株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
ホーム > 共同開催セミナー情報 > 手術用ロボット 外科医療におけるトランスフォーメーション

BIS Research社 ㈱グローバルインフォメーション 共同開催セミナー

手術用ロボット:外科医療におけるトランスフォーメーション

~AI、IoT、AR/VR、ハプティクスなど先進技術が果たす役割、ならびにロボット手術の将来像~

開催日 2019年11月19日(火)
開催時間 14:00~17:00  (開場・受付開始:13:30 講演開始:14:00予定)
開催場所 大手町ファーストスクエアカンファレンス Room B (東京都)
言語 日本語、英語 * 英語のプレゼンテーション、質疑応答には逐次通訳のご用意がございます。
参加費
無料
事前登録制 会場の都合により、定員に達し次第締め切らせていただきます。また、BIS Research社の意向により、調査会社の方のご参加はご遠慮いただけますよう、お願いいたします。

概要

ロボット支援手術において、執刀医は先進的なコンソールやコントローラーを介しロボットに取り付けられている手術器具を操作します。高い精度と増幅した可動域を兼ね備えた手術用ロボットは、執刀医による巧妙な操作を可能にするとともに、手術中の患者のリスクを軽減させます。近年、手術用ロボットの市場は、低侵襲性手術の需要の高まりや技術の成熟、ロボット手術を受け入れる患者の増加といった要因を背景に急成長を遂げてきました。人工知能 (AI) 、IoT、ハプティクスなどの技術は、現在の手術用ロボットをデジタル手術、遠隔手術、ナノロボットやマイクロロボットといったさらなる「革新的な手術」へ進化させると見込まれています。

BIS Research社の医療部門は、先進的な医療用ロボットのダイナミックな市場を精力的に調査し、最新の市場動向を分析しています。当セミナーでは、ロボットとの融合で注目を集めている先進技術を例に挙げながら、手術用ロボットを取り巻く市場の現状と今後の見通しについて講演を行います。

第一部では、手術用ロボット市場の現状に対する洞察を提供し、技術の進化、主要企業、市場の成長促進要因と阻害要因を明らかにします。また、現在手術用ロボットが直面する重要な課題の解決、次世代手術用ロボットの特定のほか、導入先の治療領域の選定においてハプティクス、AI、IoT、拡張現実 (AR) 、およびVRシミュレーションなどの先進的な技術が果たす役割について考察します。

第二部では、手術用ロボットを中心に手術の将来像について考察し、先進的な技術がもたらす斬新な市場機会を探ります。手術用ロボットは、先進的な技術との融合により、世界規模で更なる普及を目指しています。ロボット支援手術の「未来版」ともいうべき遠隔手術、デジタル手術、小型ロボット、バーチャル手術室などの見通しも検証し、ロボット手術の将来像に関する提言も行います。

アジェンダ

※ 下記の予定は現時点のものです。 内容が変更される場合がございます。

2019年11月19日(火)

13:30 ~ 14:00
開場・受付開始
14:00 ~ 14:10
株式会社グローバルインフォメーション 会社案内
14:10 ~ 14:20
BIS Research社 会社案内
14:20 ~ 15:00
第一部 「手術用ロボット:市場のトレンド、技術、導入」
講演者 Abdul Wahid Khan 氏 主任コンサルタント
  • 手術用ロボット市場の現状
    • 技術の進化
    • 手術用ロボットの現在のシナリオと市場の可能性 (世界市場と地域市場の展望)
    • 競合企業各社の勢力図
  • 市場の成長促進要因と課題
  • 次世代手術用ロボットを可能にする技術 (ハプティクス、AI、IoT、ARなど)
  • 拡大する手術用ロボットの応用分野
15:00 ~ 15:15
質疑応答
15:15 ~ 15:35
休憩
15:35 ~ 16:15
第二部 「手術用ロボット:将来像」
講演者 ManuKoushik Chanda 氏 主任アナリスト
  • 特許マップ
  • AI搭載ロボットが創出する新たなパラダイム
  • 遠隔手術を実現するIoTと5G
  • ハプティクスフォースフィードバック
  • 患者コンプライアンスを向上させるマイクロロボットとナノロボット
  • バーチャル手術室
  • 提言
16:15 ~ 16:30
質疑応答
16:30 ~ 16:35
閉会の挨拶

講演者プロフィール

Abdul Wahid Khan
Abdul Wahid Khan 氏

BIS Research 主任コンサルタント

Abdul Wahid Khan氏は、BIS Researchで医療部門の調査を担当するチームの主任コンサルタントとして生物医薬品、医療機器、デジタルヘルスの分野における技術と市場の発展について調査しており、これらの領域では、市場開拓のための戦略や製品戦略、市場参入、予測分析などについて、既存企業のみならず、新興企業も含めた数多くのクライアントと意見交換を行っています。これまで共同執筆者や監修者として関わった市場調査プロジェクトは100件を超えており、アジア太平洋地域で開催される医療分野の国際会議にも積極的に参加しています。

BIS Research入社以前は、TMR Groupの上級調査アナリストとして、専門分野である最新の医療技術についての調査を担当しており、e4e Healthcare ServicesやSalient Business Solutionsといった著名な企業のプロジェクトにも携わっていました。Abdul Wahid Khan氏は、ジャミアハムダード大学 (インド人材開発省の高等教育機関ランキング (NIRF) でランク1) で薬学士の学位を、インドで最も高い評価を得ている薬学研究センターの1つである国立薬科教育研究学院 (NIPAR, Mohali、NIRFでランク2) で薬学修士の学位を取得しています。

ManuKoushik Chanda
ManuKoushik Chanda 氏

BIS Research 主任アナリスト

ManuKoushik Chanda氏は、BIS Research社の医療部門の主任アナリストであり、医療分野におけるロボットと画像処理技術の市場分析を担当しています。現在、医療部門の企業が新たな市場に参入する際に役立つ詳細な市場調査の作成、ホワイトペーパーの執筆、業界の専門家を交えたウェビナーの開催、クライアントの獲得と収益の創出、チーム管理などの業務で重要な役割を担っています。

Chanda氏は、インドのマニパル工科大学で機械工学の学士号を取得しています。

主催者

BIS Research社について

BIS Research Inc.は、既存の市場力学を破壊するような最新の技術動向に特化した、世界第一級の技術調査・コンサルティング企業です。BIS Researchでは、世界各国におけるエレクトロニクス、半導体、電気通信、IT、自動車、医療機器などの様々な産業に関する市場情報レポートを提供しています。

BIS Research社発行レポートご紹介ページへ

グローバルインフォメーションについて

株式会社グローバルインフォメーションは、世界6カ国に拠点を持ち、300 社以上の調査会社と代理店契約を締結する市場情報提供会社です。

お客様の情報ニーズに的確にお応えする調査資料の提案、個別調査はもちろん、各国で開催される国際会議や各種セミナー情報、参加申し込みなど、総合的な情報サービスを提供しています。

BIS Research社の販売代理店として今回のセミナーの運営を行っています。

株式会社グローバルインフォメーションの概要へ

当社をご利用いただくメリットはこちら

会場

所在地

大手町ファーストスクエアカンファレンス
〒100-0004 東京都千代田区大手町 1-5-1 ファーストスクエア イーストタワー2F
アクセス / マップPDF
TEL : 03-5220-1001

交通のご案内

JR東京駅
・丸の内北口 徒歩4分

大手町駅
・東京メトロ [ 千代田線 / 東西線 / 丸の内線 / 半蔵門線 ]
「C8・C11・C12」出口から直結

お申し込み

お席の数に限りがございますので、お早目のお申し込みをお願い申し上げます。

セミナー規約

お申し込みについて

会場の都合により、定員に達し次第締め切らせていただきます。

代理出席について

お申し込み完了後、ご都合が悪くなられた場合、代理出席が可能です。御社内で代理出席を希望される方がおられた場合、開催日前日17時までにお電話またはEメールにてご連絡くださいますようお願い致します。

セミナー開催中止について

天災、及び、その他やむを得ない事情により、セミナーの開催を中止にさせていただく場合がございます。その場合、セミナー参加の為の宿泊費・交通費等は負担致しません。

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)について

本セミナーのお申込みに関して、お客様から当社にご提供いただいた個人情報を、共同開催のBIS Research社と本セミナー運営、並びに、マーケティングの為に情報共有させて頂きます。

お問い合わせ先

株式会社グローバルインフォメーション
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3
アーシスビル 7階
Tel : 044-952-0102
Fax : 044-952-0109
E-mail : dbm@gii.co.jp