株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
年間契約型情報サービス

CO2排出削減予測:MACC(限界削減費用曲線)

EnerFuture MACCs (aggregated sectors)

発行 ENERDATA 商品コード 204776
出版日 年間契約型情報サービス ページ情報 英文
価格
詳細については [お問い合わせ] ボタンよりお問い合わせ下さい。
Back to Top
CO2排出削減予測:MACC(限界削減費用曲線) EnerFuture MACCs (aggregated sectors)
出版日: 年間契約型情報サービス ページ情報: 英文
概要

将来におけるCO2排出量削減の可能性と各経済部門におけるコストはどうなるのでしょうか。この分野における30年にわたるEnerdataの専門知識、および国際的に認知されているPOLES予測モデルを活用して、Enenrdataは長期MAC(限界削減費用)曲線への即時アクセスが可能な独自のオンラインサービスを提供します。

限界削減費用曲線(MACC)は、ある年の、ある国のある部門について、異なる炭素価格水準において達成可能な排出削減水準を提示します。これらは、完全に明確化された基礎シナリオから算出されます。

MACCは、政策決定者、研究者、およびビジネスアナリストらが、気候政策を評価し、そのコストおよび効率を見積り、EU ETS(EU排出権取引制度)などの炭素市場のシミュレーションを行う際に使う、非常に強力なツールです。

MAC曲線のx軸は排出削減量、y軸は関連する炭素価値を示し、曲線の下部は総削減コストを表します。

EnerfutureのサービスにおけるMACCは、POLES-Enerdataモデルによって生成されており、5つの年(2020年、2025年、2030年、2040年、および2050年)、60の国/地域、15部門について、2つの対照的な基礎シナリオで提供されています。

イントロダクション

  • 長期限界削減費用曲線(2020年、2025年、2030年、2040年、および2050年)
  • 出力データ:炭素価値に応じたCO2削減予測
  • 60の国/地域を網羅
  • 大分類部門別CO2排出量:電力、産業、輸送、住宅サービス、CO2総量
  • 提供される部門内訳(オプション):エネルギー、産業燃焼、産業加工、住宅サービス、輸送
  • その他のGHG(地球温暖化ガス)‐エネルギーおよび産業起源:CH4、N2O、SF6、HFC、PFC
  • 2つのシナリオ:回復&不況
  • 国際的に認知されているPOLES-Enerdataエネルギー予測モデルから生成された

主な特徴

  • 1日24時間/週7日のオンラインアクセス
  • 英語のインターフェース
  • 明確なモデリング手法
  • シナリオ別の前提条件の伝達
  • 定期的な更新
  • データ支援におけるEnerdata専門家へのアクセス

主な利点

  • 国際的に認知された指折りのMACC専門家からデータおよび洞察を入手
  • 強固かつ信頼できるPOLESモデルによる恩恵

調査対象地域/国

エネルギー需要とCO2排出の地域別予測
欧州 南北アメリカ アジア アフリカ/中東 独立国家共同体
欧州
  • EU-15
  • EU-25
  • EU-27
  • バルト諸国
北米
  • ラテンアメリカ
  • 中米・カリブ海諸国
  • 南米
アジア
  • 南アジア
    (インド以外)
  • 東南アジア
    (中国、インドネシア、韓国、日本以外)
  • OECD太平洋諸国
アフリカ
  • 北アフリカ
  • サハラ砂漠以南のアフリカ
    (南アフリカ以外)
  • 中東
  • 湾岸諸国
  • 地中海諸国
    (湾岸諸国以外)
独立国家共同体

エネルギー需要、価格およびCO2排出量の国別予測
欧州 南北アメリカ アジア アフリカ/中東 独立国家共同体
  • オーストリア
  • ベルギー
  • ブルガリア
  • クロアチア
  • チェコ共和国
  • デンマーク
  • フィンランド
  • フランス
  • ドイツ
  • ギリシャ
  • ハンガリー
  • アイルランド
  • イタリア
  • オランダ
  • ノルウェー
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • ルーマニア
  • スロバキア
  • スロベニア
  • スペイン
  • スウェーデン
  • スイス
  • トルコ
  • 英国
  • ブラジル
  • カナダ
  • メキシコ
  • 米国
  • オーストラリア
  • 中国
  • インド
  • インドネシア
  • 日本
  • 韓国
  • エジプト
    (価格予測なし)
  • アルジェリア - リビア
  • モロッコ - チュニジア
  • 南アフリカ
  • ロシア
  • ウクライナ
    (価格予測なし)

目次

What is the future CO2 emissions reduction potentials and what is their cost across economic sectors?

30 years of experience in the field of energy modelling and a strong collaboration on the globally recognised POLES forecasting model, has given rise to our MACC tool.

Marginal Abatement Cost Curves (MACCs) is a powerful tool used by policy makers, researchers and business analysts to assess climate policies, evaluate cost and efficiency, and simulate carbon markets, such as the EU ETS.

MACCs provides different levels of emissions reductions that can be reached for carbon price levels for a given year, country and sector. These levels are derived from a baseline scenario which is explicitly detailed.

On a MAC Curve, the x-axis represents the emissions reduction, the y-axis the associated carbon value and the area under the curve the total abatement cost.

Introduction

  • Long-term Marginal Abatement Cost Curves (2020, 2025, 2030, 2040 and 2050)
  • Output data: projected CO2 reduction according to carbon value
  • 60+ countries & regions covered
  • CO2 emissions by large sector: power, industry, transport, residential-services, total CO2
  • Sector breakdown available (optional): energy, industry combustion, industry process, residential-services, transport
  • A set of 2 scenarios: Balance & Renaissance
  • MACCs generated by the globally recognised POLES-Enerdata energy forecasting model

Key Features

  • MACCs generated by the globally recognized POLES Model
  • Long-term Marginal Abatement Cost Curves for 5 time periods (2020, 2025, 2030, 2040, 2050)
  • 60+ countries/regions covered
  • 15 sectors covered: Energy, industry-combustion, industry-processes, residential & services, transport
  • CO2 emissions by sector aggregates: power, industry, transport, residential & services as well as total overview
  • Output data: Projected CO2 reduction according to carbon prices
  • 2 EnerFuture scenarios used as baseline: Balance & Renaissance
  • Modelling methodology included
  • 9 data series for each country/region covering non-CO2 GHGs: CH4, N2O, SF6, HFCs and PFCs.

Key Benefits

  • UNIQUE! Gain unique insight & comprehensive data from one of a very few recognised MACCs experts worldwide
  • Benefit from the time-tested and reputable POLES model
  • Service can be integrated in the EnerFuture service or given as a stand-alone
  • 24/7 online access

MACCs Sector Options

Enerdata's EnerFuture service generates MACCs using the POLES-Enerdata model. They are available for 6 different time periods (2015, 2020, 2025, 2030, 2040 and 2050), 60+ countries/regions, 15 sectors and 2 contrasted baseline scenarios.

Option 1 - AGGREGATED Sectors

  • Energy
  • Industry Combustion
  • Industry Processes
  • Residential & Services
  • Transport

Option 2 - DETAILED Sub-Sectors

  • Power Generation, Other Energy Transformation
  • Steel, Non-metallic Minerals, Chemistry, Other Industry
  • Steel, Non-metallic Minerals, Chemistry
  • Households, Tertiary, Agriculture
  • Road, Air, Other Transport

There are 9 data series for each country/region which cover non-CO2 GHGs: CH4, N2O, SF6, HFCs and PFCs.

Online Interface

The energy system used as a baseline for the MACCs does not include a GHG reduction policy (derived from the EnerFuture Balance & Renaissance scenarios). From this limited cost-reducing pathway, the MACCs establish- through a sensitivity process-the responses of the energy model to various shadow carbon prices that demonstrate the intensity of a climate policy. At each step of the calculation, emissions reductions compared to baseline scenarios are calculated for all economic sectors and regions.

Back to Top