デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1425123

子宮内膜症治療の世界市場:予測(2024年~2029年)

Endometriosis Treatment Market - Forecasts from 2024 to 2029

出版日: | 発行: Knowledge Sourcing Intelligence | ページ情報: 英文 143 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
子宮内膜症治療の世界市場:予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年01月29日
発行: Knowledge Sourcing Intelligence
ページ情報: 英文 143 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の子宮内膜症治療の市場規模は、2022年の14億3,100万米ドルから、2029年には29億1,000万米ドルへとCAGR11.87%で成長すると予測されています。

日常生活に支障をきたすような、一般的ではあっても耐え難い症状が子宮内膜症です。子宮内膜症になると、子宮内膜に似た組織が骨盤や腹部のあちこちに増殖します。子宮内膜症は、生殖に関する問題だけでなく、痛みを伴い、生理が長引く原因にもなります。子宮内膜症の治療には、薬物療法や手術が用いられることが多いです。

増加する子宮内膜症の有病率

世界保健機関(WHO)によると、世界の生殖年齢にある女性・青少年の約10%(1億9,000万人)が子宮内膜症に罹患しています。極度の骨盤の不快感は、子宮内膜症の一般的な副作用であり、特に月経中に起こることが多いです。また、トイレや性交時に痛みを感じる人もいます。妊娠に悩む人も少なからずいます。社会的地位や文化的背景に関係なく、子宮内膜症は、初潮の時期から閉経まで、世界中の多くの女性が罹患する複雑な病気です。子宮内膜症の治療は、現在のところ治療法が認められていないため、症状の管理に重点を置くことが多くなっています。これが子宮内膜症治療産業の成長につながっています。

子宮内膜症啓発プログラムの増加

様々な政府機関が、子宮内膜症に関する必要な知識を人々に提供するためのプログラム作りに力を入れています。例えば、「ENPOWRプロジェクト」は、EndoFoundが青少年に焦点を当てた取り組みで、9年生から12年生(中学3年生~高校3年生)のティーンエイジャーに月経の健康情報と子宮内膜症教育を提供しています。若い女性の子宮内膜症や月経困難症に対する理解は、教育によって改善することができます。このキャンペーンは、看護学生や医学生に子宮内膜症の早期発見・早期管理を促すもので、子宮内膜症治療市場を押し上げました。ティーン・アウトリーチ・プログラムは、子宮内膜症協会の最も重要な教育プログラムの1つで、子宮内膜症の最も影響を受けやすい被害者である10代の少女に焦点を当て、子宮内膜症の生活への影響を大幅に軽減することができます。子宮内膜症協会は、これまでに34の州で2,577個のティーン・アウトリーチ教育キットを何千人もの子供たちに配布してきました。

ゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)の成長

ゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)は内分泌系の下垂体から分泌され、卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの合成を促進します。性ホルモンのテストステロン、エストロゲン、プロゲステロンは、これらのゴナドトロピン(ホルモン)によって産生されます。性の発達、性衝動、生殖能力はGnRHに依存しています。GnRHは間接的に、女性の生殖系におけるプロゲステロンとエストロゲンの体内合成を促進します。これらは主要な女性ホルモンであり、妊娠と排卵に不可欠です。

子宮内膜症治療における人工知能と遠隔医療

ここ数十年、通信技術やコンピュータを利用した技術がヘルスケア行政にうまく応用されています。さらに、COVID-19パンデミック第2期には、これらの技術は通常の診療、特に子宮内膜症のような持続的な病気を持つ患者の管理に広く使用されていました。疼痛緩和や不妊症の治療を求める子宮内膜症患者のほとんどは、パンデミックの制限により病院を訪れることができませんでした。腸閉塞、直腸出血、尿路出血、嚢胞破裂、耐えがたい腹痛などの急性子宮内膜症問題の可能性は、このような状況によって提起されました。

北米では、子宮内膜症治療市場は堅調に成長すると予測されています。

北米の子宮内膜症治療市場は、同地域における子宮内膜症の有病率の増加によって活性化すると予測されています。例えば、Office on Women's Healthによると、子宮や子宮の内膜に似た組織が臓器の外で成長すると子宮内膜症になる可能性があります。子宮内膜症の増殖は、月経期間中、腫れたり出血したりすることがあります。子宮内膜症は、15歳から44歳までのアメリカ人女性の11%以上が罹患している可能性があります。子宮内膜症は30代から40代の女性に多くみられ、妊娠をより困難にする可能性があります。様々な治療で症状を抑えることができ、妊娠の可能性を高めることもできます。

