表紙:反応性接着剤市場-2023年から2028年までの予測
市場調査レポート
商品コード
1279607

反応性接着剤市場-2023年から2028年までの予測

Reactive Adhesive Market - Forecasts from 2023 to 2028

出版日: | 発行: Knowledge Sourcing Intelligence | ページ情報: 英文 140 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
反応性接着剤市場-2023年から2028年までの予測
出版日: 2023年04月19日
発行: Knowledge Sourcing Intelligence
ページ情報: 英文 140 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

反応性接着剤市場は、2021年の96億2,100万米ドルから2028年には139億5,700万米ドルに達し、CAGR5.46%で成長すると予測されています。反応性接着剤は、異なる表面構造間の化学結合を可能にする元素や化合物を含む硬化剤です。これらの接着剤は、連動するコンポーネント間のスムーズな機能を提供するために、優れた寿命と反発強度を必要とするコンポーネントやサブレイヤー間で広く使用されています。そのため、反応性接着剤は、輸送、ヘルスケア、再生可能エネルギー、航空宇宙、建設など、様々な産業で使用されています。反応性接着剤の製品は、一液型接着剤と多液型接着剤に分類することができます。一液型接着剤では、接着剤は外部のエネルギー源と化学的に結合しますが、多液型接着剤では、硬化剤と樹脂を含む2つ以上のアイテムが化学的に結合するのが普通です。例えば、エポキシ樹脂接着剤は、ガラス製品、木材製品、セラミックスなどに使用される2液型の反応性接着剤です。このように、反応性接着剤市場は様々な産業で幅広く利用されているため、予測期間中に大きな成長を遂げることが予想されます。

市場促進要因

建築・建設セクターの拡大

過酷な環境・気候条件への耐性と耐久性から、反応性接着剤は外装構造の建設に使用されています。ホットメルトタイプのポリウレタン接着剤は、建築物の粘性と強度を高めるために、通常、建築手順で採用されています。世界の都市化の進展に伴う不動産セクターの発展が、先進国や新興経済諸国における土木インフラの拡充に繋がっています。例えば、米国AGC(Associated General Contractors of America)によると、米国の建設部門は、年間約1兆8,000億米ドルのインフラ整備に貢献しています。このように、世界中で建築活動が活発化することで、反応性接着剤の需要も増加すると考えられます。

再生可能エネルギーへの需要の高まり

石炭を原料とするエネルギー源をめぐる環境問題の高まりから、再生可能エネルギー分野への需要が高まっています。例えば、世界風力エネルギーレポート2022によると、ブラジルにおける風力エネルギー源の設置総量は2022年に22GWに達しています。エポキシ樹脂やその他のハイブリッド組成物反応性接着剤は、風力タービンなどの再生可能エネルギー発電製品に、高い太陽光放射や極端な気候に耐える能力を持たせるために使用されています。反応性接着剤が効果的に機能するためには、正確な量と面積で塗布する必要があります。したがって、持続可能なエネルギー源に対する需要の高まりと建設部門の拡大が、予測期間中の反応性接着剤市場の成長を促進することになります。

反応性接着剤の健康への悪影響は、反応性接着剤市場の成長を制限する可能性があります。

反応性接着剤に使用される特定の樹脂は、人間の健康に悪影響を及ぼすことが科学的に証明されています。例えば、エポキシ樹脂に長期間さらされると、人間の自己免疫や発達障害の発生につながる可能性があります。また、BPAという有害物質が含まれているため、がんやぜんそくを誘発する恐れもあります。また、ポリウレタンを過剰に摂取すると、リンパがん、白血病、乳がんなど、さまざまながんを発症する可能性があります。また、ポリウレタンは、人間の神経系や遺伝子構造に悪影響を及ぼすことが証明されています。これらの樹脂は、テーブル、ソファ、マットレスなどの家庭用品の製造に使用されているため、消費者がこのような健康上の危険によって害を受ける可能性があります。したがって、反応性接着剤市場の成長が抑制される可能性があります。

アジア太平洋は反応性接着剤市場で顕著なシェアを占めており、予測期間中に成長すると予想されています。

アジア太平洋地域の反応性接着剤市場は、同地域の家電や自動車分野の拡大により、高いレベルの需要が見られるようになっています。反応性接着剤の生産への応用は、電子部品の統合に使用される従来のツールを代替し、家電製品の耐久性を高めています。そのため、反応性接着剤は、電子機器メーカーが設計やインフラに対する要求を満たすのに役立っています。また、MP3機器やスマートフォンのサイズ調整、耐久性の向上などにも利用されています。アジア太平洋地域のコンシューマーエレクトロニクス市場の急速な開拓は、例えば、韓国の製造会社であるサムスン電子が折りたたみ式スマートフォンを発売し、電子製品の消費を増加させたことが、この地域の反応性接着剤市場の成長を促進すると予測されています。

目次

第1章 イントロダクション

  • 市場概要
  • 市場の定義
  • 調査範囲
  • 市場セグメンテーション
  • 通貨
  • 前提条件
  • 基準年と予測年のタイムライン

第2章 調査手法

  • 調査データ
  • 調査デザイン

第3章 エグゼクティブサマリー

  • 調査ハイライト

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
  • 業界バリューチェーン分析

第5章 反応性接着剤市場:樹脂の種類別

  • イントロダクション
  • ポリウレタン
  • エポキシ
  • シアノアクリレート
  • 変性アクリル
  • 嫌気性
  • シリコーン
  • その他

第6章 反応性接着剤市場:エンドユーザー別

  • イントロダクション
  • 建築と建設
  • 再生可能エネルギー
  • 交通機関
  • ヘルスケア
  • エレクトロニクス
  • 航空宇宙
  • その他

第7章 反応性接着剤市場:地域別

  • イントロダクション
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ
  • 南米
    • ブラジル
    • アルゼンチン
    • その他
  • 欧州
    • 英国
    • ドイツ
    • フランス
    • スペイン
    • その他
  • 中東・アフリカ
    • サウジアラビア
    • イスラエル
    • その他
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • 韓国
    • インドネシア
    • 台湾
    • その他

第8章 競合環境と分析

  • 主要企業と戦略分析
  • 新興企業と市場収益性
  • 合併、買収、合意およびコラボレーション
  • ベンダー競争力マトリックス

第9章 企業プロファイル

  • 3M
  • Arkema Group(Bostik SA)
  • Dow
  • Wacker Chemie AG
  • Henkel
  • APPLIED Adhesives
  • Evonik
  • Covestro AG
  • Jowat Corporation
  • Mitol(Soudal Group)
  • Buhnen GmbH & Co. KG
目次
Product Code: KSI061614879

The reactive adhesive market is projected to grow at a CAGR of 5.46% to reach US$13.957 billion in 2028 from US$9.621 billion in 2021. Reactive adhesives are hardening agents with elements and compounds that enable chemical bonding between different surface structures. These adhesives are extensively used between components and sublayers that require prominent longevity and resilient strength to provide smooth functioning between interlinked components. Therefore, reactive adhesives are used across several industries such as transportation, healthcare, renewable energy, aerospace, and construction. Reactive adhesive products can be classified into single-component and multiple-component adhesives. In a single-component adhesive, the adhesive chemically bonds with an exterior source of energy whereas, in a multiple-component adhesive, the chemical bonding is usually amid two or more items including hardening agents and resins. For instance, epoxy resin adhesive is a two-component reactive adhesive used in glass products, timber products, and ceramics. Therefore, the extensive application of the reactive adhesive market across different industries will result in significant growth of the reactive adhesive market over the forecast period.

Market Drivers

Expansion of the building and construction sector

Due to their ability to tolerate drastic environmental and climate conditions and durability, reactive adhesives are implemented in constructing exterior structures. Polyurethane adhesives in hot melt form are usually employed in construction procedures to increase the viscosity and strength of constructed buildings. The advancement of the real estate sectors fueled by the increasing urbanization rates across the world is resulting in the expansion of civil infrastructure across several developed and developing economies. For instance, the Associated General Contractors of America reported that the construction sector in the US contributes to the development of approximately US$1.8 trillion in infrastructure on an annual basis. Therefore, the increase in building activities across the world will result in a greater demand for reactive adhesives.

Growing demand for renewable energy sources

Due to the rising environmental concerns surrounding the use of coal-based energy sources, the renewable energy sector is witnessing high demand. For instance, the aggregate installed wind energy sources in Brazil reached 22 GW in 2022 according to the global wind energy report 2022. Epoxy and other hybrid composition reactive adhesives are used to provide renewable energy-generating products such as wind turbines with the ability to resist and tolerate high sunlight radiations and extreme climates. Reactive adhesives must be applied in precise volumes and areas to ensure their effective functioning. Therefore, the rising demand for sustainable energy sources and the expansion of the construction sector will propel the growth of the reactive adhesive market over the forecast period.

The ill effects of reactive adhesives on health could limit the growth of the reactive adhesive market.

Certain resins used in reactive adhesives have been scientifically proven to have a negative impact on human health. For instance, long exposure to epoxy resins could lead to the generation of autoimmunity and developmental disorders in humans. Since they contain a toxic element named BPA, they also pose the threat of inducing cancer and asthma issues. In addition, excessive exposure to polyurethanes could result in cancer of different forms including lymphatic, leukemia, and breast cancers. They have also been proven to negatively affect the working of the neurological system and genetic structure in humans. Since these resins are employed in the manufacture of domestic household goods such as tables, couches, and mattresses, the consumers could be harmed by such health dangers. Hence, this could result in a restrained growth of the reactive adhesive market.

Market Developments

  • In May 2022, Bostik Company introduced two new products, SG6520 and SG6518 to its Supergrip product line. These new products are polyurethane reactive adhesives applied in the carpentry and woodwork sectors.
  • In February 2022, a leading chemical manufacturing company, Arkema declared its acquisition of Shanghai Zhiguan Polymer Materials, a Chinese Company pursuing the manufacture of reactive polyurethane and other adhesives in hot-melt form, to expand its adhesive products portfolio.
  • In March 2021, Applied Adhesives Inc., a company producing and distributing thermal solutions and adhesive products including reactive adhesives, was sold by Goldner Hawn, LP to Arsenal Capital Partners who intend to expand their business operations across North America.

Asia Pacific holds a prominent share of the reactive adhesive market and is expected to grow in the forecast period.

The reactive adhesive market in the Asia Pacific region is witnessing high levels of demand due to the expansion of the consumer electronics and automotive sectors in this region. The application of reactive adhesives in the production of reactive adhesives substituting the traditional tools used in the integration of electronic components and enhancing the durability of consumer electronic goods. Hence, reactive adhesives assist electronic goods manufacturers to fulfill their design and infrastructure demands. Hence, these adhesives are used in mp3 devices and smartphones to conveniently size these items and improve their durability. Hence, the rapid developments in the consumer electronics market of the Asia Pacific region, for instance, the launch of foldable smartphones by South Korean manufacturing company, Samsung Electronics resulting in increased consumption of electronic goods is anticipated to promote the growth of the reactive adhesive market of this region.

Market Segments

By Resin Type

  • Polyurethane
  • Epoxy
  • Cyanoacrylate
  • Modified Acrylic
  • Anaerobic
  • Silicone
  • Others

By End-User

  • Building & Construction
  • Renewable Energy
  • Transportation
  • Healthcare
  • Electronics
  • Aerospace
  • Others

By Geography

  • North America
    • USA
    • Canada
    • Mexico
  • South America
    • Brazil
    • Argentina
    • Others
  • Europe
    • United Kingdom
    • Germany
    • France
    • Spain
    • Others
  • Middle East and Africa
    • Saudi Arabia
    • Israel
    • Others
  • Asia Pacific
    • China
    • Japan
    • India
    • South Korea
    • Indonesia
    • Taiwan
    • Others

TABLE OF CONTENTS

1. INTRODUCTION

  • 1.1. Market Overview
  • 1.2. Market Definition
  • 1.3. Scope of the Study
  • 1.4. Market Segmentation
  • 1.5. Currency
  • 1.6. Assumptions
  • 1.7. Base, and Forecast Years Timeline

2. RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1. Research Data
  • 2.2. Research Design

3. EXECUTIVE SUMMARY

  • 3.1. Research Highlights

4. MARKET DYNAMICS

  • 4.1. Market Drivers
  • 4.2. Market Restraints
  • 4.3. Porter's Five Force Analysis
    • 4.3.1. Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2. Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3. Threat of New Entrants
    • 4.3.4. Threat of Substitutes
    • 4.3.5. Competitive Rivalry in the Industry
  • 4.4. Industry Value Chain Analysis

5. REACTIVE ADHESIVE MARKET BY RESIN TYPE

  • 5.1. Introduction
  • 5.2. Polyurethane
  • 5.3. Epoxy
  • 5.4. Cyanoacrylate
  • 5.5. Modified Acrylic
  • 5.6. Anaerobic
  • 5.7. Silicone
  • 5.8. Others

6. REACTIVE ADHESIVE MARKET BY END-USER

  • 6.1. Introduction
  • 6.2. Building & Construction
  • 6.3. Renewable Energy
  • 6.4. Transportation
  • 6.5. Healthcare
  • 6.6. Electronics
  • 6.7. Aerospace
  • 6.8. Others

7. REACTIVE ADHESIVE MARKET BY GEOGRAPHY

  • 7.1. Introduction
  • 7.2. North America
    • 7.2.1. United States
    • 7.2.2. Canada
    • 7.2.3. Mexico
  • 7.3. South America
    • 7.3.1. Brazil
    • 7.3.2. Argentina
    • 7.3.3. Others
  • 7.4. Europe
    • 7.4.1. United Kingdom
    • 7.4.2. Germany
    • 7.4.3. France
    • 7.4.4. Spain
    • 7.4.5. Others
  • 7.5. Middle East and Africa
    • 7.5.1. Saudi Arabia
    • 7.5.2. Israel
    • 7.5.3. Others
  • 7.6. Asia Pacific
    • 7.6.1. China
    • 7.6.2. Japan
    • 7.6.3. India
    • 7.6.4. South Korea
    • 7.6.5. Indonesia
    • 7.6.6. Taiwan
    • 7.6.7. Others

8. COMPETITIVE ENVIRONMENT AND ANALYSIS

  • 8.1. Major Players and Strategy Analysis
  • 8.2. Emerging Players and Market Lucrative
  • 8.3. Mergers, Acquisition, Agreements, and Collaborations
  • 8.4. Vendor Competitiveness Matrix

9. COMPANY PROFILES

  • 9.1. 3M
  • 9.2. Arkema Group (Bostik SA)
  • 9.3. Dow
  • 9.4. Wacker Chemie AG
  • 9.5. Henkel
  • 9.6. APPLIED Adhesives
  • 9.7. Evonik
  • 9.8. Covestro AG
  • 9.9. Jowat Corporation
  • 9.10. Mitol (Soudal Group)
  • 9.11. Buhnen GmbH & Co. KG