デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1321598

セメント添加剤市場-2023年から2028年までの予測

Cementing Additives Market - Forecasts from 2023 to 2028

出版日: | 発行: Knowledge Sourcing Intelligence | ページ情報: 英文 141 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
セメント添加剤市場-2023年から2028年までの予測
出版日: 2023年07月14日
発行: Knowledge Sourcing Intelligence
ページ情報: 英文 141 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

セメント添加剤市場は、2021年に166億3,500万米ドルと評価されました。

セメント添加剤は、セメントの特性を強化または変更するためにセメントに配合される物質であり、これらの添加剤は、製造工程で導入されるか、使用前にセメントと混合されます。その目的は、セメントの強度、加工性、凝固時間、耐久性、その他の望ましい特性を向上させることです。一般的なセメント添加剤には、セメント遅延剤、分散剤、消泡剤、流体損失添加剤などがあり、石油・ガス産業や建設分野で、セメントの性能を高め、坑井の健全性を向上させるために使用されています。石油・ガス井の建設と建設活動の増加は、セメント添加剤の需要を加速すると予想されます。

石油・ガスセクターへの投資がセメント添加剤の需要を増大させています。

セメントは、坑井と周囲の地層との間に強力で不浸透性のバリアを形成します。セメント添加剤は、環境保護のためにセメントの特性を向上させ、炭化水素の回収を最大化し、坑井の完全性を確保するため、このプロセスにおいて不可欠です。セメント添加剤は、効果的なゾーンアイソレーションの達成、流体の移動の防止、坑井の操業期間中の完全性の維持に重要な役割を果たします。石油・ガス業界では、高圧・高温(HPHT)貯留層、深海坑井、非在来型シェール層などの厳しい環境での掘削傾向が高まっています。これらの環境は、坑井の健全性に独自の課題をもたらし、セメントシースを極限状態にさらします。セメント添加剤は、強度を高め、熱的・化学的ストレスに対する耐性を向上させ、ガスや流体の移動に対する耐性を高めることで、これらの課題に対処する上で極めて重要です。新しい油井・ガス井の建設投資の増加は、セメント添加剤の需要を加速しています。米国エネルギー情報局によると、2022年の9月30日時点の天然ガス直接掘削リグは160基で、これまでに53基増加し、石油直接掘削リグは602基で、481基増加しました。2023年、石油・天然ガス公社(ONGC)は、アラビア海の主要ガス埋蔵資産に103の井戸を建設するために20億米ドルを投資すると発表しました。このことは、セメント添加剤が今後大きな需要を持つことを示しています。

建設活動の拡大が市場成長の原動力になると予想されます。

建設プロジェクトの規模と複雑さが増すにつれて、高性能のセメンティングソリューションに対する需要が不可欠になります。セメント添加剤は、セメントの特性を向上させ、建設用途の特定の要件や課題に対応できるようにする上で重要な役割を果たします。コンクリート強度、耐久性、耐性を向上させるセメント添加剤は、環境への配慮や構造物の長寿命化がより重視される中で、高い需要があります。セメント添加剤は、圧縮強度の向上、浸透性の低減、化学的攻撃や摩耗に対する抵抗性の向上、ひび割れや収縮に対する抵抗性の向上が可能です。これらの添加剤を建設プロジェクトのセメントに組み込むことで、構造物の耐用年数を延ばし、メンテナンスの必要性を減らし、ライフサイクルコストを下げることができます。建設支出の増加は、セメント添加剤の需要を促進します。米国国勢調査局によると、2023年の米国における建設支出は、2022年から2023年3月までの間に3.58%増加しました。

プレキャストコンクリートや自己圧密コンクリート(SCC)などの高度な建設技術の採用が増加していることも、セメント添加剤の需要に寄与しています。プレキャストコンクリート製造には、コンクリートの流動性、凝固時間、初期強度発現を向上させ、効率的な生産と高品質のプレキャスト要素を確保するセメント添加剤が必要です。

予測期間中、アジア太平洋地域が大きな市場シェアを占めると予想されます。

アジア太平洋地域は、急速な都市化、インフラ開拓、同地域における石油・ガス部門の成長により、大きな市場シェアを占めています。2022年、中国政府は上海の洋山深水港に170億元(23億8,000万米ドル)を投資して液化天然ガス施設の拡張を承認し、このプロジェクトは年間600万トンのガス生産能力を追加することになります。インド・ブランド・エクイティ財団(IBEF)によると、2023年には、国家インフラ・パイプライン(NIP)に含まれるプロジェクトの約42%が実施中で、さらに19%が開発段階、31%がまだ構想段階にあります。こうした動きがセメント添加剤の需要を押し上げ、地域の成長を後押しすると思われます。

石油・ガス価格の不安定さとエネルギー市場の変動は、依然として大きな課題です。

セメント添加剤市場は石油・ガス産業に大きく依存しています。石油・ガス価格の変動は、探鉱・生産活動の変動につながり、セメント添加剤の需要に不確実性をもたらします。経済的な不確実性やエネルギー市場の変動は、投資判断に影響を与え、セメント添加剤の普及を減速させる可能性があります。排出物、水質汚染、廃棄物の発生を削減することを目的とした規制は、特定の添加物の入手や使用を制限し、市場の成長に影響を与える可能性があります。

市場動向:

  • 2022年10月:Betolar社がインドでジオプライム添加剤を使用したコンクリート製品を発売。これは、灰と高炉スラグ(GGBFS)を使用したセメントフリーコンクリート製造に使用できます。
  • 2022年9月:ファースト・グラフェンが、CO2排出量を削減し、コンクリートの耐久性を向上させ、高い圧縮強度と曲げ強度を持つ新しいセメント・コンクリート添加剤「ピュアグラフCEM」を発売。
  • 2022年2月:ユークリッド化学は、セメントの性能向上と製造時のCO2排出量削減を目的に、北米のセメント粉砕助剤・添加剤事業会社Chryso社を買収。

目次

第1章 イントロダクション

  • 市場概要
  • 市場の定義
  • 調査範囲
  • 市場セグメンテーション
  • 通貨
  • 前提条件
  • 基準年と予測年のタイムライン

第2章 調査手法

  • 調査データ
  • 調査プロセス

第3章 エグゼクティブサマリー

  • 調査ハイライト

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
  • 業界バリューチェーン分析

第5章 セメント添加剤市場:タイプ別

  • イントロダクション
  • セメント遅延剤
  • 分散剤
  • 消泡剤
  • 脱水調整剤
  • その他

第6章 セメント添加剤市場:用途別

  • イントロダクション
  • 石油・ガス
  • 建設

第7章 セメント添加剤市場:地域別

  • イントロダクション
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ
  • 南米
    • ブラジル
    • アルゼンチン
    • その他
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • フランス
    • スペイン
    • その他
  • 中東・アフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • その他
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • 韓国
    • インド
    • オーストラリア
    • その他

第8章 競合環境と分析

  • 主要企業と戦略分析
  • 新興企業と市場収益性
  • 合併、買収、合意およびコラボレーション
  • ベンダー競争力マトリックス

第9章 企業プロファイル

  • Altana AG
  • Chevron Phillips Chemical Company LLC.
  • Global Drilling Fluids and Chemicals Ltd.
  • Halliburton
  • Hexion
  • Impact Fluid Solutions
  • SNF Group
  • Solvay
目次
Product Code: KSI061615412

The cementing additives market was valued at US$16.635 billion in 2021.

Cementing additives are substances incorporated into cement to enhance or modify its properties, and these additives are introduced during the manufacturing process or mixed with cement before its usage. Their purpose is to improve strength, workability, setting time, durability, or other desired characteristics of the cement. Common cementing additives include cement retarders, dispersants, defoamers, and fluid loss additives used in the oil & gas industry and the construction sector to enhance cement performance and improve wellbore integrity. The increase in oil & gas well construction and growth in construction activities is anticipated to accelerate the demand for cementing additives.

Investments in the oil & gas sector are augmenting the demand for cementing additives.

Cementing is a critical process in oil and gas well construction, where cement creates a strong and impermeable barrier between the wellbore and surrounding formations. Cementing additives are vital in this process as they enhance the properties of cement for environmental protection, maximize hydrocarbon recovery, and ensure wellbore integrity. Cementing additives play a crucial role in achieving effective zonal isolation, preventing fluid migration, and maintaining the integrity of the well throughout its operational life. There is a growing trend towards drilling in challenging environments such as high-pressure and high-temperature (HPHT) reservoirs, deepwater wells, and unconventional shale formations in the oil & gas industry. These environments pose unique challenges to wellbore integrity, subjecting the cement sheath to extreme conditions. Cementing additives are crucial in addressing these challenges by providing enhanced strength, improved resistance to thermal & chemical stresses, and increased resistance to gas or fluid migration. The rise in investments to construct new oil & gas wells accelerates the demand for cementing additives. According to the US Energy Information Administration, in 2022, natural gas-directed rigs totaled 160 as of September 30, an increase of 53 so far in 2022, and oil-directed rigs totaled 602, an increase of 481. In 2023, the Oil and Natural Gas Corporation Limited (ONGC) announced an investment of USD 2 billion to construct 103 wells on its main gas-bearing asset in the Arabia Sea. This shows that cementing additives will have a great demand in the future.

Growing construction activities are expected to drive market growth.

The demand for high-performance cementing solutions becomes essential as construction projects increase in scale and complexity. Cementing additives play a crucial role in enhancing the properties of cement, enabling it to meet the specific requirements and challenges of construction applications. There is a high demand for cementing additives that improve concrete strength, durability, and resistance with a greater emphasis on environmental consciousness and the longevity of structures. Cementing additives can enhance compressive strength, reduce permeability, increase resistance to chemical attack or abrasion, and improve cracking or shrinkage resistance. Incorporating these additives into cement for construction projects can give structures a longer service life, reduced maintenance needs, and lower life cycle costs. The increase in construction spending will bolster the demand for cementing additives. According to U.S. Census Bureau, in 2023, construction spending in the USA rose by 3.58% between Mech 2022 and November March 2023.

The increasing adoption of advanced construction techniques, such as precast concrete or self-consolidating concrete (SCC), also contributes to the demand for cementing additives. Precast concrete manufacturing requires cementing additives that enhance the flowability, setting time, and early strength development of the concrete, ensuring efficient production and high-quality precast elements.

The Asia-Pacific region is expected to hold a significant market share during the projected period.

The Asia-Pacific region holds a major market share due to rapid urbanization, infrastructure development, and growth in the oil & gas sector in the region. In 2022, the Chinese government approved a liquefied natural gas facility expansion in the Yangshan Deep Water Port in Shanghai with an investment of 17 billion yuan ($2.38 billion), and the project would add a capacity of 6 million tons of gas a year. According to India Brand Equity Foundation (IBEF), in 2023, about 42% of the projects in the National Infrastructure Pipeline (NIP) are under implementation, and another 19% are under the development stage, while 31% are still in the conceptual stage. These developments will propel the demand for cementing additives, boosting regional growth.

The instability in the oil & gas prices and volatility in energy markets remains a significant challenge.

The cementing additives market heavily depends on the oil and gas industry. Fluctuating oil and gas prices can lead to variations in exploration and production activities, resulting in uncertain demand for cementing additives. Economic uncertainties and volatility in energy markets can impact investment decisions, causing a slowdown in the adoption of cementing additives. Regulations aimed at reducing emissions, water pollution, and waste generation can limit the availability or usage of certain additives, affecting market growth.

Market Developments:

  • October 2022: Betolar launched concrete products using geoprime additives in India, which could be used in cement-free concrete production with ash and ground granulated blast furnace slag (GGBFS).
  • September 2022: First Graphene launched a new cement and concrete additive, "PureGRAPH CEM," to reduce CO2 emissions, improve concrete durability, and have high compressive and flexural strength.
  • February 2022: Euclid Chemical acquired Chryso, a North American cement grinding aids and additives business, to enhance cement's performance and reduce CO2 emissions during its production.

Market Segmentation:

By Type

  • Cement Retarders
  • Dispersant
  • Defoamers
  • Fluid Loss Additives
  • Others

By Application

  • Oil & Gas
  • Construction

By Geography

  • North America
  • USA
  • Canada
  • Mexico
  • South America
  • Brazil
  • Argentina
  • Others
  • Europe
  • Germany
  • UK
  • France
  • Spain
  • Others
  • Middle East and Africa
  • Saudi Arabia
  • UAE
  • Others
  • Asia Pacific
  • China
  • Japan
  • South Korea
  • India
  • Australia
  • Others

TABLE OF CONTENTS

1. INTRODUCTION

  • 1.1. Market Overview
  • 1.2. Market Definition
  • 1.3. Scope of the Study
  • 1.4. Market Segmentation
  • 1.5. Currency
  • 1.6. Assumptions
  • 1.7. Base, and Forecast Years Timeline

2. RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1. Research Data
  • 2.2. Research Process

3. EXECUTIVE SUMMARY

  • 3.1. Research Highlights

4. MARKET DYNAMICS

  • 4.1. Market Drivers
  • 4.2. Market Restraints
  • 4.3. Porter's Five Force Analysis
    • 4.3.1. Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2. Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3. Threat of New Entrants
    • 4.3.4. Threat of Substitutes
    • 4.3.5. Competitive Rivalry in the Industry
  • 4.4. Industry Value Chain Analysis

5. CEMENTING ADDITIVES MARKET BY TYPE

  • 5.1. Introduction
  • 5.2. Cement Retarders
  • 5.3. Dispersant
  • 5.4. Defoamers
  • 5.5. Fluid Loss Additives
  • 5.6. Others

6. CEMENTING ADDITIVES MARKET BY APPLICATION

  • 6.1. Introduction
  • 6.2. Oil & Gas
  • 6.3. Construction

7. CEMENTING ADDITIVES MARKET BY GEOGRAPHY

  • 7.1. Introduction
  • 7.2. North America
    • 7.2.1. USA
    • 7.2.2. Canada
    • 7.2.3. Mexico
  • 7.3. South America
    • 7.3.1. Brazil
    • 7.3.2. Argentina
    • 7.3.3. Others
  • 7.4. Europe
    • 7.4.1. Germany
    • 7.4.2. UK
    • 7.4.3. France
    • 7.4.4. Spain
    • 7.4.5. Others
  • 7.5. Middle East and Africa
    • 7.5.1. Saudi Arabia
    • 7.5.2. UAE
    • 7.5.3. Others
  • 7.6. Asia Pacific
    • 7.6.1. China
    • 7.6.2. Japan
    • 7.6.3. South Korea
    • 7.6.4. India
    • 7.6.5. Australia
    • 7.6.6. Others

8. COMPETITIVE ENVIRONMENT AND ANALYSIS

  • 8.1. Major Players and Strategy Analysis
  • 8.2. Emerging Players and Market Lucrativeness
  • 8.3. Mergers, Acquisitions, Agreements, and Collaborations
  • 8.4. Vendor Competitiveness Matrix

9. COMPANY PROFILES

  • 9.1. Altana AG
  • 9.2. Chevron Phillips Chemical Company LLC.
  • 9.3. Global Drilling Fluids and Chemicals Ltd.
  • 9.4. Halliburton
  • 9.5. Hexion
  • 9.6. Impact Fluid Solutions
  • 9.7. SNF Group
  • 9.8. Solvay