子宮内膜症ホルモン療法

  • 黄体ホルモン療法:レボノルゲストレルを含む子宮内避妊具(ミレーナ、スカイラ)、避妊用インプラント(ネクスプラノン)、静脈内避妊薬(デポプロベラ)、または黄体ホルモンピル(カミラ)など、数多くの黄体ホルモン療法があります。
  • アロマターゼ阻害薬:アロマターゼ阻害薬として知られる一群の薬は、体内のエストロゲンのレベルを下げる働きをします。子宮内膜症を管理するために、医師はアロマターゼ阻害薬と黄体ホルモンを組み合わせたホルモン避妊薬の使用を勧めることがあります。
  • ホルモン避妊薬、避妊ピル、パッチ、膣リングは、毎月の子宮内膜組織の蓄積の原因となるホルモンの調整を助けます。状況によっては、ホルモン性避妊薬、特に継続的な周期のレジメンを使用することで、不快感が軽減または消失することがあります。

FDAによる子宮内膜症治療医薬品の承認

  • 2023年6月、GSK plcによると、ミスマッチ修復欠損(dMMR)/マイクロサテライト不安定性高値(MSI-H)の原発性進行または再発子宮内膜がん成人患者を対象とした化学療法との併用によるジェンペルリ(ドスタルリマブ)の生物製剤追加承認申請(sBLA)が米国食品医薬品局(FDA)に受理されました。
  • 2022年8月、Myovant SciencesとPfizer Inc.は、MYFEMBREE(R)(relugolix 40mg、estradiol 1mg、norethindrone acetate 0.5mg)が閉経前女性における中等度から重度の子宮内膜症に関連した疼痛の管理のための1日1回1錠の治療薬として米国食品医薬品局(FDA)より承認されたと発表しました。治療レジメンは最長24ヵ月まで継続可能です。

目次

第1章 イントロダクション

  • 市場概要
  • 市場の定義
  • 調査範囲
  • 市場セグメンテーション
  • 通貨
  • 前提条件
  • 基準年と予測年のタイムライン

第2章 調査手法

  • 調査データ
  • 前提条件

第3章 エグゼクティブサマリー

  • 調査ハイライト

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
  • 業界バリューチェーン分析

第5章 子宮内膜症治療市場:治療タイプ別

  • イントロダクション
  • 鎮痛薬
  • ホルモン療法

第6章 子宮内膜症治療市場:薬剤クラス別

  • イントロダクション
  • NSAID
  • 経口避妊薬
  • その他

第7章 子宮内膜症治療市場:流通チャネル別

  • イントロダクション
  • 院内薬局
  • 小売薬局
  • その他

第8章 子宮内膜症治療市場:地域別

  • イントロダクション
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ
  • 南米
    • ブラジル
    • アルゼンチン
    • その他
  • 欧州
    • 英国
    • ドイツ
    • フランス
    • スペイン
    • その他
  • 中東・アフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • イスラエル
    • その他
  • アジア太平洋
    • 日本
    • 中国
    • インド
    • 韓国
    • インドネシア
    • タイ
    • その他

第9章 競合環境と分析

  • 主要企業と戦略分析
  • 市場シェア分析
  • 合併・買収・協定・協業
  • ベンダー競争力マトリックス

第10章 企業プロファイル

  • Bayer
  • Apollo Cradle
  • Endodiag
  • HCA Healthcare UK
  • EndoFound
  • The Endometriosis Clinic
  • The Endo Co
  • Bupa
  • NYU Langone Health
  • Cromwell Hospital
目次
Product Code: KSI061616242

The endometriosis treatment market is expected to grow at a CAGR of 11.87% from US$1.431 billion in 2022 to US$2.91 billion in 2029.

A common yet excruciating condition that can interfere with individuals' everyday lives is endometriosis. When endometriosis is present, tissue that resembles the uterine lining grows in additional places in one's pelvis and abdomen. Endometriosis can cause painful, prolonged periods in addition to reproductive issues. Medication or surgery is often used to treat endometriosis.

Growing prevalence of endometriosis

According to the World Health Organization, approximately 10% (190 million) of women and adolescents of reproductive age worldwide suffer from endometriosis. Extreme pelvic discomfort is a common side effect of endometriosis, particularly during menstruation. Some also experience pain when using the restroom or having intercourse. A few individuals struggle with conception. Regardless of their social standing or cultural background, endometriosis is a complicated illness that affects a large number of women worldwide from the time of their menarche until menopause. Endometriosis therapy often focuses on managing symptoms because there is presently no recognized cure for the condition. This has led to the growth of the endometriosis treatment industry.

Rising endometriosis awareness programs

Various government association is focusing on building programs to provide people with the required knowledge about endometriosis. For instance, The ENPOWR Project is EndoFound's youth-focused effort to provide menstrual health information and endometriosis education to teenagers in grades 9 through 12. Young women's understanding of endometriosis and dysmenorrhea can be improved by education. The campaign encouraged nursing and medical students to seek care for endometriosis early identification and management boosting the endometriosis treatment market. The Teen Outreach Programme is one of the Endometriosis Association's most significant educational programs because it focuses on teenage girls who are the disease's most susceptible victims and can significantly lessen the disease's effects on their lives. The association has given out 2,577 Teen Outreach instructional kits to thousands of children throughout 34 states.

Growth of Gonadotropin-Releasing Hormone (GnRH)

Gonadotropin-releasing hormone (GnRH) is used by the pituitary gland in the endocrine system to promote the synthesis of follicle-stimulating hormone and luteinizing hormone. The sex hormones testosterone, estrogen, and progesterone are produced by these gonadotropins (hormones). Sexual development, sex drive, and fertility depend on GnRH. GnRH indirectly promotes the body's synthesis of progesterone and estrogen in the female reproductive system. These are the main female sex hormones, and they are essential for conception and ovulation.

Artificial Intelligence and Telemedicine in the Treatment of Endometriosis

Communication and computer-based technologies have been successfully applied to healthcare administration in recent decades. Additionally, during the COVID-19 epidemic 2, these technologies were widely used in regular practice, particularly for the management of patients with persistent illnesses like endometriosis. Most endometriosis patients seeking treatment for pain alleviation or infertility were unable to visit hospitals due to pandemic limitations. The possibility of acute endometriosis problems such as intestinal blockage, rectal or urinary bleeding, cyst rupture, and excruciating abdominal pain was raised by this circumstance.

In North America, it is projected that the endometriosis treatment market will grow steadily.

The endometriosis treatment market in North America is anticipated to be fueled by the growing prevalence of endometriosis in the region. For instance, according to the Office on Women's Health, when tissue that resembles the lining within the uterus or womb grows outside of those organs it might lead to endometriosis. Endometriosis growths may swell and bleed throughout the menstrual period. It may affect more than 11 percent of American women between the ages of 15 and 44. It is more common in women in their 30s and 40s and may make getting pregnant more challenging. The symptoms may be controlled with a variety of treatments, which can also increase one's chances of getting pregnant.

Endometriosis Hormone Therapy

  • Progestin Therapy, Numerous progestin treatments, such as an intrauterine device with levonorgestrel (Mirena, Skyla), a contraceptive implant (Nexplanon), an intravenous contraceptive (Depo-Provera), or a progestin pill (Camila).
  • Aromatase Inhibitors, a group of medications known as aromatase inhibitors work to lower the level of estrogen in the body. To manage endometriosis, the doctor may advise using a combination hormonal contraception that combines an aromatase inhibitor with a progestin.
  • Hormonal Contraceptives, Birth control pills, patches, and vaginal rings assist regulate the hormones that cause the monthly accumulation of endometrial tissue. In some circumstances, using hormonal contraceptives, particularly continuous-cycle regimens, may lessen or eliminate discomfort.

FDA Approvals for Endometriosis Treatment Drugs

  • In June 2023, the supplemental Biologics Licence Application (sBLA) for Jemperli (dostarlimab) in combination with chemotherapy for the treatment of adult patients with mismatch repair deficient (dMMR)/microsatellite instability-high (MSI-H) primary advanced or recurrent endometrial cancer was accepted by the US Food and Drug Administration (FDA), according to GSK plc.
  • In August 2022, Myovant Sciences and Pfizer Inc. announced that MYFEMBREE® (relugolix 40 mg, estradiol 1 mg, and norethindrone acetate 0.5 mg) has been approved by the U.S. Food and Drug Administration (FDA) as a once-daily, one-pill treatment for the management of moderate to severe endometriosis-related pain in premenopausal women. The treatment regimen may last up to 24 months.

Market Key Developments

  • In February 2022, to commercialize and market Linzagolix, an oral GnRH antagonist, ObsEva SA, a biopharmaceutical business researching and commercializing innovative medicines for women's health, and Theramex, a top global pharmaceutical firm specializing in women's health, have entered into a licensing agreement.
  • In November 2021, Organon and Forendo Pharma announced that they had signed a legally binding agreement under which Organon would acquire Forendo, a clinical-stage pharmaceutical firm that specializes in cutting-edge therapies for women's health.

Segmentation:

By Treatment Type

  • Pain Medication
  • Hormone Therapy

By Drug Class

  • NSAIDs
  • Oral Contraceptive
  • Others

By Distribution Channel

  • Hospital Pharmacy
  • Retail Pharmacy
  • Others

By Geography

  • North America
  • United States
  • Canada
  • Mexico
  • South America
  • Brazil
  • Argentina
  • Others
  • Europe
  • United Kingdom
  • Germany
  • France
  • Spain
  • Others
  • Middle East and Africa
  • Saudi Arabia
  • UAE
  • Israel
  • Others
  • Asia Pacific
  • Japan
  • China
  • India
  • South Korea
  • Indonesia
  • Thailand
  • Others

TABLE OF CONTENTS

1. INTRODUCTION

  • 1.1. Market Overview
  • 1.2. Market Definition
  • 1.3. Scope of the Study
  • 1.4. Market Segmentation
  • 1.5. Currency
  • 1.6. Assumptions
  • 1.7. Base, and Forecast Years Timeline

2. RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1. Research Data
  • 2.2. Assumptions

3. EXECUTIVE SUMMARY

  • 3.1. Research Highlights

4. MARKET DYNAMICS

  • 4.1. Market Drivers
  • 4.2. Market Restraints
  • 4.3. Porter's Five Force Analysis
    • 4.3.1. Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2. Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3. Threat of New Entrants
    • 4.3.4. Threat of Substitutes
    • 4.3.5. Competitive Rivalry in the Industry
  • 4.4. Industry Value Chain Analysis

5. ENDOMETRIOSIS TREATMENT MARKET, BY TREATMENT TYPE

  • 5.1. Introduction
  • 5.2. Pain Medication
  • 5.3. Hormone Therapy

6. ENDOMETRIOSIS TREATMENT MARKET, BY DRUG CLASS

  • 6.1. Introduction
  • 6.2. NSAIDs
  • 6.3. Oral Contraceptive
  • 6.4. Others

7. ENDOMETRIOSIS TREATMENT MARKET, BY DISTRIBUTION CHANNEL

  • 7.1. Introduction
  • 7.2. Hospital Pharmacy
  • 7.3. Retail Pharmacy
  • 7.4. Others

8. ENDOMETRIOSIS TREATMENT MARKET, BY GEOGRAPHY

  • 8.1. Introduction
  • 8.2. North America
    • 8.2.1. United States
    • 8.2.2. Canada
    • 8.2.3. Mexico
  • 8.3. South America
    • 8.3.1. Brazil
    • 8.3.2. Argentina
    • 8.3.3. Others
  • 8.4. Europe
    • 8.4.1. United Kingdom
    • 8.4.2. Germany
    • 8.4.3. France
    • 8.4.4. Spain
    • 8.4.5. Others
  • 8.5. The Middle East and Africa
    • 8.5.1. Saudi Arabia
    • 8.5.2. UAE
    • 8.5.3. Israel
    • 8.5.4. Others
  • 8.6. Asia Pacific
    • 8.6.1. Japan
    • 8.6.2. China
    • 8.6.3. India
    • 8.6.4. South Korea
    • 8.6.5. Indonesia
    • 8.6.6. Thailand
    • 8.6.7. Others

9. COMPETITIVE ENVIRONMENT AND ANALYSIS

  • 9.1. Major Players and Strategy Analysis
  • 9.2. Market Share Analysis
  • 9.3. Mergers, Acquisitions, Agreements, and Collaborations
  • 9.4. Vendor Competitiveness Matrix

10. COMPANY PROFILES

  • 10.1. Bayer
  • 10.2. Apollo Cradle
  • 10.3. Endodiag
  • 10.4. HCA Healthcare UK
  • 10.5. EndoFound
  • 10.6. The Endometriosis Clinic
  • 10.7. The Endo Co
  • 10.8. Bupa
  • 10.9. NYU Langone Health
  • 10.10. Cromwell Hospital