表紙:xHaul:世界市場の予測 (2022年~2028年)
市場調査レポート
商品コード
1423866

xHaul:世界市場の予測 (2022年~2028年)

xHaul: Worldwide Forecast 2022-2028

出版日: | 発行: Analysys Mason | ページ情報: 英文 27 Slides | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=159.16円
xHaul:世界市場の予測 (2022年~2028年)
出版日: 2024年02月12日
発行: Analysys Mason
ページ情報: 英文 27 Slides
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

「5GのパフォーマンスとQoE (体感品質) を最大化するには、xHaulに対する新たな考え方 - そして新たな投資 - が必要です」

いくつかの並行した動き - 新しいバックホール構成、光ファイバー化の進展、フロントホール・ミッドホールの展開など - が、事業者をxHaulへの新しいアプローチへの投資に駆り立てています。これらの動向は、光ファイバーの価格下落やマイクロ波増強の停滞にもかかわらず、収益機会の増大をもたらすと思われます。

当レポートでは、オペレーター各社のxHaul - モバイルネットワーク向けバックホール・ミッドホール・フロンホール用のアクティブ機器と関連ソフトウェア・サービスを含む - への支出額 (2022~2028年) を予測しております。

当レポートの分析内容:

  • 2022年から2028年の期間中に、xHaul分野に影響を与える主な動向と要因は何か?
  • 成長を促進する地域ごとの要因は何か?
  • 新たなビジネスチャンスを開発するために、ベンダーは何をすべきか?
  • 事業者が新規設置時にマイクロ波よりも光ファイバーを優先させる傾向が、ベンダーの収益と5Gの経済性にどのような影響を与えるか?
  • 高密度化と仮想化は、近い将来、xHaulに大きな影響を与えるか?
  • 光ファイバー化はxHaulの所有権を変え、新しい顧客へのアクセスをもたらすか?

分析対象地域:

  • 全世界
  • 中東欧 (CEE)
  • アジア太平洋の先進国 (DVAP)
  • アジア太平洋の新興国 (EMAP)
  • ラテンアメリカ (LATAM)
  • 中東・北アフリカ (MENA)
  • 北米 (NA)
  • サブサハラアフリカ (SSA)
  • 西欧 (WE)

サービスの種類

  • タワー型・ルーフ型・ストリートファニチャー型のバックホールサイト
  • 光ファイバー、マイクロ波、衛星、その他のテクノロジー
  • 集中型/仮想RAN向けフロントホールおよびミッドホール
目次

"Maximising 5G performance and QoE requires new thinking - and new investment - in xHaul."

Several parallel developments are driving operators to invest in new approaches to xHaul, including new backhaul topologies, increased fiberisation and deployment of fronthaul and midhaul. All these trends will create increased revenue opportunities, despite price erosion in fibre and a slowdown in microwave build-out.

This report provides forecasts for operator spending on xHaul, including active equipment and related software and services for mobile network backhaul, midhaul and fronthaul between 2022 and 2028.

This report answers the following questions.

  • What are the key trends and factors that will affect the xHaul sector during the period between 2022 to 2028?
  • What are the regional factors that will drive growth?
  • What should vendors do to exploit new business opportunities?
  • How does operators' preference for fibre over microwave for new installations impact vendor revenue and 5G economics?
  • Will densification and virtualisation have a significant impact on xHaul in the near term?
  • Will fiberisation change xHaul ownership and give access to new customers?

Geographical coverage

  • Worldwide
  • Central and Eastern Europe (CEE)
  • Developed Asia-Pacific (DVAP)
  • Emerging Asia-Pacific (EMAP)
  • Latin America (LATAM)
  • Middle East and North Africa (MENA)
  • North America (NA)
  • Sub-Saharan Africa (SSA)
  • Western Europe (WE)

Service types

  • Tower, roof and street furniture backhaul sites
  • Fibre, microwave, satellite and other technologies
  • Fronthaul and midhaul for centralised or virtualised RAN