お知らせ :東京証券取引所JASDAQスタンダード市場への新規上場に関するお知らせ
株式会社グローバルインフォメーション
表紙
市場調査レポート
商品コード
980422

トラック・バス向け電動化パワートレインにおける価格とアーキテクチャ:商用車向け電動化パワートレインの売上と価格

Electrified Truck and Bus Powertrain Pricing and Architecture: A Truly Unique Research Report Focusing on Commercial Vehicle Electrification Powertrain Value and Pricing

出版日: | 発行: Interact Analysis | ページ情報: 英文 | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=108.90円
トラック・バス向け電動化パワートレインにおける価格とアーキテクチャ:商用車向け電動化パワートレインの売上と価格
出版日: 2021年01月18日
発行: Interact Analysis
ページ情報: 英文
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

電気自動車は、バッテリー価格の下落、都市のクリーンエア規制、気候変動への懸念に牽引されて、活況を呈している分野です。トラック・バス向けの電動化パワートレインの収益は、この10年間で急速に成長し、2021年は力強いスタートを切ると予測されています。バッテリーパックが収益をリードしていますが、燃料電池システム、モーター、インバータなど、他の多くの分野でも大きな機会が見込まれています。

2021年は、各国がCOVID-19危機からの経済の回復や、電動化車両の普及率の急上昇に目を向けており、電動化車両やコンポーネントメーカーの順調な成長が予想されています。

当レポートは、トラックおよびバスの電動化パワートレイン市場のアジア太平洋地域を除く南北アメリカ・欧州・中東・アフリカのオンロード商用車(トラックとバス)を対象に調査しており、パワートレインコンポーネントの収益機会の予測、価格変動、コンポーネントユニット、パワートレイン、車種、地域ごとの収益と価格の詳細な内訳、サプライヤーの情勢の分析などの情報を提供しています。

当レポートの目的

  • 同業界に関する主な質問への回答
    • 市場の成熟に伴う、BOM(部品表)の変化、価格は大幅に下落するか
    • パワートレインのアーキテクチャは、欧州と北米でどのように異なるか
    • パワートレインのアーキテクチャと総売上は、車種ごとにどのように異なるか
    • 2025年と2030年のパワートレインアーキテクチャは2020年とどのように異なるか
    • モーターアーキテクチャはどのように、また、なぜ変化するのか
    • 2025年と2030年には、どのバッテリータイプが主流となるか

当レポートの最重要点

  • パワートレインコンポーネントの収益は、2020年には10億米ドル未満であるものの、2030年には24倍の230億米ドルに増加すると予測されている。
  • 2020年のバッテリーパックの平均価格は7,592ドルとなった。多くの車両が軽自動車とマイルドハイブリッド車であったため、低価格となったものの、より大きなバッテリーパックを必要とする中型から大型の電気自動車の市場シェア拡大により、増加が予測されている。
  • 2020年の車両1台あたりのパワートレインの平均価格は1万3,803ドルであった。ただし、マイルドハイブリッドと小型トラックは平均価格より遥かに低く、中型/大型トラック・バスのBEVでは遥かに高くなっている。
  • eAxleの普及率は、小型トラックでは高く、大型トラックでは低いものの、時間の経過とともに、大型トラックにおいても着実に拡大すると予想されている。
  • 予測の初期段階では欧州・中東・アフリカが市場をリードしてるが、南北アメリカのパワートレインコンポーネントの売上は数年で追いつくと予測されている。

目次

市場分析:(車両生産の)地域別

  • 南北アメリカ
  • 欧州27ヵ国、英国
  • その他欧州、中東・アフリカ

市場分析:車種別

  • 小型トラック(6.4トン)
  • 路線バス
  • 都市間バス(長距離バス)
  • パワートレイン
  • マイルドハイブリッド(48Vを含む)
  • フルハイブリッド
  • バッテリー式電気自動車(BEV)
  • 燃料電池(FCEV)

市場分析:コンポーネント

  • バッテリー
    • ケミストリー
    • NMC
    • LFP
    • LTO
    • その他
    • パッケージ
    • 円筒形
    • プリズマティック
    • パウチ型
  • モーター
    • 永久磁石モーター
    • 誘導モーター
  • eAxle
  • インバーター
  • DC/DCコンバーター
  • バッテリー熱管理システム
  • バッテリー管理システム(BMS)
  • トランスミッション
  • 燃料電池システム
  • 水素タンク
目次

"Electric vehicles is a booming area, driven by falling battery prices, city clean air regulations and concerns about climate change. Powertrain revenue for electrified trucks and buses will grow rapidly during this decade, with a strong start in 2021. The battery pack leads the revenue, with significant opportunities in many other areas, such as fuel cell systems, motors and inverters, amongst others." JAMIE FOX, Principal Analyst.

By combining our widely used and well-respected truck and bus electrification research with new primary research we have built, for the first time, a highly granular dataset that quantifies the forecast revenue opportunity for electrified powertrain components and how the pricing of the components will change over time.

2021 will be a good year for manufacturers of electrified vehicles and components as countries look to rebound from COVID economy and electrified vehicle penetration surges.

This report covers on-road commercial vehicles - trucks and buses - in the Americas and EMEA excluding Asia Pacific with an in-depth breakdown of components units, revenue and pricing by powertrain, vehicle type and region. It also includes well modelled forecasts and transport assumptions, along with an analysis of the supplier landscape.

Objectives

This report aims to answer some of the key questions facing this industry today.

  • How will the bill-of-materials (BOM) change as the market matures? Will the price substantially fall?
  • How does the powertrain architecture vary in Europe vs North America?
  • How does the powertrain architecture and total value vary by vehicle type?
  • How will the powertrain architecture in 2025 and 2030 be different to 2020?
  • How and why is motor architecture changing?
  • Which battery types will dominate in 2025 and 2030?

Highlights:

  • The 2030 forecast predicts to have x24 the revenue of 2020 for powertrain components, and is predicted to grow from under $1 billion in 2020 to $23 billion by 2030.
  • The average price of a battery pack in 2020 was $7592 - which was fairly low because many vehicles were light vehicles and mild hybrids, but predicted to increase due to the dominance of medium to heavy electric vehicles which require larger battery packs.
  • The average powertrain value per vehicle was $13,803 in 2020. However, much lower for mild hybrids and light trucks but far higher for BEVs in medium/heavy duty trucks and buses
  • eAxle penetration is high in light-duty trucks but low in heavy-trucks. Over time, however, we expect to see steady growth in heavy-duty trucks also.
  • EMEA leads the market in the early years of the forecast however, the value of powertrain components in the Americas is forecast to catch up over the years.

Table of Contents

By Region (of vehicle production)

  • Americas
  • EU 27 & UK
  • Rest of Europe, Middle East and Africa

By Vehicle Type

  • Light-duty trucks (6.4 t)
  • Urban bus
  • Intercity bus (coach)
  • Powertrain
  • Mild Hybrid (including 48V)
  • Full Hybrid
  • Battery Electric (BEV)
  • Fuel Cell (FCEV)
  • Components
  • Batteries
    • Chemistry
    • NMC
    • LFP
    • LTO
    • Other
    • Package
    • Cylindrical
    • Prismatic
    • Pouch
  • Motor
    • Permanent Magnet
    • Induction
  • eAxle
  • Inverters
  • DC-DC converter
  • Battery thermal management system
  • Battery management system (BMS)
  • Transmission
  • Fuel cell system
  • Hydrogen tank
株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2021, Global Information, Inc. All rights reserved.