市場調査レポート
商品コード
1138637

音響車両警報システム市場- 成長、動向、予測(2022年-2027年)

Acoustic Vehicle Alerting System Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 80 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.49円
音響車両警報システム市場- 成長、動向、予測(2022年-2027年)
出版日: 2022年10月13日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 80 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

音響車両警報システム市場は、2021年に4億1782万米ドルと評価され、2027年には8億7450万米ドルに成長し、予測期間中に収益面で13.1%のCAGRで推移すると予測されています。

COVID-19が市場に与えた影響は、市場の他のほぼすべての産業に影響を及ぼしたため、必然的なものでした。しかし、電気自動車は、マイルドハイブリッド電気自動車の普及率が前年比で急上昇していること、電気自動車政策が好意的であること、世界各地で政府の取り組みが改善されていることから、大幅な成長を遂げています。また、他の分野と比較して、電気自動車の需要はCOVID-19の大流行による影響が少なかっています。

中期的に見るとE-モビリティは様々な理由から、いくつかの国で関心を呼んでいます。交通渋滞と公害は同義語であり、そのため各国は電気自動車の使用を含む環境に優しい持続可能な政策を実施するよう促されています。

いくつかの国では、政府が電気自動車の音響車両警告システムを義務付けており、これは順番に市場の大きな成長を示す可能性があります。例えば、2022年にインド政府は、歩行者に警告するために20Kmphの速度で走行する車両に音響警告システムを義務付けました。電気自動車は内燃機関を動力源とする自動車に比べて騒音が小さく、交通渋滞中の歩行者にとってリスクとなる可能性があります。これらを克服するために、電気自動車用の車両警告システムの需要が高まっており、市場の大きな成長を示すことができます。

安全性の観点から音響車両警報システムの導入を求める政府の規制は、市場の需要を促進しています。例えば、2021年7月1日までにEUで販売またはEUに輸入されるすべての新車は、そのタイプに関係なく、AVASを装備しなければならないとしています。米国では、2020年9月より、すべてのハイブリッド車および電気自動車の生産において、音響車両警報システムの搭載を義務付けています。

主な市場動向

ハイブリッド電気自動車が市場の成長を支配している

推進力に基づくと、2021年にはハイブリッド電気自動車が収益面で大きな市場シェアを占めており、予測期間中も成長が予測されます。電気モビリティは世界中で急速に成長しており、そのため、貨物輸送会社も既存の車両を電気推進ベースの車両に変えています。このような電気自動車の需要の増加は、世界中で音響車両警報システムの需要を増加させると思われます。

燃費の良い電気自動車(EV)、自動運転車、車車間通信技術に対する消費者の嗜好の高まりは、予測期間中の市場成長を後押しすると予想されます。堅牢なインフラのレイアウトと製造能力を持つ主要な自動車メーカーは、歴史的に電気自動車への移行を敷設してきたため、予測期間中にハイブリッド車やバッテリー電気自動車の成長の強い可能性を可能にします。例えば、次のようなものです。

  • 2020年7月、Hellaはハイブリッド車とバッテリー電気自動車向けの音響車両警告システム(AVAS)を開発しました。このシステムは、内燃機関の音を発生させ、それによって歩行者に警告を発します。

インド政府は、国際条約に基づく排出量削減と急速な都市化に伴うe-モビリティの発展のため、インドにおける電気自動車の製造と普及を促進する複数の取り組みを行っています。国家電動モビリティ計画(NEMMP)とインドにおけるハイブリッド車と電気自動車の迅速な導入と製造(FAME IとII)は、電動モビリティに対する最初の関心と露出を生み出すのに役立っています。例えば、FAMEの第2段階で、政府は2022年までに14億米ドルの支出を発表しました。

政府の厳しい排ガス規制と最近の原油価格の上昇は、ハイブリッド電気自動車の普及を促進させると思われます。南アジアやアフリカを含む多くの地域の消費者は、インフラや車の航続距離に関心があり、純粋な電気自動車への移行をまだ躊躇していますが、このギャップは来年、ハイブリッド電気自動車によって埋められると思われます。

アジア太平洋地域が最大の市場になると予想される

音響車両警報システム市場において、アジア太平洋地域が最大の市場になると予想されます。この地域の電気自動車の高い適応率が需要を牽引しています。同地域の人口規模や所得水準の向上により、自動車に対する高い需要があります。

自動車の性能向上、経済性の強化、より良い運転体験に対する消費者の需要の高まりにより、電気自動車産業には多大な変化と発展がもたらされました。自動車会社やサプライヤーが、自動車の性能向上などのために研究開発活動に多額の投資を行っていることが、アジア太平洋地域の電気自動車販売の成長を加速させる主な要因となっています。

中国全土における電気自動車の販売台数の増加は、市場の大きな成長を示すことになると思われます。2025年までに、中国は電気自動車市場の50%に貢献すると予想されます。中国全土に電気自動車メーカーが存在することが、市場を押し上げると予想されます。中国に続き、インドも販売と生産の面で電気自動車市場を独占しています。複数の自動車メーカーが電気自動車を製造するためにインドに投資しています。例えば、以下の通りです。

  • 2022年8月、インド最大の自動車メーカーであるマルチ・スズキは、2025年末までに最新の電気自動車1号機を間もなく導入することを明らかにしました。また、親会社のスズキ株式会社は、グジャラート州に10,400ルピーを投資し、電気自動車を生産する工場を建設することを検討しています。同社は、国内でEVを製造するだけでなく、現在複数のOEMが他国から輸入しているリチウムイオン電池の生産も開始すると話しました。
  • 2022年8月、トヨタ自動車はカルナタカ州のBidai施設でのハイブリッド車製造のために3,600ルピーを投資することを発表しました。さらに、この投資計画は、州政府がハイブリッド車の生産開始を許可した後に発表されました。

このような自動車メーカーと政府による強力な取り組みと発展を考慮すると、この地域は予測期間中に力強い成長率を示すと予想されます。

競合情勢

車両用音響警告システム市場は非常に断片化されており、いくつかのプレイヤーが市場シェアのごく一部を占めています。音響車両警報システム市場における著名な企業には、Hella Gmbh &Co.KGaA、Harman、Brigade Electronics、Continental AG、Mercedes-Benz Group AG、その他です。これらのプレイヤーは、車両警告システムの研究開発に多額の投資を行っています。例えば、以下のようなものです。

  • 2021年11月、Volta TrucksはVodafone Automotiveを選択し、音響車両警告システム(AVAS)とアラームシステムを提供しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターズファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース市場規模:100万米ドル)

  • 車種別
    • 乗用車
    • 二輪車
    • 商用車
  • 推進力
    • バッテリー電気自動車
    • プラグインハイブリッド車
    • ハイブリッド車
  • 販売チャネル
    • OEM
    • アフターマーケット
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域
      • 中東とアフリカ
      • 南米

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Hella Gmbh & Co. KGaA
    • Soundracer AB
    • Harman International Industries, Inc.
    • Brigade Electronics Group Plc
    • Mercedes-Benz Group AG
    • Kendrion NV
    • Kufatec GmbH & Co. Kg
    • Texas Instruments
    • Continental Engineering Services GmbH
    • Honda Motor Company

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 70416

The Acoustic Vehicle Alerting System Market was valued at USD 417.82 Million in 2021 and is projected to grow to USD 874.50 Million by 2027, registering a CAGR of 13.1% in terms of revenue during the forecast period.

The impact of COVID-19 on the market was inevitable as it affected almost every other industry in the market. However, the electric vehicle is witnessing substantial growth owing to the swiftly escalating year-on-year adoption rate of mild-hybrid electric vehicles, favored electric vehicle policies, and improved government initiatives across the globe. In addition, compared to other segments, electric vehicle demand was less affected during the Covid-19 pandemic.

Over the medium term. E-mobility has sparked interest in several countries for a variety of reasons. Traffic congestion and pollution have become synonymous which has prompted countries to implement green and sustainable policies, including the usage of electric vehicles.

In Several countries, the government has mandated the acoustic vehicle alerting system in the electric vehicle which in turn is likely to witness major growth in the market. For instance, In 2022, The government of India mandated a sound alert system in vehicles traveling at a speed of 20 Kmph to warn pedestrians. Electric vehicles produce less noise compared to cars powered by combustion engines which can be a risk to pedestrians in traffic. To overcome these, demand for vehicle alert systems for electric vehicles is rising which in turn is likely to witness major growth for the market.

The government regulations for the implementation of acoustic vehicle alerting system for safety concerns is propelling demand in the market. For instance, as laid out in*EU Regulation by 1 July 2021 all new vehicles sold in or imported to the EU, regardless of their type, must be equipped with an AVAS. The United States has mandated the acoustic vehicle alert system in all hybrid and electric vehicle production with effect from September 2020.

Key Market Trends

Hybrid Electric Vehicle is dominating the market growth

Based on the propulsion, Hybrid electric vehicles hold a significant market share in terms of revenue in 2021 and are projected to grow during the forecast period. Electric mobility is swiftly growing around the world, owing to which goods transportation companies are also converting their existing fleet into electric propulsion-based vehicles. Such an increase in demand for electric vehicles is likely to increase the demand for acoustic vehicle alert systems across the globe.

The growing consumer preference for fuel-efficient electric vehicles (EVs), self-driving cars, and vehicle-to-vehicle communication technology are expected to boost market growth over the forecast period. Key automakers with robust infrastructure layouts and manufacturing capabilities have laid electric vehicle transition historically, thus enabling the strong potential for growth of hybrid and battery electric vehicles during the forecast period. For instance,

  • In July 2020, Hella developed an Acoustic Vehicle Alerting System (AVAS) for hybrid and battery electric vehicles. The system produces the sound of an internal combustion engine, thereby alerting pedestrian.

The government of India has undertaken multiple initiatives to promote the manufacturing and adoption of electric vehicles in India to reduce emissions pertaining to international conventions and develop e-mobility in the wake of rapid urbanization. The National Electric Mobility Mission Plan (NEMMP) and Faster Adoption and Manufacturing of Hybrid & Electric Vehicles in India (FAME I and II) helped create the initial interest and exposure for electric mobility. For instance, in phase two of FAME, the government announced an outlay of USD 1.4 billion through 2022.

Stringent government emission norms and the recent rise in crude oil prices will compel to increase the penetration of the hybrid electric vehicle. Consumers of many regions including South Asia and Africa are more concerned about the infrastructure and vehicle range and still hesitate the transition over the pure electric vehicle, this gap is likely to bridge by the hybrid electric vehicle in the coming year.

Asia-Pacific is Expected to be the Largest Market

The Asia-Pacific region is expected to be the largest market for acoustic vehicle alerting system market. The demand is driven by the high adaption rate of electric vehicles in the region. There is a high demand for vehicles in the region because of the population size of the region and their growing income levels.

The growing consumer demand for improved vehicle performance, enhanced economy, and better driving experience have led to tremendous changes and developments in the electric vehicle industry. Heavy investments in R&D activities from automotive companies and suppliers to improve vehicle performance, etc., are the major factors accelerating the growth of electric vehicle sales across the Asia-Pacific.

The rise in the sale of electric vehicles across China is likely to witness major growth in the market. By 2025, China would contribute 50% of the electric vehicle market. The major presence of electric vehicle manufacturers across the country is anticipated to boost the market. Followed to China, India also dominates the electric vehicle market in terms of sales and production. Several vehicle manufacturers are investing in India to build electric vehicle. For instance,

  • In August 2022, India's largest automaker Maruti Suzuki confirmed that it shall soon introduce the first electric vehicle latest by 2025 end. In addition, Its parent firm, Suzuki Motor Corporation, is looking forward to investing Rs 10,400 crore in Gujarat to build a manufacturing plant to produce electric vehicles. The company told that it will not only manufacture EVs in the country but also start production of lithium-ion batteries, which are currently imported from other countries by several OEMs.
  • In August 2022, Toyota motors announced that it is going to invest Rs. 3,600 crores for manufacturing a hybrid vehicle facility in Karnataka at Bidai facility. Moreover, the investment plan came out after the State government provided a green signal to start production of hybrid vehicles.

Considering these strong developments and ongoing initiatives by automakers and the government, across the region is expected to portray a strong growth rate during the forecast period.

Competitive Landscape

The Acoustic Vehicle Alerting System Market is highly fragmented, with several players accounting for a smaller portion of the market share. Some of the prominent companies in the Acoustic Vehicle Alerting System Market are Hella Gmbh & Co. KGaA, Harman, Brigade Electronics, Continental AG, Mercedes-Benz Group AG, and others. These players are investing heavily in research and development of vehicle alerting systems. For instance,

  • In November 2021, Volta Trucks selected Vodafone Automotive to provide Acoustic Vehicle Alerting systems (AVAS) and alarm systems.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Porters Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD Million)

  • 5.1 Vehicle Type
    • 5.1.1 Passenger Cars
    • 5.1.2 Two-Wheelers
    • 5.1.3 Commercial Vehicles
  • 5.2 Propulsion
    • 5.2.1 Battery Electric Vehicles
    • 5.2.2 Plug-in Hybrid Electric Vehicles
    • 5.2.3 Hybrid Electric Vehicles
  • 5.3 Sales Channel
    • 5.3.1 OEM
    • 5.3.2 Aftermarket
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Rest of North America
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 India
      • 5.4.3.2 China
      • 5.4.3.3 Japan
      • 5.4.3.4 South Korea
      • 5.4.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Rest of the World
      • 5.4.4.1 Middle-East and Africa
      • 5.4.4.2 South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles*
    • 6.2.1 Hella Gmbh & Co. KGaA
    • 6.2.2 Soundracer AB
    • 6.2.3 Harman International Industries, Inc.
    • 6.2.4 Brigade Electronics Group Plc
    • 6.2.5 Mercedes-Benz Group AG
    • 6.2.6 Kendrion NV
    • 6.2.7 Kufatec GmbH & Co. Kg
    • 6.2.8 Texas Instruments
    • 6.2.9 Continental Engineering Services GmbH
    • 6.2.10 Honda Motor Company

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS