デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1485296

フライアッシュ市場:クラス別、用途別、予測、2024年~2032年

Fly Ash Market - By Class (Class C, Class F), By Application (Cement & Concrete, Bricks & Blocks, Mining, Water Treatment) & Forecast, 2024 - 2032

出版日: | 発行: Global Market Insights Inc. | ページ情報: 英文 300 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
フライアッシュ市場:クラス別、用途別、予測、2024年~2032年
出版日: 2024年03月13日
発行: Global Market Insights Inc.
ページ情報: 英文 300 Pages
納期: 2~3営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のフライアッシュ市場は2024年から2032年にかけてCAGR5.2%以上を記録し、この分野での調査や進歩が後押しします。

産業界が持続可能性を重視し、従来の建設資材に代わるものを求める中、フライアッシュは実行可能なソリューションとして浮上しています。例えば、2024年4月にフィリピンのセブで実施された研究では、セメント産業における温室効果ガスの排出を削減する技術が紹介されました。フィリピン科学技術省(DOST)の支援を受けたこの調査は、セメントの一部を石炭フライアッシュ(CFA)で置き換えることを中心に行われました。

現在進行中の調査では、フライアッシュの革新的な用途と処理技術を探求し、従来のセメントやコンクリート製造以外の用途を拡大しています。さらに、フライアッシュ選鉱技術の進歩は、フライアッシュの品質と汎用性を高め、様々な建設やインフラプロジェクトに適しています。環境問題や規制の圧力が強まるにつれ、持続可能で費用対効果の高い材料としてのフライアッシュの需要は増加し続け、この分野での研究や技術革新がさらに推進される可能性があります。

クラスFセグメントは、2024年から2032年にかけて厳格な開発が行われます。この種のフライアッシュは、無煙炭または瀝青炭の燃焼から得られるもので、優れたポゾラン特性を発揮し、コンクリートの耐久性と強度を高める。建設、インフラ、セメントセクターの各産業は、コンクリート混合物において優れた性能を発揮するクラスFフライアッシュに依存しています。フライアッシュの普及は、持続可能な建設慣行における重要な成分としての役割を強調し、フライアッシュ市場の安定した需要を牽引しています。

レンガ・ブロック分野のフライアッシュ市場シェアは、2024年から2032年にかけて顕著なCAGRを記録するでしょう。フライアッシュをレンガやブロックに組み込むことで、強度、耐久性、断熱性が向上します。このため、住宅、商業ビル、工業ビルなど、さまざまな建設用途に最適です。さらに、フライアッシュレンガやブロックは、リサイクル材料を利用し、従来の粘土ベースのレンガの必要性を減らすため、環境に優しいです。建設業界が持続可能性と費用対効果を優先するにつれ、レンガやブロック製造におけるフライアッシュの需要は着実に増加し続けています。

アジア太平洋のフライアッシュ市場は、2024年から2032年にかけて顕著なCAGRを示すでしょう。中国、インド、東南アジア諸国などの急速な都市化とインフラ開発プロジェクトは、主要な建設材料としてのフライアッシュの必要性を推進しています。フライアッシュは、その持続可能で費用対効果の高い特性により、この地域のコンクリート製造、道路建設、その他のインフラプロジェクトで広く利用されています。政府が持続可能な開発と環境保護を優先する中、アジア太平洋市場におけるフライアッシュの需要は、建設業界におけるその不可欠な役割を反映し、着実に成長し続けています。例えば、2023年5月、ウッタル・プラデーシュ州東部のリハンドと他の3つのユニットを含む国営火力発電公社(NTPC)の施設は、包括的なブランディング・イニシアチブに支えられ、現在フライアッシュを使用した建築資材の製造に積極的に取り組んでいます。

目次

第1章 調査手法と調査範囲

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 業界洞察

  • エコシステム分析
    • 主要メーカー
    • 流通業者
    • 業界全体の利益率
    • 供給の混乱
  • 業界への影響要因
    • 促進要因
    • 市場の課題
    • 市場機会
      • 新たな機会
      • 成長可能性分析
  • 原材料情勢
    • 製造動向
    • 技術の進化
      • 持続可能な製造
        • グリーン・プラクティス
        • 脱炭素化
    • 原材料の持続可能性
    • 原材料価格動向(米ドル/トン)
      • 米国
      • 欧州連合
      • 英国
      • 中国
      • 東南アジア
      • GCC
  • 規制と市場への影響
  • 貿易統計
  • アンメットニーズ
  • ポーター分析
  • PESTEL分析

