デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1302896

石膏コンクリート市場-2023年から2028年までの予測

Gypsum Concrete Market - Forecasts from 2023 to 2028

出版日: | 発行: Knowledge Sourcing Intelligence | ページ情報: 英文 123 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
石膏コンクリート市場-2023年から2028年までの予測
出版日: 2023年06月21日
発行: Knowledge Sourcing Intelligence
ページ情報: 英文 123 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

石膏コンクリート市場は予測期間中5.37%のCAGRで成長すると予測されています。

石膏コンクリートは、セメント製造、農業、壁板製造などに商業的に使用される半透明の鉱物硫酸塩である石膏を大量に利用して製造される建設・建築資材です。石膏コンクリートは、コンクリート床、木造床、波型スチールデッキ床、輻射暖房床など、さまざまな床下地ニーズや材料向けに、主に複合コンクリート、ファイバーコンクリート、発泡コンクリートフォームで製造されています。世界の住宅、商業、工業セクターにおける建設活動の増加は、環境に優しい建物の建設を促進する石膏コンクリートの消費を促進しており、予測期間中に石膏コンクリートの需要を促進すると予想されます。

軽量で環境に優しい建材への需要の高まり

石膏コンクリートの需要拡大に大きく寄与しているのが、軽量で環境に優しい建設資材や建築プロセスに対する需要の高まりです。チェコ工科大学の土木工学科が発表したレポートによると、石膏コンクリートの軽量で持続可能な特性は、世界中の建設部門でその重要性を高めています。また、トルコ石膏ボード協会は、石膏コンクリートを乾式壁材に使用することで、汚染物質の排出量を削減し、乾式壁材のリサイクル性を高めることができると発表しています。石膏コンクリートの環境に優しい利点は、様々な建設プロジェクトや企業で採用が進んでいます。例えば、スイス開発協力庁は、2022年10月、インドのアンドラプラデシュ州の将来の建設プロジェクトで消費されるセメント製品を強化するために、他のいくつかの要素と統合された石膏コンクリートを使用する石灰石焼成粘土セメントと名付けられたセメント技術の採用を推奨しました。したがって、建設分野における持続可能な軽量材料の需要は、石膏コンクリート市場の成長を促進する重要な要因です。

住宅部門は石膏コンクリート市場で大きなシェアを占めると予想されています。

都市化率や可処分所得水準の上昇に後押しされた住宅建設プロジェクトの増加が、住宅セクターにおける石膏コンクリート消費拡大の好機となることが予想されます。例えば、オンタリオ州住宅建設評議会は、カナダ政府が国民の住宅需要を満たすために、10年間で150万戸の住宅を追加建設する必要があることを明らかにしました。

製品の提供

  • ハッカー・インダストリーズ社のファームフィル: Hacker Industries Inc、米国を拠点とし、北米で建設資材を製造・供給するHacker Industries Inc.は、Firm-Fill製品ラインの一部として石膏コンクリートを製造しています。Firm-Fill 石膏コンクリートは、防火安全要件と防音等級を満たすために集合住宅用に作られたFirm-Fill 石膏コンクリート床下地材を含む、様々な特性と用途を持つ7つの石膏コンクリート製品から構成されています。
  • USGコーポレーションのSecurockブランド: USGコーポレーションは、石膏系製品の製造を専門とする米国企業であり、Securockブランドの一環として、不燃性特性によりルーフデッキ全体に適用できる約500psiの圧縮能力を持つ石膏コンクリートパッチ製品を製造しています。
  • MAXXON, INCの石膏コンクリート: 床材技術、ソリューション、製品を提供する米国企業Maxxon Inc.は、Gyp-Creteブランドで、集合住宅を含む住宅地の木造床下地用に、高い圧縮強度を持つ6種類の石膏コンクリート製品を提供しています。

