デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1477918

医療用ビデオスコープの世界市場:製品タイプ別、用途別、最終用途別、予測、2024年~2032年

Medical Videoscope Market - By Product Type (Videoscope [Rigid, Flexible], Visualization Systems), Application (Arthroscopy, Bronchoscopy, Laparoscopy, Urology, Gastrointestinal, Endoscopy), End-use (Hospitals, ASCs) - Global Forecast, 2024 - 2032

出版日: | 発行: Global Market Insights Inc. | ページ情報: 英文 220 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
医療用ビデオスコープの世界市場:製品タイプ別、用途別、最終用途別、予測、2024年~2032年
出版日: 2024年02月23日
発行: Global Market Insights Inc.
ページ情報: 英文 220 Pages
納期: 2~3営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

医療用ビデオスコープ市場規模は2024-2032年にCAGR 7.1%以上を記録すると予測され、処置中の可視化と精度を高めるための高解像度カメラや3D可視化システムなどのイメージング技術の進歩が牽引しています。

消化器疾患、呼吸器疾患、がんの急増が医療用ビデオスコープの需要を牽引しています。UZ Leuvenによると、世界人口の約40%が慢性的な胃腸障害を経験しています。これらの疾患は世界的に数百万人に影響を及ぼしており、低侵襲的な診断や外科手術の需要が急増しています。

胃炎や炎症性腸疾患のような消化器疾患は、COPDや肺がんのような呼吸器疾患と相まって、高度な診断ツールの必要性を高めています。医療用ビデオスコープは、比類のないイメージング能力を提供し、医師が内臓や組織を鮮明に視覚化することを可能にし、早期発見と正確な診断を促進します。さらに、医療費を削減し、患者の転帰を改善するための低侵襲技術へのシフトも、不快感を最小限に抑え、入院期間を短縮し、回復を早めるための製品採用に拍車をかけています。

医療用ビデオスコープ市場は、製品タイプ、用途、最終用途、地域に分類されます。

可視化システム製品タイプセグメントの業界規模は、2032年までCAGR 6.8%を記録すると予測されています。これは、診断および外科処置中にリアルタイムイメージングと強化された可視化機能を提供するニーズの急増によるものです。4K解像度や統合画像処理ソフトウェアなどの機能を備えた高度な可視化システムは、優れた画質と診断精度を提供します。さらに、AIアルゴリズムの統合により、臨床結果とワークフロー効率を改善するための自動画像解析と意思決定支援が可能になります。

用途の面では、医療用ビデオスコープ産業における関節鏡検査分野は、従来の開腹手術よりも切開創が小さく、術後の痛みが軽減され、回復時間が短縮されるなど、多くの利点を提供することから、2024年から2032年までのCAGRは7.7%になると予想されています。医療用ビデオスコープは、関節構造の鮮明な拡大画像を整形外科医に提供するため、関節鏡手術において重要な役割を果たしています。スポーツ障害や加齢に伴う関節疾患の増加に伴い、関節鏡手術の需要は世界的に増加傾向にあります。

アジア太平洋の医療用ビデオスコープ市場は、2032年までCAGR 8.1%で牽引力を増すと見られており、これは人口基盤の大きさと医療支出の増加、低侵襲処置に対する意識の高まりが背景にあります。がんや心血管障害などの慢性疾患の有病率が上昇していることが、高度な診断・治療ソリューションの需要に拍車をかけています。さらに、医療へのアクセスと手頃な価格の改善を目指した政府の積極的な取り組みが、同地域の市場成長を促進すると予想されます。

目次

第1章 調査手法と調査範囲

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 業界洞察

  • エコシステム分析
  • 業界への影響要因
    • 促進要因
      • 慢性疾患の増加
      • ビデオスコープの技術進歩
      • 低侵襲手術に対する需要の高まり
      • 研究開発のための政府投資と助成金の増加
    • 業界の潜在的リスク&課題
      • 内視鏡機器の高コスト
      • 新興国における償還不足
  • 成長可能性分析
  • 規制状況
  • 技術的展望
  • ポーター分析
  • PESTEL分析
  • 今後の市場動向

第4章 競合情勢

  • イントロダクション
  • 企業マトリックス分析
  • 企業シェア分析
  • 競合ポジショニングマトリックス
  • 戦略ダッシュボード

第5章 市場推定・予測:製品タイプ別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • ビデオスコープ
    • 硬質ビデオスコープ
      • 膀胱鏡
      • 腹腔鏡
      • 関節鏡
      • 神経内視鏡
      • 泌尿器内視鏡
      • 産婦人科内視鏡
      • その他
    • 軟質ビデオスコープ
      • 大腸内視鏡
      • 気管支鏡
      • 胃カメラ
      • 喉頭鏡
      • 鼻鏡
      • 十二指腸内視鏡
      • その他
  • 可視化システム
    • 内視鏡カメラ
    • カメラヘッド
    • ワイヤレスディスプレイ・モニター
    • 光源
    • ビデオレコーダー
    • ビデオプロセッサー・ビデオコンバーター
    • トランスミッター・レシーバー
    • その他

第6章 市場推定・予測:用途別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 関節鏡
  • 気管支鏡検査
  • 腹腔鏡検査
  • 消化器内視鏡検査
  • 神経内視鏡検査
  • 産婦人科内視鏡検査
  • 泌尿器内視鏡
  • その他

第7章 市場推定・予測:最終用途別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 病院
  • 外来手術センター
  • その他

第8章 市場推定・予測:地域別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • フランス
    • イタリア
    • スペイン
    • その他欧州
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • オーストラリア
    • 韓国
    • その他アジア太平洋地域
  • ラテンアメリカ
    • ブラジル
    • メキシコ
    • アルゼンチン
    • その他ラテンアメリカ
  • 中東・アフリカ
    • サウジアラビア
    • 南アフリカ
    • アラブ首長国連邦
    • その他中東・アフリカ

第9章 企業プロファイル

  • B. Braun Melsungen AG
  • Cook Medical
  • CONMED Corporation
  • Fujifilm Holdings Corporation
  • HOYA Corporation
  • Medtronic plc
  • MicroPort Scientific Corporation
  • Richard Wolf GMBH
  • Stryker Corporation
  • Smith & Nephew plc
  • Olympus Corporation
目次
Product Code: 3337

Medical Videoscope Market size is anticipated to register over 7.1% CAGR from 2024-2032, driven by advancements in imaging technology, such as high-definition cameras and 3D visualization systems for enhancing visualization and precision during procedures. The burgeoning prevalence of gastrointestinal disorders, respiratory diseases, and cancer is driving the demand for medical videoscopes. As per UZ Leuven, approximately 40% of the global population experiences chronic gastrointestinal issues. With these conditions affecting millions globally, there is a surge in demand for minimally invasive diagnostic and surgical procedures.

Gastrointestinal disorders like gastritis and inflammatory bowel diseases coupled with respiratory ailments, such as COPD and lung cancer are contributing to the escalating need for advanced diagnostic tools. Medical videoscopes offer unparalleled imaging capabilities, enabling physicians to visualize internal organs and tissues with clarity, facilitating early detection and precise diagnosis. Moreover, the shift towards minimally invasive techniques to reduce healthcare costs and improve patient outcomes will also add to the product adoption for minimizing discomfort, shortening hospital stays, and expediting recovery.

The medical videoscope market is classified into product type, application, end-use and region.

The industry size from the visualization systems product type segment is anticipated to record 6.8% CAGR till 2032, due to the surging need to provide real-time imaging and enhanced visualization capabilities during diagnostic and surgical procedures. Advanced visualization systems, equipped with features, such as 4K resolution and integrated image processing software, offer superior image quality and diagnostic accuracy. Furthermore, the integration of AI algorithms enables automated image analysis and decision support for improving clinical outcomes and workflow efficiency.

In terms of application, the arthroscopy segment in the medical videoscope industry is expected to witness 7.7% CAGR from 2024 to 2032, as they offer numerous advantages over traditional open surgery, including smaller incisions, reduced postoperative pain, and faster recovery times. Medical videoscopes play a vital role in arthroscopic surgeries for providing orthopedic surgeons with clear and magnified images of the joint structures. With the rising incidence of sports injuries and age-related joint conditions, the demand for arthroscopic procedures is on the rise globally.

Asia Pacific medical videoscope market is set to gain traction at 8.1% CAGR up to 2032, driven by the large population base coupled with increasing healthcare expenditures and growing awareness about minimally invasive procedures. The rising prevalence of chronic diseases, such as cancer and cardiovascular disorders is fueling the demand for advanced diagnostic and therapeutic solutions. Furthermore, favorable government initiatives aimed at improving healthcare access and affordability are expected to drive market growth in the region.

Table of Contents

Chapter 1 Methodology & Scope

  • 1.1 Market scope & definition
  • 1.2 Base estimates & calculations
  • 1.3 Data collection
  • 1.4 Forecast parameters
  • 1.5 Data validation
  • 1.6 Data sources
    • 1.6.1 Primary
    • 1.6.2 Secondary
      • 1.6.2.1 Paid sources
      • 1.6.2.2 Unpaid sources

Chapter 2 Executive Summary

  • 2.1 Industry 360-degree synopsis

Chapter 3 Industry Insights

  • 3.1 Industry ecosystem analysis
  • 3.2 Industry impact forces
    • 3.2.1 Growth drivers
      • 3.2.1.1 Increasing prevalence of chronic diseases
      • 3.2.1.2 Technological advancements in videoscopes
      • 3.2.1.3 Rise in the demand for minimally invasive surgeries
      • 3.2.1.4 Increasing government investments and grants for research and developments
    • 3.2.2 Industry pitfalls & challenges
      • 3.2.2.1 High cost of endoscopic equipment
      • 3.2.2.2 Lack of reimbursements in emerging nations
  • 3.3 Growth potential analysis
  • 3.4 Regulatory landscape
  • 3.5 Technological landscape
  • 3.6 Porter's analysis
    • 3.6.1 Supplier power
    • 3.6.2 Buyer power
    • 3.6.3 Threat of new entrants
    • 3.6.4 Threat of substitutes
    • 3.6.5 Industry rivalry
  • 3.7 PESTEL analysis
  • 3.8 Future market trends

Chapter 4 Competitive Landscape, 2023

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Company matrix analysis
  • 4.3 Company market share analysis
  • 4.4 Competitive positioning matrix
  • 4.5 Strategy dashboard

Chapter 5 Market Estimates and Forecast, By Product Type, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 5.1 Key trends
  • 5.2 Videoscope
    • 5.2.1 Rigid Videoscope
      • 5.2.1.1 Cystoscopes
      • 5.2.1.2 Laparoscopes
      • 5.2.1.3 Arthroscopes
      • 5.2.1.4 Neuroendocopes
      • 5.2.1.5 Urology endoscopes
      • 5.2.1.6 OB/GN endoscopes
      • 5.2.1.7 Other rigid videoscopes
    • 5.2.2 Flexible videoscopes
      • 5.2.2.1 Colonoscopes
      • 5.2.2.2 Bronchoscopes
      • 5.2.2.3 Gastroscopes
      • 5.2.2.4 Laryngoscopes
      • 5.2.2.5 Rhinoscopes
      • 5.2.2.6 Duodenoscopes
      • 5.2.2.7 Other flexible videoscopes
  • 5.3 Visualization systems
    • 5.3.1 Endoscopy cameras
    • 5.3.2 Camera heads
    • 5.3.3 Wireless display & monitors
    • 5.3.4 Light sources
    • 5.3.5 Video recorders
    • 5.3.6 Video processors & video convertors
    • 5.3.7 Transmitters & receivers
    • 5.3.8 Other visualization systems

Chapter 6 Market Estimates and Forecast, By Application, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 6.1 Key trends
  • 6.2 Arthroscopy
  • 6.3 Bronchoscopy
  • 6.4 Laparoscopy
  • 6.5 Gastrointestinal endoscopy
  • 6.6 Neuroendoscopy
  • 6.7 Obstetrics/Gynecology endoscopy
  • 6.8 Urology endoscopy
  • 6.9 Other applications

Chapter 7 Market Estimates and Forecast, By End-Use, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 7.1 Key trends
  • 7.2 Hospitals
  • 7.3 Ambulatory surgical centers
  • 7.4 Other end-users

Chapter 8 Market Estimates and Forecast, By Region, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 8.1 Key trends
  • 8.2 North America
    • 8.2.1 U.S.
    • 8.2.2 Canada
  • 8.3 Europe
    • 8.3.1 Germany
    • 8.3.2 UK
    • 8.3.3 France
    • 8.3.4 Italy
    • 8.3.5 Spain
    • 8.3.6 Rest of Europe
  • 8.4 Asia Pacific
    • 8.4.1 China
    • 8.4.2 Japan
    • 8.4.3 India
    • 8.4.4 Australia
    • 8.4.5 South Korea
    • 8.4.6 Rest of Asia Pacific
  • 8.5 Latin America
    • 8.5.1 Brazil
    • 8.5.2 Mexico
    • 8.5.3 Argentina
    • 8.5.4 Rest of Latin America
  • 8.6 Middle East and Africa
    • 8.6.1 Saudi Arabia
    • 8.6.2 South Africa
    • 8.6.3 UAE
    • 8.6.4 Rest of Middle East and Africa

Chapter 9 Company Profiles

  • 9.1 B. Braun Melsungen AG
  • 9.2 Cook Medical
  • 9.3 CONMED Corporation
  • 9.4 Fujifilm Holdings Corporation
  • 9.5 HOYA Corporation
  • 9.6 Medtronic plc
  • 9.7 MicroPort Scientific Corporation
  • 9.8 Richard Wolf GMBH
  • 9.9 Stryker Corporation
  • 9.10 Smith & Nephew plc
  • 9.11 Olympus Corporation