デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1138548

パーソナルロボット市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)

Personal Robots Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
パーソナルロボット市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年10月13日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

パーソナルロボット市場は、予測期間中にCAGR18.6%を記録すると予想されています。

障害者や高齢者のための支援ロボットに対する需要の高まりや、パーソナルロボットの継続的な価格低下により、新興国での需要が生まれるため、市場の成長が見込まれます。

主なハイライト

  • 日本や中国などアジア太平洋地域の高齢化社会は、医療技術分野の成長を牽引しており、個人用支援ロボットの巨大市場を形成しています。日本の統計局によると、日本の65歳以上の人口は2021年の3,639万人から2040年には3,921万人に増加すると予測されています。このことは、企業がこの地域の高齢者向け製品に投資することを促しています。すでに展開されているそのようなロボットの一つが、アルツハイマー病などの病気の患者を支援するために設計されたParo(赤ちゃんアザラシ)です。
  • 認知、インタラクション、操作など様々な分野での技術革新により、パーソナルロボットの魅力は格段に増しています。技術やその他の部品プロバイダーは、ロボティクスのエコシステムを前進させるのに役立っています。
  • 機械学習、コンピュータビジョン、自然言語処理、ジェスチャーコントロールなどの人工知能(AI)技術は、家庭や病院でのパーソナルロボットの導入方法を大きく変えつつあります。パーソナルロボットがよりインテリジェントになれば、周囲の環境を理解し、静的・動的な物体を避け、感情を理解し、コミュニケーションをとることができるようになり、家庭のように混雑した密集した空間でも動き回れるようになるでしょう。
  • さらに、マシンビジョンカメラの開発が進む中、企業はAI技術を搭載したこれらの2Dおよび3Dマシンビジョンカメラを使用して、階段などの床の端を効果的にマッピングし、ごみ箱やケーブル、戸袋、ラグなどの障害物を認識し、次世代ロボットへの道を開くと予想されます。
  • しかし、パーソナルロボット技術の標準化が進んでいないこと、これらのロボットの操作に伴う技術的な複雑さ、さまざまな使用事例におけるこれらのシステムの統合の複雑さなどが、パーソナルロボット市場の成長を阻む主な要因の一つとなっています。
  • コロナウイルスの大流行は、製造業や技術産業に大混乱を引き起こしました。ロボット産業におけるいくつかの世界企業や地域企業は、深刻な部品や原材料の不足を目の当たりにし、それが彼らの製品に直接的な影響を及ぼしました。多くの国で全国的な封鎖が行われたため、世界のサプライチェーンネットワークが混乱し、製品の売り上げが減少しました。
  • さらに、ロボット技術への関心の高まりから、ABBやRockwell Automationなどの企業は、COVID-19の大流行時に株価が上昇しました。2020年には、ForwardXRoboticsが最近、北米市場への進出のために1500万米ドルの資金調達を発表し、Brain Corpは、特にここ数週間の閉鎖命令中の企業の間で床掃除ロボットに対する需要が増加しています。
  • このような動向は、調査対象市場の成長にマイナスの影響を与えていますが、特にパンデミックの発生以来、先進技術に関する意識がより多くの人々の間で高まっており、調査対象市場の成長に対する長期的な影響はプラスになると予想されます。

主な市場動向

家事用パーソナルロボットが市場の大半を占める見込み

  • ロボットコンパニオン/アシスタント/ヒューマノイド、掃除機、床掃除、芝刈り、プール掃除、窓拭きなど、パーソナルロボットの家庭用セグメントにおいて、ますます人気を集めている主要な種類のロボットがあります。国際ロボット連盟(IFR)とLoup Venturesが提供するデータによると、2025年までに約2210万台のロボット掃除機が出荷され、約49億8000万米ドルの収益が見込まれます。
  • 家庭用ロボットの中でも、自動掃除機とモッパーは、各社が最も商品化し、開発している製品です。各社は、家庭内の小さな場所にも届くように、よりコンパクトで一体化した掃除機やモップロボットの開発に継続的に投資しています。また、音声認識やレーザーによる床面のマッピングなど、先進的な技術も取り入れています。例えば、世界有数のハイテク企業であるミデアグループは2022年2月、子会社のミデア・ロボゾンテクノロジーが製造する次世代ロボット掃除機「S8+自動集塵ロボット」の詳細を発表しています。
  • iRobot、Robomow、Mayfield Roboticsなどの企業が、家庭空間向けのロボットを革新しています。人間の行動検知や音声認識などの技術革新は、顧客の信頼を高め、掃除や洗濯、その他の音声対応IoT活動など、家庭用の自動配備を促進しています。
  • さらに、マシンビジョンカメラの開発が進む中、企業はAI技術を搭載したこれらの2Dおよび3Dマシンビジョンカメラを使用して、階段などの床の縁を効率的にマッピングし、ケーブル、ごみ箱、戸袋、敷物などの障害物を認識しています。機械学習やAI、顔認識などの技術を取り入れることで、家庭用ロボットにもイノベーションが起こりつつあります。例えば、クラウドAIとロボットソリューションの開発・運営を行うCloudMinds Technologyは、2019年2月、クラウドAIを搭載した高コンプライアンスのサービスロボット「XR-1」を発売しました。

アジア太平洋地域が大きな市場シェアを占める

  • 同地域において、国内のヘルスケアやアシスタンス用途へのロボット導入が大きく伸びているのは、高齢化が主な要因となっています。日本政府は、2025年までに推定38万人の熟練労働者のギャップを埋めるために、高齢者介護ロボット開発のための資金提供を発表しています。このため、最近では高齢者介護ロボットが自宅にも導入されるようになると予想されます。
  • ロボット車いすも、この地域で注目を集めています。パナソニックなどの企業は、さまざまな使用事例を満たすことができる革新的な車椅子の開発にますます力を注いでいます。例えば、2021年2月、全日本空輸(ANA)ジャパンとパナソニック株式会社は、自動運転電動車椅子のテストに向けたパートナーシップを締結しました。この提携は、東京成田国際空港のモビリティとアクセシビリティの選択肢を増やすための遠大な計画の一部です。
  • 中国は、ロボット工学の分野で世界のリーダーになるために最近重要な努力を行っているため、個人用ロボット導入の面で主要国になることが期待されています。例えば、2021年12月、中国の工業情報化省は、他の14の政府部門と共同で、第14次5カ年計画において、同国のロボット産業を成長させる計画を発表しています。
  • また、インドのような国では5Gの普及が進んでおり、住民が外出先からデータにアクセスできるため、警備・監視ロボットの配備を後押しすることが期待されます。インドなどの国は今後数年で5Gの配備を加速させる見込みで、個人向けロボット市場にとって有利な市場シナリオが生まれると予想されます。
  • さらに、APACでは、ほぼすべての主要な用途にヒューマノイドが採用されると思われます。ヒューマノイドは、中国や日本などのAPAC諸国において、高齢者人口の増加に伴い、パーソナルサポートや介護の用途で使用されると予想されます。

競合情勢

パーソナルロボット市場の競合情勢は、依然として極めてダイナミックです。複数の新興企業が、様々な用途における新たな顧客ニーズを満たすために市場に参入しています。市場に参入している主な企業は、ソニー株式会社、本田技研工業株式会社、アイロボット株式会社、エコバックス・ロボティクス株式会社などです。市場の最近の開拓は、以下の通りです。

  • 2022年8月-Amazon.com Incは、ロボット掃除機メーカーのiRobot Corpを約17億米ドルで全額現金取引で買収すると発表しました。この買収により、同社はパーソナルロボットおよびスマートホームデバイス市場でのプレゼンスをさらに拡大することに注力します。
  • 2022年5月- 消費者向けロボットのリーダーであるiRobot Corp.は、同社のGenius Home Intelligenceプラットフォームを進化させたiRobot OSを発表しました。iRobot OSは、より健康で清潔、かつスマートな家庭を実現する新しい顧客体験を提供します。新しいiRobot OSは、ロボットがより賢くなることを可能にし、すべての顧客に利益をもたらす価値ある新機能を提供します。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • 産業バリューチェーン分析
  • 産業の魅力-ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • COVID-19の業界への影響評価

第5章 市場の力学

  • 市場促進要因
    • 障害者・高齢者向けアシストロボットの需要拡大
    • パーソナルロボットの価格低下
  • 市場抑制要因
    • ロボットの操作に伴う技術的な複雑さ

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • 家事
    • エンターテイメント
    • 高齢者・ハンディキャップ支援
    • ホームセキュリティ・監視
    • その他のタイプ
  • 地域別情報
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Sony Corporation
    • Honda Motor Company Ltd
    • Ecovacs Robotics Inc.
    • iRobot Corporation
    • Neato Robotics Inc.(Vorwerk Corporation)
    • Samsung Group
    • Gecko Systems International Corporation
    • Hanool-Robotics Corp.
    • Segway Inc.(Ninebot Company)
    • F&P Robotics AG

第8章 投資分析

第9章 市場の将来性

目次
Product Code: 69565

The personal robots market is expected to register a CAGR of 18.6% during the forecast period. The market growth would occur owing to the growing demand for assistive robots for disabled and older adults and the continually reducing price of personal robots, creating demand in developing countries.

Key Highlights

  • The aging societies of the Asia-Pacific, like Japan and China, are driving growth in the medical technology sector, thus, creating a massive market for personal assistive robots in the region. According to the Statistics Bureau of Japan, the country's population (65 and over) is forecasted to grow from 36.39 million in 2021 to 39.21 million in 2040. This encourages companies to invest in products for the elderly in the region. One such robot that is already deployed is Paro (baby seal), designed to help patients with diseases like Alzheimer's.
  • The technological innovations in various fields, such as cognition, interaction, and manipulation, make personal robots much more appealing. The technology and other component providers have been instrumental in driving the robotics ecosystem forward.
  • Artificial intelligence (AI) technologies, including machine learning, computer vision, natural language processing, and gesture controls, are transforming how personal robots are deployed in homes and hospitals. As personal robots become more intelligent, they will be capable of comprehending their surroundings, avoiding static and dynamic objects, comprehending emotions, and communicating, allowing them to move around in congested and congested spaces like homes.
  • Additionally, with the increasing developments in machine vision cameras, companies are using these 2D and 3D machine vision cameras with AI technologies to effectively map the edges of the floor, such as a staircase, and recognize obstacles, such as dustbins and cables, doorsills, and rugs which are expected to pave the way for next-generation robots.
  • However, the lack of personal robot technology standardization, technical complexity associated with operating these robots, along with complications in the integration of these systems across various use cases are some of the major factors challenging the growth of the personal robots market.
  • The coronavirus pandemic caused havoc in the manufacturing and technology industries. Several global and regional players in the robotics sector witnessed severe component and raw material shortages, which had a direct impact on their offerings. The worldwide supply chain network got disrupted by the nationwide lockdown in most nations, resulting in a drop in product sales.
  • Moreover, due to the growing interest in robotic technologies, companies like ABB and Rockwell Automation have seen their stock values rise during the COVID-19 pandemic. In 2020, ForwardXRobotics recently announced USD 15 million in funding to expand into the North American market, while Brain Corp has experienced increasing demand for its floor-cleaning robots, especially among enterprises under closure orders for the previous few weeks.
  • Such trends have had a negative impact on the growth of the studied market; however, with the awareness about advanced technologies growing within a larger section of the audience, especially since the outbreak of the pandemic, the long-term impact on the growth of the studied market is expected to be positive.

Key Market Trends

Personal Robots for Household Work is Expected to Hold a Major Share of the Market

  • Robot companions/assistants/humanoids, vacuuming, floor cleaning, lawn mowing, pool cleaning, and window cleaning, among others, are some of the major types of robots that are increasingly gaining popularity in the household segment of personal robots. According to the data provided by the International Federation of Robotics (IFR) and Loup Ventures, about 22.1 million robotic vacuum cleaners are expected to be shipped by 2025, generating a revenue of approximately USD 4.98 billion.
  • Among all the household robots, automated vacuum cleaners and moppers are the companies' most commercialized and developed products. The companies are continuously investing in developing more compact and integrated vacuum cleaners and mopping robots to reach little places at home. The companies are integrating advanced technologies like voice recognition and laser-based technologies to map the floor structure. For instance, in February 2022, Midea Group, a leading global high-technology company, announced details of Midea's S8+ auto-dust-collection robot, its next-gen robot vacuum cleaner, made by Midea Robozone Technology, one of its subsidiaries.
  • Companies like iRobot, Robomow, and Mayfield Robotics, are among the prominent players, innovating robots for household space. Innovations, like detecting human behavior and voice recognition, are increasing customer confidence, thus, driving the automated deployment for household purposes, like cleaning, laundry, and other voice-enabled IoT activities.
  • Additionally, with the increasing developments in machine vision cameras, companies are also using these 2D and 3D machine vision cameras with AI technologies to map and edges of the floor like staircases effectively and to recognize obstacles such as cables, dustbins, doorsills, and rugs. Incorporating technologies like machine learning, AI, and facial recognition, are also bringing innovations into household robots. For instance, in February 2019, CloudMinds Technology, a developer and operator of cloud AI and robotic solutions, launched its cloud AI-based, highly compliant service robot, the XR-1.

Asia Pacific to Hold Significant Market Share

  • The aging population is a primary factor for the significant growth in the deployment of robots in domestic healthcare and assistance applications in the region. The Japanese government has announced funding for the development of eldercare robots to fill the estimated gap of 380,000 skilled workers by 2025. This is expected to drive the adoption of elderly care robots also at their residences in the recent future.
  • Robotic wheelchairs are also gaining attraction in the region. Companies like Panasonic are increasingly making efforts to develop innovative wheelchairs that can fulfill different use cases. For instance, in February 2021, All Nippon Airways (ANA) Japan and Panasonic Corporation entered a partnership to test self-driving electric wheelchairs. The collaboration is part of a far-reaching plan to increase mobility and accessibility options at Tokyo Narita International Airport.
  • China is expected to become the leading country in terms of personal robot adoption as the country has been making significant efforts lately to become a global leader in the field of robotics. For instance, in December 2021, China's Ministry of Industry and Information Technology, in collaboration with 14 other government departments, unveiled its plans to grow the country's robotics industry in its 14th five-year plan.
  • The growing 5G penetration in countries like India is also expected to help push the deployment of security and surveillance robots as the residents can access the data on the go. Countries like India are expected to speed up the deployment of 5G in the coming years, which is expected to create a favorable market scenario for the personal robots market.
  • Moreover, APAC is likely to adopt humanoids for almost all major applications. Humanoids are anticipated to be used in personal support and caregiving applications in APAC countries such as China and Japan as the senior population grows.

Competitive Landscape

The competitive landscape of the personal robotic market remains exceptionally dynamic. Several startups are entering the market to meet emerging customer needs for various applications. Some of the major players operating in the market include Sony Corporation, Honda Motor Company Ltd., iRobot Corporation, Ecovacs Robotics Inc., etc. Some of the recent developments in the market are as follows:-

  • August 2022 - Amazon.com Inc announced the acquisition of iRobot Corp, the maker of robot vacuum cleaners, in an all-cash deal for about USD 1.7 billion. Through this acquisition, the company focuses on further expanding its presence in the personal robots and smart home devices market.
  • May 2022 - iRobot Corp., a leader in consumer robots, introduced iRobot OS, an evolution of the company's Genius Home Intelligence platform. iRobot OS delivers a new customer experience for a healthier, cleaner, and smarter home. The new iRobot OS enables the robots to get smarter, delivering valuable new features and functionality that benefit all customers.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Assessment of Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growing demand for Assistive Robots for Handicapped and Elderly People
    • 5.1.2 Reducing Price of Personal Robots
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Technical Complexity Associated with Operating these Robots

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Household Work
    • 6.1.2 Entertainment
    • 6.1.3 Elderly and Handicap Assistance
    • 6.1.4 Home Security and Surveillance
    • 6.1.5 Other type
  • 6.2 By Geography
    • 6.2.1 North America
    • 6.2.2 Europe
    • 6.2.3 Asia-Pacific
    • 6.2.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Sony Corporation
    • 7.1.2 Honda Motor Company Ltd
    • 7.1.3 Ecovacs Robotics Inc.
    • 7.1.4 iRobot Corporation
    • 7.1.5 Neato Robotics Inc. (Vorwerk Corporation)
    • 7.1.6 Samsung Group
    • 7.1.7 Gecko Systems International Corporation
    • 7.1.8 Hanool-Robotics Corp.
    • 7.1.9 Segway Inc. (Ninebot Company)
    • 7.1.10 F&P Robotics AG

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET