デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1332755

世界の量子コンピューティング予測、2023-2027年:量子イノベーションの次の波に乗る

Worldwide Quantum Computing Forecast, 2023-2027: Surfing the Next Wave of Quantum Innovation

出版日: | 発行: IDC | ページ情報: 英文 22 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.36円
世界の量子コンピューティング予測、2023-2027年:量子イノベーションの次の波に乗る
出版日: 2023年08月16日
発行: IDC
ページ情報: 英文 22 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

このIDCの調査では、2023年から2027年にかけての世界の量子コンピューティング予測について論じています。「量子コンピューティングをめぐっては、いつ、どのようなユースケースで、量子的な優位性を発揮できるようになるのか、多くの宣伝が行われてきました。「今日の量子コンピューティング・システムは小規模な実験にしか適していないかもしれないが、その進歩は時を経ても鼓動のように続いています。組織は、将来の量子への準備のために、今量子への取り組みに投資することを躊躇すべきではありません。"

IDC市場予測図

エグゼクティブサマリー

テクノロジーサプライヤーへのアドバイス

  • 量子コンピューティングのロードマップで道を切り開く
  • 多層の量子コンピューティングをサービスとして提供する
  • 価値あるパートナーシップを確立する
  • 潜在的なユースケースの実験をサポートする
  • アクセラレータプラットフォームと摩擦のないソフトウェアへの投資

市場予測

  • 顧客支出
    • サービスとしての基本量子コンピューティング
    • サービスとしての量子コンピューティングの有効化および隣接
  • 量子コンピューティングへの投資

市場の状況

  • 促進要因と阻害剤
    • 促進要因
      • 投資はテクノロジーの大きな進歩と量子的労働力につながります
      • 量子コンピューティングが新たなas-a-Serviceパートナーシップを推進
      • パフォーマンス重視のコンピューティングワークロードの増加
    • 抑制要因
      • 量子開発において短期とは長期を意味する
      • クォンタム・ウィンターまたはリス効果
  • 重要な市場の発展
    • 量子ハードウェアベンダー
      • ディーウェーブ
      • IBM
      • インテル
      • イオンQ
      • IQM
      • クォンティヌム
      • クエラ
      • リゲッティコンピューティング
    • 量子ソフトウェアベンダー
      • Q-CTRL
      • クラシック
    • 隣接する量子コンピューティング技術ベンダー
      • AWS
      • シカゴ量子取引所
      • 委託する
      • IBM
      • サンドボックスAQ
      • ストレンジワークス
  • 前回予想からの変更点

市場の定義

  • 量子コンピューティングシステム
  • 量子コンピューティングのプラットフォームとテクノロジー
  • 量子にインスピレーションを得たコンピューティング技術
  • 量子コンピューティングのプロビジョニングされたサービス
  • 隣接する量子コンピューティングシステム、プラットフォーム、テクノロジー
  • 隣接する量子コンピューティングサービス
  • 量子コンピューティングのプロフェッショナルサービス

調査手法

関連調査

目次
Product Code: US49198322

This IDC study discusses the worldwide quantum computing forecast for 2023-2027."There has been much hype around quantum computing and when quantum computing will be able to deliver a quantum advantage, for which use cases, and when," said Heather West, Ph.D., research manager, Quantum Computing. "Today's quantum computing systems may only be suitable for small-scale experimentation, but advances continue to be made like a drumbeat over time. Organizations should not be deterred from investing in quantum initiatives now to be quantum ready in the future."

IDC Market Forecast Figure

Executive Summary

Advice for Technology Suppliers

  • Let Quantum Computing Road Maps Pave the Way
  • Provide Multitiered Quantum Computing-as-a-Service Offerings
  • Establish Valued Partnerships
  • Provide Support for Experimentation with Potential Use Cases
  • Invest in Accelerator Platforms and Frictionless Software

Market Forecast

  • Customer Spend
    • Base Quantum Computing as a Service
    • Enabling and Adjacent Quantum Computing as a Service
  • Quantum Computing Investments

Market Context

  • Drivers and Inhibitors
    • Drivers
      • Investments Lead to Major Technology Breakthroughs and a Quantum Workforce
      • Quantum Computing Drives New as-a-Service Partnerships
      • Growth of Performance-Intensive Computing Workloads
    • Inhibitors
      • Near-Term Means Long-Term in Quantum Development
      • Quantum Winter or the Squirreling Effect
  • Significant Market Developments
    • Quantum Hardware Vendors
      • D-Wave
      • IBM
      • Intel
      • IonQ
      • IQM
      • Quantinuum
      • QuEra
      • Rigetti Computing
    • Quantum Software Vendors
      • Q-CTRL
      • Classiq
    • Adjacent Quantum Computing Technology Vendors
      • AWS
      • Chicago Quantum Exchange
      • Entrust
      • IBM
      • Sandbox AQ
      • Strangeworks
  • Changes from Prior Forecast

Market Definition

  • Quantum Computing Systems
  • Quantum Computing Platforms and Technologies
  • Quantum-Inspired Computing Technologies
  • Quantum Computing Provisioned Services
  • Adjacent Quantum Computing Systems, Platforms, and Technologies
  • Adjacent Quantum Computing Services
  • Quantum Computing Professional Services

Methodology

Related Research