表紙:分散型温度センシング市場-2023年から2028年までの予測
市場調査レポート
商品コード
1279584

分散型温度センシング市場-2023年から2028年までの予測

Distributed Temperature Sensing Market - Forecasts from 2023 to 2028

出版日: | 発行: Knowledge Sourcing Intelligence | ページ情報: 英文 140 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.49円
分散型温度センシング市場-2023年から2028年までの予測
出版日: 2023年05月08日
発行: Knowledge Sourcing Intelligence
ページ情報: 英文 140 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

分散型温度センシング市場は、2021年の6億8,817万6,000米ドルから2028年には11億5,981万7,000米ドルに達し、CAGR7.74%で成長すると予測されます。分散型温度センシング(DTS)は、光ファイバーケーブルに沿って温度を測定する技術です。パイプラインや電力ケーブルなど、監視対象のインフラの長さに沿って光ファイバーケーブルを設置し、ケーブルをDTSユニットに接続することで、ケーブルの長さに沿った各ポイントの温度を計算するために使用する信号を生成し、ケーブルの構造および周囲の環境と相互作用する光のパルスをケーブルを通して送信し、重要インフラの温度変化を監視および管理するために、石油・ガス、電力、輸送などの産業でよく使用されています。

DTSをビジネスアプリケーションに採用することで、企業は温度を連続的かつリアルタイムに監視し、潜在的な問題を事前に特定し、実際の温度データに基づいて冷暖房システムを調整することでパフォーマンスを最適化することができます。また、ホットスポットや異常な温度変化を検知することで、コスト削減や効率化、安全性の向上にも貢献します。石油・ガス産業の拡大や製造業における温度監視ソリューションのニーズの高まりが、予測期間中の市場成長を促進すると予想されます。

市場促進要因

鉄道軌道の温度監視の必要性

列車の座屈、レールの破損、速度制限、メンテナンスコストの増加など、さまざまな問題の発生を防ぎ、安全で効率的な鉄道運行を確保するために、鉄道軌道温度モニターの重要性が高まっており、DTSの消費量が増加すると予想されています。例えば、APセンシング社は、鉄道軌道の温度を継続的に管理するDTS技術を提供しており、これにより、地下鉄駅、列車、ケーブルダクトの内部での火災の検出をさらに容易にしています。高温は鉄軌道の膨張を引き起こし、列車の座屈や軌道のゆがみにつながり、乗客の危険や機器の損傷による脱線事故が発生します。例えば、2022年7月、英国鉄道のキングス・クロス駅では、華氏104.36度の高温のため、座屈防止のために列車の運行が中止されました。

インフラ整備活動の拡大

市民インフラなどの建物の開発が進むことは、建物の温度を監視するDTS技術の消費の機会を提供します。例えば、UAEの2020年度予算として613億5,000万のAEDの赤字ゼロ連邦予算が承認され、14.00%が建設と経済成長に割り当てられています。DTS技術は、建物の温度を監視して冷暖房システムを最適化し、エネルギー消費量を削減するために導入されています。例えば、ドバイの地域冷房事業者協会は2021年4月、UAEのEmirates District Cooling Companyが提供するDTS製品である地域冷房システムの使用により、2020年に650GWh近い電力削減効果があったことを明らかにしました。

DTSや代替技術の認知度が低いことが、重要な課題となっています。

DTS技術の利点に対する認知度が低く、事業運営を改善する能力に対する理解が不十分であるため、DTSの消費を開始していない業界の企業によるDTS製品の導入が遅れています。さらに、赤外線画像やワイヤレスセンサーなどの代替技術との競合が激化しており、費用対効果や導入の容易さから、特定の用途におけるDTS技術の需要は限定的です。

技術別では、OTDR(Optical Time Domain Reflectometer)分野が分散型温度センシング市場で大きなシェアを占めると予想されています。

OTDRは、主に光ファイバーケーブルの距離による光パワーの損失を測定するために使用されます。OTDRは、高出力レーザーで光ファイバーにパルスを発生させ、反射した光が装置に戻ってくるまでの時間を測定することで、減衰量や光ファイバーの断線・接続位置に関する情報を得ることができます。光ファイバーケーブルの消費量の増加により、OTDRは光ファイバーケーブルの敷設、メンテナンス、トラブルシューティングなどの用途で採用され、トラブルシューティングやメンテナンスに不可欠なファイバーの包括的な分析を提供するため、消費量は増加しています。

アプリケーション別では、石油・ガスセクターが予測期間中に大幅な成長を遂げると予測されています。

石油・ガス業界では、消費者の需要を満たすために生産活動が拡大し、DTS製品の需要が高まっています。この業界は、安全で効率的な性能を確保するために厳しい温度パラメータの中で動作しなければならない重要なインフラに大きく依存しているためです。DTS技術は、石油・ガス産業において、パイプライン監視、貯水池監視、坑井監視、水圧破砕に使用されています。パイプラインの温度変化を継続的に監視し、漏水やホットスポットなどの潜在的な問題を検出し、パイプラインの故障や環境破壊のリスクを低減するために、顕著に消費されています。

ガスパイプラインの増加により、DTS市場の拡大が期待されています。例えば、米国はパキスタンと20億米ドルのガスパイプライン契約、インドと400億米ドルの天然ガス輸出契約を開始しました。また、2021年の年次予算には、インド政府によるジャンムー・カシミール州のパイプラインプロジェクトの発表が含まれています。インドの石油天然ガス省は、国のガスマトリックスを構築し、インド全土の天然ガスへのアクセスを強化するため、石油天然ガス規制委員会により、およそ33,764kmの天然ガスパイプラインが承認されたと推定しています。さらに、パイプラインの監視とメンテナンスに関する規制要件など、石油・ガス産業における政府の規制や義務付けが、DTS技術の採用拡大に繋がっています。

2021年の世界市場では、北米が大きなシェアを占めており、予測期間中も緩やかな成長が見込まれます。

光ファイバー技術の進歩は、同地域のDTS市場の成長を促進する重要な要因です。このような進歩により、堅牢性、信頼性、費用対効果が向上した光ファイバーケーブルが誕生し、さまざまな産業でDTS技術の幅広い採用が可能になりました。また、企業の間では、業務効率の向上とコスト削減を目的としたリアルタイムの温度モニタリングと分析に対するニーズが高まっています。DTSソリューションは、連続した高解像度の温度データを提供するため、企業は重要な時期の前に問題を迅速に特定して対処し、ダウンタイムとメンテナンスコストを削減することができるため、この地域における市場の拡大に寄与しています。

目次

第1章 イントロダクション

  • 市場概要
  • 市場の定義
  • 調査範囲
  • 市場セグメンテーション
  • 通貨
  • 前提条件
  • 基準年と予測年のタイムライン

第2章 調査手法

  • 調査データ
  • 調査デザイン

第3章 エグゼクティブサマリー

  • 調査ハイライト

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
  • 業界バリューチェーン分析

第5章 分散型温度センシング市場:テクノロジー別

  • イントロダクション
  • 光タイムドメイン反射率測定法(OTDR)
  • 光周波数領域反射率測定法(OFDR)

第6章 分散型温度センシング市場:用途別

  • イントロダクション
  • 石油・ガス
  • 電力ケーブル
  • 火災検知
  • パイプラインの監視
  • その他

第7章 分散型温度センシング市場:地域別

  • イントロダクション
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ
  • 南米
    • ブラジル
    • アルゼンチン
    • その他
  • 欧州
    • ドイツ
    • フランス
    • 英国
    • スペイン
    • その他
  • 中東・アフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • イスラエル
    • その他
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • 韓国
    • 台湾
    • インドネシア
    • その他

第8章 競合環境と分析

  • 主要企業と戦略分析
  • 新興企業と市場収益性
  • 合併、買収、合意およびコラボレーション
  • ベンダー競争力マトリックス

第9章 企業プロファイル

  • AP Sensing
  • OPTROMIX
  • OFS Fitel, LLC
  • Baker Hughes
  • Bandweaver
  • Yokogawa
  • SLB
  • Silixa Ltd.
  • Sensornet
目次
Product Code: KSI061615278

The distributed temperature sensing market is projected to grow at a CAGR of 7.74% to reach US$1,159.817 million in 2028 from US$688.176 million in 2021. Distributed temperature sensing (DTS) is a technology for measuring temperature along a fiber optic cable. It is often used in industries such as oil and gas, power, and transportation to monitor and manage temperature variations in critical infrastructure by installing a fiber optic cable along the length of the infrastructure being monitored, such as a pipeline or power cable, and connecting the cable to a DTS unit that sends pulses of light through the cable that interact with the cable's structure and the surrounding environment to produce a signal that is used to calculate the temperature at each point along the cable's length.

Adopting DTS in business applications allows companies to monitor temperature continuously and in real-time, identify potential problems before they become critical, and optimize performance by adjusting heating or cooling systems based on actual temperature data. It can also help companies to reduce costs, increase efficiency, and improve safety by detecting hotspots and abnormal temperature changes. The expansion of the oil and gas industry and the growing need for temperature monitoring solutions among manufacturing industries is anticipated to drive the growth of the market over the forecast period.

Market Drivers

The need for monitoring railway track temperature

The growing importance of railway track temperature monitor to ensure safe and efficient railway operations by preventing the occurrence of several issues, such as train buckling, rail breaks, speed restrictions, and increased maintenance costs, is expected to increase the consumption of DTS. For instance, AP Sensing company offers DTS technology to continuously administer the railway track temperature, which further facilitates the detection of fires in the interior of metro stations, trains, and cable ducts. High temperatures can cause steel tracks to expand and lead to train buckling and track warping, which cause derailments and accidents by endangering passengers and damaging equipment. For instance, in July 2022, trains were canceled at the King's Cross railway station by the UK railway to prevent buckling due to a high temperature of 104.36 degrees Fahrenheit.

Expansion of infrastructure development activities

The increasing development of civil infrastructure and other buildings provides an opportunity for the consumption of DTS technology to monitor building temperatures. For instance, a zero-deficit federal budget of AED 61.35 billion has been approved as part of the UAE's fiscal year 2020 budget, with 14.00% allocated towards construction and economic growth. DTS technology is implemented to monitor the temperature of buildings to optimize heating and cooling systems and reduce energy consumption. For example, the Association of District Cooling Operators in Dubai revealed in April 2021 that using the district cooling system, a DTS product offered by Emirates District Cooling Company in the UAE, resulted in electricity savings of close to 650 GWh in 2020.

The limited awareness of DTS and substitute technologies are some of the key challenges.

The limited awareness of the benefits of DTS technology and the incomplete understanding of its ability to improve business operations is resulting in the slow adoption of DTS products by companies operating in industries that have not yet commenced consuming DTS. Further, the growing competition by alternative technologies such as infrared imaging or wireless sensors limits the demand for DTS technology in certain applications due to their relative cost-effectiveness and easier implementation.

Market Developments

  • In March 2022, LIOS Sensing, a company specializing in the production of distributed temperature sensing solutions, was acquired by Luna Innovations Incorporated, a US-based communication company offering optical technology products to expand the fiber optic product offerings by Luna.
  • In April 2020, Sumitomo Electric Industries, Ltd., a Japanese company manufacturing fiber optic solutions, introduced a new distributed temperature sensing product, OPTHERMO FTS3500, that uses optic fiber to enhance the performance of interval sampling, compact the housing size, and increase compatibility with the interface.

By technology, the Optical Time Domain Reflectometer (OTDR) segment is anticipated to hold a prominent share of the distributed temperature sensing market.

OTDRs are mainly employed to measure the loss of optical power in fiber optic cables over distance. They use a high-power laser to generate pulses of light transmitted through the fiber to enable the OTDR to measure the response time taken for the reflected light to return to the device, which provides information about the attenuation and location of any breaks or splices in the fiber. The growing consumption of fiber optic cables is increasing the consumption of OTDRs as they are adopted in applications such as fiber optic cable installation, maintenance, and troubleshooting to provide a comprehensive analysis of the fiber essential for troubleshooting and maintenance.

By application, the oil and gas sector is projected to witness substantial growth over the forecast period.

The expansion of the production activities by the oil and gas sector to meet consumer demand is generating a high for DTS products as this industry relies heavily on critical infrastructure that must operate within strict temperature parameters to ensure safe and efficient performance. DTS technology is used in the oil and gas industry for pipeline monitoring, reservoir monitoring, wellbore monitoring, and hydraulic fracturing. It is prominently consumed to continuously monitor temperature changes along pipelines to detect potential issues such as leaks or hotspots and reduce the risk of pipeline failures and environmental damage.

The increase in gas pipelines is expected to result in the expansion of the DTS market. For instance, Russia initiated a US$2 billion gas pipeline deal with Pakistan and a US$40 billion natural gas export agreement with India. In addition, the annual budget 2021 included a pipeline project announcement from the Indian government for Jammu and Kashmir. The Ministry of Petroleum and Natural Gas of India estimated that roughly 33,764 km of the natural gas pipeline has been approved by the Petroleum and Natural Gas Regulatory Board to build the nation's gas matrix and enhance the accessibility of natural gas throughout India. Moreover, government regulations and mandates in the oil and gas industry, such as regulatory requirements for pipeline monitoring and maintenance, have led to increased adoption of DTS technology.

North America held a significant share of the global market in 2021 and is expected to witness modest growth over the forecast period.

The advancements in fiber optic technology are a significant factor promoting the growth of the DTS market in the region, as such advancements have resulted in the creation of fiber optic cables with enhanced robustness, reliability, and cost-effectiveness, enabling the widespread adoption of DTS technology across various industries. In addition, the growing need for real-time temperature monitoring and analysis to improve operational efficiency and reduce costs among companies is contributing to the expansion of the market in the region as DTS solutions provide continuous, high-resolution temperature data that enable businesses to quickly identify and address issues before critical time to reduce the downtime and maintenance costs.

Market Segmentation

By Technology

  • Optical Time Domain Reflectometry (OTDR)
  • Optical Frequency Domain Reflectometry (OFDR)

By Application

  • Oil and Gas
  • Power Cable
  • Fire Detection
  • Pipeline Monitoring
  • Others

By Geography

  • North America
    • USA
    • Canada
    • Mexico
  • South America
    • Brazil
    • Argentina
    • Others
  • Europe
    • Germany
    • France
    • United Kingdom
    • Spain
    • Others
  • Middle East and Africa
    • Saudi Arabia
    • UAE
    • Israel
    • Others
  • Asia Pacific
    • China
    • Japan
    • India
    • South Korea
    • Taiwan
    • Indonesia
    • Others

TABLE OF CONTENTS

1. INTRODUCTION

  • 1.1. Market Overview
  • 1.2. Market Definition
  • 1.3. Scope of the Study
  • 1.4. Market Segmentation
  • 1.5. Currency
  • 1.6. Assumptions
  • 1.7. Base, and Forecast Years Timeline

2. RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1. Research Data
  • 2.2. Research Design

3. EXECUTIVE SUMMARY

  • 3.1. Research Highlights

4. MARKET DYNAMICS

  • 4.1. Market Drivers
  • 4.2. Market Restraints
  • 4.3. Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1. Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2. Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3. Threat of New Entrants
    • 4.3.4. Threat of Substitutes
    • 4.3.5. Competitive Rivalry in the Industry
  • 4.4. Industry Value Chain Analysis

5. DISTRIBUTED TEMPERATURE SENSING MARKET BY TECHNOLGY

  • 5.1. Introduction
  • 5.2. Optical Time Domain Reflectometry (OTDR)
  • 5.3. Optical Frequency Domain Reflectometry (OFDR)

6. DISTRIBUTED TEMPERATURE SENSING MARKET BY APPLICATION

  • 6.1. Introduction
  • 6.2. Oil and Gas
  • 6.3. Power Cable
  • 6.4. Fire Detection
  • 6.5. Pipeline Monitoring
  • 6.6. Others

7. DISTRIBUTED TEMPERATURE SENSING MARKET BY GEOGRAPHY

  • 7.1. Introduction
  • 7.2. North America
    • 7.2.1. USA
    • 7.2.2. Canada
    • 7.2.3. Mexico
  • 7.3. South America
    • 7.3.1. Brazil
    • 7.3.2. Argentina
    • 7.3.3. Others
  • 7.4. Europe
    • 7.4.1. Germany
    • 7.4.2. France
    • 7.4.3. United Kingdom
    • 7.4.4. Spain
    • 7.4.5. Others
  • 7.5. Middle East And Africa
    • 7.5.1. Saudi Arabia
    • 7.5.2. UAE
    • 7.5.3. Israel
    • 7.5.4. Others
  • 7.6. Asia Pacific
    • 7.6.1. China
    • 7.6.2. Japan
    • 7.6.3. India
    • 7.6.4. South Korea
    • 7.6.5. Taiwan
    • 7.6.6. Indonesia
    • 7.6.7. Others

8. COMPETITIVE ENVIRONMENT AND ANALYSIS

  • 8.1. Major Players and Strategy Analysis
  • 8.2. Emerging Players and Market Lucrativeness
  • 8.3. Mergers, Acquisitions, Agreements, and Collaborations
  • 8.4. Vendor Competitiveness Matrix

9. COMPANY PROFILES

  • 9.1. AP Sensing
  • 9.2. OPTROMIX
  • 9.3. OFS Fitel, LLC
  • 9.4. Baker Hughes
  • 9.5. Bandweaver
  • 9.6. Yokogawa
  • 9.7. SLB
  • 9.8. Silixa Ltd.
  • 9.9. Sensornet