表紙:通信企業の設備投資 (CAPEX):世界の動向と予測 (2018~2030年)
市場調査レポート
商品コード
1448833

通信企業の設備投資 (CAPEX):世界の動向と予測 (2018~2030年)

Telecoms Capex: Worldwide Trends and Forecast 2018-2030

出版日: | 発行: Analysys Mason | ページ情報: 英文 16 Slides | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=159.16円
通信企業の設備投資 (CAPEX):世界の動向と予測 (2018~2030年)
出版日: 2024年03月07日
発行: Analysys Mason
ページ情報: 英文 16 Slides
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

"通信業界は、通信事業者のネットワークやその他のインフラに対する設備投資の恒久的な削減に適応しなければなりません。"

2020年代初頭の政治的・経済的混乱は、特にモバイルネットワークにおける設備投資 (CAPEX) の効率改善を求める通信事業者の動きを強めています。当レポートでは、2030年までの投資パターンの主な変化と、それが通信業界に与える影響を分析しています。

当レポートと付録データの提供内容:

  • 通信ネットワーク・IT・その他資産への設備投資 (CAPEX):包括的で詳細な分析と予測 (全17カテゴリー)
  • 通信インフラやITへの投資パターンを恒久的に変化させるであろう主な動向と、ベンダーなどの利害関係者への影響についての考察
  • 設備投資レベルの分析:従来の事業者から他の投資家 (ハイパースケーラー・政府イニシアティブ・インフラ企業・企業エコシステムなど) へのシフト
  • 地域別の予測と分析 (全8地域):中国についても別途解説
  • 主要なアクセスネットワークプロジェクト (FTTxや5Gを含む) への投資パターンの分析と、予想される5Gへの投資が恒常的に不足する理由
  • 新たな設備投資サイクルが、「6G」などの将来の進化に与える影響についての考察

分析対象地域

  • 全世界
  • 中東欧 (CEE)
  • アジア太平洋先進国 (DVAP)
  • アジア太平洋新興国 (EMAP) (中国を除く)
  • 中国
  • ラテンアメリカ (LATAM)
  • 中東・北アフリカ (MENA)
  • 北米 (NA)
  • サブサハラアフリカ (SSA)
  • 西欧 (WE)
目次

"The telecoms industry must adapt to a permanent reduction in operator capex in networks and other infrastructure."

The political and economic turmoil of the early 2020s has intensified telecoms operators' quest for improved capex efficiency, especially in mobile networks. This forecast analyses the main changes in investment patterns to 2030 and their impact on the telecoms industry.

This report and associated data annex provide:

  • a comprehensive and granular analysis and forecast of capex on telecoms networks, IT and other assets, broken down into 17 categories
  • discussion of the key trends that will alter patterns of investment in telecoms infrastructure and IT permanently, and the impact on vendors and other stakeholders
  • analysis of the level of capex that will shift from traditional operators to other investors such as hyperscalers, government initiatives, infracos and the enterprise ecosystem
  • regional forecasts and analysis across eight regions plus a separate break-out for China
  • analysis of the patterns of investment in major access network projects including FTTx and 5G, and reasons for the permanent shortfall in expected 5G spending
  • discussion of the impact of a new capex cycle on future evolutions such as '6G'.

Geographical coverage:

  • Worldwide
  • Central and Eastern Europe (CEE)
  • Developed Asia-Pacific (DVAP)
  • Emerging Asia-Pacific (EMAP) excluding China
  • China
  • Latin America (LATAM)
  • Middle East and North Africa (MENA)
  • North America (NA)
  • Sub-Saharan Africa (SSA)
  • Western Europe (WE)