デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1056164

バイオメトリクスカードの世界市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Global Biometric Card Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 137 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=135.89円
バイオメトリクスカードの世界市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 137 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

バイオメトリクスカードの世界市場は、2020年に875万米ドルと評価され、2026年には16億9181万米ドルに達すると予測され、2021年から2026年までのCAGRは155.45%を記録しています。

主な特徴

  • バイオメトリクスカードは、身体的・行動的特徴に基づいて個人を分析・認識する身分証明書の一種です。指紋、目の網膜、虹彩スキャン、顔パターン、音声認識、体の動きなどが含まれます。また、バイオメトリクスカードは、光学ストリップやバーコード、ホログラフィックセキュリティ画像、埋め込みチップなど、さまざまなセキュリティ機能を備えたスマートカードで構成されています。
  • バイオメトリクスIDカードは、特に高いセキュリティを必要とする企業や個人にとって、いくつかの異なるソリューションに適用されます。さらに、競争の激しい分野の企業では、不正な複製や盗難に対する追加のセキュリティとして、バイオメトリクス・カードを選択することもあります。アドバンストIDカードは、政府機関、研究機関、一部の大学や学校などで利用されています。
  • 市場では、生体認証カードエコシステムのさまざまな企業が、これらのカードを開発し市場に投入するためにパートナーシップに関与し、多くのパートナーシップやコラボレーションを目撃しています。例えば、2021年9月、生体認証決済カードのコンポーネントプロバイダーであるZwipeは、Realtimeとパートナーシップ契約を締結したことを発表しました。このパートナーシップは、前者のPay ONEプラットフォームをベースにしたRealtimeのDecentralized Finance(DEFI)Ecosystemのユーザーに対して、より優れたエクスペリエンスとセキュリティを提供することを目的としています。今回の提携により、2022年以降、日本、インド、メキシコ、ブラジル、欧州の顧客に対して、Zwipe Pay ONEをベースとした生体認証決済カードを発行する予定です。
  • 金融サービス業界は、COVID-19の大流行以前から著しいスピードで進化を遂げていました。この成長は、顧客の期待の変化、新規参入者の競争の激化、技術の進歩、規制の進化によってもたらされたものです。
  • しかし、パンデミックの発生は顧客の行動に大きな影響を与え、それによってデジタル決済や非接触型決済の採用が大幅に増加しました。例えば、2020年5月、VISAは、ラテンアメリカおよびカリブ海市場の1300万人以上のVISAカード会員が、過去15カ月と同様に2020年の最初の3カ月間に初めて取引を行ったと発表しました。

主な市場動向

ペイメント部門が大きな成長を見せる

  • 生体認証技術は、パスワードや暗証番号に代わる安全で便利な技術として、金融サービス分野で普及が進んでいます。この技術は、消費者の生活をより管理しやすくし、本人確認のための重要な選択肢を提供する可能性があると考えられるようになってきています。
  • カード本体に指紋センサーを搭載したEMVカードでの支払いは、これまで以上に手軽なものになります。接触モードでも非接触モードでも、POSターミナルでPINコードを入力することなく、タッチするだけで決済が可能です。生体認証を利用するもう一つの大きなメリットは、非接触型決済取引の上限や制限をなくすことです。ユーザーは指紋で安全に認証され、金額に関係なく非接触の利便性を享受することができます。
  • また、バイオメトリクス検査はEMVバイオメトリクスカードで直接行われるため、POS端末のアップグレードは必要ありません。
  • 生体センサーが捉えた指紋データは、カードのセキュアチップに安全に保存されます。また、このデータは銀行のサーバーに保存されることもなく、パーソナライゼーション機関に無線で送信されることもありません。したがって、非常に厳格でプライバシーに配慮した登録プロセスが、指紋決済の成功には不可欠なのです。
  • さらに、これらのカードは、ATMでの現金引き出しなど、カード所有者の指紋が使用できない場合の代替ソリューションとして、PINコードと一緒に使用することもできます。
  • Fingerprint Cards ABによると、2026年までに毎年約60億台の決済機器が出荷されると予想されています。また、これらのデバイスのほとんどが非接触型になると予想されています。また、同社は、決済分野における生体センサーモジュールとソフトウェアの潜在的な総販売可能市場(TAM)は、年間約30億個になると予測しています。

アジア太平洋地域が最も高い成長率を示す

  • 生体認証による決済カードは、この地域では未来への道であり、スマートフォンの利用が増加する中でも、テンポの速いアジア太平洋地域では決済カードの市場は堅調に推移しています。現在、さまざまな市場ベンダーが生体認証技術の統合に取り組んでおり、この地域の銀行顧客基盤を大幅に拡大し、さまざまなエンドユーザーとの統合を可能にする、真に破壊的なサービスを提供することになるでしょう。
  • 一方、小売、ゲーム、銀行、金融セクター、病院など、さまざまなエンドユーザーにおける生体認証システムの需要の高まりは、国内での市場の成長に大きな影響を与えています。たとえば、IDEXバイオメトリクスとの提携により、中国建設銀行(CCB)はデジタル人民元実験に生体認証カードを使用することに合意しました。NFC対応の生体認証スマートカードにより、ユーザーはスマートフォンを必要とせずにデジタル通貨を利用できるようになります。この生体認証カードは、DCEPとして知られる中国のデジタル通貨実験の参加者のためのデジタルハードウォレットとして機能することになります。指紋センサーと生体認証ソフトウェアが、これらのスマートカードを保護します。
  • 同様に、2021年7月、フィンガープリント・カードと日本のエレクトロニクス企業であるMoriXは、生体認証決済カードを共同で開発し、日本で発売することになりました。同社によると、このカードには、超低消費電力のFingerprints T-Shapeモジュールが搭載され、標準的な自動製造方法を使用して決済カードに組み込むことができるように設計されています。さらに、同社は、タッチレス、セキュア、摩擦のない決済方法を求める日本の消費者の間で、カード決済への要望が高まっていると述べています。
  • この地域は、さまざまな市場ベンダーと重要なパートナーシップを結んだ。例えば、2020年10月、IDEX Biometricsは、Shanghai Fudan Microelectronics Group Co.Ltd.と提携し、IDEXのバイオメトリクスソリューションとFudan Microelectronicsの最新世代のセキュアエレメントを統合し、複数の市場セグメントを対象としています。復旦マイクロエレクトロニクスは、決済、医療保険、交通、ID、新興デジタル通貨規格を支援するセキュアエレメントとソリューションを作成しており、これまでに100億以上のASICSを出荷しています。

競合情勢

この市場では、著名なベンダーが激しい競争を繰り広げており、各社は事業能力をますます拡大しています。各社は、先進的な製品を開発し市場に投入するために、技術プロバイダーとパートナーシップを結んでいます。このように、市場では巨額の投資が目撃されており、競争が激化しています。

  • 2021年10月- タレスグループは、ヨルダン・クウェート銀行(JKB)と提携し、中東に生体認証決済カードを導入すると発表しました。この新カードは、同銀行のMastercard World Eliteの顧客に提供される予定。その上、この地域で初めて商業的に利用可能な決済用生体認証カードとなる予定です。
  • 2020年12月-IDEMIAは、スウェーデンの優良なFinTechおよび銀行課題ャーであるRockerと、非接触型決済のセキュリティを向上させる契約を締結しました。F.CODEペイメントカードは、使いやすい生体認証手順を採用しており、カード所有者がPINやサインを入力する必要がないため、公共の場でのタッチポイントを減らし、取引を迅速かつ衛生的に、そして安全に行うことができます。

その他のメリット

  • 市場予測(ME)シート(Excel形式)
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者のバーゲニングパワー
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
    • 代替品の脅威
  • COVID-19が生体認証カード市場に与える影響の詳細評価(小売業や官公庁の限界的な減少、地域動向と連動した近・中期的な課題などが主要テーマ)
  • 業界エコシステム分析(センサー・部品メーカー、カードインテグレーター、マーケットイネーブラー、発行者技術)
  • 生体認証カードの進化(主要テーマは、アップルが牽引する第一波、マスターカードが牽引する第二波、ボリュームを牽引するためのASP引き下げの動き、協業・提携など)

第5章 市場の力学

  • 市場促進要因
    • 新興国における金融包摂の取り組みによる需要拡大
    • 多要素認証への移行が市場成長に好材料
  • 市場の課題
    • カード型以外のバイオメトリクス機器との強い競合
    • 高い導入コスト(相対的)

第6章 市場の細分化

  • アプリケーション別
    • ペイメント
    • アクセスコントロール
    • 政府認証と金融包摂
    • その他のアプリケーション(IoTベースのアプリケーションなど)
  • 業界別内訳
    • BFSI
    • 小売
    • 政府機関
    • ヘルスケア
    • 商業団体
    • その他業界別
  • 地域別情報
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • その他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Zwipe AS
    • Thales Group
    • IDEX Biometrics ASA
    • Goldpac Fintech
    • FINGERPRINT CARDS AB
    • Seshaasai Business Forms(P)Ltd
    • IDEMIA Group
    • ST Microelectronics
    • Matercard
    • Visa
    • Ethernom
    • Samsung's System LSI Business
    • Shanghai Fudan Microelectronics Group Co. Ltd

第8章 市場機会分析

第9章 投資分析

  • M&A(合併・買収)
  • 最も採用されている戦略

第10章 将来の展望

目次
Product Code: 72464

The Global Biometric Card Market was valued at USD 8.75 million in 2020, and it is expected to reach USD 1,691.81 million by 2026, registering a CAGR of 155.45% from 2021 to 2026.

Key Highlights

  • Biometric cards are a form of identification that analyses and recognizes individuals based on their physical and behavioral traits. These include fingerprints, eye retina, iris scanning, facial patterns, voice recognition, and body movement. Biometric cards also comprise smart cards with various security features, such as an optical strip or barcode, a holographic security image, and an embedded chip.
  • Biometric ID cards apply to several different solutions, especially for companies and individuals that require greater security. Moreover, companies in highly competitive fields may choose biometric cards as an added security against illegal duplication and theft. Advanced ID Cards serve government sectors, research institutions, and some universities and schools.
  • The market is witnessing many partnerships and collaborations with various companies in the biometric card ecosystem engaging in partnerships to develop and launch these cards in the market. For instance, in September 2021, Zwipe, a biometric payment card component provider, announced a partnership agreement with Realtime. The partnership aims at providing enhanced experience and security to the users of Realtime's Decentralized Finance (DEFI) Ecosystem-based on the former company's Pay ONE platform. Following the agreement, Realtime will issue biometric payment cards based on Zwipe Pay ONE to customers in Japan, India, Mexico, Brazil, and Europe beginning 2022.
  • The financial service industry was evolving at a significant pace even prior to the COVID-19 pandemic. This growth was driven by changing customer expectations, new entrants' growing competition, technological advancements, and evolving regulations.
  • However, the pandemic outbreak significantly impacted customer behavior, thereby significantly increasing the adoption of digital and contactless payments. For instance, in May 2020, VISA announced that over 13 million Visa cardholders in Latin American and Caribbean markets transacted for the first time during the initial three months of 2020 as in the last 15 months.

Key Market Trends

Payments segment to show significant growth

  • Biometric technology is gaining ground in the financial services sector as a secure and convenient alternative to passwords and PINs. This technology is increasingly being considered to have the potential of making the consumers' lives more manageable and providing them more significant choices to confirm their identity.
  • With a fingerprint sensor on the card body itself, paying with an EMV card is more effortless than ever before. Transactions, both in contact mode and in contactless mode, can be done with a simple touch, without the need to enter a PIN code on the Point-of-Sales (POS) Terminal. Another major benefit of using biometric payment is that it removes the cap or limit on contactless payment transactions. The users are authenticated securely with their fingerprints and can enjoy the convenience of contactless for any amount.
  • Besides, no upgrade is required on the POS terminals for the functioning of these cards, as the biometrics check is directly performed on the EMV biometric card and nowhere else​.
  • The ​​fingerprint data captured by the biometric sensor is securely stored in the secure chip of the card. Also, this data is not stored on the bank's servers nor sent over the air to a personalization bureau. Therefore, the very rigorous and privacy-friendly enrollment process is critical for the success of fingerprint payments.
  • Additionally, these cards can also be used with PIN code as a fallback solution in cases when the cardholder's fingerprint can not be used, such as ATM cash withdrawals.
  • According to Fingerprint Cards AB, around 6 billion payment devices are expected to be shipped every year by 2026. Also, almost all these devices are anticipated to be contactless. Moreover, the company depicts the potential Total Addressable Market (TAM) to be around 3 billion units per year for biometric sensor modules and software in the payment domain.

Asia Pacific to exhibit the highest growth rate

  • Biometric payment cards are a way to the future in the region, and there is a robust market for payment cards in the fast-paced Asia-Pacific region, even in the face of rising smartphone use. Various market vendors are currently working to integrate biometric technology and will have a truly disruptive offering that will allow to significantly expand the banking customer base in the region and integrate it with various end-users.
  • On the other hand, the increasing demand for biometric authentication systems across various end-users, including retail, gaming, banking, and financial sector, and hospitals, is significantly influencing the growth of the market across the country. For instance, in collaboration with IDEX Biometrics, the China Construction Bank (CCB) has agreed to use biometric cards in its digital renminbi experiments. The NFC-enabled biometric smart card will enable users to use digital currency without the need for a smartphone. These biometric cards will function as digital hard wallets for participants in the Chinese digital currency trial, known as DCEP. Fingerprint sensors and biometric software will safeguard these smart cards.
  • Similarly, in July 2021, Fingerprint Cards and MoriX, a Japanese-based electronics company, collaborated to develop and launch biometric payment cards in Japan. According to the company, the card will have the Fingerprints T-Shape module, which has ultra-low power consumption and is designed to be integrated into payment cards by using standard automated manufacturing methods. Furthermore, the company stated an increasing desire for card transactions among Japanese consumers, who seek touchless, secure, and frictionless payment methods.
  • The region made significant partnerships with various market vendors. For instance, in October 2020, IDEX Biometrics collaborated with Shanghai Fudan Microelectronics Group Co. Ltd to integrate IDEX's biometric solution with Fudan Microelectronics' latest generation Secure Element, which is aimed at multiple market segments. Fudan Microelectronics creates secure elements and solutions that assist payment, medical insurance, transportation, ID, and emerging digital currency standards and has dispatched over 10 billion ASICS.

Competitive Landscape

The market is seeing an intense rivalry among prominent vendors, who are increasingly expanding their business capabilities. The companies are engaging in partnerships with the technology providers to develop and launch advanced products in the market. As such, huge investments are being witnessed in the market, which is increasing the competition.

  • October 2021 - Thales Group announced a partnership with Jordan Kuwait Bank (JKB) to introduce a biometric payment card in the Middle East. The new card will be provided to the Mastercard World Elite customers of the bank. Besides, it will be the first commercially available biometric card for payments in the region.
  • December 2020 - IDEMIA signed an agreement to improve contactless payment security with Rocker, a blue-chip Swedish FinTech and bank challenger. The F.CODE payment card uses a user-friendly biometric authentication procedure, which makes transactions faster, sanitary, and secure by eliminating the need for cardholders to enter a PIN or sign, reducing touch points in public places.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitute Products
  • 4.3 Detailed Assessment of the Impact of COVID-19 on the Biometric Card Market (Key themes covered include marginal decline in retail and government sectors, near and medium-term challenges linked to regional trends, etc.)
  • 4.4 Industry Ecosystem Analysis (Sensor and Component Manufacturers, Card Integrators, Market Enablers, Issuers Technology)
  • 4.5 Evolution of Biometric Cards (Key themes include the first wave driven by Apple, the second wave being driven by Mastercard, the move toward the reduction of ASP to drive volumes, and collaborations and partnerships)

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growing Demand from Financial Inclusion-based Initiatives in Emerging Countries
    • 5.1.2 Move Toward Multi-factor Authentication Bodes Well for Market Growth
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Strong Competition from Non-card Biometric Devices
    • 5.2.2 Higher Implementation Costs (Relatively Speaking)

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Application
    • 6.1.1 Payments
    • 6.1.2 Access Control
    • 6.1.3 Government ID and Financial Inclusion
    • 6.1.4 Other Applications (IoT-based applications, etc.)
  • 6.2 By End-User Vertical
    • 6.2.1 BFSI
    • 6.2.2 Retail
    • 6.2.3 Government
    • 6.2.4 Healthcare
    • 6.2.5 Commercial Entities
    • 6.2.6 Other End-user Verticals
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia pacific
    • 6.3.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles*
    • 7.1.1 Zwipe AS
    • 7.1.2 Thales Group
    • 7.1.3 IDEX Biometrics ASA
    • 7.1.4 Goldpac Fintech
    • 7.1.5 FINGERPRINT CARDS AB
    • 7.1.6 Seshaasai Business Forms (P) Ltd
    • 7.1.7 IDEMIA Group
    • 7.1.8 ST Microelectronics
    • 7.1.9 Matercard
    • 7.1.10 Visa
    • 7.1.11 Ethernom
    • 7.1.12 Samsung's System LSI Business
    • 7.1.13 Shanghai Fudan Microelectronics Group Co. Ltd

8 MARKET OPPORTUNITY ANALYSIS

9 INVETSMENT ANALYSIS

  • 9.1 Mergers and Acquisitions
  • 9.2 Most Adopted Strategies

10 FUTURE OUTLOOK