    • 5.4.3 Other End User
  • 5.5 Geography
    • 5.5.1 North America
      • 5.5.1.1 United States
      • 5.5.1.2 Canada
      • 5.5.1.3 Mexico
    • 5.5.2 Europe
      • 5.5.2.1 Germany
      • 5.5.2.2 United Kingdom
      • 5.5.2.3 France
      • 5.5.2.4 Italy
      • 5.5.2.5 Spain
      • 5.5.2.6 Rest of Europe
    • 5.5.3 Asia-Pacific
      • 5.5.3.1 China
      • 5.5.3.2 Japan
      • 5.5.3.3 India
      • 5.5.3.4 Australia
      • 5.5.3.5 South Korea
      • 5.5.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.5.4 Rest of the World

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 NeurOptics Inc.
    • 6.1.2 Essilor Instruments USA
    • 6.1.3 Visionix
    • 6.1.4 US Ophthalmic.
    • 6.1.5 NIDEK SA
    • 6.1.6 HAAG-STREIT GROUP
    • 6.1.7 Reichert Inc.
    • 6.1.8 Konan Medical USA Inc.
    • 6.1.9 Good-Lite Company
    • 6.1.10 Grobet USA. (Vigor Optical)

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS