デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1138647

クラウドサプライチェーンマネジメント市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)

Cloud Supply Chain Management Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.09円
クラウドサプライチェーンマネジメント市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年10月13日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

クラウドサプライチェーンマネジメント市場は、予測期間(2022年~2027年)にCAGR11.09%で成長すると分析されています。

世界的にクラウドベースのビジネスオペレーションの導入が加速し、サプライチェーン産業がデジタル化されています。ボラティリティの振幅と一定のスピードに対応し、サプライチェーンの混乱への対応力強化を促進することができます。組織は、製品やサービスの物理的な流れを統合するデジタルサプライネットワークとしてサプライチェーンを再構築し、既存のシステムと容易に統合できる、手頃で効率的かつ安全で、無限に拡張可能なソリューションを提供しています。

主なハイライト

  • クラウドコンピューティングは、コラボレーティブな輸送管理ソリューション(TMS)をはじめ、ネットワーク容量の調達、完全な可視化とイベント管理、運賃支払いや監査などの付随機能といった輸送管理の側面をサポートするために急速に成長しています。
  • クラウドコンピューティングは、サプライチェーンの経営者がSaaSモデルを通じて提供される革新的なソリューションに迅速かつ効率的にアクセスし、大規模に展開できるルートを提供し、大幅なコスト削減の選択肢として認識されるようになりました。インダストリー4.0の出現により、多くのベンダーがデジタル技術を導入し、プロセス全体の改善、自動化、近代化を進めています。クラウドの統合は、拡張性、セキュリティ、コスト、コントロール、スピードなどの実質的な利点を提供するため、ますます人気が高まっています。
  • COVID-19の大流行により、信頼性が高く、いつでもアクセス可能なサプライチェーン技術ソリューションへの需要が高まっていることが浮き彫りになりました。クラウドを通じて、情報のレイテンシーが実現されます。クラウドは、サプライヤーとその取引先から始まり、インバウンドの物流業者、企業の工場や倉庫、アウトバウンドの輸送業者、流通業者、そして最終的には顧客まで、サプライチェーンを提供するシステムとデータの複雑な網を統合します。これにより、クラウドはサプライチェーンに変革をもたらします。クラウドは、情報共有の水準を迅速かつ安価に、そして安全に高めるために必要な雰囲気と技術を提供します。サプライチェーン・パートナー間のシームレスな統合により、サプライチェーン全体にわたるほぼリアルタイムの可視性を簡単に提供することができます。
  • クラウドベースのソリューションにおいて、企業が最も頻繁に直面する問題は、データの保護とプライバシーです。データへのアクセスは、信頼できるサプライ・チェーン・パートナーなど、承認されたメンバーだけに許可されるべきです。クラウドベースのソリューションは、個人情報への不要なアクセスを防ぐために多くのセキュリティプロトコルを備えていますが、データのセキュリティは最終的には各企業が自由に使えるリソースをどう使うかに依存します。これは市場にとって大きな課題となっています。

主な市場動向

小売業が大幅な成長を遂げる見込み

  • 小売業界では、ほとんどの主要企業がクラウドベースのテクノロジーを採用し、データからこれまでにない可視性と洞察を得てサプライチェーンを変革しているため、大きな成長を記録すると予想されます。テクノロジーの統合は、カスタマージャーニーを理解し、実質的な改善を提供することに重点を置いています。
  • 小売業界の成長に伴い、先進技術の採用が著しく進んでいるため、小売業界のプレーヤーは、組織が競争力を維持するために、紙文書や構造化・非構造化データをより効率的に管理できるツールを必要としています。そのため、ほとんどの主要企業はクラウドベースのテクノロジーを採用し、データからこれまでにない可視性と洞察を得て、サプライチェーンを変革しようとしています。テクノロジーの統合は、カスタマージャーニーを理解し、実質的な改善を提供することに重点を置いています。
  • eコマースの成長により市場のプレーヤーが増えたため、顧客維持は以前より重要になっています。クラウドコンピューティングは、多くのソースからデータを取得・分析し、パターンを識別してニーズを予測し、オンデマンドサービスを提供するため、顧客体験の向上に役立ちます。また、小売業者は、中核となるビジネスアプリケーションからすべてのビジネスコンテンツにアクセスできるため、顧客へのタイムリーな対応と優れたサービスを提供でき、競合他社との差別化を図ることができます。
  • さらに、自動化ツールは、在庫情報をデジタル化し、分析とビジュアルレポートを使用することで、流通と在庫管理を改善します。したがって、小売業者は、入荷した輸送業者による在庫の管理・分配から店舗レベルでの照合まで、サプライチェーンを自動化することが可能になります。これにより、運用コストの削減、よりわかりやすく迅速な請求書の照合、再注文時間の短縮による充足率の向上が実現します。

北米の市場シェアは大きい

  • 北米では、主に米国の25のセクターにおいて、物理的およびデジタルチャネルを横断するサプライチェーンの安全性、効率性、可視性を促進するために設計されたGS1標準が選択されたことにより、著しい市場成長が見込まれています。
  • 米国では、クラウドの導入が進んでいることが、市場に貢献しています。ストームフォージンが2021年4月に発表したレポートによると、北米の回答者の18%が、所属する組織の月間クラウド支出額が10万米ドルから25万米ドルであると述べています。さらに、回答者の44%が今後12カ月間にクラウド支出がやや増加すると予想し、別の32%は今後12カ月間に組織のクラウド支出が大幅に増加すると回答しています。
  • 米国の顧客は、接続がますます進む環境において、多様な輸送手段から利益を得ています。ロジスティクス・ビジネスでは、サプライチェーン・マネジメント・ソフトウェア、梱包、マテリアルハンドリング、倉庫、フォワーディング、返品管理、仲介などを通じて、情報の流れの統合を提案しています。
  • さらに、ロックダウンや渡航制限が米国経済のさまざまな部門を混乱させ、このような激動の時期にサプライチェーンの運営に大きな影響を及ぼしています。このような不確実な時代に、企業はサプライネットワークの柔軟性と俊敏性を高めるために、クラウドコンピューティングとストレージへの依存度を高めています。
  • さらに、カナダ政府は「クラウドファースト」戦略を掲げており、情報技術への投資、構想、戦略、プロジェクトを開始する際に、主要な提供オプションとしてクラウドサービスを特定・評価することになっています。また、クラウドによって、カナダ政府は民間プロバイダーのイノベーションを活用し、情報技術をより俊敏にすることができるようになります。こうした取り組みは、クラウドサプライチェーンマネジメントに十分な機会を提供するものと期待されます。

競合情勢

クラウドサプライチェーンマネジメント市場は、Oracle Corporation、SAP SE、Descartes Systems Group Inc.、Infor Inc.、IBM Corporationといった有力企業によって高度に集中・コントロールされています。市場において顕著なシェアを持つこれらの主要プレイヤーは、海外に広がる顧客基盤の拡大に注力しています。これらの企業は、市場シェアを拡大し、収益性を向上させるために、戦略的な協力体制を築いています。しかし、製品イノベーションと技術的進歩により、中堅・中小企業は新規契約の獲得と新規市場の開拓によって市場での存在感を高めています。最近の市場の開拓をいくつか紹介します。

  • 2022年5月~SAPはアップルと提携し、デジタルサプライチェーン全体でコラボレーションを構築しています。SAPは、iPhoneやiPadでの操作方法を変革するためのアップルとの継続的な関係の一環として、デジタルサプライチェーンを合理化し、作業者にシンプルなツールを装備する新しいアプリ群を発表しました。
  • 2021年9月~産業用クラウドプロバイダーのインフォアは、インフォアのホスピタリティ・スイート・ソリューションの完全クラウド対応のホテル管理ソフトウェアの最新版、Infor Hospitality Management Solution(HMS)バージョン3.8.4をリリースしました。今回のアップデートは、カスタマイズされたサービスを最適化し、提供するための新たな選択肢を与えることに重点を置いています。Infor HMSは、リアルタイムでアクセス可能なクラウドベースのテクノロジーで、現代のお客様の多忙なスケジュールに対応し、ホテルはスムーズで摩擦のない体験をカスタマイズすることが可能です。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • 産業バリューチェーン分析
  • 産業の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
    • 代替品の脅威

第5章 市場の力学

  • 市場促進要因
    • 中小企業による需要管理のためのクラウドベースのソリューションの急速な普及
    • Eコマース分野の成長により、顧客維持のための技術的ソリューションの採用が促進されています。
  • 市場抑制要因
    • 企業におけるセキュリティとプライバシーへの懸念の高まり

第6章 市場セグメンテーション

  • ソリューション別
    • 需要計画・予測
    • 在庫・倉庫管理
    • 製品ライフサイクル管理
    • 輸送とロジスティクス管理
    • セールス&オペレーションプランニング
    • その他のソリューション(調達とソーシング、製品マスターデータ管理、オーダー管理)
  • 導入形態別
    • ハイブリッドクラウド
    • パブリッククラウド
    • プライベートクラウド
  • 組織規模別
    • 大企業
    • 中堅・中小企業
  • エンドユーザー別
    • 小売
    • 飲食品業
    • 製造業
    • 自動車産業
    • 石油・ガス
    • ヘルスケア
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別情報
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • SAP SE
    • Oracle Corporation
    • Infor Inc
    • Descartes Systems Group Inc
    • IBM Corporation
    • JDA Software Group Inc
    • Manhattan Associates Inc
    • Logility Inc.
    • Kinaxis Inc
    • HighJump Software Inc
    • CloudLogix Inc.
    • TECSYS, Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場の展望

目次
Product Code: 70450

The cloud supply chain management market is analyzed to grow at a CAGR of 11.09% during the forecast period (2022 - 2027). The accelerated adoption of cloud-based business operations globally has digitalized the supply chain industry. It can accommodate the amplitude of volatility and constant speed and promote enhanced responsiveness to supply chain disruptions. Organizations are restructuring their supply chains as a digital supply network that unites physical flows of products and services and provides affordable, efficient, safer, and infinitely scalable solutions that can be easily integrated with existing systems.

Key Highlights

  • Cloud computing is quickly growing to support collaborative transportation management solutions (TMS) and other aspects of transportation management, such as sourcing of network capacity, complete visibility and event management, and ancillary functions, including freight pay and audit.
  • Cloud computing is now perceived as a significant cost-saving alternative, giving a route through which supply chain executives can quickly and efficiently access innovative solutions delivered through a SaaS model and deploy them at scale. With the emergence of industry 4.0, numerous vendors are implementing digital technologies to improve, automate, and modernize the entire process. Integrating the cloud is becoming increasingly popular because it offers substantial advantages such as scalability, security, cost, control, and speed.
  • The COVID-19 pandemic has highlighted the growing demand for dependable, anytime-accessible supply chain technology solutions. Through the cloud, information latency is achieved. It integrates the intricate web of systems and data that serves up the supply chain, starting with suppliers and their suppliers and moving on to inbound logistics providers, a company's factories and warehouses, outbound carriers, distributors, and eventually customers. Thereby making the cloud transformative for supply chains. It provides the atmosphere and technology required to quickly, inexpensively, and securely raise the bar for information sharing. Near-real-time visibility across the whole supply chain is easily provided by seamless integration among supply chain partners.
  • The most frequent problem businesses have with cloud-based solutions is data protection and privacy. Data access should only be permitted for approved members, such as reputable supply chain partners. Data security ultimately depends on how each firm uses the resources at their disposal, even while cloud-based solutions have numerous security protocols in place to prevent unwanted access to personal data. This acts as a challenge to the market.

Key Market Trends

Retail Industry is Expected to Register a Significant Growth

  • The retail industry is expected to register significant growth as most key players are adopting cloud-based technologies to transform their supply chains with unprecedented visibility and insights from data. Technology integrations focus on understanding the customer journey and providing substantive improvement.
  • With the growing retail sector, the adoption of advanced technologies is significantly growing; therefore, the retail industry players require tools that enable organizations to manage paper documents and structured and unstructured data more effectively to remain competitive. Hence, most key players are adopting cloud-based technologies to transform their supply chains with unprecedented visibility and insights from data. Technology integrations focus on understanding the customer journey and providing substantive improvement.
  • Customer retention has become more important than before due to increased players in the market with the growth of e-commerce. Cloud computing helps enhance customer experiences as it captures and analyzes data from many sources, identifies patterns and predicts needs, and offers on-demand services. It also provides retailers access to all business content from the core line-of-business applications to provide timely responses and exceptional service to the customers, separating them from their competition.
  • Additionally, automation tools improve distribution and inventory management by digitizing inventory information and using analytics and visual reporting. Therefore, it enables retailers to automate the supply chain from the inbound carrier to manage and distribute inventory to store-level reconciliation. It leads to lower operational costs, a more straightforward, faster way to reconcile invoices, and improved fill rates by shrinking reorder time.

North America Hold Significant Market Share

  • North America may experience notable market growth, principally driven by the selection of GS1 standards designed to promote the safety, efficiency, and visibility of supply chains across physical and digital channels in 25 sectors in the United States.
  • The growing adoption of cloud in the US is contributing to the market. According to a report published by Stormforgein in April 2021, 18% of respondents from North America state that their organization has a monthly cloud spend of between USD 100,000 and USD 250,000. Further, 44% of respondents expect cloud spending to increase somewhat over the next 12 months, while another 32% indicate that they expect their organization's cloud spending to increase significantly over the next 12 months.
  • Customers in the United States are profiting from the diversity of transport modes in their increasingly connected environment. Logistics businesses offer the integration of information flow through supply chain management software, packaging, material handling, warehousing, forwarding, returned goods management, and brokerage.
  • Further, Lockdowns and travel restrictions have disrupted different sectors of the US economy and considerably influenced supply chain operations during these periods of fast upheaval. Businesses increasingly rely on cloud computing and storage in these uncertain times to increase the flexibility and agility of their supply networks.
  • Moreover, the Government of Canada has a "cloud-first" strategy whereby cloud services are identified and evaluated as the principal delivery option when initiating information technology investments, initiatives, strategies, and projects. The cloud will also allow the Government of Canada to harness the innovation of private-sector providers to make its information technology more agile. Such initiatives are expected to provide ample opportunities to the cloud supply chain management.

Competitive Landscape

The cloud supply chain management market is highly concentrated and controlled by dominant players, like Oracle Corporation, SAP SE, Descartes Systems Group Inc., Infor Inc., and IBM Corporation. With a notable share in the market, these principal players are concentrating on expanding their customer bases across foreign countries. These businesses are leveraging strategic collaborative initiatives to strengthen their market shares and enhance their profitability. However, with product innovations and technological advancements, midsize to smaller firms are growing their market presence by securing new contracts and tapping new markets. Some of the recent developments in the market are:

  • May 2022- SAP has partnered with Apple to build collaborations throughout the digital supply chain. SAP has unveiled a new suite of apps that streamline the digital supply chain and equip workers with simple tools as part of its ongoing relationship with Apple to transform how people operate on iPhones and iPads.
  • September 2021- Infor, the industrial cloud provider, has released the latest edition of the fully cloud-enabled hotel management software in the Infor Hospitality suite of solutions, Infor Hospitality Management Solution (HMS) version 3.8.4. This update focuses on giving new choices for optimizing and delivering customised services. Infor HMS is cloud-based technology accessible in real time, keeping up with modern customers' hectic schedules and allowing hotels to customize a smooth and frictionless experience.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions​
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.3.5 Threat of Substitutes

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Rapid Adoption of Cloud -based Solution for Demand Management by SMEs
    • 5.1.2 Increasing Growth of E - commerce Sector Has Fueled the Adoption of Technological Solutions to Retain Customers
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Increasing Security and Privacy Concerns Among Enterprises

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Solution
    • 6.1.1 Demand Planning and Forecasting
    • 6.1.2 Inventory and Warehouse Management
    • 6.1.3 Product Life-Cycle Management
    • 6.1.4 Transportation & Logistics Management
    • 6.1.5 Sales and Operations Planning
    • 6.1.6 Other Solutions (Procurement and Sourcing, Product Master Data Management, and Order Management)
  • 6.2 By Deployment Type
    • 6.2.1 Hybrid Cloud
    • 6.2.2 Public Cloud
    • 6.2.3 Private Cloud
  • 6.3 By Organization Size
    • 6.3.1 Large Enterprises
    • 6.3.2 Small and Medium Enterprises
  • 6.4 By End-user Industries
    • 6.4.1 Retail
    • 6.4.2 Food & Beverage
    • 6.4.3 Manufacturing
    • 6.4.4 Automotive
    • 6.4.5 Oil & Gas
    • 6.4.6 Healthcare
    • 6.4.7 Other End-user Industries
  • 6.5 By Geography
    • 6.5.1 North America
    • 6.5.2 Europe
    • 6.5.3 Asia-Pacific
    • 6.5.4 Latin America
    • 6.5.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles*
    • 7.1.1 SAP SE
    • 7.1.2 Oracle Corporation
    • 7.1.3 Infor Inc
    • 7.1.4 Descartes Systems Group Inc
    • 7.1.5 IBM Corporation
    • 7.1.6 JDA Software Group Inc
    • 7.1.7 Manhattan Associates Inc
    • 7.1.8 Logility Inc.
    • 7.1.9 Kinaxis Inc
    • 7.1.10 HighJump Software Inc
    • 7.1.11 CloudLogix Inc.
    • 7.1.12 TECSYS, Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS​​

9 MARKET OUTLOOK