デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1479974

北米と欧州におけるEV保険償却の成長機会

Growth Opportunities in EV Insurance Write-Offs in NA & Europe

出版日: | 発行: Frost & Sullivan | ページ情報: 英文 64 Pages | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=159.16円
北米と欧州におけるEV保険償却の成長機会
出版日: 2024年04月17日
発行: Frost & Sullivan
ページ情報: 英文 64 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

バッテリーの安全性への懸念、規格外の車両設計、複雑な修理手順が最重要課題です。EVの早期償却を減らすには、OEM、保険会社、修理業者間の戦略的提携が不可欠となっています。

本調査は、電気自動車(EV)が事故で損害を受けた場合の保険と修理プロセスの概要を提供しています。

対象地域は北米(米国とカナダ)と欧州(英国を含む)です。電気自動車を修理する際に修理業者と自動車保険会社が直面する主要な課題と、電気自動車の保険料コストを増加させる要因について論じています。また、北米と欧州におけるEVの修理費用を将来的に削減する規制措置とOEMの取り組みも含まれています。消費者の意識の高まり、政府の規制、補助金制度は、世界中でEVの導入を後押ししています。その結果、EVによる交通事故やEV固有の保険金請求が年々増加することになります。バッテリー、インバーター、充電装置はEVの重要部品です。これらの部品に軽微な衝突や損傷が生じると、発火や安全性に関する懸念が生じ、修理や交換が必要になります。OEMは、修理されたEVバッテリーの品質と安全性を保証する標準的な手順に従っていません。修理工程で過失があれば、短絡、発火、爆発につながる可能性があり、修理工場は損害賠償責任を負うことになります。認可された部品の入手可能性、高価なバッテリーと電気部品、損傷したバッテリーを保管するための検疫要件、EV修理に必要な追加労働時間、標準的な修理手順の欠如は、EVバッテリーのクレーム重大度コストを高め、評価損の可能性を高める一因となっています。OEMは、修理効率と安全性を向上させるために、ディーラー、車両損傷査定担当者、技術者に車両アーキテクチャ、配線構造、バッテリーパックの設計に関するトレーニングを行う必要があります。日産、GM、フォード、テスラなどのOEMは、バッテリー設計を簡素化し、EVバッテリー修理キットを導入する取り組みを行っています。また、認定修理工場を通じてEV交換部品を入手できるようにしています。欧州と北米の政府は、サードパーティの自動車サービス・プロバイダーが車両データにアクセスできるような規制の枠組みを作ろうとしています。このような取り組みは、交換や修理サービスを迅速化し、将来EVが早期に償却される可能性を減らすと思われます。

目次

北米・欧州における保険償却の変容

  • なぜ成長が難しくなっているのか?
  • The Strategic Imperative 8(TM)
  • NA・欧州のEV保険償却における戦略的重要課題上位3の影響

エコシステム

  • 分析範囲
  • EV保険金請求のカテゴリー-修理可能 vs. 償却

成長ジェネレーター

  • 成長促進要因
  • 成長抑制要因

成長環境

  • EV保険金償却 - 主要な調査結果
  • EVの保険金償却につながるシナリオ
  • 修理または保険金支払いにつながるEVの損傷タイプ
  • EVバッテリーの修理問題
  • 修理費用と償却に対応するOEMの取り組み
  • EVの修理と保険に影響を与える規制
  • 2023年のEV償却の割合

EV修理と保険 - 業界の概要と課題

  • 内燃機関車 vs. 電気自動車の販売
  • 事故後のEV修理と償却プロセス
  • EV修理プロセスの課題
  • 保険会社の指標 - クレームの重大性とクレーム頻度
  • 保険料上昇の主要な理由
  • Teslaの自社保険戦略
  • 北米と欧州におけるEVの償却プロセス
  • 償却EVのホットスポット

地域分析 - 北米と欧州

  • EV保険と修理に影響を与える規制、北米
  • 平均クレーム重大度とクレーム頻度、北米
  • EV保険料の平均、北米
  • EV保険動向分析、北米
  • EV保険と修理に影響を与える規制、欧州
  • EV保険の平均保険料、英国
  • 損傷したEVのための持続可能なベストプラクティス、欧州
  • EV保険動向分析、欧州

北米と欧州におけるEV保険償却

  • EVの償却率算出の調査手法
  • 車両償却の発生要因
  • 修理可能な車両クレーム vs. 評価損の割合、2023年
  • 償却理由、2023年
  • 主要な要点と今後の提言

成長機会ユニバース

  • 成長機会1:低コストのバッテリー修理
  • 成長機会2:修理の合理化と簡素化
  • 成長機会3:自動車サルベージ最大化

ベストプラクティスの認識

  • ベストプラクティスの認識

Frost Radar

  • Frost Radar

次のステップ

  • 成長機会のメリットと影響
  • 次のステップ
  • 次のステップへ
  • 図表一覧
  • 免責事項
目次
Product Code: MH4F-44

Battery Safety Concerns, Nonstandard Vehicle Designs and Complex Repair Procedures are Top Challenges. Strategic Partnering among OEMs, Insurers, and Repairers will be Crucial to Reducing Premature EV Write-offs.

The study provides an overview of insurance and repair processes when an electric vehicle (EV) is damaged in an accident.

Covered regions include North America (the United States and Canada) and Europe (including the United Kingdom). The key challenges that repairers and auto insurers face when repairing an electric vehicle and the factors that increase EV insurance premium costs are discussed. Regulatory measures and OEM initiatives in North America and Europe that will reduce EV repair costs in the future are also included. Rising consumer awareness, government regulations, and subsidy programs boost the adoption of EVs worldwide. This, in turn, will lead to an increase in EV road accidents and EV-specific insurance claims year over year. Batteries, inverters, and charging units are critical EV components. A minor collision or damage to these components will raise concerns around ignition and safety, leading to repairs/replacement. OEMs do not follow a standard procedure that will ensure the quality and safety of a repaired EV battery. Any negligence during the repair process could lead to short circuits, fire, or explosion, and make repair shops liable for damages. Authorized parts availability, costly battery and electrical parts, quarantine requirements for damaged battery storage, additional labor hours required for EV repairs, and the lack of standard repair procedures contribute to the higher claim severity cost of EV batteries and increase the possibility of write-offs. OEMS must train dealers, vehicle damage assessors, and technicians on vehicle architecture, wiring structure, and battery pack design to improve repair efficiency and safety. OEMs such as Nissan, GM, Ford, and Tesla have initiatives in place to simplify battery design and introduce EV battery repair kits. They are also making EV replacement parts available through their authorized repair shops. Governments in Europe and North America are creating regulatory frameworks to give third-party vehicle service providers access to vehicle data. Such initiatives will expedite replacement or repair services and reduce the possibility of premature EV write-offs in the future.

Table of Contents

Transformation in Insurance Write-offs in NA & Europe

  • Why is it Increasingly Difficult to Grow?
  • The Strategic Imperative 8™
  • The Impact of the Top 3 Strategic Imperatives on EV Insurance Write-offs in NA and Europe

Ecosystem

  • Scope of Analysis
  • EV Insurance Claim Categories-Repairable vs. Write-off

Growth Generator

  • Growth Drivers
  • Growth Restraints

Growth Environment

  • EV Insurance Write-offs-Key Findings
  • Scenarios Leading to Insurance Write-offs in EVs
  • EV Damage Type Leading to Repairs or Write-offs
  • EV Battery Repair Issues
  • OEM Initiatives that Address Repair Costs and Write-offs
  • Regulations Impacting EV Repair and Insurance
  • Percentage of EV Write-offs in 2023

EV Repair & Insurance- Industry Overview and Challenges

  • ICE vs. Electric Vehicle Sales
  • Post-incident EV Repair and Write-off Process
  • EV Repair Process Challenges
  • Insurer Metrics-Claim Severity & Claim Frequencies
  • Top Reasons for Increased Insurance Premiums
  • Tesla's In-House Insurance Strategy
  • Process for Handing Written-off EVs in NA & Europe
  • Written-off EV Hotspots

Regional Analysis-North America and Europe

  • Regulations Impacting EV Insurance & Repair, NA
  • Average Claim Severity & Claim Frequency, NA
  • Average EV Premium, NA
  • EV Insurance Trend Analysis, North America
  • Regulations Impacting EV Insurance and Repair, Europe
  • Average EV Premium, UK
  • Sustainable Best Practices for Damaged EVs in Europe
  • EV Insurance Trend Analysis, Europe

EV Insurance Write-offs in North America & Europe

  • Methodology for Calculating EV Write-off Percentages
  • Factors that Result in Vehicle Write-offs
  • Repairable Vehicle Claims vs. Write-offs Percentage, 2023
  • Reasons for Write-offs in 2023
  • Key Takeaways and Future Recommendations

Growth Opportunity Universe

  • Growth Opportunity 1-Low-cost Battery Repairs
  • Growth Opportunity 2-Repair Streamlining and Simplification
  • Growth Opportunity 3-Auto Salvaging Maximization

Best Practices Recognition

  • Best Practice Recognition

Frost Radar

  • Frost Radar

Next Steps

  • Benefits and Impacts of Growth Opportunities
  • Next Steps
  • Take the Next Step
  • List of Exhibits
  • Legal Disclaimer