デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1055554

葉面肥料の市場- 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Foliar Fertilizer Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 131 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.18円
葉面肥料の市場- 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 131 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

葉面肥料市場は、予測期間(2020-2025年)にCAGR6.5%を記録すると予測されています。

主なハイライト

  • 屋内農場の増加、耕作地の減少、作物の肥料の葉面散布による植物の即効性が、葉面肥料市場を牽引する主要因です。
  • 北米が最大の市場であり、次いで欧州が2番目の市場であると予想されています。インドや他のアジア諸国などの新興国における水耕栽培や垂直ファームのスタートアップは、予測期間中に最も急速に成長している市場としてそれを維持し、葉状肥料アジア太平洋の市場を後押ししている可能性があります。
  • 例えば、2017年;インドでUrban Kissanと名付けられたスタートアップの垂直農園が開始されました。日本には、12の異なる場所に25,000 sq.ftを持つ世界最大の垂直農法企業の1つがあり、1日あたり10,000のレタスヘッドの生産能力を有しています。

主な市場動向

屋内栽培の増加

屋内農業は、屋外農業と比較した場合の利点を考慮すると、世界中で成長しています。高い投資額にもかかわらず、高い生産性と水・農薬・作物栄養剤の使用量の大幅な減少が、世界中で屋内農業を後押ししています。室内農業の大部分は、水耕栽培、垂直農法、エアロポニックスなどの土を使わない栽培システムで運営されているが、葉面散布で栄養を補給する方法が選ばれています。このため、世界中で葉面散布用肥料の使用量が増加する可能性が高いです。2017年にArtemis AGが実施した調査によると、米国では、室内農場の24%のみが栽培媒体の一つとして土壌を使用しているのに対し、同国の室内農場の76%は他の形態の栽培媒体を使用しているとのことです。

北米が最大市場として継続する見通し

北米は予測期間(2020-2025年)において、CAGR6.3%を記録すると予測されています。栄養価の高い食品への需要が高まっていることが、同地域における葉面肥料の販売に影響を与える室内栽培の必要性を高める主な要因となっています。例えば、米国では温室トマトやレタスの需要が増加しており、同国での室内農業の増加につながっています。同様に、カナダの農業センサス2011-16によると、オンタリオ州の温室栽培の面積は、2011年から2016年の間に30%の増加を記録しています。

競合情勢

Yara International ASA、Haifa Group、ICL Specialty Fertilizers、Stoller Europe SLU、J.R. Simplot Companyが世界の葉状肥料市場の主要プレイヤーで、共に主要市場シェアを占めています。M&A、パートナーシップ、拡張、および製品の発売は、主要なプレーヤーによって最も採用されたビジネス戦略です。例えば、次のようなものです。

  • Yara North Americaは、2019年に北米地域の芝と観賞用に特別に設計された葉面栄養剤であるYaraVita Optimum Turfを発売しました。
  • 米国の肥料開発企業であるAmega Sciences USAは、2019年に6つの新しい葉面栄養剤を発売しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 栄養素の種類
    • 大栄養素
      • 窒素
      • リン
      • カリウム
    • 微量栄養素
  • 応用分野
    • 穀物・穀類
    • 豆類・油糧種子
    • 果実・野菜
    • 芝と観葉植物
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • ロシア
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米地域
      • アルゼンチン
      • ブラジル
      • その他の南米地域
    • アフリカ
      • 南アフリカ
      • その他のアフリカ

第6章 競合情勢

  • 最も採用されている戦略
  • 市場シェア分析
  • 企業プロファイル
    • Yara International ASA
    • Haifa Group.
    • ICL Specialty Fertilizers
    • Stroller Europe SLU
    • J.R. Simplot Company
    • AgroLiquid.
    • SprayGro.
    • AgNova Technologies Pty Ltd
    • Nakashima Co.,Ltd
    • Arysta Lifescience South Africa.

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 68474

The foliar fertilizer market is projected to witness a CAGR of 6.5 % during the forecast period (2020-2025).

Key Highlights

  • The increasing number of indoor farms, decreasing arable land, and the immediate effect of the plant to the foliar application of fertilizers the crop are the major factors that are driving the foliar fertilizer market.
  • North America is expected to be the largest market followed by Europe, the second-largest market. The emerging hydroponic and vertical farm start-ups in developing nations such as India and other Asian countries are likely to boost the market for foliar fertilizers Asia-Pacific, keeping it as the fastest-growing market during the forecast period.
  • For instance, In 2017; a start-up vertical farm named Urban Kissan was started in India. Japan has one of the largest vertical farming companies in the globe with 25,000 sq.ft in 12 different locations, which has a production capacity of 10,000 lettuce heads per day.

Key Market Trends

Increasing Indoor farming

Indoor farming is growing across the world considering its benefits over outdoor farming. Despite the high investment, high productivity and a substantial decrease in the usage of water, pesticide, and crop nutrition products are boosting indoor farming across the globe. While the majority of the indoor farms operating on soil-less cultivation systems such as hydroponics, vertical farming, and aeroponics, the choose foliar spraying to provide additional nutrition. This is likely to boost the usage of foliar fertilizers across the globe. According to a survey conducted by Artemis AG in 2017; in the United States, only 24% of the indoor farms are using soil as one of the media for cultivation, whereas 76% of the indoor farms in the country are using other forms of cultivation media.

North America is projected to remain the largest market

North America is projected to witness a CAGR of 6.3% during the forecast period (2020-2025). The increasing demand for highly nutritious food is the major driver that is boosting the need for indoor farming which in turn affecting the sale of foliar fertilizers in the region. For instance, the demand for greenhouse tomatoes and lettuce is increasing in the United States, leading to an increase in indoor farming in the country. Similarly, as per the Canada agriculture census 2011-16, the area under green house cultivation in Ontario has registered 30% increase between 2011 and 2016.

Competitive Landscape

Yara International ASA, Haifa Group., ICL Specialty Fertilizers, Stoller Europe SLU, and J.R. Simplot Company are major players in the global foliar fertilizer market, together accounting for major market share. Mergers & acquisition, partnership, expansion, and product launch are the most adopted business strategies by the major players. For instance,

  • Yara North America launched YaraVita Optimum Turf in 2019, a foliar nutrition specifically designed for turf and ornamental in the North America region.
  • AmegA Sciences USA, US fertilizer developer has launched its six new foliar nutrition products in 2019.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions & Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Nutrient Type
    • 5.1.1 Macronutrients
      • 5.1.1.1 Nitrogen
      • 5.1.1.2 Phosphorus
      • 5.1.1.3 Potassium
    • 5.1.2 Micronutrients
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Cereals & Grains
    • 5.2.2 Pulses and Oilseeds
    • 5.2.3 Fruits and Vegetables
    • 5.2.4 Turf and Ornamentals
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
      • 5.3.1.4 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Russia
      • 5.3.2.7 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 India
      • 5.3.3.3 Japan
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Argentina
      • 5.3.4.2 Brazil
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Africa
      • 5.3.5.1 South Africa
      • 5.3.5.2 Rest of Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Most Adopted Strategies
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Yara International ASA
    • 6.3.2 Haifa Group.
    • 6.3.3 ICL Specialty Fertilizers
    • 6.3.4 Stroller Europe SLU
    • 6.3.5 J.R. Simplot Company
    • 6.3.6 AgroLiquid.
    • 6.3.7 SprayGro.
    • 6.3.8 AgNova Technologies Pty Ltd
    • 6.3.9 Nakashima Co.,Ltd
    • 6.3.10 Arysta Lifescience South Africa.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS