デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1442006

熱交換器市場規模:技術別、用途別、予測、2024年~2032年

Heat Exchanger Market Size - By Technology (Shell & Tube, Plate, Air Cooled), By Application (Oil & Gas, Chemical, Power Generation & Metallurgy, Marine, Mechanical Industry, Central Heating & Refrigeration, Food Processing), & Forecast, 2024 - 2032

出版日: | 発行: Global Market Insights Inc. | ページ情報: 英文 430 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.88円
熱交換器市場規模:技術別、用途別、予測、2024年~2032年
出版日: 2024年01月12日
発行: Global Market Insights Inc.
ページ情報: 英文 430 Pages
納期: 2~3営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

熱交換器の世界市場は2024年から2032年にかけてCAGR 8.4%を記録し、この分野での継続的な研究開発に後押しされます。

産業界がより効率的で持続可能なソリューションを求める中、熱交換器技術の進歩が技術革新を促進します。

例えば、2024年2月、中国の研究者は、強化されたカオス粒子群最適化(CPSO)アルゴリズムを使用して、中深度地中熱源ヒートポンプ(MD-GSHP)の最適化モデルを開発しました。彼らはこのアルゴリズムを、蓄熱タンクと組み合わせたMD-GSHPシステムと、浅いボアホール熱交換器(BHE)を備えたMD-GSHPの両方のシミュレーションに適用しました。CPSOアルゴリズムは、鳥や魚の集団行動からヒントを得て、個々の粒子と群全体の両方を最適化するように性能を適応させます。「CPSOアルゴリズムでは、粒子の位置と速度は、カオスシーケンスを使用して初期化されます」と研究者は詳しく説明しました。

材料、設計、製造プロセスの改良は、性能とエネルギー効率の向上に寄与します。さらに、排出ガスやエネルギー消費の削減など、環境への懸念に対応する技術革新は、市場の需要をさらに刺激します。熱交換技術の限界を押し広げる継続的な研究開発努力により、市場は、進化する業界のニーズに対応するために持続的な成長が見込まれています。

シェル&チューブ分野は、2024年から2032年にかけて大きな発展を遂げると思われます。汎用性と効率性で知られるシェル&チューブ式熱交換器は、さまざまな産業で広く使用されています。その堅牢な設計は、高い熱伝達率と耐食性を可能にし、多様な用途に適しています。産業界が性能と耐久性を優先するにつれ、シェル&チューブ式熱交換器の需要は増加の一途をたどっています。その信頼性と熱伝達の有効性は、市場での永続的な人気の一因となっています。

発電および冶金分野の熱交換器市場規模は、2024年から2032年にかけて顕著なCAGRを記録します。発電では、熱交換器は熱エネルギーを電気に変換し、プラントの効率を高める上で極めて重要な役割を果たします。同様に、冶金プロセスでは、熱交換器は溶融金属の冷却または加熱を促進し、正確な温度制御と製品品質を保証します。これらの産業が生産性とエネルギー効率の向上に努める中、それぞれの要件に合わせた高性能熱交換器への需要は高まり続け、市場の成長を牽引しています。

欧州の熱交換器産業は、2024年から2032年にかけて顕著なCAGRを示すと思われます。製造業、自動車、HVACR(暖房、換気、空調、冷凍)などの各業界は、エネルギー使用を最適化し、環境への影響を低減するために熱交換器を優先しています。二酸化炭素排出量の削減と業務効率の向上を重視する欧州の企業は、革新的な熱交換器技術を求めています。このような需要により、欧州の熱交換器市場は継続的な成長と革新を遂げ、多様な産業ニーズに対応しています。

目次

第1章 調査手法と調査範囲

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 熱交換器産業洞察

  • エコシステム分析
    • ベンダーマトリックス
  • 規制状況
  • COVID-19の産業展望への影響
  • 業界への影響要因
    • 促進要因
    • 業界の潜在的リスク&課題
  • 成長可能性分析
  • ポーター分析
  • PESTEL分析

第4章 競合情勢

  • 戦略的展望
  • イノベーションと持続可能性の展望

第5章 熱交換器市場:技術別

  • 主要動向:技術別
  • シェル&チューブ
  • プレート
  • 空冷式
  • その他

第6章 熱交換器市場:用途別

  • 主要動向:用途別
  • 石油・ガス
  • 化学
  • 発電・冶金
  • 海洋
  • 機械工業
  • セントラルヒーティング&冷凍
  • 食品加工
  • その他

第7章 熱交換器市場:地域別

  • 主要動向:地域別
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • フランス
    • ロシア
    • イタリア
    • スペイン
    • ポーランド
    • トルコ
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • 韓国
    • インド
    • インドネシア
    • マレーシア
    • タイ
    • ベトナム
    • フィリピン
    • オーストラリア
  • 中東・アフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • エジプト
    • 南アフリカ
    • ナイジェリア
  • ラテンアメリカ
    • ブラジル
    • アルゼンチン
    • コロンビア
    • チリ

第8章 企業プロファイル

  • ALFA LAVAL
  • Kelvion Holding GmbH
  • SPX FLOW
  • IHI Corporation
  • Xylem
  • Danfoss
  • API Heat Transfer
  • FUNKE Warmeaustauscher Apparatebau GmbH
  • Thermowave GmbH
  • HISAKA WORKS LTD.
  • SWEP International AB
  • Accessen Group Co., Ltd.
  • Doosan Power Systems
  • LARSEN & TOUBRO LIMITED
  • Koch Heat Transfer Company
  • HRS Heat Exchangers
  • Thermofin
  • Enerquip Thermal Solutions
  • Mason Manufacturing LLC
  • Wessels Company
目次
Product Code: 3169

Global Heat Exchanger Market will witness 8.4% CAGR between 2024 and 2032, propelled by ongoing research and developments in the field. As industries seek more efficient and sustainable solutions, advancements in heat exchanger technology drive innovation.

For instance, in February 2024, researchers in China developed an optimization model for medium-depth ground source heat pumps (MD-GSHPs) using an enhanced chaos particle swarm optimization (CPSO) algorithm. They applied this algorithm to simulate both an MD-GSHP system coupled with a heat storage tank and an MD-GSHP with a shallow borehole heat exchanger (BHE). The CPSO algorithm draws inspiration from the collective behavior of birds and fish, adapting its performance to optimize both individual particles and the entire swarm. "In the CPSO algorithm, particle positions and velocities are initialized using a chaotic sequence," the researchers elaborated.

Enhanced materials, designs, and manufacturing processes contribute to improved performance and energy efficiency. Moreover, innovations addressing environmental concerns, such as reducing emissions and energy consumption, further stimulate market demand. With continuous R&D efforts pushing the boundaries of heat exchange technology, the market anticipates sustained growth to meet evolving industry needs.

The overall Heat Exchanger Market share is classified based on the technology, application, and region.

Shell & tube segment will undergo significant development from 2024 to 2032. Renowned for their versatility and efficiency, shell and tube heat exchangers are widely used across various industries. Their robust design allows for high heat transfer rates and corrosion resistance, making them suitable for diverse applications. As industries prioritize performance and durability, the demand for shell and tube heat exchangers continues to grow. Their reliability and effectiveness in transferring heat contribute to their enduring popularity in the market.

Heat exchanger market size from the power generation and metallurgy segment will register a noteworthy CAGR from 2024 to 2032. In power generation, heat exchangers play a pivotal role in converting thermal energy into electricity, enhancing plant efficiency. Similarly, in metallurgical processes, heat exchangers facilitate the cooling or heating of molten metals, ensuring precise temperature control and product quality. As these industries strive for enhanced productivity and energy efficiency, the demand for high-performance heat exchangers tailored to their specific requirements continues to rise, driving market growth.

Europe heat exchanger industry will showcase a commendable CAGR from 2024 to 2032. Industries across sectors, such as manufacturing, automotive, and HVACR (Heating, Ventilation, Air Conditioning, and Refrigeration) prioritize heat exchangers to optimize energy usage and reduce environmental impact. With an emphasis on reducing carbon emissions and enhancing operational efficiency, European businesses seek innovative heat exchanger technologies. This demand fosters ongoing growth and innovation within the European heat exchanger market, catering to diverse industry needs.

Table of Contents

Chapter 1 Methodology & Scope

  • 1.1 Market scope and definitions
  • 1.2 Market estimates & forecast parameters
    • 1.2.1 Base estimates & calculations
  • 1.3 Forecast calculation
  • 1.4 Data sources
    • 1.4.1 Primary
    • 1.4.2 Secondary
      • 1.4.2.1 Paid sources
      • 1.4.2.2 Unpaid sources

Chapter 2 Executive Summary

  • 2.1 Heat exchanger industry 360 Degree synopsis, 2019 - 2032
    • 2.1.1 Business trends
    • 2.1.2 Technology trends
    • 2.1.3 Application trends
    • 2.1.4 Regional trends

Chapter 3 Heat Exchanger Industry Insights

  • 3.1 Industry ecosystem analysis
    • 3.1.1 Vendor matrix
  • 3.2 Regulatory landscape
  • 3.3 COVID- 19 impact on the industry outlook
  • 3.4 Industry impact forces
    • 3.4.1 Growth drivers
    • 3.4.2 Industry pitfalls & challenges
  • 3.5 Growth potential analysis
  • 3.6 Porter's analysis
    • 3.6.1 Bargaining power of suppliers
    • 3.6.2 Bargaining power of buyers
    • 3.6.3 Threat of new entrants
    • 3.6.4 Threat of substitutes
  • 3.7 PESTEL analysis

Chapter 4 Competitive Landscape, 2023

  • 4.1 Strategic outlook
  • 4.2 Innovation & sustainability landscape

Chapter 5 Heat Exchanger Market, By Technology (USD Million)

  • 5.1 Key trends, by technology
  • 5.2 Shell & tube
  • 5.3 Plate
  • 5.4 Air cooled
  • 5.5 Others

Chapter 6 Heat Exchanger Market, By Application (USD Million)

  • 6.1 Key trends, by application
  • 6.2 Oil & gas
  • 6.3 Chemical
  • 6.4 Power generation & metallurgy
  • 6.5 Marine
  • 6.6 Mechanical industry
  • 6.7 Central heating & refrigeration
  • 6.8 Food processing
  • 6.9 Others

Chapter 7 Heat Exchanger Market, By Region (USD Million)

  • 7.1 Key trends, by region
  • 7.2 North America
    • 7.2.1 U.S.
    • 7.2.2 Canada
    • 7.2.3 Mexico
  • 7.3 Europe
    • 7.3.1 Germany
    • 7.3.2 UK
    • 7.3.3 France
    • 7.3.4 Russia
    • 7.3.5 Italy
    • 7.3.6 Spain
    • 7.3.7 Poland
    • 7.3.8 Turkiye
  • 7.4 Asia Pacific
    • 7.4.1 China
    • 7.4.2 Japan
    • 7.4.3 South Korea
    • 7.4.4 India
    • 7.4.5 Indonesia
    • 7.4.6 Malaysia
    • 7.4.7 Thailand
    • 7.4.8 Vietnam
    • 7.4.9 Philippines
    • 7.4.10 Australia
  • 7.5 Middle East & Africa
    • 7.5.1 Saudi Arabia
    • 7.5.2 UAE
    • 7.5.3 Egypt
    • 7.5.4 South Africa
    • 7.5.5 Nigeria
  • 7.6 Latin America
    • 7.6.1 Brazil
    • 7.6.2 Argentina
    • 7.6.3 Colombia
    • 7.6.4 Chile

Chapter 8 Company Profiles

  • 8.1 ALFA LAVAL
  • 8.2 Kelvion Holding GmbH
  • 8.3 SPX FLOW
  • 8.4 IHI Corporation
  • 8.5 Xylem
  • 8.6 Danfoss
  • 8.7 API Heat Transfer
  • 8.8 FUNKE Warmeaustauscher Apparatebau GmbH
  • 8.9 Thermowave GmbH
  • 8.10 HISAKA WORKS LTD.
  • 8.11 SWEP International AB
  • 8.12 Accessen Group Co., Ltd.
  • 8.13 Doosan Power Systems
  • 8.14 LARSEN & TOUBRO LIMITED
  • 8.15 Koch Heat Transfer Company
  • 8.16 HRS Heat Exchangers
  • 8.17 Thermofin
  • 8.18 Enerquip Thermal Solutions
  • 8.19 Mason Manufacturing LLC
  • 8.20 Wessels Company