デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1138620

スマートガバメント市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)

Smart Government Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 116 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.36円
スマートガバメント市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年10月13日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 116 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

スマートガバメント市場は、予測期間中に18.23%のCAGRで推移すると予想されています。

市場を牽引する主な要因は、スマートテクノロジーの台頭と各国の政府によるスマートテクノロジーの採用により、市民が新しい方法で行政サービスとやり取りできるようになったことです。

主なハイライト

  • 政府データの生成は、国勢調査データの増加(増え続ける人口)、新しい政策やイニシアティブの導入、他の地域とのパートナーシップ、新規ビジネスの急増によるGDPの増加など、さまざまな要因によって拡大しています。物理的なハードウェアベースのレガシーシステムは非効率的であり、余裕がなくなる可能性があります。そのため、スマートガバナンスの必要性が高まっています。
  • 例えば、米国ルイビル市では、衛生管理サービスを向上させるため、GovDeliveryを利用して住民にゴミの回収を促すリマインダーを地域別に配信しています。12,000以上の世帯が登録し、ゴミの回収予定日の1週間前と前日にテキストメッセージによる警告を受け取っています。
  • ベンダーは、政府データの管理、セキュリティ、バックアップ、コンプライアンスに関連するパブリック、プライベート、またはハイブリッドクラウドソリューションを提供しており、政府向けクラウドは最新の大きな話題となっています。
  • 政府データの体系的なオープン性は、世界規模で急速に高まっています。政府データの透明性はクラウドによるもので、政府の説明責任を促し、汚職を減少させる。さらに、より幅広いスキルと情報を活用することで、市民のエンパワーメントや複雑な社会問題の解決に役立ちます。
  • スマートガバナンスには多くの利点がありますが、政府は多くの困難に直面しています。例えば、デジタルインフラを構築し、すべてをオンラインで接続するためには、政府は多大なリソースとコミットメントを必要とします。発展途上国は、さまざまな開発構想、徴税の不備、多額の対外債務、貿易赤字、その他の社会問題などにより、財政難に陥っています。
  • 供給面では、COVID-19の流行により、全世界のサービス展開に必要なハードウェアツールを生産する中小・大企業の経済が大打撃を受けています。また、ウイルスの感染拡大を防ぐために各国政府が実施したロックダウンは、世界のサプライチェーンにダメージを与え、生産活動に支障をきたすなど、事態を悪化させました。

主な市場動向

電子統治サービスが市場成長を牽引

  • スマートガバナンスは、主に電子政府および意思決定プロセスへの市民参加によって促進されます。例えば、情報通信技術の利用とは、コンピューター、インターネット、通信、デジタル機器などを使ってデータを収集、処理、共有、検索することを指します。ケーブル、ラジオ、電話、衛星システムなどの通信チャネルを利用したより良い情報伝達。
  • 多くの利点があるため、電子政府は必要条件というだけでなく、すべての国にとって不可欠な要素となっています。世界中の政府は、テクノロジーと情報を業務に統合するために多くの努力を払っています。
  • 電子相談。スマート・ガバナンスの重要な要素は、市民の参加です。政府と市民は効果的にコミュニケーションをとることができなければなりません。政策、計画、その他の政府の取り組みに対して、自由に意見を述べることができなければなりません。リーダー、カウンセラー、シティマネージャー、あるいは地元の首長と直接コミュニケーションをとり、意見を述べることが必要です。
  • 民主的プロセスへの市民の参加の必要性は日々高まっているため、電子政府では、民主的プロセスへの市民の参加を見直すと同時に、政府の運営方法を変えることを目指しています。政府から市民へ(G2C)、政府から企業へ(G2B)、政府から政府へ(G2G)のソリューションやサービスは、電子政府の利用により統合され、市民と政府にかつてないほどの権限を与えています。
  • COVID-19の大流行により、公共部門のデジタル化の重要性はさらに高まっています。信頼できる情報への迅速なアクセスや、個人と政府機関の間の効率的なコミュニケーションの必要性が高まったため、ほとんどの国が公共インターネットサービスを拡大し、デジタル戦略を採用しています。例えば、韓国はICT分野が高度に発達しており、過去数年間で政府サービスのデジタル化に成功しました。
  • さらに、eHealthの旗印のもと、世界中の何百万人もの人々を救い、ケアを提供するために技術を利用することができます。eガバナンスの必要性を示す最も優れた例は、エジプト政府のeヘルス・アプリケーションで、45歳以上のエジプト人女性に乳がん検査を無料で提供しています。このシステムは、衛星接続に依存しているため、遠く離れたユニットからの検査送信が可能です。このオンラインプログラムは、乳がんの早期治療を無差別にサポートするものです。
  • また、インドの電子行政は、行政の自動化と一般市民がアクセスできるオンラインサービスの実現という2つの課題を常に抱えています。新生インドでは、選挙や国勢調査から、すべての政府施設のコンピュータ化、電子交通、電子医療、電子教育、電子納税のためのデジタルロッカーまで、ICTを駆使して電子政府を大きく前進させました。

北米が重要な市場シェアを占める

  • 北米では、スマートインフラやスマートシティの導入が進んでいることから、スマートガバメントの市場が拡大しています。グリッドオートメーションモニタリングなどの産業が需要を牽引しています。
  • この地域の市場成長を加速させたモノのインターネット(IoT)とクラウドコンピューティングの採用拡大により、この地域はスマート政府産業で大きな牽引力を獲得しています。さらに、スマートガバメント向けのサービスやソリューションを提供する必要不可欠な事業者の出現が、この地域の市場拡大を促進しています。
  • また、米国では、2045年までにすべての電力をゼロエミッション源から供給することを義務付けたカリフォルニア州で、マイクログリッド運動への大規模な投資が継続的に行われています。また、米国では、スマートモビリティの導入も進んでいます。例えば、フロリダ州上院は最近、Uber、Lyft、General Motorsなどの企業が自律走行車の配備を開始することを認める法案を全会一致で可決しました。
  • さらに、ニューヨーク州では、スーパーストーム・サンディの被害を受けた後、再生可能なマイクログリッド開発を推進するため、1100万米ドルの賞金基金が立ち上げられました。このような取り組みが、スマートガバメントの市場を後押ししています。
  • 北米のデジタル政府エコシステムは、新しい技術が利用可能になり、政府サービスに対する国民の期待が変化するにつれて、発展・成熟しています。米国とカナダでは、連邦政府全体をデジタル化するための取り組みを方向付ける強力な政策がさまざまなレベルで実施されています。カナダは2021年に初のデジタル政府戦略を発表し、デジタル業務の合理化、ITインフラの近代化、技術導入の加速、サービス提供の強化に取り組んでいます。
  • カナダデジタルサービスの支援人間中心のサービス設計、反復開発、カナダ統計局に関する政府全体の能力を高めることにより、国民が政府のデータ、統計、カナダの経済、社会、環境に関する情報にアクセスできるようにするとともに、政府の透明性と信頼を強化することにより、公共サービスを向上させる。

競合情勢

スマートガバメント市場は断片的な市場です。市場で活動する企業は、市場シェアを獲得するためにM&A、戦略的パートナーシップ、製品開発を実施しています。主なプレイヤーとしては、ABB Ltd.、Amazon Web Services Inc.、Cisco Systems Inc.などが挙げられます。最近の動きをいくつか紹介します。

  • 2021年3月:-IT企業のAmazon Web ServicesとNiti Aayogは、Atal Tinkering Labsを通じて学生にクラウドコンピューティングの基礎を教育する提携を発表しました。Niti AayogとAmazon Internet Services Private Limited(APL)の間で、インドにおけるAWSクラウドサービスの再販とマーケティングを請け負い、プロジェクトを展開するための趣意書(SoI)が締結されました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • 産業バリューチェーン分析
  • 産業の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
    • 代替品の脅威
  • COVID-19が市場に与える影響

第5章 市場の力学

  • 市場促進要因
    • デジタルトランスフォーメーションに向けた政府の取り組み
    • SMAC(ソーシャル、モバイル、アナリティクス、クラウド)の採用
  • 市場の課題
    • データ共有に関する統一された法律や規制の欠如
    • データプライバシーとデータ盗難関連の問題