北米が石膏コンクリート市場で大きなシェアを占めているのは、石膏の生産活動が盛んであり、建設セクターで大量に消費されているためです。

北米では石膏の埋蔵量が豊富で、例えばカナダのノバスコシア州には世界最大の石膏鉱山があり、メキシコや米国にも石膏鉱床があるため、コンクリートやセメントの製造工程で石膏を使用する企業が多いです。例えば、米国石膏公社は、この地域で石膏ベースの建設製品の生産に専念している大手企業です。米国にはこのような大手企業が存在するため、建設分野での石膏コンクリートの消費量が多いです。加えて、WTOのガイドラインに基づき、米国材料試験協会(American Society for Testing and Materials International Organization)が発表した規格により、石膏コンクリートの生産が標準化され、同地域で発売される石膏コンクリート製品の品質が向上し、消費者による石膏コンクリートの消費が増加しています。

さらに、アジア太平洋地域は、アジア諸国での建設活動の高まりにより、石膏コンクリート市場の緩やかな成長が見込まれています。例えば、インドネシア政府は2021年にインフラと建設部門を強化するために4,300億米ドルの投資を発表しました。さらにインド政府は、2022年までに国内で2兆戸の住宅建設を目指す新たなプラダン・マントリ・アワス・ヨジャナ計画を導入しました。さらに、国内で新たな石膏鉱床が発見されたことで、コンクリート製造企業が製品に石膏を使用する機会が生まれました。例えば、2022年5月、インド政府がヒマーチャル・プラデーシュ州で実施した地質調査により、同地域で石膏鉱床が発見されました。したがって、同地域における建設活動の活発化と石膏鉱床の発見は、同地域のセメントメーカーによるコンクリート製造への石膏の使用を促進することで、石膏コンクリート市場を拡大する機会を提供します。

目次

第1章 イントロダクション

  • 市場概要
  • 市場の定義
  • 調査範囲
  • 市場セグメンテーション
  • 通貨
  • 前提条件
  • 基準年と予測年のタイムライン

第2章 調査手法

  • 調査データ
  • 調査プロセス

第3章 エグゼクティブサマリー

  • 調査ハイライト

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
  • 業界バリューチェーン分析

第5章 石膏コンクリート市場:製品タイプ別

  • イントロダクション
  • 石膏配合コンクリート
  • 石膏繊維コンクリート
  • 石膏発泡コンクリート
  • その他

第6章 石膏コンクリート市場:下地タイプ別

  • イントロダクション
  • 輻射加熱
  • 木質床
  • コンクリート床
  • 波形鋼製デッキ床
  • その他

第7章 石膏コンクリート市場:用途別

  • イントロダクション
  • 住宅用
  • 商業用
  • 産業用

第8章 石膏コンクリート市場:地域別

  • イントロダクション
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ
  • 南米
    • ブラジル
    • アルゼンチン
    • その他
  • 欧州
    • ドイツ
    • フランス
    • 英国
    • スペイン
    • その他
  • 中東・アフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • イスラエル
    • その他
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • 韓国
    • インドネシア
    • タイ
    • 台湾
    • その他

第9章 競合環境と分析

  • 主要企業と戦略分析
  • 新興企業と市場収益性
  • 合併、買収、合意およびコラボレーション
  • ベンダー競争力マトリックス

第10章 企業プロファイル

  • Hacker Industries, Inc.
  • MAXXON, INC.
  • USG Corporation
  • ARDEX Group
  • Formglas Products Ltd
  • Janes Gypsum Floors Inc.
  • Arcosa Specialty Materials
  • Cemplex Group
  • MAPEI SpA
  • Saint-Gobain
目次
Product Code: KSI061615037

The gypsum concrete market is estimated to grow at a CAGR of 5.37% during the forecast period.

Gypsum concrete is a construction and building material produced by utilizing large concentrations of gypsum, a translucent mineral sulfate with commercial uses in cement manufacture, agriculture, wallboard production, and others. Gypsum concrete is predominantly manufactured in compound concrete, fiber concrete, and concrete foam forms for different sub-flooring needs and materials such as concrete floors, wooden floors, corrugated steel deck floors, and floors with radiant heating properties. The increasing construction activities in the world's residential, commercial, and industrial sectors are promoting the consumption of gypsum concrete to facilitate the construction of eco-friendly buildings, which is expected to drive the demand for gypsum concrete over the forecast period.

The rising demand for lightweight and eco-friendly construction materials

The growing demand for lightweight and environmental-friendly construction materials and building processes are significant factors contributing to the expansion of gypsum concrete demand. A report published by the civil engineering department of the Czech Technical University revealed that the lightweight and sustainable properties of gypsum concrete are increasing its importance in the construction sector all over the world. Further, the Gypsum Board Turkey declared that the consumption of gypsum concrete in drywall components results in lowered emissions of pollutants and enhances the recyclability of drywalls. The eco-friendly benefits associated with gypsum concrete are increasing its adoption across different construction projects and companies. For instance, the Swiss Agency for Development and Cooperation recommended the adoption of a cement technology named Limestone Calcined Clay Cement, which uses an integrated gypsum concrete with few other elements to enhance the cement products consumed in future construction projects of an Indian state, Andhra Pradesh in October 2022. Hence, the demand for sustainable and lightweight materials in the construction sector is a significant factor promoting the growth of the gypsum concrete market.

The residential sector is expected to hold a substantial share of the gypsum concrete market.

The rise in residential construction projects fueled by the growing urbanization rates and disposable income levels is expected to provide an opportunity for the increase in the consumption of gypsum concrete in the residential sector. For instance, the Residential Construction Council of Ontario revealed that the Canadian government needs to construct an additional 1.5 million residential units over ten years to meet the housing requirements of its nation.

Product Offerings:

  • Firm-Fill by Hacker Industries, Inc. - Hacker Industries Inc., a US-based company manufacturing and supplying construction materials in North America, produces gypsum concrete as part of its Firm-Fill product line, which consists of 7 gypsum concrete product with varying properties and applications, including the Firm-Fill Gypsum Concrete floor underlayment product made for application in multi-family residences to meet the fire safety requirements and acoustic ratings.
  • Securock Brand by USG Corporation - USG Corporation, a US-based company specializing in the production of gypsum-based products, manufactures a gypsum concrete patch product as part of its Securock brand with a compression ability of approximately 500 psi to be applied across roof decks due to its non-combustible-properties.
  • Gyp-Crete by MAXXON, INC. - Maxxon Inc., a US company providing flooring technologies, solutions, and products, offers six different types of gypsum concrete products with high compressive strengths under its Gyp-Crete brand for application in wooden subfloors of residential areas containing multi-family houses.

North America accounted for the major share of the gypsum concrete market owing to the abundance of gypsum production activities and the extensive consumption in the construction sector.

The availability of gypsum reserves in North America, for instance, the presence of the world's biggest gypsum mine in Canada, Nova Scotia, and other gypsum deposits contained in Mexico and the US encourage the consumption of gypsum in concrete and cement manufacturing processes by companies. For instance, the United States Gypsum Corporation is a leading company dedicated to producing gypsum-based construction products in the region. The presence of such major companies in the US is resulting in the high consumption of gypsum concrete in the construction sector. In addition, the standardization of gypsum concrete production due to the specification released by the American Society for Testing and Materials International Organization based on the guidelines provided by the WTO is regulating the production and enhancing the quality of gypsum concrete products released in the region leading to an increase in its consumption by consumers.

Further, the Asia Pacific region is anticipated to witness gradual growth in its gypsum concrete market due to the rising construction activities in Asian countries. For instance, the Government of Indonesia announced an investment of US$430 billion to boost its infrastructure and construction sector in 2021. Further, the Indian Government introduced a new Pradhan Mantri Awas Yojana scheme, which aimed to construct two crore houses in the country by 2022. In addition, the discovery of new gypsum deposits in the country offers an opportunity for concrete manufacturing companies to use gypsum in their products. For instance, in May 2022, the geological survey conducted by the government of India in Himachal Pradesh led to the discovery of gypsum deposits in the area. Therefore, the rising construction activities and the discovery of gypsum deposits in the region provide an opportunity to expand the gypsum concrete market by encouraging the use of gypsum to produce concrete by cement manufacturers in the region.

Market Segmentation:

By Product Type

  • Gypsum Compound Concrete
  • Gypsum Fiber Concrete
  • Gypsum Foam Concrete
  • Others

By Sub-Floor Type

  • Radiant Heating
  • Wooden Floor
  • Concrete Floor
  • Corrugated Steel Deck Floor
  • Others

By Application

  • Residential
  • Commercial
  • Industrial

By Geography

  • North America
  • USA
  • Canada
  • Mexico
  • South America
  • Brazil
  • Argentina
  • Others
  • Europe
  • Germany
  • France
  • United Kingdom
  • Spain
  • Others
  • Middle East and Africa
  • Saudi Arabia
  • UAE
  • Israel
  • Others
  • Asia Pacific
  • China
  • Japan
  • India
  • South Korea
  • Indonesia
  • Thailand
  • Taiwan
  • Others

TABLE OF CONTENTS

1. INTRODUCTION

  • 1.1. Market Overview
  • 1.2. Market Definition
  • 1.3. Scope of the Study
  • 1.4. Market Segmentation
  • 1.5. Currency
  • 1.6. Assumptions
  • 1.7. Base, and Forecast Years Timeline

2. RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1. Research Data
  • 2.2. Research Process

3. EXECUTIVE SUMMARY

  • 3.1. Research Highlights

4. MARKET DYNAMICS

  • 4.1. Market Drivers
  • 4.2. Market Restraints
  • 4.3. Porter's Five Force Analysis
    • 4.3.1. Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2. Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3. Threat of New Entrants
    • 4.3.4. Threat of Substitutes
    • 4.3.5. Competitive Rivalry in the Industry
  • 4.4. Industry Value Chain Analysis

5. GYPSUM CONCRETE MARKET, BY PRODUCT TYPE

  • 5.1. Introduction
  • 5.2. Gypsum Compound Concrete
  • 5.3. Gypsum Fiber Concrete
  • 5.4. Gypsum Foam Concrete
  • 5.5. Others

6. GYPSUM CONCRETE MARKET, BY SUB-FLOOR TYPE

  • 6.1. Introduction
  • 6.2. Radiant Heating
  • 6.3. Wooden Floor
  • 6.4. Concrete Floor
  • 6.5. Corrugated Steel Deck Floor
  • 6.6. Others

7. GYPSUM CONCRETE MARKET, BY APPLICATION

  • 7.1. Introduction
  • 7.2. Residential
  • 7.3. Commercial
  • 7.4. Industrial

8. GYPSUM CONCRETE MARKET, BY GEOGRAPHY

  • 8.1. Introduction
  • 8.2. North America
    • 8.2.1. USA
    • 8.2.2. Canada
    • 8.2.3. Mexico
  • 8.3. South America
    • 8.3.1. Brazil
    • 8.3.2. Argentina
    • 8.3.3. Others
  • 8.4. Europe
    • 8.4.1. Germany
    • 8.4.2. France
    • 8.4.3. United Kingdom
    • 8.4.4. Spain
    • 8.4.5. Others
  • 8.5. Middle East and Africa
    • 8.5.1. Saudi Arabia
    • 8.5.2. UAE
    • 8.5.3. Israel
    • 8.5.4. Others
  • 8.6. Asia Pacific
    • 8.6.1. China
    • 8.6.2. Japan
    • 8.6.3. India
    • 8.6.4. South Korea
    • 8.6.5. Indonesia
    • 8.6.6. Thailand
    • 8.6.7. Taiwan
    • 8.6.8. Others

9. COMPETITIVE ENVIRONMENT AND ANALYSIS

  • 9.1. Major Players and Strategy Analysis
  • 9.2. Emerging Players and Market Lucrativeness
  • 9.3. Mergers, Acquisitions, Agreements, and Collaborations
  • 9.4. Vendor Competitiveness Matrix

10. COMPANY PROFILES

  • 10.1. Hacker Industries, Inc.
  • 10.2. MAXXON, INC.
  • 10.3. USG Corporation
  • 10.4. ARDEX Group
  • 10.5. Formglas Products Ltd
  • 10.6. Janes Gypsum Floors Inc.
  • 10.7. Arcosa Specialty Materials
  • 10.8. Cemplex Group
  • 10.9. MAPEI SpA
  • 10.10. Saint-Gobain