デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1454745

子宮頸がん診断の市場規模:診断方法、年齢層、最終用途別& 2024-2032年予測

Cervical Cancer Diagnostics Market Size - By Diagnostic Methods, Age Group, End-use & Forecast, 2024-2032

出版日: | 発行: Global Market Insights Inc. | ページ情報: 英文 105 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
子宮頸がん診断の市場規模:診断方法、年齢層、最終用途別& 2024-2032年予測
出版日: 2024年02月07日
発行: Global Market Insights Inc.
ページ情報: 英文 105 Pages
納期: 2~3営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

子宮頸がん診断市場規模・推計は、子宮頸がんの早期発見とスクリーニングプログラムの重要性に対する意識の高まりから、2024年から2032年にかけてCAGR 5.3%以上で拡大すると推定されます。

HPV検査や液体ベースの細胞診のような診断技術の開発が進み、子宮頸がん診断の精度と効率が向上しています。

世界の子宮頸がん罹患率の上昇、特に発展途上地域における子宮頸がん罹患率の上昇が、診断薬に対する需要を高めています。米国がん協会によると、2024年には米国で新たに13,820例の浸潤性子宮頸がんが診断される見込みであり、いくつかの政府も子宮頸がん検診と予防を促進するためのイニシアチブとヘルスケアキャンペーンを開始しています。

2023年9月、国際がん研究機関(IARC)の科学者とそのパートナーは、子宮頸がん検診と診断のための新技術の検証を目的としたEASTERプロジェクトを開始しました。子宮頸がん診断のための新技術を開発するこのようなプロジェクトの立ち上げは、市場開拓の原動力となると思われます。

子宮頸がん診断産業は、診断方法、年齢層、最終用途、地域に二分されます。

診断法に基づくと、子宮頸がん診断への採用が多いことから、HPV DNA検査の市場価値は2032年までCAGR 5.6%で上昇すると予測されます。これらの検査は、子宮頸がんの主要な原因であるヒトパピローマウイルス(HPV)感染を検出する際に高い感度と特異性を提供します。また、HPV DNA検査は早期発見と介入を可能にし、患者の転帰を改善するため、世界中の子宮頸がん検診プログラムでの利用をさらに促進します。

最終用途別では、画像診断センター分野が子宮頸がん診断薬市場で大きなシェアを占めると推定され、2024年から2032年までのCAGRは4.9%です。この背景には、定期的な子宮頸がん検診の重要性に対する意識の高まりがあります。最近では、専用のセンターで高度な画像診断技術を利用できるようになった。これらのセンターは、コルポスコピー、MRI、超音波などの技術を通じて正確でタイムリーな診断を提供するため、子宮頸がん検出のための専門サービスを提供し、患者の転帰改善に貢献しています。

アジア太平洋地域の子宮頸がん診断市場規模は、2024年から2032年にかけて5.6%の成長率を示すと予想されます。これは、ヘルスケア支出の増加、啓発キャンペーンの増加、女性の健康増進を目的とした政府のイニシアティブの展開によるものです。中国やインドのような新興国におけるヘルスケア・インフラの急速な進歩と検診プログラムの普及が、この地域の産業拡大に拍車をかけると思われます。

目次

第1章 調査手法と調査範囲

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 業界洞察

  • エコシステム分析
  • 業界への影響要因
    • 促進要因
      • 世界の子宮頸がん罹患率の上昇
      • 病気に対する認識を広めるために、政府やその他の組織が行っているいくつかの取り組み
      • HPV感染の増加
      • 診断技術の進歩
    • 業界の潜在的リスク&課題
      • ヘルスケアサービスへのアクセス制限
      • 社会的スティグマと文化的障壁
  • 成長可能性分析
  • 技術的展望
  • 規制状況
  • ポーター分析
  • PESTEL分析

第4章 競合情勢

  • イントロダクション
  • 企業マトリックス分析
  • 企業シェア分析
  • 主要市場企業の競合分析
  • 戦略ダッシュボード

第5章 市場推計・予測:診断法別

  • 主要動向
  • パップスメア検査
  • HPV DNA検査
  • コルポスコピー検査
  • 生検および子宮頸部内掻爬術
  • その他の診断法

第6章 市場推計・予測:年齢層別

  • 主要動向
  • 20~40歳
  • 40歳以上

第7章 市場推計・予測:エンドユーザー別

  • 主要動向
  • 病院
  • 診断研究所
  • 画像診断センター
  • がん研究機関
  • その他のエンドユーザー

第8章 市場推計・予測:地域別

  • 主要動向
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • フランス
    • スペイン
    • イタリア
    • その他欧州
  • アジア太平洋
    • 日本
    • 中国
    • インド
    • オーストラリア
    • 韓国
    • その他アジア太平洋地域
  • ラテンアメリカ
    • ブラジル
    • メキシコ
    • アルゼンチン
    • その他ラテンアメリカ
  • 中東・アフリカ
    • 南アフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • その他中東とアフリカ

第9章 企業プロファイル

  • Abbott Laboratories
  • Arbor Vita Corporation
  • Becton, Dickinson and Company(BD)
  • Danaher Corporation
  • F. Hoffmann-La Roche Ltd
  • Fujirebio Diagnostics, Inc.
  • Hologic, Inc.
  • QIAGEN
  • Seegene Inc
  • Thermo Fisher Scientific Inc.
目次
Product Code: 3774

Cervical Cancer Diagnostics Market size is estimated to expand at over 5.3% CAGR from 2024 to 2032, on account of the increasing awareness about the importance of early detection and screening programs for cervical cancer. Rising developments in diagnostic techniques like HPV testing and liquid-based cytology are improving the accuracy and efficiency of cervical cancer diagnosis.

The rising incidences of cervical cancer globally, especially in developing regions, are increasing the demand for diagnostics. As per the American Cancer Society, in 2024, 13,820 new cases of invasive cervical cancer will be diagnosed in the U.S. Several governments are also launching initiatives and healthcare campaigns to promote cervical cancer screening and prevention.

In September 2023, scientists at the International Agency for Research on Cancer (IARC) and its partners launched the EASTER project, aimed at validating new technologies for cervical cancer screening and diagnosis. The launch of such projects to develop new technologies for cervical cancer diagnosis will provide impetus for the market development.

The cervical cancer diagnostics industry is bifurcated into diagnostic method, age group, end-use, and region.

Based on diagnostic method, the market value from the HPV DNA tests is anticipated to rise at 5.6% CAGR up to 2032, due to the high adoption for cervical cancer diagnosis. These tests offer high sensitivity and specificity in detecting human papillomavirus (HPV) infections, a leading cause of cervical cancer. HPV DNA tests also enable early detection and intervention for improved patient outcomes, further driving increasing utilization in cervical cancer screening programs worldwide.

In terms of end-use, the diagnostic imaging centers segment is estimated to accumulate sizeable share of the cervical cancer diagnostics market, depicting 4.9% CAGR from 2024 to2032. This is owing to the increasing awareness about the importance of regular cervical cancer screening. Of late, there has been high availability of advanced diagnostic imaging technologies in dedicated centers. These centers provide specialized services for cervical cancer detection for offering accurate and timely diagnosis through techniques such as colposcopy, MRI, and ultrasound, contributing to improved patient outcomes.

Regionally, the Asia Pacific cervical cancer diagnostics market size will depict 5.6% growth rate from 2024 to 2032, owing to the rising healthcare expenditure, increasing awareness campaigns, and rollout of government initiatives to improve women health. Rapid advancements in healthcare infrastructure in emerging economies like China and India, along with the growing adoption of screening programs will fuel the regional industry expansion.

Table of Contents

Chapter 1 Methodology & Scope

  • 1.1 Market scope & definitions
  • 1.2 Base estimates & calculations
  • 1.3 Data collection
  • 1.4 Forecast calculations
  • 1.5 Data validation
  • 1.6 Data sources
    • 1.6.1 Primary
    • 1.6.2 Secondary
      • 1.6.2.1 Paid sources
      • 1.6.2.2 Unpaid sources

Chapter 2 Executive Summary

  • 2.1 Industry 360 degree synopsis

Chapter 3 Industry Insights

  • 3.1 Industry ecosystem analysis
  • 3.2 Industry impact forces
    • 3.2.1 Growth drivers
      • 3.2.1.1 Rising prevalence of cervical cancer globally
      • 3.2.1.2 Several initiatives undertaken by government and other organizations to spread disease awareness
      • 3.2.1.3 Rising incidence of HPV Infections
      • 3.2.1.4 Advancements in diagnostic technologies
    • 3.2.2 Industry pitfalls & challenges
      • 3.2.2.1 Limited access to healthcare services
      • 3.2.2.2 Social stigma and cultural barriers
  • 3.3 Growth potential analysis
  • 3.4 Technological landscape
  • 3.5 Regulatory landscape
  • 3.6 Porter's analysis
    • 3.6.1 Supplier power
    • 3.6.2 Buyer power
    • 3.6.3 Threat of new entrants
    • 3.6.4 Threat of substitutes
    • 3.6.5 Industry rivalry
  • 3.7 PESTEL analysis

Chapter 4 Competitive Landscape, 2023

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Company matrix analysis
  • 4.3 Company market share analysis
  • 4.4 Competitive analysis of major market players
  • 4.5 Strategy dashboard

Chapter 5 Market Estimates and Forecast, By Diagnostic Methods, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 5.1 Key trends
  • 5.2 Pap smear tests
  • 5.3 HPV DNA tests
  • 5.4 Colposcopy
  • 5.5 Biopsy and endocervical curettage
  • 5.6 Other diagnostic methods

Chapter 6 Market Estimates and Forecast, By Age Group, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 6.1 Key trends
  • 6.2 20-40 years
  • 6.3 Above 40 years

Chapter 7 Market Estimates and Forecast, By End-Use, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 7.1 Key trends
  • 7.2 Hospitals
  • 7.3 Diagnostic laboratories
  • 7.4 Diagnostic imaging centers
  • 7.5 Cancer research institutes
  • 7.6 Other end-users

Chapter 8 Market Estimates and Forecast, By Region, 2018 - 2032 ($ Mn)

  • 8.1 Key trends
  • 8.2 North America
    • 8.2.1 U.S.
    • 8.2.2 Canada
  • 8.3 Europe
    • 8.3.1 Germany
    • 8.3.2 UK
    • 8.3.3 France
    • 8.3.4 Spain
    • 8.3.5 Italy
    • 8.3.6 Rest of Europe
  • 8.4 Asia Pacific
    • 8.4.1 Japan
    • 8.4.2 China
    • 8.4.3 India
    • 8.4.4 Australia
    • 8.4.5 South Korea
    • 8.4.6 Rest of Asia Pacific
  • 8.5 Latin America
    • 8.5.1 Brazil
    • 8.5.2 Mexico
    • 8.5.3 Argentina
    • 8.5.4 Rest of Latin America
  • 8.6 Middle East and Africa
    • 8.6.1 South Africa
    • 8.6.2 Saudi Arabia
    • 8.6.3 UAE
    • 8.6.4 Rest of Middle East and Africa

Chapter 9 Company Profiles

  • 9.1 Abbott Laboratories
  • 9.2 Arbor Vita Corporation
  • 9.3 Becton, Dickinson and Company (BD)
  • 9.4 Danaher Corporation
  • 9.5 F. Hoffmann-La Roche Ltd
  • 9.6 Fujirebio Diagnostics, Inc.
  • 9.7 Hologic, Inc.
  • 9.8 QIAGEN
  • 9.9 Seegene Inc
  • 9.10 Thermo Fisher Scientific Inc.