表紙:Desktop as a Service市場-2023年から2028年までの予測
市場調査レポート
商品コード
1279619

Desktop as a Service市場-2023年から2028年までの予測

Desktop as a Service Market - Forecasts from 2023 to 2028

出版日: | 発行: Knowledge Sourcing Intelligence | ページ情報: 英文 145 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
Desktop as a Service市場-2023年から2028年までの予測
出版日: 2023年04月24日
発行: Knowledge Sourcing Intelligence
ページ情報: 英文 145 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

Desktop-as-a-Service市場は、2021年の市場規模49億100万米ドルからCAGR20.31%で成長し、2028年には178億7,600万米ドルに達すると予測されます。Desktop-as-a-Service(DaaS)は、物理的なハードウェアやオンプレミスのソフトウェアを必要とせず、ユーザーがリモートで仮想デスクトップにアクセスできるようにするクラウドコンピューティングサービスモデルです。デスクトップ環境は、サードパーティプロバイダーがホスティング・管理し、エンドユーザーにインターネット経由で提供します。DaaS環境では、通常、プロバイダーがプロビジョニング、メンテナンス、アップデート、セキュリティ、データバックアップなどのタスクを処理し、エンドユーザーはこれらの責任から解放されます。エンドユーザーは、ラップトップ、タブレット、スマートフォンなど、インターネットに接続できるあらゆるデバイスから仮想デスクトップにアクセスでき、物理的なデスクトップと同じように使用することができます。

市場促進要因

スマートデバイスの増加

スマートデバイスの増加は、DaaS(Desktop-as-a-Service)市場の主要な促進要因であり、異なるデバイスやOS間でデスクトップ環境やアプリケーションへのアクセスを提供できるソリューションの必要性を生み出しています。米国一般調達庁(GSA)は、政府職員が使用するモバイルデバイスの数が近年大幅に増加していると報告しています。スマートフォン、タブレット、ノートパソコンなどのモバイルデバイスの普及に伴い、従業員はこれらのデバイスを使用して業務に関連するアプリケーションやデータにアクセスすることが増えています。そのため、セキュリティとコンプライアンスを確保しながら、複数のデバイスやOSで一貫したユーザー体験を提供できるソリューションが必要とされています。DaaSソリューションは、インターネットに接続されたあらゆるデバイスからアクセス可能な仮想デスクトップ環境を提供することで、この一貫性を実現します。これにより、従業員はデスクトップ環境のセキュリティやパフォーマンスを損なうことなく、最も便利なデバイスを使用して、どこからでも仕事をすることができるようになります。

高速インターネットの利用可能性の向上

高速インターネットの普及は、DaaSプロバイダーがパフォーマンスと信頼性を向上させたデスクトップ環境とアプリケーションをインターネット経由で提供できるようにするため、Desktop-as-a-Service市場に大きな利益をもたらします。米国では、連邦通信委員会(FCC)の報告によると、近年、高速インターネットの利用可能性が著しく向上しています。FCCが発表した「2021年ブロードバンド普及報告書」によると、現在、アメリカ人の97%が高速固定ブロードバンドインターネットサービスにアクセスできるようになっています。高速インターネット接続は、ユーザーが低遅延かつ広帯域でデスクトップ環境やアプリケーションにアクセスできるようにするため、DaaSソリューションのパフォーマンスにとって重要です。これは、ビデオ編集、CAD、3Dモデリングなど、ハイパフォーマンス・コンピューティングを必要とするアプリケーションでは特に重要です。

エンドユーザー別に見ると、デスクトップ・アズ・ア・サービス市場は、ITおよび通信分野で健全な成長が見込まれています。

クラウドベースのデスクトップソリューションを提供するDaaS(Desktop-as-a-Service)市場は、予測期間中、特にITおよび通信のエンドユーザーの間で大きな成長を遂げると予想されます。DaaSは、組織がクラウドから仮想デスクトップやアプリケーションを簡単にプロビジョニングおよび管理することを可能にし、従業員がどこからでもあらゆるデバイスで仕事ができるようにするものです。この技術は、セキュリティ、ユーザーエクスペリエンス、生産性の向上を実現しながら、初期コストの削減とデスクトップ機器の総所有コスト(TCO)の低減に貢献します。

世界のデスクトップ・アズ・ア・サービス市場では、北米が大きなシェアを占めています。

地域別に見ると、デスクトップ・アズ・ア・サービス市場は、北米、南米、欧州、中東・アフリカ、アジア太平洋に区分されます。北米のデスクトップ・アズ・ア・サービス市場は、世界のDaaS市場全体の成長に大きく寄与しています。この地域は、クラウドベースのソリューションと高度なITインフラの採用率が高く、これが市場の成長を促進しています。米国は、クラウドコンピューティングの普及率が高く、DaaSソリューションを採用する中小企業が多いことから、DaaSの最大市場の1つとなっています。北米の市場成長は、COVID-19の流行によって加速したリモートワークの動向の増加にも起因していると考えられます。

目次

第1章 イントロダクション

  • 市場概要
  • 市場の定義
  • 調査範囲
  • 市場セグメンテーション
  • 通貨
  • 前提条件
  • 基準年と予測年のタイムライン

第2章 調査手法

  • 調査データ
  • 調査デザイン

第3章 エグゼクティブサマリー

  • 調査ハイライト

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
  • 業界バリューチェーン分析

第5章 Desktop as a Service市場:デスクトップの種類別

  • イントロダクション
  • 持続的に
  • 非永続

第6章 Desktop as a Service市場:展開別

  • イントロダクション
  • 公共
  • プライベート
  • ハイブリッド

第7章 Desktop as a Service市場:エンドユーザー別

  • イントロダクション
  • BFSI
  • ITとテレコム
  • 小売り
  • ヘルスケア
  • 公的機関
  • 教育
  • その他

第8章 Desktop as a Service市場:地域別

  • イントロダクション
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ
  • 南米
    • ブラジル
    • アルゼンチン
    • その他
  • 欧州
    • ドイツ
    • フランス
    • 英国
    • スペイン
    • その他
  • 中東・アフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • イスラエル
    • その他
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • 韓国
    • インドネシア
    • 台湾
    • その他

第9章 競合環境と分析

  • 主要企業と戦略分析
  • 新興企業と市場収益性
  • 合併、買収、合意およびコラボレーション
  • ベンダー競争力マトリックス

第10章 企業プロファイル

  • VMware, Inc.
  • Microsoft
  • AWS Solutions Group
  • IBM
  • Nutanix
  • RapidScale
  • Cisco
  • Cox Communications, Inc.
  • Intel Corporation
  • E Shells Inc.
目次
Product Code: KSI061615181

Desktop-as-a-service market is expected to grow at a CAGR of 20.31% from a market size of US$4.901 billion in 2021 to reach US$17.876 billion in 2028. Desktop-as-a-Service (DaaS) is a cloud computing service model that allows users to access virtual desktops remotely, without the need for physical hardware or on-premises software. Instead, the desktop environment is hosted and managed by a third-party provider, who delivers it over the internet to the end-users. In a DaaS environment, the provider typically handles tasks such as provisioning, maintenance, updates, security, and data backup, freeing the end-users from those responsibilities. The end-users can access their virtual desktops from any device with an internet connection, including laptops, tablets, and smartphones, and can use them as if they were running on a physical desktop.

Market Drivers

Growing number of smart devices

The increasing number of smart devices is a major driver for the Desktop-as-a-Service (DaaS) market, as it creates a need for a solution that can provide access to desktop environments and applications across different devices and operating systems. The United States General Services Administration (GSA) has reported that the number of mobile devices used by government employees has increased significantly in recent years. With the proliferation of smartphones, tablets, laptops, and other mobile devices, employees are increasingly using these devices to access their work-related applications and data. This has created a need for a solution that can deliver a consistent user experience across multiple devices and operating systems while ensuring security and compliance. DaaS solutions can provide this consistency by delivering a virtual desktop environment that can be accessed from any device with an internet connection. This allows employees to work from anywhere, using the device that is most convenient for them, without compromising the security or performance of the desktop environment.

Increased availability of high-speed Internet

The Increased Availability of High-speed Internet significantly benefits the Desktop-as-a-Service market as it enables DaaS providers to deliver desktop environments and applications over the internet with improved performance and reliability. In the United States, the Federal Communications Commission (FCC) reports that the availability of high-speed internet has improved significantly in recent years. According to the FCC's 2021 Broadband Deployment Report, 97% of Americans now have access to high-speed fixed broadband internet services. High-speed internet connections are critical to the performance of DaaS solutions because they allow users to access desktop environments and applications with low latency and high bandwidth. This is especially important for applications that require high-performance computing, such as video editing, CAD, and 3D modeling.

Based on end-user, the desktop-as-a-service market is expected to witness healthy growth in the IT and telecom segment.

The Desktop-as-a-Service (DaaS) market, which provides cloud-based desktop solutions, is expected to experience significant growth during the projected period, particularly among IT and telecom end-users. DaaS enables organizations to easily provision and manage virtual desktops and applications from the cloud, enabling employees to work from anywhere on any device. This technology helps to reduce upfront costs and lower the Total Cost of Ownership (TCO) of desktop equipment while providing improved security, user experience, and productivity.

North America accounts for a significant share of the global desktop-as-a-service market.

Based on geography, the desktop-as-a-service market is segmented into North America, South America, Europe, the Middle East and Africa, and Asia Pacific. The North American desktop-as-a-service market is a significant contributor to the overall growth of the global DaaS market. The region has a high adoption rate of cloud-based solutions and advanced IT infrastructure, which has facilitated the growth of the market. The United States is one of the largest markets for DaaS due to the high penetration of cloud computing and the large number of small and medium-sized enterprises (SMEs) adopting DaaS solutions. The growth of the market in North America can also be attributed to the increasing trend of remote working, which was accelerated due to the COVID-19 pandemic.

Market Developments

  • In February 2023, OTAVA, a company that specializes in providing tailored and compliant multi-cloud solutions, launched a new Desktop as a Service (DaaS) solution aimed at boosting the remote workforce of businesses. The OTAVA DaaS service provides integrated cloud-based desktops and hosted applications that can be easily managed from the cloud, allowing companies to provision desktops and applications to users on any device, from any location.
  • In December 2022, Cloud and Desktop-as-a-Service (DaaS) management platform Nerdio secured US$117 million in a Series B funding round, led by Updata Partners. The investment was expected to be utilized to expand Nerdio's global presence, increase sales staff, and augment its executive leadership and workforce. Nerdio's Azure management platform streamlines DaaS management and operations, providing hundreds of features that enhance efficiency and reduce compute and storage costs.
  • In May 2022, NetApp introduced a cloud-based desktop-as-a-service (DaaS) solution called Spot PC to cater to the demands of remote and distributed working environments. The solution is a managed service with automation, observability, security, and optimization capabilities.

Market Segmentation

By Type of Desktop

  • Persistent
  • Non-Persistent

By Deployment

  • Public
  • Private
  • Hybrid

By End-User

  • BFSI
  • IT and Telecom
  • Retail
  • Healthcare
  • Public Sector
  • Education
  • Others

By Geography

  • North America
    • USA
    • Canada
    • Mexico
  • South America
    • Brazil
    • Argentina
    • Others
  • Europe
    • Germany
    • France
    • United Kingdom
    • Spain
    • Others
  • Middle East and Africa
    • Saudi Arabia
    • UAE
    • Israel
    • Others
  • Asia Pacific
    • China
    • Japan
    • India
    • South Korea
    • Indonesia
    • Taiwan
    • Others

TABLE OF CONTENTS

1. INTRODUCTION

  • 1.1. Market Overview
  • 1.2. Market Definition
  • 1.3. Scope of the Study
  • 1.4. Market Segmentation
  • 1.5. Currency
  • 1.6. Assumptions
  • 1.7. Base, and Forecast Years Timeline

2. RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1. Research Data
  • 2.2. Research Design

3. EXECUTIVE SUMMARY

  • 3.1. Research Highlights

4. MARKET DYNAMICS

  • 4.1. Market Drivers
  • 4.2. Market Restraints
  • 4.3. Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1. Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2. Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3. Threat of New Entrants
    • 4.3.4. Threat of Substitutes
    • 4.3.5. Competitive Rivalry in the Industry
  • 4.4. Industry Value Chain Analysis

5. DESKTOP AS A SERVICE MARKET BY TYPE OF DESKTOP

  • 5.1. Introduction
  • 5.2. Persistent
  • 5.3. Non-Persistent

6. DESKTOP AS A SERVICE MARKET BY DEPLOYMENT

  • 6.1. Introduction
  • 6.2. Public
  • 6.3. Private
  • 6.4. Hybrid

7. DESKTOP AS A SERVICE MARKET BY END-USER

  • 7.1. Introduction
  • 7.2. BFSI
  • 7.3. IT and Telecom
  • 7.4. Retail
  • 7.5. Healthcare
  • 7.6. Public Sector
  • 7.7. Education
  • 7.8. Others

8. DESKTOP AS A SERVICE MARKET BY GEOGRAPHY

  • 8.1. Introduction
  • 8.2. North America
    • 8.2.1. USA
    • 8.2.2. Canada
    • 8.2.3. Mexico
  • 8.3. South America
    • 8.3.1. Brazil
    • 8.3.2. Argentina
    • 8.3.3. Others
  • 8.4. Europe
    • 8.4.1. Germany
    • 8.4.2. France
    • 8.4.3. United Kingdom
    • 8.4.4. Spain
    • 8.4.5. Others
  • 8.5. Middle East And Africa
    • 8.5.1. Saudi Arabia
    • 8.5.2. UAE
    • 8.5.3. Israel
    • 8.5.4. Others
  • 8.6. Asia Pacific
    • 8.6.1. China
    • 8.6.2. Japan
    • 8.6.3. India
    • 8.6.4. South Korea
    • 8.6.5. Indonesia
    • 8.6.6. Taiwan
    • 8.6.7. Others

9. COMPETITIVE ENVIRONMENT AND ANALYSIS

  • 9.1. Major Players and Strategy Analysis
  • 9.2. Emerging Players and Market Lucrativeness
  • 9.3. Mergers, Acquisitions, Agreements, and Collaborations
  • 9.4. Vendor Competitiveness Matrix

10. COMPANY PROFILES

  • 10.1. VMware, Inc.
  • 10.2. Microsoft
  • 10.3. AWS Solutions Group
  • 10.4. IBM
  • 10.5. Nutanix
  • 10.6. RapidScale
  • 10.7. Cisco
  • 10.8. Cox Communications, Inc.
  • 10.9. Intel Corporation
  • 10.10. E Shells Inc.