表紙:CO2排出削減予測:MACC(限界削減費用曲線)
年間契約型情報サービス
商品コード
204776

CO2排出削減予測:MACC(限界削減費用曲線)

Marginal Abatement Cost Curves - MACC

出版日: 年間契約型情報サービス | 発行: ENERDATA | ページ情報: 英文

価格
詳細については [お見積] ボタンよりお問い合わせ下さい。
CO2排出削減予測:MACC(限界削減費用曲線)
出版日: 年間契約型情報サービス
発行: ENERDATA
ページ情報: 英文
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

温室効果ガス (GHG) の限界削減費用曲線のための独自のサービス

当年間情報は、30年にわたる専門知識と世界的に認知されているPOLES予測モデルを用いて、長期限界削減費用曲線 (MACC) への即時アクセスが可能な独自のオンラインサービスです。

MACCは、国やセクターごとに、特定の年にさまざまな炭素価格水準で達成可能な排出削減量を提示しています。これらは全て、包括的なベースラインシナリオから導き出されており、対照的なバリエーションの中から選択することができます。当年間情報ののMACCは、世界中の主要な政府機関、エネルギー企業や産業界において、国際的な気候変動交渉に使用されています。

主な特徴

  • 世界のMACC専門家による独自の見解と包括的なデータ
  • 定評のあるPOLESモデルに基づく
  • 24時間オンラインアクセスが可能
  • 無制限のExcelエクスポート
  • 定期的な更新

サービス概要

  • 4つの基準年 (2025年、2030年、2035年、2050年) における、長期限界削減費用曲線 (MACC) を作成
  • 世界的に認められているPOLESモデルにより作成された、MACC
  • 65を超える国/地域を網羅
  • 部門別温室効果ガス (GHG) 排出量の集計:電力、産業、運輸、住宅・サービス、全体の概要
  • 対象となる15のサブセクター:エネルギー、鉄鋼、化学、産業プロセス、家庭、第三次産業など
  • 出力データ:炭素価格に応じたCO2/非CO2削減量の予測値
  • EnerFutureのリファレンスシナリオを使用した、ベースラインシナリオ
  • 明確なモデリング手法
  • MACCにとどまらず、AEROオプションモジュールを使用して、詳細な技術的オプションにまで踏み込むことが可能

MACCをお勧めする方々

MACCは、政策決定者、研究者、ビジネスアナリストが気候政策を評価、そのコストや効率を評価し、EU ETS (欧州連合域内排出量取引制度) などの炭素市場のシミュレーション時に使用できる、非常に強力なツールです。

  • 政府機関:CO2削減政策の策定や目標値の設定
  • エネルギー企業:将来の収益と炭素制約を評価
  • 産業:炭素取引と排出削減のための戦略を策定
  • エネルギートレーダー:CO2排出権、価格、量を評価

オンラインインターフェース

MACCセクターオプション

EnerfutureのサービスにおけるMACCは、POLES-Enerdataモデルによって生成されており、4つの期間 (2025年、2030年、2035年、2050年)、65の国/地域、15部門について、3つの対照的な基礎シナリオで提供されています。

オプション1:統合されたセクター(CO2)

  • エネルギー
  • 産業燃焼
  • 産業プロセス
  • 住宅・サービス
  • 輸送

オプション2:詳細サブセクター (CO2)

  • 発電、その他のエネルギー変換
  • 鉄鋼、非金属鉱物、化学、その他の産業
  • 世帯、第三次産業、農業
  • 道路、航空、その他の交通機関

国/地域ごとの追加データシリーズは、CO2以外のGHG (CH4、N2O、SF6、HFC、PFC) を対象としています。

調査手法

MAC曲線のX軸は排出削減量、Y軸は関連する炭素価値を表し、曲線下の領域は総削減コストを表します。

さらに詳しい情報を提供 ― Enerdata GHG Mitigation ツールボックス

将来の市場をより統合的に把握する必要がある場合、EnerdataはGHG Mitigation ツールボックスをコンサルティングサービスとして提供しています。Enerdataは、様々なツールを使用して、組織の炭素削減戦略と実施プロセスの先進段階における市場の見通しに向け、MACCを採用することができます。