第4章 競合情勢

  • 企業シェア分析
  • 競合のポジショニング・マトリックス
  • 戦略展望マトリックス

第5章 市場規模・予測:クラス別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • Cクラス
  • Fクラス

第6章 市場規模・予測:用途別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • セメント・コンクリート
  • レンガとブロック
  • 鉱業
  • 水処理
  • その他

第7章 市場規模・予測:地域別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • フランス
    • イタリア
    • スペイン
    • その他欧州
  • アジア太平洋
    • 中国
    • インド
    • 日本
    • 韓国
    • オーストラリア
    • その他アジア太平洋地域
  • ラテンアメリカ
    • ブラジル
    • メキシコ
    • アルゼンチン
    • その他ラテンアメリカ
  • 中東・アフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • 南アフリカ
    • その他の中東・アフリカ

第8章 企業プロファイル

  • Aggregate Industries
  • Ashtech(India)Pvt. Ltd.
  • Ashtech Industries
  • Boral Resources
  • Cemex SAB de CV
  • Cement Australia
  • Charah Solutions, Inc.
  • Headwaters Inc.(Boral Limited)
  • LafargeHolcim
  • Salt River Materials Group
  • SCB International Materials Inc.
  • Seperation Technologies LLC
  • SEFA Group
  • Suyog Suppliers
  • Waste Management
目次
Product Code: 8494

Global Fly Ash Market will witness over 5.2% CAGR between 2024 and 2032, driven by rising research and advancements in the field. As industries focus on sustainable practices and seek alternatives to traditional construction materials, fly ash emerges as a viable solution. For instance, in April 2024, a study conducted in Cebu, Philippines, introduced a technique to decrease greenhouse gas emissions within the cement industry. Supported by the Department of Science & Technology (DOST) of the Philippines, the research centered on the partial replacement of cement with coal fly ash (CFA).

Ongoing research efforts explore innovative uses and processing techniques for fly ash, expanding its applications beyond traditional cement and concrete production. Additionally, advancements in fly ash beneficiation technologies enhance its quality and versatility, making it suitable for various construction and infrastructure projects. As environmental concerns and regulatory pressures intensify, the demand for fly ash as a sustainable and cost-effective material could continue growing, driving further research and innovation in the field.

The overall Fly Ash Industry is classified based on the class, application, and region.

The class F segment will undergo rigorous development from 2024 to 2032. This type of fly ash, derived from burning anthracite or bituminous coal, offers excellent pozzolanic properties, enhancing concrete durability and strength. Industries across construction, infrastructure, and cement sectors rely on Class F fly ash for its superior performance in concrete mixtures. Its widespread adoption underscores its role as a key ingredient in sustainable construction practices, driving steady demand in the Fly Ash Market.

The fly ash market share from the bricks and blocks segment will register a notable CAGR from 2024 to 2032. Incorporating fly ash into bricks and blocks enhances their strength, durability, and thermal insulation properties. This makes them ideal for various construction applications, including residential, commercial, and industrial buildings. Additionally, fly ash bricks and blocks are environmentally friendly, as they utilize recycled material and reduce the need for traditional clay-based bricks. As construction industries prioritize sustainability and cost-effectiveness, the demand for fly ash in brick and block manufacturing continues to rise steadily.

Asia Pacific fly ash market will showcase a commendable CAGR from 2024 to 2032. Rapid urbanization and infrastructure development projects across countries like China, India, and Southeast Asian nations drive the need for fly ash as a key construction material. With its sustainable and cost-effective properties, fly ash is widely utilized in concrete production, road construction, and other infrastructure projects in the region. As governments prioritize sustainable development and environmental protection, the demand for fly ash in the Asia Pacific market continues to grow steadily, reflecting its integral role in the construction industry. For instance, in May 2023, The National Thermal Power Corporation (NTPC) facilities, including Rihand and three other units in eastern Uttar Pradesh, were now actively engaged in manufacturing building materials using fly ash, supported by a comprehensive branding initiative.

Table of Contents

Chapter 1 Methodology & Scope

  • 1.1 Market scope & definition
  • 1.2 Base estimates & calculations
  • 1.3 Forecast calculation
  • 1.4 Data sources
    • 1.4.1 Primary
    • 1.4.2 Secondary
      • 1.4.2.1 Paid sources
      • 1.4.2.2 Public sources

Chapter 2 Executive Summary

  • 2.1 Industry 360 degree synopsis

Chapter 3 Industry Insights

  • 3.1 Industry ecosystem analysis
    • 3.1.1 Key manufacturers
    • 3.1.2 Distributors
    • 3.1.3 Profit margins across the industry
    • 3.1.4 Supply disruptions
  • 3.2 Industry impact forces
    • 3.2.1 Growth drivers
    • 3.2.2 Market challenges
    • 3.2.3 Market opportunity
      • 3.2.3.1 New opportunities
      • 3.2.3.2 Growth potential analysis
  • 3.3 Raw material landscape
    • 3.3.1 Manufacturing trends
    • 3.3.2 Technology evolution
      • 3.3.2.1 Sustainable manufacturing
        • 3.3.2.1.1 Green practices
        • 3.3.2.1.2 Decarbonization
    • 3.3.3 Sustainability in raw materials
    • 3.3.4 Raw material pricing trends (USD/Ton)
      • 3.3.4.1 U.S.
      • 3.3.4.2 European Union
      • 3.3.4.3 UK
      • 3.3.4.4 China
      • 3.3.4.5 Southeast Asia
      • 3.3.4.6 GCC
  • 3.4 Regulations & market impact
  • 3.5 Trade statistics
  • 3.6 Unmet needs
  • 3.7 Porter's analysis
  • 3.8 PESTEL analysis

Chapter 4 Competitive Landscape, 2023

  • 4.1 Company market share analysis
  • 4.2 Competitive positioning matrix
  • 4.3 Strategic outlook matrix

Chapter 5 Market Size and Forecast, By Class, 2018-2032 (USD Billion, Kilo Tons)

  • 5.1 Key trends
  • 5.2 Class C
  • 5.3 Class F

Chapter 6 Market Size and Forecast, By Application, 2018-2032 (USD Billion, Kilo Tons)

  • 6.1 Key trends
  • 6.2 Cement and concrete
  • 6.3 Bricks and blocks
  • 6.4 Mining
  • 6.5 Water treatment
  • 6.6 Others

Chapter 7 Market Size and Forecast, By Region, 2018-2032 (USD Billion, Kilo Tons)

  • 7.1 Key trends
  • 7.2 North America
    • 7.2.1 U.S.
    • 7.2.2 Canada
  • 7.3 Europe
    • 7.3.1 Germany
    • 7.3.2 UK
    • 7.3.3 France
    • 7.3.4 Italy
    • 7.3.5 Spain
    • 7.3.6 Rest of Europe
  • 7.4 Asia Pacific
    • 7.4.1 China
    • 7.4.2 India
    • 7.4.3 Japan
    • 7.4.4 South Korea
    • 7.4.5 Australia
    • 7.4.6 Rest of Asia Pacific
  • 7.5 Latin America
    • 7.5.1 Brazil
    • 7.5.2 Mexico
    • 7.5.3 Argentina
    • 7.5.4 Rest of Latin America
  • 7.6 MEA
    • 7.6.1 Saudi Arabia
    • 7.6.2 UAE
    • 7.6.3 South Africa
    • 7.6.4 Rest of MEA

Chapter 8 Company Profiles

  • 8.1 Aggregate Industries
  • 8.2 Ashtech (India) Pvt. Ltd.
  • 8.3 Ashtech Industries
  • 8.4 Boral Resources
  • 8.5 Cemex SAB de CV
  • 8.6 Cement Australia
  • 8.7 Charah Solutions, Inc.
  • 8.8 Headwaters Inc. (Boral Limited)
  • 8.9 LafargeHolcim
  • 8.10 Salt River Materials Group
  • 8.11 SCB International Materials Inc.
  • 8.12 Seperation Technologies LLC
  • 8.13 SEFA Group
  • 8.14 Suyog Suppliers
  • 8.15 Waste Management