デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1477914

ロボット内視鏡デバイスの世界市場:製品タイプ別、用途別、最終用途別、予測、2024年~2032年

Robotic Endoscopy Devices Market - By Product Type (Diagnostic, Therapeutic), Application (Colonoscopy, Bronchoscopy, Laparoscopy, Gastroscopy), End-use (Hospitals, Ambulatory Surgical Centers) - Global Forecast, 2024 - 2032

出版日: | 発行: Global Market Insights Inc. | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
ロボット内視鏡デバイスの世界市場:製品タイプ別、用途別、最終用途別、予測、2024年~2032年
出版日: 2024年02月22日
発行: Global Market Insights Inc.
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のロボット内視鏡デバイス産業は、2024-2032年にCAGR 11%で成長し、人口動態の高齢化とライフスタイルの変化が慢性疾患の増加に寄与しています。

WHOによると、非感染性疾患(NCDs)は毎年4,100万人の命を奪っており、世界の死因の74%を占めています。世界人口の高齢化とライフスタイルの変化に伴い、糖尿病、心血管疾患、がん、呼吸器疾患などの慢性疾患の罹患率は上昇の一途をたどっています。このような人口動態の変化は、これらの疾患を効果的に管理するための革新的な治療、療法、予防手段に対する需要の高まりにつながります。

その結果、ヘルスケアセクターでは研究開発投資が急増し、特定の慢性疾患に対応するよう調整された新薬、医療機器、デジタルヘルスソリューションの発見につながっています。さらに、慢性疾患に関連する危険因子の低減を目的とした予防ヘルスケアイニシアチブ、ウェルネスプログラム、ライフスタイルへの介入が重視されるようになっています。さらに、遠隔医療、ウェアラブルデバイス、健康モニタリングアプリなどの技術的躍進は、患者のケアに革命をもたらし、個人が積極的に健康を管理する力を与えています。

ロボット内視鏡デバイス市場は、製品タイプ、用途、最終用途、地域によって分類されます。

診断用ロボット内視鏡デバイスセグメントは、高解像度イメージング、正確な組織サンプリング、内臓のリアルタイム可視化を提供する能力により、2032年まで大きく成長します。これらの機器は、潰瘍、ポリープ、腫瘍、炎症性腸疾患など、さまざまな消化器系および呼吸器系疾患の早期発見と正確な診断に役立ち、それによってセグメントの成長を促進します。

ロボット内視鏡デバイス市場は、肺がん、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺線維症などの呼吸器疾患の診断や治療に気管支内視鏡が広く使用されていることから、気管支内視鏡分野のシェアが2032年までに牽引役となると思われます。ロボット気管支内視鏡検査は、臨床医が複雑な気道解剖学的構造を、強化された操作性と器用さでナビゲートすることを可能にし、その結果、正確な病変局在化、生検収集、治療介入を容易にし、それによってセグメント拡大を推進しています。

アジア太平洋地域のロボット内視鏡デバイス産業は、医療技術への投資の増加に伴い、急速に拡大するヘルスケアインフラに牽引され、2032年までに大幅な成長が見込まれています。さらに、中国、インド、日本などの国々における呼吸器疾患の有病率の上昇が、診断と治療の両方の目的でロボット内視鏡装置の採用を後押ししています。

目次

第1章 調査手法と調査範囲

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 業界洞察

  • エコシステム分析
  • 業界への影響要因
    • 促進要因
      • 胃腸疾患やその他の慢性疾患の増加
      • 低侵襲処置に対する需要の増加
      • 人口の高齢化に伴う肥満と糖尿病の有病率の上昇
      • 内視鏡技術の進歩
    • 業界の潜在的リスク&課題
      • 新興諸国における熟練した医師や内視鏡医の不足
  • 成長可能性分析
  • 規制状況
  • 技術的展望
  • ポーター分析
  • PESTEL分析
  • 今後の市場動向

第4章 競合情勢

  • イントロダクション
  • 企業マトリックス分析
  • 企業シェア分析
  • 競合ポジショニングマトリックス
  • 戦略ダッシュボード

第5章 市場推定・予測:製品タイプ別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 診断
  • 治療

第6章 市場推定・予測:用途別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 大腸内視鏡検査
  • 気管支鏡検査
  • 腹腔鏡検査
  • 胃カメラ
  • その他

第7章 市場推定・予測:最終用途別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 病院
  • 外来手術センター
  • その他

第8章 市場推定・予測:地域別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • フランス
    • イタリア
    • スペイン
    • その他欧州
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • オーストラリア
    • 韓国
    • その他アジア太平洋地域
  • ラテンアメリカ
    • ブラジル
    • メキシコ
    • アルゼンチン
    • その他ラテンアメリカ
  • 中東・アフリカ
    • サウジアラビア
    • 南アフリカ
    • アラブ首長国連邦
    • その他中東・アフリカ

第9章 企業プロファイル

  • AKTORmed GmbH
  • Asensus Surgical Inc.
  • Boston Scientific Corporation
  • Brainlab AG
  • CONMED Corporation
  • FUJIFILM Holdings Corporation
  • Intuitive Surgical, Inc.
  • Karl Storz SE & Co. KG
  • Medtronic plc
  • Olympus Corporation
  • Renishaw plc
  • Richard Wolf GmbH
目次
Product Code: 8222

Global Robotic Endoscopy Devices Industry will grow at 11% CAGR during 2024-2032, driven by the growing aging population demographics and changing lifestyle factors contributing to the rise in chronic conditions.

According to WHO, Noncommunicable diseases (NCDs) claim the lives of 41 million people annually, accounting for 74% of global deaths. As global populations age and lifestyles evolve, the incidence of chronic conditions such as diabetes, cardiovascular diseases, cancer, and respiratory ailments continues to rise. This demographic shift translates into heightened demand for innovative treatments, therapies, and preventive measures to manage these conditions effectively.

Consequently, the healthcare sector is experiencing a surge in R&D investments, leading to the discovery of novel drugs, medical devices, and digital health solutions tailored to address specific chronic diseases. Additionally, there is a growing emphasis on preventive healthcare initiatives, wellness programs, and lifestyle interventions aimed at reducing the risk factors associated with chronic illnesses. Moreover, technological breakthroughs, such as telemedicine, wearable devices, and health monitoring apps, are revolutionizing patient care and empowering individuals to actively manage their health.

The Robotic Endoscopy Devices Market is classified based on product type, application, end-use, and region.

The diagnostic robotic endoscopy devices segment will grow appreciably through 2032, owing to their ability to provide high-definition imaging, precise tissue sampling, and real-time visualization of internal organs. These devices help in the early detection and accurate diagnosis of various gastrointestinal and respiratory conditions, including ulcers, polyps, tumors, and inflammatory bowel diseases, thereby inducing segment growth.

The Robotic Endoscopy Devices Market share from the bronchoscopy segment will gain traction by 2032 due to the widespread use of bronchoscopy in diagnosing and treating respiratory disorders such as lung cancer, chronic obstructive pulmonary disease (COPD), and pulmonary fibrosis. Robotic bronchoscopy enables clinicians to navigate the intricate airway anatomy with enhanced maneuverability and dexterity, thus facilitating precise lesion localization, biopsy collection, and therapeutic interventions, thereby propelling segment expansion.

Asia Pacific Robotic Endoscopy Devices Industry is poised for substantial growth by 2032, driven by a rapidly expanding healthcare infrastructure, in line with increasing investments in medical technology. Additionally, the rising prevalence of respiratory diseases in countries such as China, India, and Japan is boosting the adoption of robotic endoscopy devices for both diagnostic and therapeutic purposes.

Table of Contents

Chapter 1 Methodology & Scope

  • 1.1 Market scope & definition
  • 1.2 Base estimates & calculations
  • 1.3 Data collection
  • 1.4 Forecast parameters
  • 1.5 Data validation
  • 1.6 Data sources
    • 1.6.1 Primary
    • 1.6.2 Secondary
      • 1.6.2.1 Paid sources
      • 1.6.2.2 Unpaid sources

Chapter 2 Executive Summary

  • 2.1 Industry 360 degree synopsis

Chapter 3 Industry Insights

  • 3.1 Industry ecosystem analysis
  • 3.2 Industry impact forces
    • 3.2.1 Growth drivers
      • 3.2.1.1 Rising incidences of gastrointestinal disorders and other chronic ailments
      • 3.2.1.2 Increasing demand for minimally invasive procedures
      • 3.2.1.3 Rise in prevalence of obesity and diabetes coupled with growing ageing population
      • 3.2.1.4 Technological advancements in endoscopy
    • 3.2.2 Industry pitfalls & challenges
      • 3.2.2.1 Dearth of skilled physicians and endoscopists in developing countries
  • 3.3 Growth potential analysis
  • 3.4 Regulatory landscape
  • 3.5 Technological landscape
  • 3.6 Porter's analysis
    • 3.6.1 Supplier power
    • 3.6.2 Buyer power
    • 3.6.3 Threat of new entrants
    • 3.6.4 Threat of substitutes
    • 3.6.5 Industry rivalry
  • 3.7 PESTEL analysis
  • 3.8 Future market trends

Chapter 4 Competitive Landscape, 2023

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Company matrix analysis
  • 4.3 Company market share analysis
  • 4.4 Competitive positioning matrix
  • 4.5 Strategy dashboard

Chapter 5 Market Estimates and Forecast, By Product Type, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 5.1 Key trends
  • 5.2 Diagnostic
  • 5.3 Therapeutic

Chapter 6 Market Estimates and Forecast, By Application, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 6.1 Key trends
  • 6.2 Colonoscopy
  • 6.3 Bronchoscopy
  • 6.4 Laparoscopy
  • 6.5 Gastroscopy
  • 6.6 Other applications

Chapter 7 Market Estimates and Forecast, By End-Use, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 7.1 Key trends
  • 7.2 Hospitals
  • 7.3 Ambulatory surgical centers
  • 7.4 Other end-users

Chapter 8 Market Estimates and Forecast, By Region, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 8.1 Key trends
  • 8.2 North America
    • 8.2.1 U.S.
    • 8.2.2 Canada
  • 8.3 Europe
    • 8.3.1 Germany
    • 8.3.2 UK
    • 8.3.3 France
    • 8.3.4 Italy
    • 8.3.5 Spain
    • 8.3.6 Rest of Europe
  • 8.4 Asia Pacific
    • 8.4.1 China
    • 8.4.2 Japan
    • 8.4.3 India
    • 8.4.4 Australia
    • 8.4.5 South Korea
    • 8.4.6 Rest of Asia Pacific
  • 8.5 Latin America
    • 8.5.1 Brazil
    • 8.5.2 Mexico
    • 8.5.3 Argentina
    • 8.5.4 Rest of Latin America
  • 8.6 Middle East and Africa
    • 8.6.1 Saudi Arabia
    • 8.6.2 South Africa
    • 8.6.3 UAE
    • 8.6.4 Rest of Middle East and Africa

Chapter 9 Company Profiles

  • 9.1 AKTORmed GmbH
  • 9.2 Asensus Surgical Inc.
  • 9.3 Boston Scientific Corporation
  • 9.4 Brainlab AG
  • 9.5 CONMED Corporation
  • 9.6 FUJIFILM Holdings Corporation
  • 9.7 Intuitive Surgical, Inc.
  • 9.8 Karl Storz SE & Co. KG
  • 9.9 Medtronic plc
  • 9.10 Olympus Corporation
  • 9.11 Renishaw plc
  • 9.12 Richard Wolf GmbH