表紙:世界の5GオープンRAN(Open RAN)・RAN仮想化(vRAN)における成長機会
市場調査レポート
商品コード
1383293

世界の5GオープンRAN(Open RAN)・RAN仮想化(vRAN)における成長機会

Global 5G Open and Virtual Radio Access Network Growth Opportunities

出版日: | 発行: Frost & Sullivan | ページ情報: 英文 12 Pages | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
世界の5GオープンRAN(Open RAN)・RAN仮想化(vRAN)における成長機会
出版日: 2023年10月20日
発行: Frost & Sullivan
ページ情報: 英文 12 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

技術の成熟に伴い、新しいアーキテクチャに後押しされ、顧客のニーズに牽引されて、成長の可能性が高まる

第5世代のワイヤレス技術(5G)が登場し、世界中で展開されています。5Gが可能になったのは、前世代の無線通信と多くのディスラプティブ技術の貢献によるものであり、業界の全体像を描くためには、それぞれを少なくとも高いレベルで理解する必要があります。調査では、オープンRAN(Open RAN)・RAN仮想化(vRAN)を中心に取り上げます。このテーマは全世代のセルラー技術に影響を与えますが、主な焦点は引き続き5Gです。通信サービスプロバイダー(CSP)のネットワークは、比較的少数のコアネットワークと比較して、都市、州、または地域をカバーするために多くのRANを必要とします。オープンRAN(Open RAN)・RAN仮想化(vRAN)以前は、世界的サプライヤー5社(Ericsson、Huawei、Nokia、Samsung、ZTE)がRAN市場の90%以上を占めていました。2021年のCSPのモバイル・ワイヤレスネットワークインフラへの投資額は、全世代の公共ネットワークで約600億米ドルに上ると推定されています。その大半はRANへの投資で、トランスポートネットワークやコアネットワークへの投資は少ないです。歴史的に見て、ネットワークインフラ市場は1桁台の低い成長率でした。5Gへの移行に伴い、成長率は高くなりましたが、過去の水準に戻り始めています。競争は技術革新と低価格化につながり、これがO-RAN AllianceのCSPコミュニティの主要メンバーにとって主要な推進力となっています。CSPのネットワークコストに占めるRAN費用の割合は最も大きいため、コスト削減はCSPにとって重要です。しかし、さらなるイノベーションが、長期的にはより大きな配当をもたらすと考えられています。O-RAN Allianceは、3GPP標準をベースとしたRANのアーキテクチャ変更を提案しており、すでにイノベーションが生まれています。

目次

世界の5GオープンRAN(Open RAN)・RAN仮想化(vRAN)における成長機会

  • 世界の5GオープンRAN(Open RAN)・RAN仮想化(vRAN)における成長機会

世界の5GオープンRAN(Open RAN)・RAN仮想化(vRAN)における成長機会

目次
Product Code: K97E-65

Growth Potential Increasing as Technology Matures, Pushed by New Architectures and Pulled by Customer Needs

The fifth generation of wireless technology (5G) has arrived and is being rolled out globally. 5G is possible because of the contributions of previous generations of wireless communications and a number of disruptive technologies, each of which must be understood at least at a high level to paint a full picture of the industry. This report centers on open and virtual radio access network (RAN); while this subject impacts all generations of cellular technologies, the primary focus will remain on 5G. A communication service provider (CSP) network requires many RANs to cover a city, state, or region compared with relatively few core networks. Prior to the open and virtual RAN movement, five global suppliers (Ericsson, Huawei, Nokia, Samsung, and ZTE) accounted for more than 90% of the RAN market. Frost & Sullivan estimates that CSPs in 2021 invested nearly $60 billion on their mobile and wireless network infrastructure-on public networks of all generations. The majority of that spend is on the RAN, with a smaller spend on the transport and core networks. Historically, the network infrastructure market grew at a low, single-digit rate. With the transition to 5G the growth rate has been higher but is beginning to return to historical norms. Competition leads to innovation and lower prices, which is a primary driver for key members of the CSP community in the O-RAN Alliance. Lowering costs is important to CSPs because RAN expenses account for the largest percentage of their network cost. However, Frost & Sullivan believes that additional innovation resulting from a higher level of competition will return bigger dividends over the long term. Innovations have already come out of the O-RAN Alliance in their proposed architectural changes to the RAN that build upon the 3GPP standards.

Table of Contents

Global 5G Open and Virtual Radio Access Network Growth Opportunities, Global 5G Open and Virtual Radio Access Network Growth Opportunities

  • Global 5G Open and Virtual Radio Access Network Growth Opportunities

Global 5G Open and Virtual Radio Access Network Growth Opportunities