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • ソリューション
      • 政府リソースプランニングシステム
      • 遠隔監視
      • セキュリティ
      • その他のソリューション(オープンデータプラットフォーム、ネットワーク管理)
    • サービス
      • 金融
      • ヘルスケア
      • 電力・ユーティリティ
      • 通信
      • 石油・ガス
      • その他サービス(教育・交通)
  • 導入形態別
    • オンプレミス
    • クラウド
  • 地域別内訳
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 世界のその他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • ABB Ltd
    • Amazon Web Services Inc.
    • Avaya Inc.
    • Capgemini SA
    • Cisco Systems Inc.
    • Entrust Datacard Corporation
    • Huawei Technologies Co. Ltd
    • Hughes Identification Devices(HID)Global Corporation
    • International Business Machines(IBM)Corporation
    • Imex Systems Inc.
    • Nokia Corporation
    • OpenGov
    • Oracle Corporation
    • UTI Group

第8章 投資分析

第9章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 70298

The smart government market is expected to register a CAGR of 18.23% during the forecast period. The main factor driving the market is the ability of the citizen to interact with the government service in a new way, thanks to the rising smart technologies and the adoption of smart technologies by governments across various countries.

Key Highlights

  • The generation of government data is expanding due to a number of factors, including the growing census data (ever-increasing population), the introduction of new policies and initiatives, partnerships with other regions, and an increase in GDP as a result of the mushrooming of new businesses. Physical hardware-based legacy systems are inefficient and may run out of room. Consequently, there is a growing need for smart governance.
  • For instance, to better coordinate sanitation services, the city of Louisville, in the United States, offers junk pickup reminders to residents through GovDelivery, segmented by location. More than 12,000 households signed up to receive text message alerts one week before and one day before the junk is scheduled for curbside pickup.
  • Vendors are offering public, private, or hybrid cloud solutions for government data related to its administration, security, backup, or compliance, making cloud for government the newest big thing.
  • The systematic openness of government data increased quickly on a global scale. Government data transparency is due to the cloud, which encourages government accountability and lowers corruption. Additionally, it aids in empowering citizens and resolving complex societal issues by utilizing a more extensive range of skills and information.
  • Even though smart governance has many benefits, the government faces numerous difficulties. For instance, the government needs significant resources and commitment to build digital infrastructure and connect everything online. Developing nations experience financial hardship due to various development initiatives, poor tax collection, substantial foreign debt, trade deficits, and other social issues.
  • In terms of supply, the COVID-19 epidemic has wreaked havoc on the economies of the small, medium, and large-scale enterprises that produce the hardware tools necessary for service deployment worldwide. Lockdowns imposed on individual nations by governments worldwide (to stop the virus from spreading) have made matters worse by damaging global supply chains and disrupting manufacturing activities. ​

Key Market Trends

E-governance Services to Drive Market Growth

  • Smart governance is primarily fueled by e-government and public participation in the decision-making process. For instance, the Use of Information and Communication Technology refers to collecting, processing, sharing, and retrieving data using computers, the internet, telecommunications, and digital equipment. Better information transmission over telecommunications channels like cable, radio, telephones, and satellite systems.
  • With so many benefits, e-Government has become not only a requirement but also an essential component of every country. Governments all around the country are making a lot of effort to integrate technology and information into their operations.
  • E-consultation: The key component of smart governance is citizen participation. Government and citizens must be able to communicate effectively. They must be free to express their views on policies, plans, and other government initiatives. Direct communication with leaders, counselors, city managers, or the local head is required for their comments.
  • Because the necessity for citizen participation in the democratic process is growing daily, E-governance aims to rethink citizen participation in the democratic process while also changing how governments operate. Government to citizen (G2C), government to business (G2B), and government to government (G2G) solutions and services are integrated through the use of e-government, giving citizens and the government unprecedented authority.
  • The COVID-19 pandemic has made it even more important for the public sector to go digital. Most nations have expanded their public internet services and adopted digital strategies as the need for quick access to credible information and efficient communication between individuals, and government agencies have increased. For instance, South Korea has a highly developed ICT sector and has successfully digitalized its government services during the past few years.
  • Additionally, technology can be used to save and provide care for millions of people worldwide under the banner of eHealth. The finest example of the need for e-governance is the Egyptian government's e-health application, which provides free breast cancer tests to Egyptian women over 45. The system's reliance on satellite connectivity enables transmission of the tests from far-off units. This online program offers non-discriminatory support for breast cancer treatment in its early stages.
  • Moreover, In India, e-Governance programs have always had to deal with the combined issues of automating government offices and making online services accessible to the general public. The new India has made significant strides in e-Governance, using ICT for everything from elections and censuses to computerizing all government facilities and digital lockers for e-Transportation, e-Health, e-Education, and e-Taxation.

