表紙:産業用空気質管理システム市場- 成長、動向、予測(2022年-2027年)
市場調査レポート
商品コード
1136062

産業用空気質管理システム市場- 成長、動向、予測(2022年-2027年)

Industrial Air Quality Control Systems Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 125 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
産業用空気質管理システム市場- 成長、動向、予測(2022年-2027年)
出版日: 2022年10月13日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 125 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

産業用空気質管理システム市場は、2022年~2027年の間に約4.55%のCAGRで推移すると予想されています。

COVID-19の大流行により、世界中のさまざまな産業や発電所が停止し、産業用空気質管理システム市場に悪影響を及ぼしています。市場を牽引する主な要因は、消費者の意識の高まり、厳しい大気質管理規制、健康リスクを軽減するための一般大衆の意識の高まりです。しかし、ゼロエミッションの代替・再生可能エネルギー源の出現や、大気質管理システムの設置に必要な高額な資金が、市場の成長を阻害することが予想されます。

主なハイライト

  • 発電分野は、公害の増加と工業化の進展により、予測期間中に大きな成長を遂げ、市場を独占しています。
  • 政府が設定した厳しい規制基準を満たすために、古い産業を大気質制御システムに改修することは、将来的に大きなチャンスとなるでしょう。
  • アジア太平洋地域は最も急速に成長している地域であり、中国やインドなど、工業化や建設活動が活発化している国々が、大気質制御システムの需要増につながっています。

主な市場動向

発電産業が市場を独占すると予想される

  • 発電分野では、発電所がSO2、水銀、酸性ガスなどの最大の排出源となっています。電力セクターでは、SO2排出量の約98%、水銀排出量の94%、NOx排出量の86%、微粒子排出量の83%が石炭で占められています。また、石炭は世界最大の単一電力源であり、2040年時点でも22%を占めるとされています。
  • 2021年の世界の発電量のうち、石炭が占める割合は36.5%。これは前年の35.3パーセントから上昇し、石炭火力発電の総量は1万テラワット時以上に達しています。有害ガスの発生は、電気集塵機、排煙脱硫装置、スクラバー、水銀管理システムなどの大気質管理システム(AQCS)を用いることで最小限に抑えることができます。
  • 環境汚染に対する懸念の高まりと、それを抑制するための政府の取り組みが、市場を牽引しています。また、大気浄化法(CAA)や水銀・大気有害物質基準などの厳しい規制により、化石燃料を使用する発電会社では、排出ガスを監視・抑制して安全なレベルにするためのシステムの設置が義務づけられています。
  • また、火力発電所から排出されるガスを浄化するために、発電業界では大気質調整装置(AQCS)が使用されています。世界には、発電を石炭火力発電所に大きく依存している国が数多くあります。例えば、ロシアで建設中のザインスカヤ複合火力発電所(858MW)はその代表的な例です。この発電所はタタルスタン州にあり、完成予定は2023年です。
  • さらに、ガス火力発電は、よりクリーンな発電への要求と、ロシア、サウジアラビア、イラン、カタールなどの天然ガスが豊富な国々での強固なガス供給インフラの整備により、世界市場で大きな勢いを増しています。これらの国々で今後予定されている多くの発電プロジェクトは、天然ガスをベースにしています。
  • したがって、発電量の増加と発電産業の力学の変化が、予測期間中に産業用空気質管理システム市場を牽引すると予想されます。