  • EVALUATEモデル (排出権取引の経済的評価):各国の排出削減誓約のシミュレーションを行う分析ツール。ユーザーが誓約を入力すると、ツールは強力な指標を提供します (例:削減量、排出原単位、総費用、限界費用、世界の排出量、IPCCシナリオとのギャップなど) 。
  • CMTモデル (炭素市場ツール) :世界中の既存および架空の炭素市場の詳細な分析 (国別、セクター別) 。炭素市場の構成に関する複数の設計オプションを提供し、各市場における2050年までの炭素価格を算出します。
  • AEROモデル (削減努力、削減オプション) :炭素価格 (または排出上限) の下で開発される技術オプションの特定に役立ちます。民間企業は市場機会を明らかにするために、政府はNAMAやINDCを分析するために使用します。
目次

Assess future emission reduction potentials and costs across economic sectors

A unique service for GHG Marginal Abatement Cost Curves

Enerdata uses its 30 years of forecasting expertise and globally recognised POLES Model to create a unique online service offering instant access to long-term Marginal Abatement Cost Curves (MACCs).

MACCs reflect the different levels of emission reductions that can be reached at various carbon price levels at a given year, by country and by sector. All MACCs are derived from comprehensive baseline scenarios, which can be chosen among contrasted variants. Enerdata MACCs are being used around the world by major governmental bodies, energy companies and industries for international climate negotiations.

Why Subscribe?

  • Unique insight and comprehensive data from recognised MACCs experts worldwide
  • Based on the time-tested and reputable POLES Model
  • 24/7 online access
  • Unlimited Excel export
  • Regular updates

Service Overview

  • Long-term Marginal Abatement Cost Curves (MACCs) produced for four base years (2025, 2030, 2035, 2050)
  • MACCs generated by the globally recognised POLES Model
  • 65+ countries/regions covered
  • GHG emissions by sector aggregates: power, industry, transport, residential & services and total overview
  • 15 sub-sectors covered: energy, steel, chemistry, industry processes, households, tertiary, etc.
  • Output data: projected CO2/non-CO2 reductions according to carbon prices
  • Baseline Scenarios relying on selected EnerFuture reference scenarios
  • Modelling methodology included
  • To go beyond MACCs, drill down to detailed technological options though our AERO optional module

Who Needs MACCs?

MACCs is a very powerful tool used by policy makers, researchers and business analysts to assess climate policies, evaluate their costs and efficiency as well as to simulate carbon markets such as the EU ETS.

  • Government Agencies: To shape CO2 mitigation policies and set targets
  • Energy Companies: To evaluate future revenues versus carbon constraints
  • Industry: To formulate strategies for carbon trading & emission reductions
  • Energy Traders: To evaluate CO2 emission credits, prices and volumes

Online Interface

MACCs Sector Options

Enerdata's EnerFuture service generates MACCs using the POLES-Enerdata Model, they are available for four time periods (2025, 2030, 2035 and 2050), 69 countries/regions, 15 sectors and three contrasted baseline scenarios.

Option 1: AGGREGATED Sectors (CO2)

  • Energy
  • Industry combustion
  • Industry processes
  • Residential and services
  • Transport

Option 2: DETAILED Sub-Sectors (CO2)

  • Power generation, other energy Transformation
  • Steel, non-metallic minerals, chemistry, other industry
  • Households, tertiary, agriculture
  • Road, air, other transport

The additional data series for each country/region covers non-CO2 GHGs: CH4, N2O, SF6 , HFCs and PFCs.

Methodology

On a MAC Curve, the X-axis represents the emissions reduction, the Y-axis the associated carbon value; the area under the curve is the resulting total abatement cost.

Need Further Insight? Enerdata GHG Mitigation Toolbox

If you need a more integrated view of future markets, Enerdata offers the GHG Mitigation Toolbox as a consulting service. Using a variety of tools, Enerdata is able to employ its MACCs in order to generate market outlooks for the advanced stages of your organisation's carbon reduction strategy and implementation process.

  • EVALUATE model - Economic Valuation for Trading Emissions: Analytical tools allowing simulating countries' pledges for emission reductions. User enters pledges and the tool provides powerful indicators (e.g. reductions, emission intensity, total costs, marginal costs, global emissions, gap to IPCC scenarios, ...)
  • CMT model: Carbon Market Tool: Detailed analysis (by country and by sector) of existing and fictive carbon markets worldwide. Provides multiple design options for carbon market configurations and produces the resulting carbon price in each market up to 2050.
  • AERO model: Abatement Effort, Reduction Options: Help identifying technological options that will develop under a carbon price (or emissions cap). Used by private companies to highlight market opportunities and by governments to analyse NAMAs and INDCs.