デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1487663

アトピー性皮膚炎臨床試験の世界市場:分子タイプ別、試験デザイン別、フェーズ別、モード別、産業別、予測、2024年~2032年

Atopic Dermatitis Clinical Trials Market - By Molecule Type (Large, Small), Study Design (Interventional, Observational), Phase (I, II, III, IV), Mode (Outsourced, In-house), Industry (Pharma & Biotech Companies, CRO's), Global Forecast 2024 - 2032

出版日: | 発行: Global Market Insights Inc. | ページ情報: 英文 165 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
アトピー性皮膚炎臨床試験の世界市場:分子タイプ別、試験デザイン別、フェーズ別、モード別、産業別、予測、2024年~2032年
出版日: 2024年03月14日
発行: Global Market Insights Inc.
ページ情報: 英文 165 Pages
納期: 2~3営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

アトピー性皮膚炎臨床試験の世界市場規模は2024年から2032年にかけて11.4%のCAGRを記録、この分野における臨床試験と研究開発の増加が後押しアトピー性皮膚炎の有病率が世界的に上昇する中、製薬会社、研究機関、医療プロバイダーは、革新的な治療法や治療法の開発に向けた取り組みを強化しています。

例えば、2024年4月、臨床段階にあるバイオ医薬品会社であるCorvus Pharmaceuticals, Inc.は、ソケリチニブの第1相臨床試験の開始を発表しました。本試験は無作為化、プラセボ対照、二重盲検で、中等度から重度のアトピー性皮膚炎患者を対象にソケリチニブの有効性を評価します。

これらの臨床試験は、アトピー性皮膚炎患者に対する新薬、生物学的製剤、外用治療の有効性、安全性、忍容性を評価することを目的としています。さらに、アトピー性皮膚炎の根本的なメカニズムの解明が進み、新たな治療ターゲットの探索が進められています。その結果、市場参入企業、研究施設、専門サービスに対するニーズが高まり、アトピー性皮膚炎の臨床試験に対する需要が増大し、市場を前進させています。

低分子医薬品セグメントは、2024年から2032年にかけて厳しい発展を遂げると思われます。低分子の多用途性と標的アプローチにより、製薬会社はアトピー性皮膚炎の革新的治療法の開発にますます力を注いでいます。これらの分子は、従来の治療法に比べて有効性が向上し、副作用が軽減される可能性があるため、臨床試験への関心と投資が高まっています。効果的でより安全な治療法への需要が高まり続ける中、臨床試験における低分子の探索は、アトピー性皮膚炎治療薬分野を前進させる重要な原動力となっています。

アトピー性皮膚炎臨床試験の市場シェアは、観察研究セグメントで2024年から2032年にかけて顕著なCAGRを記録すると思われます。これらの研究は、実環境における疾患の進行、治療結果、患者の経験を理解する上で重要な役割を果たしています。従来の臨床試験を補完することで、観察研究はアトピー性皮膚炎治療の長期的な有効性と安全性に関する貴重な洞察を提供します。製薬企業や研究者は観察データの重要性をますます認識するようになっており、アトピー性皮膚炎の管理における患者や医療提供者の進化するニーズに対応するため、このような研究の実施への投資や関心を高めています。

アジア太平洋地域のアトピー性皮膚炎臨床試験市場は、2024年から2032年にかけて顕著なCAGRを示すと思われます。アジア太平洋諸国ではアトピー性皮膚炎の有病率が上昇しており、効果的な治療に対するニーズが高まっています。アトピー性皮膚炎に影響を及ぼす特有の遺伝的・環境的要因に対処するため、この地域で臨床試験を実施する製薬企業が増えています。さらに、規制当局が承認プロセスを合理化し、臨床研究がしやすい環境を整えつつあります。このような需要の急増は、アトピー性皮膚炎治療薬を進歩させ、人々の医療ニーズに応える上で、この地域の重要性を裏付けています。例えば、2023年12月、中国に本社を置くバイオ医薬品会社InnoCare Pharmaは、アトピー性皮膚炎治療薬ICP-332の第II相臨床試験から得られた有望なトップライン所見を発表しました。

目次

第1章 調査手法と調査範囲

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 業界洞察

  • エコシステム分析
  • 業界への影響要因
    • 促進要因
      • アトピー性皮膚炎の有病率の増加
      • 研究開発投資の増加
      • アトピー性皮膚炎のパイプライン製品の増加
    • 業界の潜在的リスク&課題
      • 臨床試験に伴う高コスト
  • 成長可能性分析
  • 規制状況
  • ポーター分析
  • PESTEL分析

第4章 競合情勢

  • イントロダクション
  • 企業マトリックス分析
  • 企業シェア分析
  • 競合ポジショニングマトリックス
  • 戦略ダッシュボード

第5章 市場推定・予測:分子タイプ別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 高分子
  • 低分子

第6章 市場推定・予測:試験デザイン別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 介入研究
  • 観察研究
  • Expanded Access研究

第7章 市場推定・予測:フェーズ別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • フェーズI
  • フェーズII
  • フェーズIII
  • フェーズIV

第8章 市場推定・予測:モード別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • アウトソーシング
  • インハウス

第9章 市場推定・予測:産業別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • CRO
  • 製薬・バイオテクノロジー企業
  • 研究・学術機関

第10章 市場推定・予測:地域別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • フランス
    • スペイン
    • イタリア
    • その他欧州
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • オーストラリア
    • その他アジア太平洋地域
  • ラテンアメリカ
    • ブラジル
    • メキシコ
    • その他ラテンアメリカ
  • 中東・アフリカ
    • 南アフリカ
    • サウジアラビア
    • その他中東・アフリカ

第11章 企業プロファイル

  • BIOCYTOGEN
  • Charles River Laboratories
  • Hooke Laboratories, LLC
  • Imavita
  • Novotech
  • Oncodesign services
  • QIMA LTD
  • Redoxis
  • REPROCELL Inc.
  • Syneos Health
目次
Product Code: 8508

Global Atopic Dermatitis Clinical Trials Market Size will witness 11.4% CAGR between 2024 and 2032, propelled by increasing clinical trials and R&D in the field. With the prevalence of atopic dermatitis on the rise globally, pharmaceutical companies, research institutions, and healthcare providers are intensifying their efforts to develop innovative treatments and therapies. For instance, in April 2024, Corvus Pharmaceuticals, Inc., a biopharmaceutical company in the clinical stage, announced the commencement of a Phase 1 clinical trial for soquelitinib. This trial, which was randomized, placebo-controlled, and double-blind, will assess the efficacy of soquelitinib in patients with moderate to severe atopic dermatitis.

These clinical trials aim to evaluate the efficacy, safety, and tolerability of new drugs, biologics, and topical treatments for atopic dermatitis patients. Moreover, advancements in understanding the underlying mechanisms of the disease are driving the exploration of novel therapeutic targets. As a result, there's a growing need for participants, research facilities, and specialized services, amplifying the demand for atopic dermatitis clinical trials and propelling the market forward.

The overall Atopic Dermatitis Clinical Trials Industry is classified based on the study design, molecule type, phase, mode, industry, and region.

The small molecules segment will undergo rigorous development from 2024 to 2032. With the versatility and targeted approach of small molecules, pharmaceutical companies are increasingly focusing their research efforts on developing innovative therapies for atopic dermatitis. These molecules offer the potential for improved efficacy and reduced side effects compared to traditional treatments, driving interest and investment in clinical trials. As the demand for effective and safer treatments continues to grow, the exploration of small molecules in clinical trials remains a key driver in advancing the field of atopic dermatitis therapeutics.

Atopic dermatitis clinical trials market share from the observational study segment will register a notable CAGR from 2024 to 2032. These studies play a crucial role in understanding disease progression, treatment outcomes, and patient experiences in real-world settings. By complementing traditional clinical trials, observational studies provide valuable insights into the long-term effectiveness and safety of atopic dermatitis treatments. Pharmaceutical companies and researchers are increasingly recognizing the importance of observational data, driving investment and interest in conducting such studies to address the evolving needs of patients and healthcare providers in managing atopic dermatitis.

Asia Pacific atopic dermatitis clinical trials market will showcase a commendable CAGR from 2024 to 2032. With a rising prevalence of atopic dermatitis in countries across Asia Pacific, there's a growing need for effective treatments. Pharmaceutical companies are increasingly conducting clinical trials in this region to address the unique genetic and environmental factors influencing the disease. Moreover, regulatory agencies are streamlining approval processes, making it more conducive for clinical research. This burgeoning demand underscores the region's importance in advancing atopic dermatitis therapeutics and catering to the healthcare needs of its population. For instance, in December 2023, InnoCare Pharma, a biopharmaceutical company headquartered in China, announced encouraging top-line findings from the Phase II clinical trial of ICP-332 for treating atopic dermatitis.

Table of Contents

Chapter 1 Methodology & Scope

  • 1.1 Market scope & definition
  • 1.2 Base estimates & calculations
  • 1.3 Data collection
  • 1.4 Forecast parameters
  • 1.5 Data validation
  • 1.6 Data sources
    • 1.6.1 Primary
    • 1.6.2 Secondary
      • 1.6.2.1 Paid sources
      • 1.6.2.2 Unpaid sources

Chapter 2 Executive Summary

  • 2.1 Industry 360 degree synopsis

Chapter 3 Industry Insights

  • 3.1 Industry ecosystem analysis
  • 3.2 Industry impact forces
    • 3.2.1 Growth drivers
      • 3.2.1.1 Increasing prevalence of atopic dermatitis
      • 3.2.1.2 Growing investments for research and development activities
      • 3.2.1.3 Increasing pipeline products for atopic dermatitis
    • 3.2.2 Industry pitfalls & challenges
      • 3.2.2.1 High cost associated with clinical trials
  • 3.3 Growth potential analysis
  • 3.4 Regulatory landscape
  • 3.5 Porter's analysis
    • 3.5.1 Supplier power
    • 3.5.2 Buyer power
    • 3.5.3 Threat of new entrants
    • 3.5.4 Threat of substitutes
    • 3.5.5 Industry rivalry
  • 3.6 PESTEL analysis

Chapter 4 Competitive Landscape, 2023

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Company matrix analysis
  • 4.3 Company market share analysis
  • 4.4 Competitive positioning matrix
  • 4.5 Strategy dashboard

Chapter 5 Market Estimates and Forecast, By Molecule Type, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 5.1 Key trends
  • 5.2 Large molecules
  • 5.3 Small molecules

Chapter 6 Market Estimates and Forecast, By Study Design, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 6.1 Key trends
  • 6.2 Interventional study
  • 6.3 Observational study
  • 6.4 Expanded access study

Chapter 7 Market Estimates and Forecast, By Phase, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 7.1 Key trends
  • 7.2 Phase I
  • 7.3 Phase II
  • 7.4 Phase III
  • 7.5 Phase IV

Chapter 8 Market Estimates and Forecast, By Mode, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 8.1 Key trends
  • 8.2 Outsourced
  • 8.3 In-house

Chapter 9 Market Estimates and Forecast, By Industry, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 9.1 Key trends
  • 9.2 Contract research organizations
  • 9.3 Pharmaceutical and biotechnology companies
  • 9.4 Research and academic institutes

Chapter 10 Market Estimates and Forecast, By Region, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 10.1 Key trends
  • 10.2 North America
    • 10.2.1 U.S.
    • 10.2.2 Canada
  • 10.3 Europe
    • 10.3.1 Germany
    • 10.3.2 UK
    • 10.3.3 France
    • 10.3.4 Spain
    • 10.3.5 Italy
    • 10.3.6 Rest of Europe
  • 10.4 Asia Pacific
    • 10.4.1 China
    • 10.4.2 Japan
    • 10.4.3 India
    • 10.4.4 Australia
    • 10.4.5 Rest of Asia Pacific
  • 10.5 Latin America
    • 10.5.1 Brazil
    • 10.5.2 Mexico
    • 10.5.3 Rest of Latin America
  • 10.6 Middle East and Africa
    • 10.6.1 South Africa
    • 10.6.2 Saudi Arabia
    • 10.6.3 Rest of Middle East and Africa

Chapter 11 Company Profiles

  • 11.1 BIOCYTOGEN
  • 11.2 Charles River Laboratories
  • 11.3 Hooke Laboratories, LLC
  • 11.4 Imavita
  • 11.5 Novotech
  • 11.6 Oncodesign services
  • 11.7 QIMA LTD
  • 11.8 Redoxis
  • 11.9 REPROCELL Inc.
  • 11.10 Syneos Health