アジア太平洋地域が最速の成長地域

  • 産業部門(発電、化学、金属加工を含む)の成長は、空気質管理システムの需要に影響を与えています。インドや中国といった国はすでに最も汚染された国の上位にランクされており、これらの国では政府が排出基準のためのさまざまな規制を実施することを余儀なくされているため、産業におけるAQCSの導入に向けた道筋を余儀なくされているのです。
  • 石炭消費量の増加、違法採掘は大気質の悪化につながっています。また、一人当たりのエネルギー消費量と需要の増加が、温室効果ガスの排出量を増加させる主な要因となっています。排出量の増加を抑制するため、インドの中央汚染防止委員会(CPCB)は、すべての産業に大気質管理システムの設置を義務付ける管理基準や規格を導入しています。
  • さらに、2021年8月、インド政府は、2022年に国の大気質基準を更新すると発表しました。新基準には、PM2.5を下回る超微小粒子状物質が含まれる見込みです。
  • また、2021年10月には、インド宇宙研究機関(ISRO)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)が手を携えて、衛星データを用いた稲作面積と大気質の監視に関する活動を行うことに合意しました。両機関は、衛星データを用いた稲作面積と大気質の監視に関する共同活動のための実施協定に署名しました。
  • 以上のことから、アジア太平洋地域は、予測期間中、産業用空気質管理システム市場を独占すると予想されます。

競合情勢

産業用空気質管理システム市場は断片的です。主な企業としては、三菱重工グループ、Thermax Ltd、Babcock &Wilcox Enterprises, Inc、Ducon Environmental Systems、Siemens AGなどが挙げられます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査対象範囲
  • 市場の定義
  • 調査の前提

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の概要

  • イントロダクション
  • 2027年までの市場規模・需要予測(単位:10億米ドル)
  • 最近の動向と展開
  • 政府の規制と政策
  • 最近の動向と展開
  • 市場力学
    • 促進要因
    • 抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 用途
    • 発電所
    • セメント産業
    • 化学工業
    • 金属・冶金
    • その他の用途
  • 種類
    • 電気集塵装置(ESP)
    • スクラバーおよび排煙脱硫(FGD)
    • 選択的触媒還元(SCR)
    • ファブリックフィルタ
    • その他のタイプ
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • 南米
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、コラボレーション、合意書
  • 主要なプレーヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Mitsubishi Heavy Industries Ltd
    • General Electric Company
    • Babcock & Wilcox Enterprises, Inc
    • Thermax Ltd
    • Ducon Technologies Inc
    • Amec Foster Wheeler PLC
    • Siemens AG

第7章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 91993

The market for industrial air quality control systems is expected to register a CAGR of approximately 4.55% during 2022 - 2027. The COVID-19 pandemic has had a negative impact on the industrial air quality control systems market due to the shutdown of various industries and power generation plants worldwide. Major factors driving the market are the growing awareness among consumers, stringent air quality control regulations, and increasing awareness among the common mass to mitigate health risks. However, the emergence of alternative and renewable sources of energy with zero emissions and high capital required for the installation of an air quality control system is expected to hinder the growth of the market studied.

Key Highlights

  • The power generation sector is dominating the market with significant growth during the forecast period, owing to the increasing pollution and growing industrialization.
  • Retrofitting old industries with air quality control systems to meet stringent regulatory norms set up by the government will be a great opportunity in the future.
  • Asia-Pacific is the fastest growing region, with countries like China and India, with growing industrialization and construction activities leading to the increasing demand for air quality control systems.

Key Market Trends

Power generation Industry is Expected to Dominate the Market

  • In the power generation sector, power plants are the largest sources of emission of SO2, mercury, and acid gases. In the power sector, coal accounts for around 98 per cent of SO2 emissions, 94 per cent of mercury emissions, 86 per cent of NOx emissions, and 83 per cent of fine particulate emissions. Also, coal is the world's largest single source of electricity, set to still contribute 22 per cent in 2040.
  • Coal accounted for 36.5 per cent of global electricity generation in 2021. This was up from 35.3 per cent the previous year, with total coal-fired electricity generation has reached over 10,000 terawatt hours. The production of harmful gases can be minimized using air quality control systems (AQCS), such as electrostatic precipitators, flue gas desulfurizers, scrubbers and mercury control systems.
  • The growing concerns regarding environmental pollution and government actions to curb the same are driving the market. Also, stringent regulations, such as the Clean Air Act (CAA) and the Mercury and Air Toxics Standard, enforce the installation of systems that monitor and curb emissions to bring them to a safer level in power generation companies using fossil fuels.
  • Moreover, air quality control systems (AQCS) in the power generation industry are used to clean gases emitted from thermal power plants. Numerous countries across the globe are heavily dependent on coal-fired power plants for the generation of electricity. For instance, One of the classic examples is the Zainskaya combined cycle power plant, an 858MW power plant in the construction phase in Russia. The power plant is located in Tatarstan, the expected completion year is 2023.
  • Furthermore, gas-fired power generation is gaining significant momentum in the global market due to the demand for cleaner power generation and the development of a robust gas supply infrastructure in natural gas-rich countries like Russia, Saudi Arabia, Iran, and Qatar. Many upcoming power projects in the aforesaid countries are based on natural gas.
  • Hence, increasing electricity generation, coupled with the changing power generation industry dynamics, is expected to drive the industrial air quality control systems market during the forecast period.​

Asia-Pacific Region is Fastest Growing Region

  • The growth in the industrial sector (which includes power generation, chemicals and metal processing) has influenced the demand for air quality control systems. With countries like India and China already topping the list of most polluted countries, the governments have been forced to implement various regulations for the emission standard in these countries, forcing the pathway for the implementation of AQCS in industries.
  • The increasing rate of coal consumption, illegal mining have led to the deterioration of air quality. In addition, the growing per-capita energy consumption and demand for the same are the major factors responsible for the high levels of GHG emissions. To control rising emissions, the Central Pollution Control Board (CPCB) of India has implemented control norms and standards that mandate the installation of air quality control systems in all industries.
  • Moreover, in August 2021, the Indian Government announced that the national ambient air quality standards would be updated in 2022. The new standards are expected to include ultrafine particulate matter which falls below PM 2.5.
  • Also, in October 2021, the Indian Space Research Organisation (ISRO) and Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) agreed to join hands to take up activities on rice crop area and air quality monitoring using satellite data. Both agencies have signed an implementing arrangement for shared activities on rice crop area and air quality monitoring using satellite data.​
  • Hence, owing to the above points, the Asia-Pacific is expected to dominate the Industrial Air Quality Control Systems Market during the forecast period.

Competitive Landscape

The Industrial air quality control system market is fragmented. Some of the major companies include Mitsubishi Heavy Industries Group, Thermax Ltd, Babcock & Wilcox Enterprises, Inc, Ducon Environmental Systems, and Siemens AG.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Scope of Study
  • 1.2 Market Definition
  • 1.3 Study Assumptions

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET OVERVIEW

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Market Size and Demand Forecast in USD billion, till 2027
  • 4.3 Recent Trends and Developments
  • 4.4 Government Policies and Regulations
  • 4.5 Recent Trends and Developments
  • 4.6 Market Dynamics
    • 4.6.1 Drivers
    • 4.6.2 Restraints
  • 4.7 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.7.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.7.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.7.3 Threat of New Entrants
    • 4.7.4 Threat of Substitutes Products and Services
    • 4.7.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Application
    • 5.1.1 Power Generation
    • 5.1.2 Cement Industry
    • 5.1.3 Chemical Industry
    • 5.1.4 Metal and Metallurgy
    • 5.1.5 Other Applications
  • 5.2 Type
    • 5.2.1 Electrostatic Precipitators (ESP)
    • 5.2.2 Scrubbers and Flue Gas Desulfurization (FGD)
    • 5.2.3 Selective Catalytic Reduction (SCR)
    • 5.2.4 Fabric Filters
    • 5.2.5 Other Types
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
    • 5.3.2 Europe
    • 5.3.3 Asia Pacific
    • 5.3.4 South America
    • 5.3.5 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers & Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Mitsubishi Heavy Industries Ltd
    • 6.3.2 General Electric Company
    • 6.3.3 Babcock & Wilcox Enterprises, Inc
    • 6.3.4 Thermax Ltd
    • 6.3.5 Ducon Technologies Inc
    • 6.3.6 Amec Foster Wheeler PLC
    • 6.3.7 Siemens AG

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS