デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1472016

鉄道の貫通路市場規模:貫通路別、製品別、用途別、素材別&世界予測、 2024年~2032年

Rail Gangway Market Size - By Gangway, By Product, By Application, By Material & Global Forecast, 2024 - 2032

出版日: | 発行: Global Market Insights Inc. | ページ情報: 英文 260 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
鉄道の貫通路市場規模:貫通路別、製品別、用途別、素材別&世界予測、 2024年~2032年
出版日: 2024年02月19日
発行: Global Market Insights Inc.
ページ情報: 英文 260 Pages
納期: 2~3営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

鉄道の貫通路市場規模は、効率的で安全な輸送ソリューションに対する需要の高まりにより、2024年から2032年にかけてCAGR4%以上を記録すると推定されます。

厳しい規制が始まったことで、世界中の鉄道輸送システムで乗客の安全性とアクセシビリティ基準が強調されています。さらに、都市鉄道網の拡大と、特に新興国における高速鉄道プロジェクトへの投資が、業界の成長を後押しします。

軽量素材、高度なシーリング・システム、自動化された通路システムなどの技術革新は、鉄道貫通路の性能、耐久性、安全性を向上させ、鉄道事業者やメーカーに対する魅力をさらに高めています。例えば、インド鉄道は2022年8月、乗客の利便性を高めるためMEMU列車のサービスを開始しました。これらの列車は、EMU列車とは異なり、入口や通路が完成しているのが特徴です。さらに、特定の顧客要件を満たし、多様な運用ニーズに対応するため、モジュール式でカスタマイズ可能な通路ソリューションの動向が高まっていることも、市場拡大に拍車をかけると思われます。

鉄道の貫通路産業は、通路、製品、材料、用途、地域によって区分されます。

通路に基づくと、接続用通路セグメントの市場規模は2032年まで大幅な成長が見込まれます。これは、乗客の快適性と利便性を向上させるとともに、相互接続された鉄道車両間のシームレスな移動を提供し、アクセシビリティを向上させ、スムーズな乗降プロセスを促進する必要性が高まっているためです。さらに、通路連結通路は柔軟な構成を可能にするため、鉄道事業者はさまざまな乗客の積載量に対応し、列車内のスペース利用を最適化することができます。特に都市部や高速鉄道網では、旅客の安全性とアクセシビリティ基準がますます重視されるようになっており、接続用通路はさらに好ましいソリューションとして台頭しつつあります。

用途別では、地下鉄・メトロ鉄道の貫通路市場が、2024年から2032年にかけて大きなCAGRを記録すると予想されています。これは、世界の都市鉄道網の急速な拡大、主要都市における都市化と人口密度の増加に伴うものです。鉄道の貫通路は、都市通勤者のニーズの変化に対応するため、地下鉄や路面電車内の乗客の流れ、アクセシビリティ、安全性を強化するのに役立ちます。さらに、混雑した都市鉄道システム内での乗客体験の向上とスペース利用の最適化が重視されるようになり、通路を装備した列車の採用は、地下鉄や路面電車の運営会社にとって不可欠となっています。

欧州の鉄道の貫通路産業は2024年から2032年にかけて目覚ましい成長を記録すると思われます。公共交通インフラの改善と旅客体験の向上がますます重視されるようになり、この地域全体の地下鉄、地下鉄、高速鉄道システムにおける先進的な通路ソリューションの需要がさらに高まると思われます。

目次

第1章 調査手法と調査範囲

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 業界洞察

  • エコシステム分析
  • サプライヤーの状況
    • 原材料サプライヤー
    • 客車メーカー
    • 部品サプライヤー
    • エンドユーザー
  • 利益率分析
  • 技術革新の状況
  • 特許分析
  • 主要ニュース&イニシアチブ
  • 規制状況
  • 影響要因
    • 促進要因
      • 効率的な都市交通システムへの需要の高まり
      • 安全性と乗客体験の向上における革新
      • 世界の鉄道網の拡大と近代化
      • 持続可能な輸送ソリューションへのシフト
    • 業界の潜在的リスク&課題
      • 既存の列車への通路の統合
      • 品質や安全性を犠牲にすることなくコストを維持すること
  • 成長可能性分析
  • ポーター分析
  • PESTEL分析

第4章 競合情勢

  • イントロダクション
  • 企業シェア分析
  • 競合のポジショニング・マトリックス
  • 戦略展望マトリックス

第5章 市場推計・予測:通路タイプ別2018年~2032年

  • 主要動向
  • 通路用蛇腹
  • 廊下接続型貫通路

第6章 市場推計・予測:製品別2018年~2032年

  • 主要動向
  • シングルピース
  • ツーピース

第7章 市場推計・予測:素材別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • スチール
  • アルミニウム
  • 合金
  • 複合材料

第8章 市場推計・予測:用途別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 旅客列車
  • 地下鉄
  • 高速列車
  • 特別列車

第9章 市場推計・予測:地域別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
  • 欧州
    • 英国
    • ドイツ
    • フランス
    • イタリア
    • ロシア
    • スペイン
    • その他欧州
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • 韓国
    • オーストラリア
    • 東南アジア
    • その他アジア太平洋地域
  • ラテンアメリカ
    • ブラジル
    • メキシコ
    • アルゼンチン
    • その他ラテンアメリカ
  • 中東・アフリカ
    • アラブ首長国連邦
    • 南アフリカ
    • サウジアラビア
    • その他の中東・アフリカ

第10章 企業プロファイル

  • Airflow Equipments(India)Private Limited
  • ARS Traffic & Transport Technology
  • ASTRA Vagoane Calatori
  • ATG AUTOTECHNIK GmbH
  • CAF-Construcciones y Auxiliar de Ferrocarriles
  • Corning Incorporated
  • Dellner
  • Gonvarri Material Handling
  • HUBNER GmbH & Co. KG
  • HUTCHINSON
  • Knorr-Bremse AG
  • KTK Group
  • Narita Manufacturing Co., Ltd.
  • Parker Hannifin Corporation
  • Ricon Corporation
  • Schaltbau Holding AG
  • Scharfenberg Couplers GmbH
  • Stella-Meta GmbH
  • Sugiyasu Corporation
  • Voith GmbH & Co. KGaA
目次
Product Code: 8182

Rail gangway market size is estimated to register over 4% CAGR between 2024 and 2032, driven by the increasing demand for efficient and safe transportation solutions. The onset of stringent regulations is highlighting passenger safety and accessibility standards in railway transportation systems worldwide. Moreover, the expansion of urban rail networks, coupled with investments in high-speed rail projects, particularly in emerging economies will drive the industry growth.

Innovations, such as lightweight materials, advanced sealing systems, and automated gangway systems are improving the performance, durability, and safety features of rail gangways, further increasing their appeal to rail operators and manufacturers. For example, in August 2022, Indian railways launched MEMU train services for passenger convenience. These trains feature finished vestibules or gangway connections, unlike EMU trains. Additionally, the growing trend of modular and customizable gangway solutions to meet specific customer requirements and address varying operational needs will fuel the market expansion.

The rail gangway industry is segmented on the basis of gangway, product, material, application and region.

Based on gangway, the market size from the corridor connection gangway segment is anticipated to witness substantial growth through 2032. This is due to the rising need for enhanced passenger comfort and convenience as well as providing seamless movement between interconnected railcars for improving accessibility and facilitating smoother boarding and alighting processes. Moreover, corridor connection gangway enables flexible configurations, allowing rail operators to accommodate varying passenger loads and optimize space utilization within trains. With the increasing emphasis on passenger safety and accessibility standards, particularly in urban and high-speed rail networks, corridor connection gangways are further emerging as preferred solutions.

By application, the rail gangway market from the metro & subway segment is anticipated to observe a significant CAGR during 2024 and 2032, favored by the rapid expansion of urban rail networks worldwide, coupled with increasing urbanization and population density in major cities. Rail gangways help in enhancing passenger flow, accessibility, and safety within metro and subway trains for addressing the evolving needs of urban commuters. Moreover, with the growing emphasis on improving the passenger experience and optimizing space utilization within crowded urban rail systems, the adoption of gangway-equipped trains has become imperative for metro and subway operators.

Europe rail gangway industry will record impressive growth over 2024-2032, attributed to stringent regulations for mandating enhanced passenger safety and accessibility standards. The increasing emphasis on improving public transportation infrastructure and enhancing passenger experience will further drive the demand for advanced gangway solutions in metro, subway, and high-speed rail systems across the region.

Table of Contents

Chapter 1 Methodology & Scope

  • 1.1 Market scope & definition
  • 1.2 Base estimates & calculations
  • 1.3 Forecast calculation
  • 1.4 Data sources
    • 1.4.1 Primary
    • 1.4.2 Secondary
      • 1.4.2.1 Paid sources
      • 1.4.2.2 Public sources

Chapter 2 Executive Summary

  • 2.1 Industry 360 degree synopsis, 2018 - 2032

Chapter 3 Industry Insights

  • 3.1 Industry ecosystem analysis
  • 3.2 Supplier landscape
    • 3.2.1 Raw material supplier
    • 3.2.2 Passenger coach manufacturer
    • 3.2.3 Component supplier
    • 3.2.4 End user
  • 3.3 Profit margin analysis
  • 3.4 Technology & innovation landscape
  • 3.5 Patent analysis
  • 3.6 Key news & initiatives
  • 3.7 Regulatory landscape
  • 3.8 Impact forces
    • 3.8.1 Growth drivers
      • 3.8.1.1 Increasing demand for efficient urban transit systems
      • 3.8.1.2 Innovations in enhancing safety and passenger experience
      • 3.8.1.3 Expansion and modernization of rail networks worldwide
      • 3.8.1.4 Shift toward sustainable transportation solutions
    • 3.8.2 Industry pitfalls & challenges
      • 3.8.2.1 Integrating gangways into existing trains
      • 3.8.2.2 Maintaining cost without sacrificing quality or safety
  • 3.9 Growth potential analysis
  • 3.10 Porter's analysis
    • 3.10.1 Supplier power
    • 3.10.2 Buyer power
    • 3.10.3 Threat of new entrants
    • 3.10.4 Threat of substitutes
    • 3.10.5 Industry rivalry
  • 3.11 PESTEL analysis

Chapter 4 Competitive Landscape, 2023

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Company market share analysis
  • 4.3 Competitive positioning matrix
  • 4.4 Strategic outlook matrix

Chapter 5 Market Estimates & Forecast, By Gangway Type 2018 - 2032 ($Mn, Units)

  • 5.1 Key trends
  • 5.2 Gangway bellow
  • 5.3 Corridor connection gangway

Chapter 6 Market Estimates & Forecast, By Product, 2018 - 2032 ($Mn, Units)

  • 6.1 Key trends
  • 6.2 Single piece
  • 6.3 Two piece

Chapter 7 Market Estimates & Forecast, By Material, 2018 - 2032 ($Mn, Units)

  • 7.1 Key trends
  • 7.2 Steel
  • 7.3 Aluminium
  • 7.4 Alloys
  • 7.5 Composites

Chapter 8 Market Estimates & Forecast, By Application, 2018 - 2032 ($Mn, Units)

  • 8.1 Key trends
  • 8.2 Passenger train
  • 8.3 Metro & subway train
  • 8.4 High speed train
  • 8.5 Special train

Chapter 9 Market Estimates & Forecast, By Region, 2018 - 2032 ($Mn, Units)

  • 9.1 Key trends
  • 9.2 North America
    • 9.2.1 U.S.
    • 9.2.2 Canada
  • 9.3 Europe
    • 9.3.1 UK
    • 9.3.2 Germany
    • 9.3.3 France
    • 9.3.4 Italy
    • 9.3.5 Russia
    • 9.3.6 Spain
    • 9.3.7 Rest of Europe
  • 9.4 Asia Pacific
    • 9.4.1 China
    • 9.4.2 Japan
    • 9.4.3 India
    • 9.4.4 South Korea
    • 9.4.5 Australia
    • 9.4.6 Southeast Asia
    • 9.4.7 Rest of Asia Pacific
  • 9.5 Latin America
    • 9.5.1 Brazil
    • 9.5.2 Mexico
    • 9.5.3 Argentina
    • 9.5.4 Rest of Latin America
  • 9.6 MEA
    • 9.6.1 UAE
    • 9.6.2 South Africa
    • 9.6.3 Saudi Arabia
    • 9.6.4 Rest of MEA

Chapter 10 Company Profiles

  • 10.1 Airflow Equipments (India) Private Limited
  • 10.2 ARS Traffic & Transport Technology
  • 10.3 ASTRA Vagoane Calatori
  • 10.4 ATG AUTOTECHNIK GmbH
  • 10.5 CAF - Construcciones y Auxiliar de Ferrocarriles
  • 10.6 Corning Incorporated
  • 10.7 Dellner
  • 10.8 Gonvarri Material Handling
  • 10.9 HUBNER GmbH & Co. KG
  • 10.10 HUTCHINSON
  • 10.11 Knorr-Bremse AG
  • 10.12 KTK Group
  • 10.13 Narita Manufacturing Co., Ltd.
  • 10.14 Parker Hannifin Corporation
  • 10.15 Ricon Corporation
  • 10.16 Schaltbau Holding AG
  • 10.17 Scharfenberg Couplers GmbH
  • 10.18 Stella-Meta GmbH
  • 10.19 Sugiyasu Corporation
  • 10.20 Voith GmbH & Co. KGaA