表紙:LNG再ガス化ターミナルの世界市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)
市場調査レポート
商品コード
1136048

LNG再ガス化ターミナルの世界市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)

Global LNG Regasification Terminals Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 125 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
LNG再ガス化ターミナルの世界市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年10月13日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 125 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

LNG再ガス化ターミナルの世界市場は、2022~2027年の予測期間中にCAGR5.6%で成長すると予測されています。

COVID-19パンデミックの発生は、世界各地のロックダウンにより天然ガスの生産と供給が停滞しているため、LNG再ガス化ターミナル市場にマイナスの影響を及ぼしました。化学、工業、運輸セクターにおける天然ガス需要の増加などの要因が、市場を牽引すると予想されます。しかし、天然ガス価格の変動は大規模なLNGターミナル建設に伴うリスクを増大させ、市場の成長を妨げると予想されます。

主なハイライト

  • 浮体式再ガス化ターミナル市場は、中国、インド、マレーシアなどの新興経済諸国を中心に世界中で新しい施設が建設されていることから、最も急速に成長する市場であると予想されます。
  • エネルギー情報局(EIA)によると、中国、インド、バングラデシュ、タイ、ベトナムなどの非OECDアジア諸国は、2050年までに天然ガスを1日当たり1200億立方フィート(bcf/d)消費し、地域の天然ガス生産量を50bcf/d上回ると予想されています。この地域における供給のアンバランスは、他地域への依存度を高める結果となり、LNGターミナル企業にとって好機となることが予想されます。
  • アジア太平洋地域は、再ガス化ターミナルが存在することから、市場を独占すると予想されます。日本、韓国、中国、インドなどの国々は、LNGの再ガス化のための最も高い容量のインフラを持っています。

主要な市場動向

浮体式再ガス化ターミナルセグメントが市場を独占すると予想されます。

  • 浮体式再ガス化設備(FSRU)は、リース契約に基づいて建設されます。陸上設備に比べ、設備投資額が少ないのが特徴です。しかし、長期的に見れば、陸上設備の方がメンテナンスが少なくて済むため、より収益性が高くなります。
  • 浮体式設備は建設費が安いので、新興経済諸国が自国民にクリーンなエネルギーを供給するために、天然ガス利用に参入するための架け橋となることができます。特にシェールガスブーム以降の天然ガス価格の低下により、新興経済諸国にとってより適した市場となっています。
  • 2022年7月、インド政府はマハラシュトラ州のジャイガルで初の液化天然ガス(LNG)用浮体式ターミナルが2022年後半に稼働する予定であると発表しました。同国初のFSRUベースのLNG再ガス化ターミナルにより、インドのRLNGターミナル容量は45mtから5100万(mt)に増加する見込みでした。
  • さらに2021年には、ドイツでロックストックLNGターミナル、浮体式貯蔵・再ガス化装置が提案され、年間0.3トンのLNGを輸入することができるようになっています。このプロジェクトは2023年までに試運転が行われる予定であり、エネルギー供給の多様化を図るものです。
  • 以上の点から、浮体式再ガス化ターミナルは予測期間中に市場を独占することが予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占すると予想される

  • アジア太平洋地域は、約450MTPAの再ガス化ターミナルを保有し、引き続き市場を独占しています。この地域では日本とオーストラリアが主要国であり、それぞれ世界の再ガス化容量の24%、液化容量の19%を占めています。
  • オーストラリアのウィートストーンLNGとゴーゴンLNGの追加は、2018年中に液化インフラに追加された著名な大規模LNGターミナルです。さらに、この地域には、中国に3基、日本に1基、バングラデシュに1基の合計5基のLNG再ガス化ターミナルが新たに追加されました。
  • この地域には、アジア太平洋でほぼ40MTPAの液化プラントが提案されており、オーストラリアがこの地域を支配するトップのLNGプレーヤーとなっています。高い液化能力により、この地域には4つのターミナルが提案されており、予測期間中に大規模なターミナルが建設されると推測されます。
  • 2021年現在、中国では、ほとんどの小規模な液化プラントは、北西部と中央部の国内にある主要なガスと石炭の産出地域にあります。しかし、再ガス化ターミナルは海南と方正港にそれぞれ60万トン/年の容量があります。
  • また、日本には小規模なLNG基地に該当する再ガス化施設が5カ所ほどあります。日本には、八戸、廿日市、鹿児島、湊、新仙台に再ガス化施設があり、これらは既存の小規模LNG基地です。
  • 以上のことから、アジア太平洋地域がLNG再ガス化ターミナル市場を独占すると予想されます。

競合情勢

LNG再ガス化ターミナル市場は適度に細分化されています。主なプレイヤーには、Linde plc、Wartsila Oyj ABP、Shell PLC、Engie SA、Baker Hughes Companyなどがあります。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査対象範囲
  • 市場の定義
  • 調査の前提

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の概要

  • イントロダクション
  • 2027年までの市場規模・需要予測(単位:10億米ドル)
  • 最近の動向と展開
  • 政府の規制と政策
  • 最近の動向と展開
  • 市場力学
    • 促進要因
    • 抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 端末タイプ
    • 大規模
    • 小規模・中規模
  • デプロイメント別
    • 陸上
    • 浮体式
  • 地域別
    • 北米
    • 南米
    • アジア太平洋地域
    • 欧州
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、コラボレーション、合意書
  • 主要なプレーヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Baker Hughes Company
    • Schlumberger Limited
    • Weatherford International PLC
    • Shell PLC
    • Engie SA
    • Baker Hughes Company
    • Linde plc
    • Wartsila Oyj ABP
    • Fluor Corpoartion

第7章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 91974

The Global LNG Regasification Terminals Market is expected to grow at a CAGR of 5.6% during the forecast period of 2022-2027. The outbreak of the COVID-19 pandemic had a negative impact on the LNG regasification terminals market since the production and supply of natural gas have been stagnant due to lockdowns across the globe. Factors such as increasing demand for natural gas in the chemical, industrial, and transportation sectors are expected to drive the market. However, fluctuating natural gas prices increase the risk associated with large-scale LNG terminal construction and are expected to hinder the market's growth.

Key Highlights

  • The floating regasification terminals market segment is expected to be the fastest-growing market as new facilities are being constructed around the globe, especially in developing economies like China, India, and Malaysia.
  • As per the Energy Information Administration (EIA), non-OECD Asian countries like China, India, Bangladesh, Thailand, and Vietnam are expected to consume 120 billion cubic feet per day (bcf/d) of natural gas by 2050, outpacing regional natural gas production by 50 bcf/d. The supply imbalance in the region would result in increasing dependency on the other regions, which is expected to create an opportunity for the LNG terminal companies.
  • The Asia-Pacific is expected to dominate the market with the presence regasification terminals. Countires like Japan, South Korea, China, and India have the highest capacity infrastructure for regasification of LNG.

Key Market Trends

The Floating Regasification Terminals Segment is Expected to Dominate the Market

  • Floating Storage Regasification Unit (FSRU) is constructed under a leasing contract. Capital expenditure (CAPEX) investment in such projects is much lower compared to what is required in an onshore facility. However, In the long run, it is more profitable to go for an onshore facility as it requires lower maintenance.
  • Floating facilities are cheaper to build and, therefore, can become a bridge for entry of developing economies, in the use of natural gas, to provide clean energy to its citizens. The lower price of natural gas, especially after the shale gas boom, has made the market more suitable for developing economies.
  • In July 2022, The goverment of india has announced first floating terminal for liquefied natural gas (LNG) at Jaigarh in Maharashtra is expected to be operational in the second half of 2022. The country's first FSRU-based LNG regasification terminal was expected to boost India's RLNG terminal capacity to 51 million (mt) from 45 mt.
  • Moreover, in 2021, the Rockstock LNG terminal, floating storage, and regasification unit were proposed in Germany to import LNG with a capacity of 0.3 metric tons per annum. The project is expected to be commissioned by 2023, and it is a way to diversify the energy supply.
  • Owing to the above points, floating regasification terminals are expected to dominate the market during the forecast period.

Asia-Pacific is Expected to Dominate the Market

  • Asia-Pacific region continued to dominate the market, with approxiametly with 450 MTPA capacity of regasification terminals. Japan and Australia are the leading countries within the region, with 24% of the global regasification capacity, and 19% of the global liquefaction capacity, respectively.
  • The addition of Wheatstone LNG and Gorgon LNG in Australia are the prominent large-scale LNG terminals that was added up to the liquefaction infrastructure during 2018. Moreover, the region has added five new LNG regasification terminals, including three in China, one in Japan, and one in Bangladesh.
  • The region has almost 40 MTPA proposed liquefaction plants in Asia-Pacific, with Australia as the top LNG player that dominate the region. With high liquefaction capacity, the region has four proposed terminals that are estimated to be large-scale during the forecast period.
  • As of 2021, In China, most small-scale liquefaction plants are in major gas and coal-producing areas located domestically in the Northwestern and Central provinces. However, there exist two regasification terminals in Hainan and Fangchenggangwith a capacity of 0.6 million tons per year (MTPA) each.
  • Also, Japan has around five regasification terminals that come under the small-scale LNG terminal category. Regasification facilities in Hachinohe, Hatsukaichi, Kagoshima, Minato, and Shin-Sendai are the existing small-scale LNG terminals in Japan.
  • Owing to above points, Asia-Pacific is expected to dominate the LNG regasification terminals market during the forecast period.

Competitive Landscape

The LNG regasification terminals market is moderately fragmented. Some of the major players include Linde plc, Wartsila Oyj ABP, Shell PLC, Engie SA, and Baker Hughes Company.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Scope of Study
  • 1.2 Market Definition
  • 1.3 Study Assumptions

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET OVERVIEW

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Market Size and Demand Forecast in USD billion, till 2027
  • 4.3 Recent Trends and Developments
  • 4.4 Government Policies and Regulations
  • 4.5 Recent Trends and Developments
  • 4.6 Market Dynamics
    • 4.6.1 Drivers
    • 4.6.2 Restraints
  • 4.7 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.7.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.7.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.7.3 Threat of New Entrants
    • 4.7.4 Threat of Substitutes Products and Services
    • 4.7.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Terminal Type
    • 5.1.1 large Scale
    • 5.1.2 Small Scale & Medium
  • 5.2 By Deployment
    • 5.2.1 Onshore
    • 5.2.2 Floating
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
    • 5.3.2 South America
    • 5.3.3 Asia-Pacific
    • 5.3.4 Europe
    • 5.3.5 Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers & Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Baker Hughes Company
    • 6.3.2 Schlumberger Limited
    • 6.3.3 Weatherford International PLC
    • 6.3.4 Shell PLC
    • 6.3.5 Engie SA
    • 6.3.6 Baker Hughes Company
    • 6.3.7 Linde plc
    • 6.3.8 Wartsila Oyj ABP
    • 6.3.9 Fluor Corpoartion

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS