表紙:オフショア油田サービス市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)
市場調査レポート
商品コード
1136143

オフショア油田サービス市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)

Offshore Oilfield Services Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
オフショア油田サービス市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年10月13日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のオフショア油田サービス市場は、本年末までに509億5000万米ドルに達し、予測期間中に5.8%を超えるCAGRで推移すると予測されています。

市場は、2020年にCOVID-19によるマイナスの影響を受けます。現在、市場はパンデミック前の水準に達しています。

主なハイライト

  • 中期的には、オフショア石油・ガス探査および生産活動の増加などの要因が、予測期間中の市場を牽引すると予想されます。
  • 一方、さまざまな地域や国でオフショア活動が禁止されていることが、予測期間中の市場成長の妨げになることが予想されます。
  • しかしながら、いくつかの技術的進歩や利用可能な資源の最適化は、将来的にオフショア油田サービス市場に多くの機会を生み出すと予想されます。
  • アジア太平洋地域は、近年の深海探査・生産活動により、予測期間中に大きな市場成長を遂げると予想されます。

主な市場動向

掘削サービスが市場を独占する見込み

  • 海洋掘削サービスとは、海底の地表にチューブを通し、井戸を掘削するプロセスを指します。このチューブにポンプを接続し、地表にある石油を地下から強制的に取り出します。海底の石油・ガスの採掘には、ロータリー・ドリル、ディレクショナル・ドリル、MPD(Managed Pressure Drilling)、パーカッション・ドリルなどの掘削方法がよく使われます。
  • ディープウォーターでの石油生産は、主にアンゴラ、ブラジル、ナイジェリア、米国の4カ国に集中しています。過去数年間、メキシコ湾やラテンアメリカ沖(ブラジル、ガイアナ)での事業機会を反映して、ディープウォーターへの投資はオフショア投資の中で大きなシェアを維持してきました。
  • また、成熟した海洋油田は、オフショア分野の掘削サービス市場にも機会をもたらしています。ノルウェーでは、石油会社がノルウェー大陸棚(NCS)の成熟した地域に焦点を当てるため、ノルウェー沖の探査掘削をほぼ倍増させる計画です。また、アンゴラでは、浅海域の成熟に伴い、深海域の生産が活発化する予定です。したがって、成熟した油田からの増産計画により、オフショア分野での掘削サービスの需要は予測期間中に促進されると予想されます。
  • 同様に、ブラジルの石油・ガス会社であるペトロブラスは、5ヵ年事業計画(2018~2023年)において、石油生産井と注入井からなる178本の井戸の掘削を目指しています。さらに、エネルギー省の最新予測によると、コロンビアの石油・ガス探査プロジェクトは、オフショア開発が牽引し、2021年には32億米ドル以上を集めると見られています。
  • 2022年2月、アブダビ国営石油会社(ADNOC)は、巨大な下部ザクム海底油田のさらなる開発のためのエンジニアリング、調達、建設、設置契約の入札プロセスを開始しました。この開発により、海上探査活動が強化され、予測期間中の掘削サービスの需要が高まると予想されます。
  • 2022年、サウジアラビアとクウェートは、両国の中立地帯の間に位置するデュラ海上ガス田の開発で合意しました。この海底油田では、日量10億立方フィートと日量8万4千バレルのコンデンセートの生産が見込まれています。
  • 以上のことから、予測期間中は掘削サービスが市場を独占すると予想されます。

アジア太平洋地域が大幅な成長を遂げる見込み

  • アジア太平洋地域もオフショア油田サービスの重要な市場であり、市場の大部分はインド、中国、インドネシアなどの国々に占められています。
  • 中国は世界第5位の原油生産国で、2020年には1日あたり390万バレルを生産します。2015年から2016年にかけての原油価格の低迷以降、上流への支出削減により、原油生産量は減少傾向にあります。
  • しかし、2019年、習近平国家主席が国内の探鉱・生産活動(特に天然ガス)の迅速化と国家安全保障の向上を呼びかけた結果、中国海洋石油、中国石油化工、シノペックを中心に複数の企業が海洋地域の設備投資を拡大する可能性があっています。
  • 2021年11月、中国の国営石油会社CNOOCは、南シナ海東部の呂峰海底油田からの生産開始を宣言しました。主な生産設備は、掘削生産プラットフォーム2基と海底生産システム1基です。
  • CNOOCはまた、今後数年間に深海油田群を開発する計画を発表し、2025年までに探鉱作業量と確認埋蔵量の倍増を目指すとしました。
  • 同様に、2021年1月、CNOOCは世界初の10万トン級深海半潜水型生産・貯蔵プラットフォーム「Deep Sea-1」の設置を開始しました。このプラットフォームは中国が建設し、霊水ガス田の開発に使用されるもので、南シナ海の平均水深1,450mに位置します。
  • インドは、原油の純輸入量が約83%、天然ガスの消費量が約47%と、原油・ガス輸入国であるため、過去には業界低迷の影響をあまり受けませんでした。また、過去数年間、探鉱・開発井戸の数はあまり変動しておらず、関連機器・サービスの需要はほぼ停滞していました。
  • 石油・天然ガス省は、石油・天然ガス鉱区の入札に注力し、より多くの収入を得るとともに生産量を増加させる計画であることを発表しました。さらに、2016年3月に政府によって承認された炭化水素探査・ライセンシング政策(HELP)は、2022年から2023年までにインドの石油・ガス生産量を2倍にするという政府の戦略の一部を形成しています。
  • インドネシアでは近年、海上石油・ガスが大きく伸びています。2021年1月、SK MIGASは、BP Indonesiaがパプア州のタングー埋蔵量を約40億米ドル増やすためにインドネシアへの投資を増やす意向であることを発表しました。2021年8月には、プルタミナがOSESブロックのCBU(Central Business Unit)地区で石油・ガスを発見しました。
  • したがって、上記の点から、アジア太平洋は予測期間中に大きな成長を遂げると予想されます。

競合情勢

オフショア油田サービス市場は適度に細分化されています。主な市場参入企業(順不同)には、Transocean LTD、Schlumberger Limited、Baker Hughes Company、Weatherford International PLC、Halliburton Companyなどが含まれます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査対象範囲
  • 市場の定義
  • 調査の前提

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の概要

  • イントロダクション
  • 2027年までの市場規模・需要予測(単位:10億米ドル)
  • 最近の動向と展開
  • 政府の規制と政策
  • 市場力学
    • 促進要因
    • 抑制要因
  • サプライチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • サービスタイプ
    • 掘削サービス
    • コンプリーションサービス
      • セメンチングサービス
      • 水圧フラクチャリングサービス
      • その他コンプリーションサービス
    • 生産および介入サービス
      • ロギングサービス
      • 生産テスト
      • ウェルサービス
      • その他の生産及び介入サービス
    • その他サービス(オフショアヘリコプターサービス、地震データ取得・処理、オフショア補給船、デコミッショニングを含む)
  • 地域別
    • 北米
    • アジア太平洋地域
    • 欧州
    • 南米
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、コラボレーション、合意書
  • 主要なプレーヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Schlumberger Limited
    • Baker Hughes Company
    • Weatherford International PLC
    • Halliburton Company
    • Transocean LTD
    • Valaris Plc
    • China Oilfield Services Limited
    • Nabors Industries Ltd.
    • TechnipFMC PLC
    • OiLSERV
    • Expro Group Holdings NV

第7章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 92095

The global offshore oilfield services market is expected to reach USD 50.95 billion by the end of this year and is projected to register a CAGR of over 5.8% during the forecast period.

The market is negatively impacted by COVID-19 in 2020. Presently the market has now reached pre-pandemic levels.

Key Highlights

  • Over the medium term, factors such as increasing offshore oil and gas exploration and production activities are expected to drive the market during the forecast period.
  • On the other hand, a ban on several offshore activities in various regions and countries is expected to hinder market growth during the forecast period.
  • Nevertheless, several technological advancements and optimization of available resources are expected to create many opportunities for the offshore oilfield services market in the future.
  • Asia-Pacific due to its recent deep-water exploration and production activities is expected to witness significant market growth during the forecast period.

Key Market Trends

Drilling Services Expected to Dominate the Market

  • Offshore drilling services refer to the process by which tubing is bored through the earth's surface beneath a sea and a well is established. A pump is connected to the tube and the petroleum under the surface is forcibly removed from underground. The most common drilling methods used for the extraction of oil and gas beneath the sea are rotary drilling, directional drilling, Managed Pressure Drilling (MPD), percussion drilling, and others.
  • Deepwater oil production is majorly concentrated in four countries - Angola, Brazil, Nigeria, and the United States. During the past years, Deepwater investments have retained a significant share of offshore investments, reflecting opportunities in the Gulf of Mexico and offshore Latin America (Brazil and Guyana).​​
  • Mature offshore fields are also creating opportunities for the drilling services market in the offshore segment. In Norway, oil companies plan to nearly double exploration drilling offshore Norway to focus on more mature areas of the Norwegian Continental Shelf (NCS). Moreover, Angola's deepwater production is also set to ramp up as its shallow-water sector matures. Therefore, owing to the plans to increase production from mature fields, the demand for drilling services in the offshore segment is expected to be driven during the forecast period.​​
  • Similarly, in its five-year business plan (2018-2023), Petrobras, a Brazilian oil and gas firm, aims to drill 178 wells comprising of oil production wells and injection wells. ​Furthermore, Colombian oil and gas exploration projects are likely to attract more than USD 3.2 billion in 2021, driven by offshore developments, according to the latest energy ministry forecast. ​
  • In February 2022, Abu Dhabi National Oil Company (ADNOC) kicked off a bid process for an engineering, procurement, construction and installation contract for further development at its huge Lower Zakum offshore oilfield. The development is expected to bolster offshore exploration activities and is expected to drive the demand for the drilling services during the forecast period. ​
  • In 2022, Saudi Arabia and Kuwait agreed to develop the Durra Offshore Gas field that lies between the neutral zone of both countries. The offshore oilfield is expected to produce 1 billion cubic feet per day and 84,000 barrels per day of condensate.
  • Therfore, owing to the above points, drilling services is expected to dominate the market during forecast period.

Asia-Pacific Expected to Witness Significant Growth

  • The Asia-Pacific region is another significant market for offshore oilfield services with a majority of the market being dominated by countries like India, China, Indonesia, etc.​
  • China is the fifth-largest producer of crude oil, globally, producing 3,900 thousand barrels per day in 2020. Since the 2015-2016 slump in oil price, crude oil production has been on a decline, owing to cuts in upstream spending.​
  • However, in 2019, as a result of President Xi Jinping's call to expedite the domestic exploration and production activities (particularly for natural gas) and to improve national security, multiple companies, particularly CNOOC, CNPC, and Sinopec, were likely to increase their capital expenditures in the offshore regions. ​
  • In November 2021, the Chinese national oil company CNOOC declared that it had started production from Lufeng offshore oil fields in the eastern part of the South China Sea. The main production facilities include two drilling production platforms and one subsea production system. ​
  • CNOOC also announced its plans to develop a deepwater oilfield complex in the next few years, and it aims to double its exploration workload and proven reserves by 2025.
  • Similarly, in January 2021, CNOOC started the installation of the world's first 100,000-ton deep-water semi-submersible production and storage platform, Deep Sea-1. The platform was built by China and will be used to develop the Lingshui gas field; it has an average water depth of 1,450 meters in the South China sea. ​
  • India, being a crude oil and gas importing country, with net imports of about 83% of its crude oil and about 47% of natural gas consumption, had not been much affected by the downturn in the industry in the past. Additionally, the number of exploration and development wells had not fluctuated much in the past few years, resulting in an almost stagnant demand for related equipment and services. ​
  • The Ministry of Petroleum and Natural Gas announced that it plans to focus on the oil and gas blocks auctions, to earn more revenue and increase the production. Furthermore, the Hydrocarbon Exploration and Licensing Policy (HELP), which was approved by the government in March 2016, forms a part of the government's strategy to double India's oil and gas output by 2022-2023. ​
  • Offshore oil and gas have witnessed significant growth in Indonesia in recent years. In January 2021, SK MIGAS announced that BP Indonesia intends to increase its investment in Indonesia to increase Tangguh reserves in Papua by around USD 4 billion.​ In August 2021, Pertamina made an oil and gas discovery in the Central Business Unit (CBU) District of the OSES Block.
  • Therefore, owing to the above points, Asia-Pacific is expected to witness significant growth during the forecast period.

Competitive Landscape

The offshore oilfield services market is moderately fragmented. Some of the major players in the market (in no particular order) include Transocean LTD, Schlumberger Limited, Baker Hughes Company, Weatherford International PLC, and Halliburton Company, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Scope of the Study
  • 1.2 Market Definition
  • 1.3 Study Assumptions

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET OVERVIEW

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Market Size and Demand Forecast in USD billion, until 2027
  • 4.3 Recent Trends and Developments
  • 4.4 Government Policies and Regulations
  • 4.5 Market Dynamics
    • 4.5.1 Drivers
    • 4.5.2 Restraints
  • 4.6 Supply Chain Analysis
  • 4.7 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.7.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.7.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.7.3 Threat of New Entrants
    • 4.7.4 Threat of Substitute Products & Services
    • 4.7.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Service Type
    • 5.1.1 Drilling Services
    • 5.1.2 Completion Services
      • 5.1.2.1 Cementing Services
      • 5.1.2.2 Hydraulic Fracturing Services
      • 5.1.2.3 Other Completion Services
    • 5.1.3 Production and Intervention Services
      • 5.1.3.1 Logging Services
      • 5.1.3.2 Production Testing
      • 5.1.3.3 Well Services
      • 5.1.3.4 Other Production and Intervention Services
    • 5.1.4 Other Services (includes Offshore Helicopter Services, Seismic Data Acquisition and Processing, Offshore Supply Vessels, and Decommissioning)
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
    • 5.2.2 Asia-Pacific
    • 5.2.3 Europe
    • 5.2.4 South America
    • 5.2.5 Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Schlumberger Limited
    • 6.3.2 Baker Hughes Company
    • 6.3.3 Weatherford International PLC
    • 6.3.4 Halliburton Company
    • 6.3.5 Transocean LTD
    • 6.3.6 Valaris Plc
    • 6.3.7 China Oilfield Services Limited
    • 6.3.8 Nabors Industries Ltd.
    • 6.3.9 TechnipFMC PLC
    • 6.3.10 OiLSERV
    • 6.3.11 Expro Group Holdings NV

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS