表紙:量子コンピューティング市場-2023年から2028年までの予測
市場調査レポート
商品コード
1302954

量子コンピューティング市場-2023年から2028年までの予測

Quantum Computing Market - Forecasts from 2023 to 2028

出版日: | 発行: Knowledge Sourcing Intelligence | ページ情報: 英文 144 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=159.16円
量子コンピューティング市場-2023年から2028年までの予測
出版日: 2023年06月19日
発行: Knowledge Sourcing Intelligence
ページ情報: 英文 144 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

量子コンピューティング市場は、2021年には5億9,299万米ドルとなり、CAGR 49.34%で成長し、2028年には98億2,234万7,000米ドルに達すると予測されています。

コンピュータサイエンスの量子論の応用は量子コンピューティングとして知られています。量子コンピューティングは、電子や光子などの素粒子を利用します。これらの量子ビットまたはqubitは、これらの粒子が2つの状態で同時に存在することを可能にします。従来のコンピューターは、データをビット(1と0)でカプセル化するために、電気信号の2進法の流れを採用しています。このため、量子コンピューティングに比べて処理できる情報量が制限されます。量子コンピューティングは、大量の選択肢をふるいにかける力を持っています。量子コンピューティングは、セキュリティ、銀行、軍事情報、創薬、航空機設計、ユーティリティ(核融合)、ポリマー設計、機械学習、人工知能(AI)、ビッグデータ検索、デジタル製造など、様々な業界に大きな影響を与えています。これらの技術は、安全な情報交換の改善や、ミサイルや航空機を識別するレーダーの能力向上に活用することができます。

量子コンピューティング市場は、デジタル化をサポートするための連邦政府のイニシアティブと革新的なコラボレーションの増加別牽引されています。

各国政府は量子コンピューティング技術に多額の予算を投じており、これはこの技術に対する需要の高まりを反映しています。例えば、ドイツ政府は2021年11月、DLR(ドイツ航空宇宙センター)の量子コンピューティングイニシアチブの一環として、今後4年以内に複数のアーキテクチャに基づく量子コンピュータのプロトタイプを作成すると発表しました。DLRはこの手順を通じて、量子コンピュータのハードウェア、ソフトウェア、アプリケーションの開発を進めるために、企業、新興企業、その他の研究機関に協力を求めています。戦略的協力関係の拡大は、より高度なコンピューティング・ソリューションの創出を促す可能性もあります。例えば、フィンランドのハイレベル・チームは2022年12月、プネーの先端コンピューティング開発センター(C-DAC)を訪問し、量子技術、HPC-量子統合、関連用途に関する二国間協力の機会を探っています。C-DACは、HPCにおけるマザーボード、サーバー、接続を発明しました。

さらに、イオントラップコンピュータの開発には、2021年12月にBMBF(ドイツ連邦教育研究省)から5,030万米ドルの資金が提供されました。同様に、米国エネルギー省の研究開発施設の1つであるアルゴンヌ国立研究所は、マルチ量子ビット・システムを読み出し、管理するためのハードウェア、ファームウェア、ソフトウェアを作成し、提供するプロジェクトに取り組んでいます。このシステムは、量子ビットの故障を継続的に監視し、量子ビットの状態を照会します。

この産業の拡大は、安定性とメンテナンスの難しさ別妨げられています。

量子コンピューターは、間違いが起こりやすい実用的な量子ビットを採用しています。さらに、量子コンピュータの実用化は難しい課題です。量子ビットは敏感で、周囲の温度、音、波長の揺らぎによってすぐに摂動が変わるため、量子力学的な状態を長時間保持することは難しいです。さらに、いくつかのブロックチェーンベースのソリューションは、量子安全性がまだ確保されていないデジタル署名手法であるECDSAを使用しています。

市場動向:

  • ユニシードは2022年10月、オーストラリア研究評議会工学量子システム卓越センター(EQUS)の新興企業アナログ量子回路(AQC)に300万米ドルを投資し、量子コンピューティングのスケールアップに必要な重要部品の作成を支援しました。AQCは、オーストラリア研究会議(ARC)、EQUS、Founders'Future Fellowshipsの資金提供による調査を拡大します。
  • 2021年12月、フランスの研究機関CEA-LetiとSiベースの量子コンピューティング最高峰チームCNRS Neelは、このテーマに関する2本の論文を発表しました。そのうちの1本は、大規模Si量子コンピューティングが直面する材料と集積の問題を概説した招待研究です。2つ目の論文は、1次元FD-SOI量子ドット(QD)アレイにおいて、実効ゲートピッチを半分に縮小しつつ、完全な制御性を提供する新しいSi量子デバイス集積を紹介したものです。

量子コンピューティング市場では、北米市場が大きなシェアを占めると予想されています。

北米市場拡大の主な要因は、グーグル、インテル、IBMコーポレーションなどの大手テクノロジー企業の存在です。さらに、この地域に広がる確立された技術開発センターが業界を牽引しています。欧州の量子コンピューティング産業は、予測期間中に安定した成長が見込まれます。市場参入企業による大規模な投資が、この地域の市場拡大を促進する主な要因となっています。また、欧州各国の政府によるプロジェクトや融資の増加が、同地域市場の開拓に影響を与えると予測されています。さらに、アジア太平洋地域では量子コンピューティング産業が最も拡大すると予測されています。医療、運輸、金融、化学など数多くの分野が成長しており、インド、日本、韓国などの国ではIT産業が盛んで、市場の拡大を支えています。

目次

第1章 イントロダクション

  • 市場概要
  • 市場の定義
  • 市場セグメンテーション

第2章 調査手法

  • 調査データ
  • 調査プロセス

第3章 エグゼクティブサマリー

  • 調査のハイライト

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉権限
    • 代替品の脅威
    • 新規参入業者の脅威
    • 業界における競争企業間の敵対関係
  • 業界のバリューチェーン分析

第5章 量子コンピューティング市場:提供別

  • イントロダクション
  • ハードウェア
  • ソフトウェアとサービス

第6章 量子コンピューティング市場:展開方式別

  • イントロダクション
  • オンプレミス
  • クラウドベース

第7章 量子コンピューティング市場:業種別

  • イントロダクション
  • BFSI
  • 自動車
  • 製造業
  • 医療
  • IT・通信
  • エネルギー・電力
  • その他

第8章 アプリケーション別の量子コンピューティング市場:用途別

  • イントロダクション
  • 人工知能と機械学習
  • 計算化学
  • 医薬品の設計と開発
  • サイバーセキュリティと暗号化
  • 財務モデリング
  • 物流の最適化
  • その他

第9章 量子コンピューティング市場:地域別

  • イントロダクション
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ
  • 南米
    • ブラジル
    • アルゼンチン
    • その他
  • 欧州
    • ドイツ
    • フランス
    • 英国
    • スペイン
    • その他
  • 中東とアフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • その他
  • アジア太平洋地域
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • 韓国
    • インドネシア
    • 台湾
    • その他

第10章 競合環境と分析

  • 主要プレーヤーと戦略分析
  • 新興企業と市場の収益性
  • 合併、買収、契約、コラボレーション
  • ベンダーの競争力マトリックス

第11章 企業プロファイル

  • IBM
  • Microsoft
  • Quantum Computing Inc.
  • Intel Corporation
  • D-Wave Quantum Inc.
  • Quix Quantum BV
  • Alpine Quantum Technologies GmbH
  • ORCA Computing
  • Rigetti & Co, LLC.
  • Google LLC
目次
Product Code: KSI061615329

The quantum computing market was valued at US$592.99 million in 2021 and is expected to grow at a CAGR of 49.34% to reach US$9,822.347 million by 2028.

Computer science's application of quantum theory is known as quantum computing. Quantum computing makes use of subatomic particles like electrons or photons. These quantum bits or qubits allow these particles to exist concurrently in two states. Traditional computers employ a binary flow of electric signals to encapsulate data in bits (1 and 0). This restricts the amount of information they can process compared to quantum computing. Identifying potential solutions to challenging problems can be done using quantum computing, which has the power to sift through large volumes of choices. Quantum computing has a major impact on various industries, including security, banking, military intelligence, drug discovery, aircraft design, utilities (nuclear fusion), polymer design, machine learning, artificial intelligence (AI), big data search, and digital manufacturing. They can be utilized to improve secure information exchange or to increase radars' ability to identify missiles and airplanes.

The quantum computing market is driven by increasing federal initiatives and innovative collaborations to support digitization.

Governments are spending heavily on quantum computing technology, which reflects the growing demand for the technology. For instance, the German government announced in November 2021 that, within the next four years, quantum computer prototypes based on several architectures would be created as part of DLR's (German Aerospace Centre) Quantum Computing Initiative. Through this procedure, DLR is asking businesses, start-ups, and other research organizations to work together to further the creation of quantum computer hardware, software, and applications. The growth of strategic collaborations may also encourage the creation of higher-caliber computing solutions. For instance, a high-level Finnish team visited the Centre for Development of Advanced Computing (C-DAC), Pune, in December 2022 to explore opportunities for bilateral cooperation on quantum technologies, HPC-quantum integration, and related applications. C-DAC has invented its motherboard, server, and connection in HPC.

Additionally, the Ion Trap Computer development was funded in December 2021 with USD 50.3 million from the BMBF (German Federal Ministry of Education and Research). Similarly, one of the US Department of Energy's research and development facilities, Argonne National Laboratory, is engaged in a project to create and deliver hardware, firmware, and software to read out and manage a multi-qubit system. The system will continuously monitor qubit faults and query qubit statuses.

The expansion of this industry is hampered by stability and maintenance difficulties.

Quantum computers employ practical quantum bits that are prone to mistakes. Additionally, it is a difficult challenge to commercialize quantum computers. Since qubits are sensitive and quickly perturbed by fluctuations in the temperature, sound, and wavelength of their surroundings, retaining their quantum mechanical state for an extended length of time is challenging. Additionally, several blockchain-based solutions use the ECDSA, a digital signature method that is not yet quantum-safe.

Market Developments:

  • Uniseed invested US$3 million in the start-up Analog Quantum Circuits (AQC) of the Australian Research Council Centre of Excellence for Engineered Quantum Systems (EQUS) in October 2022 to support the creation of crucial parts needed for the scaling up of quantum computing. AQC expands the research funded by the Australian Research Council (ARC), EQUS, and Founders' Future Fellowships.
  • In December 2021, the French research institute CEA-Leti and the premier Si-based quantum computing team CNRS Neel published two papers on the subject, one of which was an invited study outlining the material and integration issues large-scale Si quantum computing faces. The second work introduced a novel Si quantum device integration that offers full controllability in 1D FD-SOI quantum dot (QD) arrays while reducing the effective gate pitch by half.

The North American market is anticipated to hold a sizeable share of the quantum computing market.

The main factor driving the expansion of the North American market is the presence of major technology companies like Google, Intel, and IBM Corporation, among others. In addition, the industry is primarily driven by established technological development centers spread in the region. The European quantum computing industry is anticipated to grow steadily in the forecast period. The large investments made by market participants are the main factor promoting the regional market's expansion. Additionally, it is anticipated that an increasing amount of projects and financing from governments across a range of European countries would impact the development of the local market. Further, the quantum computing industry is anticipated to expand the most in the Asia Pacific region. Numerous sectors, including medicine, transportation, finance, and chemicals, are growing, and countries like India, Japan, and South Korea have a thriving IT industry, supporting the market expansion.

Market Segmentation:

By Application

  • Hardware
  • Software and Service

By Deployment

  • On-Premises
  • Cloud-Based

By Industry Vertical

  • BFSI
  • Automotive
  • Manufacturing
  • Healthcare
  • IT & Telecom
  • Energy & Power
  • Others

By Applications

  • Artificial Intelligence & Machine Learning
  • Computational Chemistry
  • Drug Design & Development
  • Cybersecurity & Cryptography
  • Financial Modelling
  • Logistics Optimisation
  • Others

By Geography

  • North America
  • USA
  • Canada
  • Mexico
  • South America
  • Brazil
  • Argentina
  • Others
  • Europe
  • Germany
  • France
  • United Kingdom
  • Spain
  • Others
  • Middle East And Africa
  • Saudi Arabia
  • UAE
  • Others
  • Asia Pacific
  • China
  • Japan
  • India
  • South Korea
  • Indonesia
  • Taiwan
  • Others

TABLE OF CONTENTS

1. INTRODUCTION

  • 1.1. Market Overview
  • 1.2. Market Definition
  • 1.3. Market Segmentation

2. RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1. Research Data
  • 2.2. Research Process

3. EXECUTIVE SUMMARY

  • 3.1. Research Highlights

4. MARKET DYNAMICS

  • 4.1. Market Drivers
  • 4.2. Market Restraints
  • 4.3. Porters Five Forces Analysis
    • 4.3.1. Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2. Bargaining Powers of Buyers
    • 4.3.3. Threat of Substitutes
    • 4.3.4. The Threat of New Entrants
    • 4.3.5. Competitive Rivalry in Industry
  • 4.4. Industry Value Chain Analysis

5. QUANTUM COMPUTING MARKET BY APPLICATION

  • 5.1. Introduction
  • 5.2. Hardware
  • 5.3. Software and Service

6. QUANTUM COMPUTING MARKET BY DEPLOYMENT

  • 6.1. Introduction
  • 6.2. On-Premises
  • 6.3. Cloud-Based

7. QUANTUM COMPUTING MARKET BY INDUSTRY VERTICAL

  • 7.1. Introduction
  • 7.2. BFSI
  • 7.3. Automotive
  • 7.4. Manufacturing
  • 7.5. Healthcare
  • 7.6. IT & Telecom
  • 7.7. Energy & Power
  • 7.8. Others

8. QUANTUM COMPUTING MARKET BY APPLICATIONS

  • 8.1. Introduction
  • 8.2. Artificial Intelligence & Machine Learning
  • 8.3. Computational Chemistry
  • 8.4. Drug Design & Development
  • 8.5. Cybersecurity & Cryptography
  • 8.6. Financial Modelling
  • 8.7. Logistics Optimisation
  • 8.8. Others

9. QUANTUM COMPUTING MARKET BY GEOGRAPHY

  • 9.1. Introduction
  • 9.2. North America
    • 9.2.1. USA
    • 9.2.2. Canada
    • 9.2.3. Mexico
  • 9.3. South America
    • 9.3.1. Brazil
    • 9.3.2. Argentina
    • 9.3.3. Others
  • 9.4. Europe
    • 9.4.1. Germany
    • 9.4.2. France
    • 9.4.3. United Kingdom
    • 9.4.4. Spain
    • 9.4.5. Others
  • 9.5. Middle East And Africa
    • 9.5.1. Saudi Arabia
    • 9.5.2. UAE
    • 9.5.3. Others
  • 9.6. Asia Pacific
    • 9.6.1. China
    • 9.6.2. Japan
    • 9.6.3. India
    • 9.6.4. South Korea
    • 9.6.5. Indonesia
    • 9.6.6. Taiwan
    • 9.6.7. Others

10. COMPETITIVE ENVIRONMENT AND ANALYSIS

  • 10.1. Major Players and Strategy Analysis
  • 10.2. Emerging Players and Market Lucrativeness
  • 10.3. Mergers, Acquisition, Agreements, and Collaborations
  • 10.4. Vendor Competitiveness Matrix

11. COMPANY PROFILES

  • 11.1. IBM
  • 11.2. Microsoft
  • 11.3. Quantum Computing Inc.
  • 11.4. Intel Corporation
  • 11.5. D-Wave Quantum Inc.
  • 11.6. Quix Quantum BV
  • 11.7. Alpine Quantum Technologies GmbH
  • 11.8. ORCA Computing
  • 11.9. Rigetti & Co, LLC.
  • 11.10. Google LLC