North America to Hold a Significant Market Share

  • The growing adoption of smart infrastructure, followed by smart city initiatives across the region, has boosted the market for smart government in North America. Industries such as grid automation monitoring have driven the demand.​
  • Due to the growing adoption of the Internet of Things (IoT) and cloud computing, which have accelerated this region's market growth, the area is gaining substantial traction in the smart government industry. Additionally, the emergence of essential businesses that provide services and solutions for smart government is fostering market expansion in this area.
  • Also, the United States has massive ongoing investments in the microgrid movement in California, which has mandated that all its electricity is from zero-emission sources by 2045. ​​ Smart Mobility deployments are also on the rise in the United States. For example, Florida Senate recently passed a unanimous bill that would allow companies like Uber, Lyft, and General Motors to start deploying autonomous vehicles. ​​
  • Furthermore, the New York state saw the launch of a USD 11 million prize fund to drive renewable microgrid development after being battered by Superstorm Sandy. Such initiatives are aiding the market for smart government.​
  • The digital-government ecosystem in North America is developing and maturing as new technologies become available and public expectations of government services changes. Strong policies are in place at various levels in both the US and Canada to direct efforts to digitize the whole federal government. Canada published its first digital-government strategy in 2021 to streamline digital operations, modernize IT infrastructure, accelerate technology adoption, and enhance service provision.
  • The assistance of Canadian Digital Service Enhances public services by increasing government-wide capability for human-centered service design, iterative development, and Statistics Canada by giving the public access to government data, statistics, and information on Canada's economy, society, and environment, as well as by strengthening government transparency and trust.

Competitive Landscape

The smart government market is fragmented in nature. The companies operating in the market are executing mergers and acquisitions, strategic partnerships, and product development to gain market share. The major players include ABB Ltd, Amazon Web Services Inc., and Cisco Systems Inc. A few recent developments are:

  • March 2021:- IT company Amazon Web Services and Niti Aayog announced a tie-up to train students on the fundamentals of cloud computing through Atal Tinkering Labs. A statement of intent (SoI) was signed between Niti Aayog and Amazon Internet Services Private Limited (APL) to roll out the project, undertaking the resale and marketing of AWS Cloud services in India.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.3.5 Threat of Substitute Products
  • 4.4 Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Government Initiatives for Digital Transformation
    • 5.1.2 Adoption of SMAC (Social, Mobile, Analytics, and Cloud)
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Lack of Uniform Laws and Regulations on Data Sharing
    • 5.2.2 Data Privacy and Data Theft-related Issues

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Solution
      • 6.1.1.1 Government Resource Planning System
      • 6.1.1.2 Remote Monitoring
      • 6.1.1.3 Security
      • 6.1.1.4 Other Solutions (Open Data Platform and Network Management)
    • 6.1.2 Service
      • 6.1.2.1 Financial
      • 6.1.2.2 Healthcare
      • 6.1.2.3 Power and Utilities
      • 6.1.2.4 Telecom
      • 6.1.2.5 Oil and Gas
      • 6.1.2.6 Other Services (Education and Transportation)
  • 6.2 By Deployment
    • 6.2.1 On Premise
    • 6.2.2 Cloud
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Rest of World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 ABB Ltd
    • 7.1.2 Amazon Web Services Inc.
    • 7.1.3 Avaya Inc.
    • 7.1.4 Capgemini SA
    • 7.1.5 Cisco Systems Inc.
    • 7.1.6 Entrust Datacard Corporation
    • 7.1.7 Huawei Technologies Co. Ltd
    • 7.1.8 Hughes Identification Devices (HID) Global Corporation
    • 7.1.9 International Business Machines (IBM) Corporation
    • 7.1.10 Imex Systems Inc.
    • 7.1.11 Nokia Corporation
    • 7.1.12 OpenGov
    • 7.1.13 Oracle Corporation
    • 7.1.14 UTI Group

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS