表紙:世界のポイントオブケア検査の成長機会
市場調査レポート
商品コード
1395900

世界のポイントオブケア検査の成長機会

Global Point-of-care Testing Growth Opportunities

出版日: | 発行: Frost & Sullivan | ページ情報: 英文 79 Pages | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
世界のポイントオブケア検査の成長機会
出版日: 2023年11月15日
発行: Frost & Sullivan
ページ情報: 英文 79 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

分散診断データエコシステムで成長の可能性を引き出す分子POCT

本調査は、世界のポイントオブケア検査(POCT)産業の概要を提供するものです。POCTとは、治療や処置が行われる患者の現場や近くで、迅速に実施されるルーチンまたは特殊なラボ病理検査を指します。COVID-19の先鋭化は世界の診断学の展望を変えつつあります。統合動向、ヘルスケア環境の構造的シフト、性感染症(STI)、抗菌薬耐性(AMR)、日常検査、腫瘍学、新生児スクリーニングへのPOCTの拡大が新たなフロンティアを形成しています。将来的には、腫瘍学、脳卒中、認知症などの治療分野がPOCTのレパートリーとなると思われます。

新興経済諸国では、症候学的検査の普及、免疫測定における多重化の浸透、核酸増幅技術の進化(PCRから等温増幅へ)、唾液検体の使用、抗菌薬耐性検査の進歩が市場の実行可能性を高めています。さらに、診断データプログラム構想の下、所定の変更管理計画を組み込んだAI/ML対応機器ソフトウェア機能は、米国における市場機会を加速させています。

新興経済諸国では、救急部門や中小ラボにおけるPOC需要の高まりに対応するため、マルチパラメトリック・プラットフォームが登場しています。さらに、予防医療への強い関心が、新たな血液検査プラットフォームを用いたルーチン検査を推進する基盤を築きつつあります。

新たな収益源(コネクティビティやデジタル・ヘルスケア・テクノロジー・サービスなど)を生み出す診断データの収束の可能性と結びついた強固なマルチプレックス・エコシステムは、COVID-19検査からのピボット、変化する臨床経路への適応、より持続可能なポイントオブケア・エコシステムを構築するための類似検査のラボベースと非ラボベースの診断データのより大きな調和を例示しています。

目次

戦略的課題

  • なぜ成長が難しくなっているのか?
  • The Strategic Imperative 8(TM)
  • ポイントオブケア検査(POCT)業界における上位3つの戦略的重要事項のインパクト
  • 成長機会がGrowth Pipeline Engine(TM)を加速させる

成長機会分析

  • 分析範囲
  • セグメンテーション-検査タイプ
  • セグメンテーション-ケアコンティニュアム
  • 主要競合企業
  • 成長指標
  • 成長促進要因
  • 成長抑制要因
  • 予測の前提条件
  • 収益予測
  • 検査タイプ別収益予測
  • 地域別収益予測
  • ケア連続体別収益予測
  • 予測分析
  • 価格動向と予測分析
  • 競合環境
  • さまざまな治療領域におけるPOCT
  • 収益シェア
  • 収益シェア分析
  • 競合マトリックス-治療分野
  • 競合マトリックス-技術マッピング

成長機会分析-免疫化学POCT

  • 成長指標
  • 収益予測
  • 地域別収益予測
  • 免疫化学POCT別収益予測
  • 予測分析

成長機会分析-分子POCT

  • 成長指標
  • 収益予測
  • 地域別収益予測
  • 分子POCT治療分野別収益予測
  • 予測分析

成長機会ユニバース

  • 成長機会1:分子POCT
  • 成長機会2:マルチプレキシング
  • 成長機会3:STI POCT
  • 成長機会4:AMR POCT
  • 成長機会5:ルーチンPOCT
  • 成長機会6:スマートフォンPOCT
  • ケアコンティニュアムにおけるPOCTの将来

次のステップ

  • 次のステップ
  • なぜFrostなのか、なぜ今なのか?
  • 別紙リスト
  • 免責事項
目次
Product Code: K973-55

Molecular POCT Unlocking Growth Potential in the Distributed Diagnostic Data Ecosystem

This study provides an overview of the global point-of-care testing (POCT) industry, which refers to any routine or specialized lab pathology testing conducted rapidly, on-site/near the site of the patient, where care or treatment is provided. COVID-19 radicalization is changing the global diagnostics landscape. Consolidation trends, structural shifts in healthcare settings, and the extension of POCT to sexually transmitted infections (STIs), antimicrobial resistance (AMR), routine testing, oncology, and newborn screening are shaping new frontiers. In the future, therapy areas such as oncology, stroke, and dementia will represent the POCT repertoire.

In developed economies, the proliferation of syndromic testing, multiplexing making inroads in immunoassay, evolution in nucleic acid amplification technology (from PCR to Isothermal Amplification), the use of saliva specimens, and advancements in antimicrobial resistance testing are increasing the market viability. Furthermore, AI/ML-enabled device software functions incorporating predetermined change control plans under the diagnostic data program initiative offer accelerated market opportunities in the United States.

In developing economies, multiparametric platforms have emerged to respond to an escalating POC demand in emergency departments and small-medium labs. In addition, a strong pull toward preventive health is laying the foundation to advance routine testing using emerging blood testing platforms.

A robust multiplex ecosystem tied with the converging potential of diagnostic data creating new revenue streams (e.g., connectivity and digital healthcare technology services) exemplifies the pivot from COVID-19 testing, adapting to changing clinical pathways and greater harmonization of lab-based and non-lab-based diagnostic data for similar tests to build a more sustainable point-of-care ecosystem.

Table of Contents

Strategic Imperatives

  • Why is it Increasingly Difficult to Grow?
  • The Strategic Imperative 8™
  • The Impact of the Top 3 Strategic Imperatives on the Point-of-care Testing (POCT) Industry
  • Growth Opportunities Fuel the Growth Pipeline Engine™

Growth Opportunity Analysis

  • Scope of Analysis
  • Segmentation-Test Type
  • Segmentation-Care Continuum
  • Key Competitors
  • Growth Metrics
  • Growth Drivers
  • Growth Restraints
  • Forecast Assumptions
  • Revenue Forecast
  • Revenue Forecast by Test Type
  • Revenue Forecast by Region
  • Revenue Forecast by Care Continuum
  • Forecast Analysis
  • Pricing Trends and Forecast Analysis
  • Competitive Environment
  • POCT Across Different Therapy Areas
  • Revenue Share
  • Revenue Share Analysis
  • Competitor Matrix-Therapy Areas
  • Competitor Matrix-Technology Mapping

Growth Opportunity Analysis- Immunochemistry POCT

  • Growth Metrics
  • Revenue Forecast
  • Revenue Forecast by Region
  • Revenue Forecast by Immunochemistry POCT
  • Forecast Analysis

Growth Opportunity Analysis-Molecular POCT

  • Growth Metrics
  • Revenue Forecast
  • Revenue Forecast by Region
  • Revenue Forecast by Molecular POCT Therapy Areas
  • Forecast Analysis

Growth Opportunity Universe

  • Growth Opportunity 1: Molecular POCT
  • Growth Opportunity 2: Multiplexing
  • Growth Opportunity 3: STI POCT
  • Growth Opportunity 4: AMR POCT
  • Growth Opportunity 5: Routine POCT
  • Growth Opportunity 6: Smartphone POCT
  • Future of POCT in Care Continuum

Next Steps

  • Your Next Steps
  • Why Frost, Why Now?
  • List of Exhibits
  • Legal Disclaimer