デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1337788

EMEA外付型エンタープライズ・ストレージ・システムの予測、2023-2027年:短期的には減少も長期的には健全な成長

EMEA External Enterprise Storage Systems Forecast, 2023-2027: Short-Term Decline but Long-Term Healthy Growth

出版日: | 発行: IDC | ページ情報: 英文 21 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.36円
EMEA外付型エンタープライズ・ストレージ・システムの予測、2023-2027年:短期的には減少も長期的には健全な成長
出版日: 2023年08月22日
発行: IDC
ページ情報: 英文 21 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

この調査レポートは、欧州、中東・アフリカの外付けエンタープライズストレージシステム市場の過去データ(2018年~2022年)と予測データ(2023年~2027年)を掲載したIDCの市場予測書です。本予測は、2023年3月に発表されたIDCの「4Q22 Worldwide Quarterly Enterprise Storage Systems Tracker」の四半期予測を年間ベースでまとめたものです。本予測と過去のデータは、外部OEM、内部OEM、「その他」の3つのカテゴリのエンタープライズストレージシステムのエンドユーザー消費に焦点を当てており、ODM(相手先ブランドによる設計メーカー)が顧客に直接販売したシステムの累積出荷を対象としています。これらの各カテゴリーについて、IDCは金額(エンドユーザー支出)、テラバイト、ギガバイト当たりの価格を推定しています。「1年以上続いているロシア・ウクライナ戦争は、EMEA市場、特に中東欧市場に打撃を与えています。2023年は困難な年になるだろうが、2024年以降は好転が見込まれる」とIDCのEMEA:Future of Digital Infrastructure担当シニアリサーチマネージャー、ルイス・フェルナンデス(Luis Fernandes)氏は述べています。「新たな性能集約型ワークロード向けの、より新しく高速なストレージに対するニーズの高まりと、オールフラッシュ・アレイとハイブリッド・フラッシュ・アレイの競合価格が、EMEAストレージ市場の収益成長を促進すると思われます。

IDC市場予測図

エグゼクティブサマリー

テクノロジーサプライヤーへのアドバイス

市場予測

市場の状況

  • 促進要因と阻害剤
    • 促進要因
      • デジタルエコノミーへの移行
      • ビジネスの回復力への投資
      • サービスとしてのストレージの提供
      • データ集約型の新たなワークロード
    • 抑制要因
      • ソフトウェアデファインドストレージ
  • 重要な市場の発展
  • 前回予想からの変更点

市場の定義

  • エンタープライズストレージシステムの定義
  • テクノロジーのセグメント化
    • ベンダーの種類
  • ストレージ製品カテゴリ
    • 外部OEM
    • 社内OEM
    • ODMダイレクトストレージ
  • ストレージアレイのタイプ
  • データアクセス
  • インストール
  • トポロジー
  • ストレージクラス/価格帯
    • ストレージクラス
    • 価格帯
  • エンタープライズストレージ市場の指標

調査手法

関連調査

目次
Product Code: EUR151099623

This IDC Market Forecast study provides historical data (2018-2022) and forecast data (2023-2027) for the Europe, Middle East, and Africa external enterprise storage systems markets. The forecast represents an annual view of the quarterly forecasts released in March 2023 in IDC's 4Q22 Worldwide Quarterly Enterprise Storage Systems Tracker. The forecast and historical data focus on end-user consumption of three categories of enterprise storage systems - external OEM, internal OEM, and "other" - covering cumulative shipments of systems sold directly to customers by original design manufacturers (ODMs). For each of these categories, IDC has estimated value (end-user spending), terabytes, and price per gigabyte."Going on for over a year now, the Russia-Ukraine War is taking its toll on the EMEA market, especially in Central & Eastern Europe. 2023 should be a challenging year, but better days are expected in 2024 and beyond," said Luis Fernandes, senior research manager, IDC's EMEA: Future of Digital Infrastructure. "The growing need for newer and faster storage for new performance intensive workloads as well as more competitive prices of all-flash arrays vs. hybrid flash arrays will drive revenue growth in the EMEA storage market."

IDC Market Forecast Figure

Executive Summary

Advice for Technology Suppliers

Market Forecast

Market Context

  • Drivers and Inhibitors
    • Drivers
      • Transition to the Digital Economy
      • Investments in Business Resilience
      • Delivery of Storage as a Service
      • Emerging Data-Intensive Workloads
    • Inhibitor
      • Software-Defined Storage
  • Significant Market Developments
  • Changes from Prior Forecast

Market Definition

  • Enterprise Storage Systems Definition
  • Technology Segmentations
    • Vendor Type
  • Storage Product Category
    • External OEM
    • Internal OEM
    • ODM Direct Storage
  • Storage Array Type
  • Data Access
  • Installation
  • Topology
  • Storage Class/Price Band
    • Storage Class
    • Price Band
  • Enterprise Storage Market Metrics

Methodology

Related Research