表紙:炭素回収・貯留市場:現状分析と予測(2021年~2027年)
市場調査レポート
商品コード
1020696

炭素回収・貯留市場:現状分析と予測(2021年~2027年)

Carbon Capture and Sequestration Market: Current Analysis and Forecast (2021-2027)

出版日: | 発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd | ページ情報: 英文 240 Pages | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=114.10円
炭素回収・貯留市場:現状分析と予測(2021年~2027年)
出版日: 2021年07月01日
発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd
ページ情報: 英文 240 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

炭素回収・貯留とは、発電や工業プロセスなどの人為的な発生源から二酸化炭素を回収し、地下に永久に貯蔵することで、大気中への二酸化炭素の過剰排出を防ぐプロセスのことです。これは、脱炭素社会の実現に不可欠な要素と考えられています。米国エネルギー省(DOE)の国立エネルギー技術研究所(NETL)は、20年ほど前からCCSに関する研究開発に多額の費用を投じています。国際エネルギー機関(IEA)の2019年のデータによると、世界では毎年約3,300万トンの二酸化炭素が回収・貯留されています(主に石油増進回収(EOR)の一環として)。

当レポートは、炭素回収・貯留市場について調査しており、市場の収益および予測、成長要因や課題、サービス・排出源・最終用途・地域別の市場分析、競合情勢、主要企業のプロファイルなどの情報を提供しています。

目次

第1章 市場のイントロダクション

  • 市場の定義
  • 制限
  • ステークホルダー
  • レポートで使用される通貨

第2章 調査手法または前提条件

  • 世界の炭素回収・貯留市場の調査手法
    • 世界の炭素回収・貯留市場の主な目的

第3章 市場の要約

第4章 エグゼクティブサマリー

第5章 コロナ禍の世界の炭素回収・貯留

第6章 世界の炭素回収・貯留収益(2019-2027F)

第7章 サービス別の市場洞察

  • 回収
  • 輸送
  • 貯留

第8章 排出源別市場洞察

  • 化学薬品
  • 天然ガス処理
  • 発電
  • 肥料の生産
  • その他

第9章 最終用途別の市場洞察

  • EORプロセス
  • 産業
  • 農業
  • その他(ヘルスケアなど)

第10章 地域別の市場洞察

  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • 北米
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • ロシア
    • イタリア
    • その他欧州
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • 韓国
    • その他アジア太平洋地域
  • その他の地域

第11章 炭素回収・貯留の力学

  • 市場の成長要因
  • 市場の課題
  • 影響分析

第12章 炭素回収・貯留の機会

第13章 法的および規制の枠組み

第14章 需要と供給側の分析

  • 需要側分析
  • 供給側分析
    • 主要製品の発売
    • 主な事業提携
    • 主な事業拡大、投資および売却
    • 主な合併と買収

第15章 バリューチェーン分析

第16章 競合シナリオ

  • ポーターのファイブフォース分析
  • 競合情勢
    • 企業シェア、収益別

第17章 企業概要

  • Fluor Corporation
  • Linde AG
  • Shell
  • BP
  • Chevron
  • Total SA
  • NRG Energy
  • China National Petroleum Corporation
  • ExxonMobil
  • ADNOC Group

第18章 免責事項

目次
Product Code: UMEP21319

Human emissions of carbon dioxide and other greenhouse gases are a major driver for climate change globally, it acts as one of the major challenge for the global economy. Owing to this in the past few decades, globally the average temperatures have increased to approximately 0.7°C higher than 1961-1990 baseline. Carbon capture and storage (CCS), refers to the process of capturing carbon dioxide (CO2) from anthropogenic sources such as power generation and/or industrial processes) and permanently storing the captured CO2 underground, to prevent excess emissions of CO2 from entering the atmosphere. This is considered as an integral component of achieving decarbonization.

The United States Department of Energy (DOE)'s National Energy Technology Laboratory (NETL) have been spending heavily on R&D related CCS for nearly two decades. As per International Energy Agency data for 2019, globally, roughly 33 million metric tons of CO2 (MtCO2) is being captured and stored each year (mostly as part of enhanced oil recovery [EOR]). However, as per energy outlook analyses, to meet the emission target, it is estimated that CCS would be needed on the scale of upwards of 1,500 MtCO2 being captured per year by 2030 and between 5,000-10,000 MtCO2 being captured per year by 2050.

TABLE OF CONTENTS

1. MARKET INTRODUCTION

  • 1.1. Market Definitions
  • 1.2. Limitation
  • 1.3. Stake Holders
  • 1.4. Currency Used in Report

2. RESEARCH METHODOLOGY OR ASSUMPTION

  • 2.1. Research Methodology for the Global Carbon Capture and Sequestration Market
    • 2.1.1. Main Objective of the Global Carbon Capture and Sequestration Market

3. MARKET SYNOPSIS

4. EXECUTIVE SUMMARY

5. GLOBAL CARBON CAPTURE AND SEQUESTRATION AMID COVID-19

6. GLOBAL CARBON CAPTURE AND SEQUESTRATION REVENUE (USD BN), 2019-2027F

7. MARKET INSIGHTS BY SERVICE

  • 7.1. Capture
  • 7.2. Transport
  • 7.3. Sequestration

8. MARKET INSIGHTS BY CAPTURE SOURCE

  • 8.1. Chemicals
  • 8.2. Natural Gas Processing
  • 8.3. Power Generation
  • 8.4. Fertilizers Production
  • 8.5. Others

9. MARKET INSIGHTS BY END-USE

  • 9.1. EOR Process
  • 9.2. Industrial
  • 9.3. Agricultural
  • 9.4. Others (Healthcare and others)

10. MARKET INSIGHTS BY REGION

  • 10.1. North America
    • 10.1.1. United States
    • 10.1.2. Canada
    • 10.1.3. Rest of North America
  • 10.2. Europe
    • 10.2.1. Germany
    • 10.2.2. United Kingdom
    • 10.2.3. Russia
    • 10.2.4. Italy
    • 10.2.5. Rest of Europe
  • 10.3. Asia Pacific
    • 10.3.1. China
    • 10.3.2. Japan
    • 10.3.3. India
    • 10.3.4. South Korea
    • 10.3.5. Rest of Asia Pacific
  • 10.4. Rest of World

11. CARBON CAPTURE AND SEQUESTRATION DYNAMICS

  • 11.1. Market Drivers
  • 11.2. Market Challenges
  • 11.3. Impact Analysis

12. CARBON CAPTURE AND SEQUESTRATION OPPORTUNITIES

13. LEGAL & REGULATORY FRAMEWORK

14. DEMAND AND SUPPLY SIDE ANALYSIS

  • 14.1. Demand Side Analysis
  • 14.2. Supply Side Analysis
    • 14.2.1. Top Product Launches
    • 14.2.2. Top Business Partnerships
    • 14.2.3. Top Business Expansions, Investments and Divestitures
    • 14.2.4. Top Merger and Acquisitions

15. VALUE CHAIN ANALYSIS

16. COMPETITIVE SCENARIO

  • 16.1. Porter's Five Forces Analysis
    • 16.1.1. Bargaining power of Supplier
    • 16.1.2. Bargaining power of Buyer
    • 16.1.3. Industry Rivalry
    • 16.1.4. Availability of Substitute
    • 16.1.5. Threat of new Entrants
  • 16.2. Competitive Landscape
    • 16.2.1. Company Shares, By Revenue

17. COMPANY PROFILED

  • 17.1. Fluor Corporation
  • 17.2. Linde AG
  • 17.3. Shell
  • 17.4. BP
  • 17.5. Chevron
  • 17.6. Total SA
  • 17.7. NRG Energy
  • 17.8. China National Petroleum Corporation
  • 17.9. ExxonMobil
  • 17.10. ADNOC Group

18. DISCLAIMER